【それでも歩は寄せてくる】第3巻 感想まとめ

漫画

皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。

今回は本日発売されたそれでも歩は寄せてくる第3巻について、
これまで私が投稿してきた感想記事を収録エピソード毎にまとめていきたいと思います。

【それでも歩は寄せてくる】第2巻 感想まとめ
今回は本日発売された【それでも歩は寄せてくる】の第2巻について、これまで投稿してきた感想記事を収録エピソード毎にまとめたいと思います。第2巻に収録されているのは『第15局』~『第28局』までです。
【からかい上手の高木さん】第1巻 感想
今回は【からかい上手の高木さん】の第1巻についてご紹介をさせて頂きます!作者は、山本崇一朗先生です!第1巻には第1話~第9話が収録されています。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
【運営報告】ブログ開設1周年!今振り返る、思い出の記事20選!!
ブログ開設から1年。今回はこれまでに投稿してきた記事の中から、私にとって特に思い出深い記事を厳選して振り返っていきたいと思います!

それでも歩は寄せてくる(1-4巻 最新刊) 全巻セット
ひょうたん書店楽天市場店
¥ 2,728(2020/06/17 18:20時点)

目次

スポンサーリンク

◆【それでも歩は寄せてくる】第3巻 感想まとめ

▼はじめに

本日2020年2月17日、
それでも歩は寄せてくる】の最新コミックス第3巻が発売されました!
第2巻は2019年10月17日に発売されているので、約4ヶ月ぶりの新刊となります。

これまでの表紙ではタイトルの通り、
歩君が想い人であるうるしちゃんへとグイグイ迫っている
という構図でしたが、今回はその
当然、予想されるシチュエーションからそれが“思わず”であったことは明白ですが、
どちらにせよ今回は
うるしちゃん側から歩君へと抱きつく
という構図になっています。

これは“おばけ屋敷での一幕”という意味合いだけでなく、
文化祭デート名前呼び、さらには駒落ち戦など、
第3巻収録エピソードにおける彼女の心情を大きく反映したものだと感じられます。


第3巻に収録されているエピソードは『第29局』『第41局』まで。
今回もおまけ漫画が収録されており、部長っぽいことをしたいうるしちゃんと、
部長っぽいことを彼女にさせたい歩君が導き出した妙案に全読者が震える…!w

また、第2巻と同様に次回予告のページには、
まだ雑誌掲載分でも見たことのないコマがちらほら…!!
ちなみに、第2巻では文化祭での一幕が先行公開され、
その内容は第3巻『第33局』にて実際に描かれました。

(※第3巻『第33局』参照)
そしてこの第3巻では
うるしちゃんがかなり攻めている超ニヤニヤなイラストが先行公開されており、
次回以降への期待がさらに高まります!(*´꒳`*)

今回は第3巻に収録されている各エピソードに関して、
これまでに私が投稿してきた感想記事を順にまとめたいと思います。
また、作者の山本崇一朗先生、もしくは担当編集のたなPさんが
雑誌掲載時にツイートされた内容も合わせてまとめますのでそちらもお楽しみ下さい!

それでは、以下よりエピソード毎にまとめていきます。

スポンサーリンク

▼感想&考察

◎第29局

感想&考察へのリンク
【それでも歩は寄せてくる】第29局 感想 謎をかける少女、解けたのは心
今回は週刊少年マガジン2019年44号より、【それでも歩は寄せてくる】第29局の感想となります。
作者 or 担当編集のツイート

◎第30局

感想&考察へのリンク
【それでも歩は寄せてくる】第30局 感想 シンクロ率100%の向こう側
今回は週刊少年マガジン2019年45号より、【それでも歩は寄せてくる】第30局の感想となります。
作者 or 担当編集のツイート

◎第31局

感想&考察へのリンク
【それでも歩は寄せてくる】第31局 感想 文化祭目前、荒ぶる食欲と恋心
今回は週刊少年マガジン2019年46号より、【それでも歩は寄せてくる】第31局の感想となります。
作者 or 担当編集のツイート

◎第32局

感想&考察へのリンク
【それでも歩は寄せてくる】第32局 感想 売り出せ焼きそば、捨て去れ建前
今回は週刊少年マガジン2019年47号より、【それでも歩は寄せてくる】第32局の感想となります。
作者 or 担当編集のツイート

◎第33局

感想&考察へのリンク
【それでも歩は寄せてくる】第33局 感想 初デート、突き進む乙女の恋心
今回は週刊少年マガジン2019年48号より、【それでも歩は寄せてくる】第33局の感想となります。
作者 or 担当編集のツイート

◎第34局

感想&考察へのリンク
【それでも歩は寄せてくる】第34局 感想 おばけ屋敷、催眠いらずの浄霊法
今回は週刊少年マガジン2019年49号より、【それでも歩は寄せてくる】第34局の感想となります。
作者 or 担当編集のツイート

◎第35局

感想&考察へのリンク
【それでも歩は寄せてくる】第35局 感想 文化祭終幕、帰結するは幸福な日常
今回は週刊少年マガジン2019年50号より、【それでも歩は寄せてくる】第35局の感想となります。
作者 or 担当編集のツイート

◎第36局

感想&考察へのリンク
【それでも歩は寄せてくる】第36局 感想 名前呼び、彼女は赤面・彼は昇天
今回は週刊少年マガジン2019年51号より、【それでも歩は寄せてくる】第36局の感想となります。
作者 or 担当編集のツイート

◎第37局

感想&考察へのリンク
【それでも歩は寄せてくる】第37局 感想 箱入り娘はゆるがぬ真理に何思う
今回は週刊少年マガジン2019年52号より、【それでも歩は寄せてくる】第37局の感想となります。
作者 or 担当編集のツイート

◎第38局

感想&考察へのリンク
【それでも歩は寄せてくる】第38局 感想 エッチなDVDが気になるお年頃(な先輩)
今回は週刊少年マガジン2020年1号より、【それでも歩は寄せてくる】第38局の感想となります。
作者 or 担当編集のツイート

◎第39局

感想&考察へのリンク
【それでも歩は寄せてくる】第39局 感想 箱に隠すはイタズラ心と恋心
今回は週刊少年マガジン2020年2・3合併号より、【それでも歩は寄せてくる】第39局の感想となります。
作者 or 担当編集のツイート

◎第40局

感想&考察へのリンク
【それでも歩は寄せてくる】第40局 感想 告白秒読み、想い重ねて大勝負
今回は週刊少年マガジン2020年4・5合併号より、【それでも歩は寄せてくる】第40局の感想となります。
作者 or 担当編集のツイート

◎第41局

感想&考察へのリンク
【それでも歩は寄せてくる】第41局 感想 駒落ち戦、ぶつかる本気が導く本心
今回は週刊少年マガジン2020年6号より、【それでも歩は寄せてくる】第41局の感想となります。
作者 or 担当編集のツイート

スポンサーリンク

◆電子書籍

▼eBookJapan

電子書籍をご利用なら、まずおススメなのがeBookJapanです!



約50万冊という世界最大級の品揃えに加え、
一冊まるごとタダで読める無料まんがが提供されています。
無料まんがのラインナップは定期的に更新されるので要チェックですよ!


▼DMM電子書籍

次におススメなのが【DMM.com 電子書籍】です!
こちらも品揃え抜群ですし、何より特徴的なのが成人向けタイトルなど、
他にはないジャンルのコンテンツが充実していることです!
無料サンプルも付いていて試し読みができるので安心ですよ!

◆動画配信サービス

▼Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライム・ビデオとは、
Amazonプライム会員が利用することのできる特典サービスです。

Amazonプライム独自の特典が豊富であり、
月額料金も500円(税込)と非常にリーズナブルになっています。
既に登録されている方も多いかと思いますが、ぜひチェックしてみて下さい。

◆まとめ

以上が、それでも歩は寄せてくる】第3巻の感想まとめとなります。

第3巻では過去最長となった文化祭編など、
1話完結ものだけでなく長編シリーズも定番化してきた印象です。
コマ落ち戦に関しても、後半の1話は
これまた過去最大の16ページと大ボリュームで描かれていましたね!
現在進行形でいろいろと同時連載されていて、
その上でのこのクオリティボリュームな訳ですから、もう本当に脱帽です…!

加えて、先日にはTwitterで
それでも歩は寄せてくる】の『バレンタイン』エピソードを
無料公開しているんですから、もはやこのジャンルで無双状態ですよ…w

そして、本誌ではいよいよ進級間近といったところであり、
第4巻には進級後のエピソードも含まれそうな気配です。
ほぼ間違いなく将棋部メンバーとして新キャラが加わるでしょうから、
新たな交流や関係性、その辺りにも注目していきたいと思います!
それでは皆さん、素晴らしいエンタメ人生を~(。・ω・)ノ゙

【それでも歩は寄せてくる】第42局 感想 解きほぐすは乙女心の詰め将棋
今回は週刊少年マガジン2020年7号より、【それでも歩は寄せてくる】第42局の感想となります。
【それでも歩は寄せてくる】第2巻 感想まとめ
今回は本日発売された【それでも歩は寄せてくる】の第2巻について、これまで投稿してきた感想記事を収録エピソード毎にまとめたいと思います。第2巻に収録されているのは『第15局』~『第28局』までです。
【それでも歩は寄せてくる】第4巻 感想まとめ
今回は本日発売された【それでも歩は寄せてくる】の第4巻について、これまで投稿してきた感想記事を収録エピソード毎にまとめたいと思います。第4巻に収録されているのは『第42局』~『第54局』までです。

コメント

  1. ミカゼ より:

    PCのことで色々あって、まだ、届いたダンボールから開封してませんね。
    そこらはAppleの方に書ければ

    とりあえずネタひとつ
    http://www.kagerou.biz/lite/archives/23616087/comments/694809/
    なかなか新鮮。

    • エンタメ侍 より:

      おぉ~、これは!!
      国内では【高木さん】人気もあってか、
      早々に話題になっていた印象ですが、ついに海外勢も騒ぎ出したと…!
      こういうの見ると“認識を広める”という意味では、
      たとえ短いPV(※吹き替え対応&字幕なし)であっても
      動画を一本用意するだけで普及度が全然違うんだな~と感じますね。

      そして、コメント欄含め誰一人『将棋』というテーマには触れないし、
      アニメ化すること自体には特に疑問を抱いていない、という…w
      まぁ実際、時間の問題でしょうしね。
      もしかしたら『山本崇一朗作品劇場』みたいに、同じ枠の中で
      複数作品をショートアニメ形式で放送、なんてことも。
      そんなことができるのもこの作者の強みです。
      いずれ出るであろう『アニメ化決定』のお知らせを期待して待ちましょう!

      ミカゼさん
      情報共有ありがとうございます!m(_ _)m

      • ミカゼ より:

        高木さんは海外でもかなり人気ありましたから、作者同じだとやっぱり気になる人多いでしょうね。
        2期の時独占配信にされたので、怒っていた人がかなりいた印象があります。(有料独占配信だと、全話終わった後に字幕が来るので)

        今見たらコメ欄だと将棋に言及する人もいますね。ちなみに私ではないです。

        PCは知り合いに凄く詳しい人とまるでわからない人がいてその人に合わせないと会話が成り立たないんですね。
        大体どのくらいなのか教えていただければ。
        (といっても詳しい人からすればわたしも全然なんですが)

        • エンタメ侍 より:

          海外人気が継続すれば、国内でも
          いろいろとバリエーション豊かな展開を期待できるので、
          ぜひとも大いに盛り上がって頂きたいですね!

          PC関連に関しては、
          “あまり精通していない相手”という認識で
          お話して頂けるとありがたいです…!
          自作PCを組んだこともありませんし、
          私程度の中途半端にかじった知識で
          “知ったか”しても痛い目見るのがオチでしょうから…!w
          ほぼ無知な素人相手ということでお願いできれば、
          むしろ正しく“知る”いい機会になりますし、よろしくお願いします!m(_ _)m