【それでも歩は寄せてくる】第37局 感想 箱入り娘はゆるがぬ真理に何思う

漫画

皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。

今回は、週刊少年マガジン2019年52号より
それでも歩は寄せてくる第37局の感想記事になります!

【それでも歩は寄せてくる】第36局 感想 名前呼び、彼女は赤面・彼は昇天
今回は週刊少年マガジン2019年51号より、【それでも歩は寄せてくる】第36局の感想になります。では、以下より感想&考察となります。
【それでも歩は寄せてくる】第3巻 感想まとめ
今回は本日発売された【それでも歩は寄せてくる】の第3巻について、これまで投稿してきた感想記事を収録エピソード毎にまとめたいと思います。第3巻に収録されているのは『第29局』~『第41局』までです。
【からかい上手の高木さん】第1巻 感想
今回は【からかい上手の高木さん】の第1巻についてご紹介をさせて頂きます!作者は、山本崇一朗先生です!第1巻には第1話~第9話が収録されています。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
【運営報告】ブログ開設1周年!今振り返る、思い出の記事20選!!
ブログ開設から1年。今回はこれまでに投稿してきた記事の中から、私にとって特に思い出深い記事を厳選して振り返っていきたいと思います!


スポンサーリンク

◆【それでも歩は寄せてくる】第37局 感想

▼感想&考察

◎第37局

感想&考察

うるし「うー寒いなぁ いきなり冬ってカンジだな」

文化祭から数日が経過し、季節は冬の始まりを迎える頃。
部室にてうるしちゃんは一人肌寒い思いをしているのでした。

すると、そこへ遅れてやってきたのが歩君。

歩  「お疲れ様です」
うるし「よー 

前回名前呼びの件は既に定着しているようで、
お互い特に意識した様子は見受けられません。

連載当初より少しずつかたちを変えてきている、二人にとっての“当たり前”。
そこにはこの二人が時に向かい合い、時に寄り添いながら、
素直な心で歩み続けた軌跡そのものが色濃く反映されています。

今回のエピソードは、そういった
当時と微妙に異なる今の“当たり前”、さらにはその中でも決して変わらないもの
それらを再認識させてくれる内容となっていました…。

【それでも歩は寄せてくる】第36局 感想 名前呼び、彼女は赤面・彼は昇天
今回は週刊少年マガジン2019年51号より、【それでも歩は寄せてくる】第36局の感想になります。では、以下より感想&考察となります。

うるし「今日はホントに ……」

途中まで言いかけたところでうるしちゃんは言葉を引っ込めます。
彼女も伊達に半年以上歩君との付き合いがある訳じゃありません。
直後に訪れるであろう危機を察知していたのです…!w

歩  「ん? なですか」
うるし「いや…なんでもない」(あぶなー… 寒いとか言ったら歩のことだ)
うるし(『オレの学ランをどうぞ』とか言って私がまた照れちゃうコトを…)

乙女センサー、感度良好です!w

歩  「寒いんですか センパイ」
うるし「うん」(しまった)

が、その純粋さが仇に…!www
開幕早々、ピンチに陥った乙女は静かに身構えます。
一方、紳士な歩君は心配そうに口を開きました…。

歩  「確かに今日寒いですよね じゃあ… センパイ」
うるし「ま… まてまて!」

案の定、大好きな先輩への思いやりをノータイムでみせる歩君。
彼がそっと彼女へと近寄り提供したもの、それは…。

歩「これなんてどうですか」

まさかの唐突に組み立てられたダンボール1箱!
そして、その中にすっぽり納まる一人の少女…!
世界よ、『This is 箱入り娘…!』www

歩  「どうですか」
うるし「うん まぁ あったかい…」
何より、効果がしっかりあったということに驚きを隠せませんw
とはいえ、心に引っかかりを覚えるのがその圧倒的なビジュアル面。

うるし「でもさー これ… 見た目がなんというか…」
うるし「拾ってくださいみたいになってない?」

なってますねw(*´꒳`*)
彼女のこの発言を受け、歩君は目の前の“現実”を改めて直視し考え込むことしばらく…。

歩  「なってませんよ
うるし「間が空いたぞ!」

歩  「パン食べますか?
うるし「やっぱなってんじゃないか!」

歩  「凶暴だなぁ…」
うるし「遊ぶな!」

完全に拾ってください”状態ありきのキレッキレなネタを放り込む歩君の姿に
なんとも微笑ましくなりつつも、ここは同時に彼の成長を強く感じる一場面でもありました。

『第29局』にて、うるしちゃんが

うるし「私といる時は笑わないなって思ってさ」

うるし「あの…じゃあ…私といると楽しくない…とか

と、嘆いていたのも記憶に新しいところです。

しかし、歩君側にも徐々に変化の兆しは見受けられ、
『第35局』では初めて彼がうるしちゃんに冗談を言う様子が描かれていました。

そして迎えた今回。
もはや、カップルがじゃれ合ってるようにしか見えませんが(笑)、
それだけ互いの心がまた大きく歩み寄ったということです。
これが今の二人の“当たり前であり、
『第35局』でうるしちゃんが告げていた一番落ち着くという、
何てことのない幸福な日常がここにあるのです。

ま、将棋してないんですけどね…w\(^o^)/

【それでも歩は寄せてくる】第29局 感想 謎をかける少女、解けたのは心
今回は週刊少年マガジン2019年44号より、【それでも歩は寄せてくる】第29局の感想になります。では、以下より感想&考察となります。
【それでも歩は寄せてくる】第35局 感想 文化祭終幕、帰結するは幸福な日常
今回は週刊少年マガジン2019年50号より、【それでも歩は寄せてくる】第35局の感想になります。では、以下より感想&考察となります。

うるし「もーいい… 恥ずかしいから出る…」

散々イチャついておきながら、
不満たらたらでダンボールとたもとを分かつ元・箱入り娘。

うるし「うう… やっぱ寒いな…」

やっぱり、なんだかんだ少しは効果のあったダンボール生活…w
再び感じる肌寒さにうるしちゃんは思わず身震いしてしまいます。

すると、何も言わずに彼女のもとへと歩み寄った歩君は
すっと自身の学ランを差し出し、うるしちゃんへ優しく掛けてあげたのでした。

歩  「どうぞ

変化を迎えたものがある一方で、
今も昔も変わることなく、決してゆるがないものがここに一つ。
うるしちゃんのことを誰よりも大切に想う歩君。
そんな彼からの加減知らずで強くやわらかな優しさは、
ブレことなく、留まることなく、新たな世界へと常に二人の背中を押し進めます。

当初想定していた通りの展開が時間差で訪れ、思わず言葉につまるうるしちゃん。
彼女は赤面しつつも、何とか声を出しました。

うるし「でも歩が寒いだろ…」
歩  「大丈夫です

優しき紳士がそう語る根拠は足元に…!
先程のダンボールへ、今度は歩君がギッチギチに納まってみせたのです!

世界よ、『This is 箱入り息子…!』www

とはいえ、たとえ立場や役割が入れ替わろうとも同じこと。

うるし「………パン食べる?
歩  「いただきます」

二人がじゃれ合いイチャつくことはこの物語の真理であり、
これもまた決してゆるがないものの一つということです。
こうして世界はまわり、今後も読者はニヤニヤさせられ続ける訳である…!
よし、爆ぜろ…!!w(o^-^o)
というところで第37局が終了。

スポンサーリンク

◆電子書籍

▼eBookJapan

電子書籍をご利用なら、まずおススメなのがeBookJapanです!



約50万冊という世界最大級の品揃えに加え、
一冊まるごとタダで読める無料まんがが提供されています。
無料まんがのラインナップは定期的に更新されるので要チェックですよ!


▼DMM電子書籍

次におススメなのが【DMM.com 電子書籍】です!
こちらも品揃え抜群ですし、何より特徴的なのが成人向けタイトルなど、
他にはないジャンルのコンテンツが充実していることです!
無料サンプルも付いていて試し読みができるので安心ですよ!

◆動画配信サービス

▼dアニメストア

アニメ動画配信サービスを利用するなら、dアニメストアがおススメです!
dアニメストアとは、月額400円(税抜)
3,000作品以上アニメが見放題の定額動画配信サービスです!
しかも、初回の31日間はなんと無料なんです!!
もし見たいアニメが配信されているなら、無料期間だけでも利用しなきゃ損ですよ!

一度ダウンロードしてしまえば、いつでもどこでも視聴可能です。
スマートフォン・タブレット・パソコン、どのデバイスにも対応しています!



スポンサーリンク

◆まとめ

以上が、それでも歩は寄せてくる】第37局の感想となります。

予想外だったのは、前回名前呼びに対して特にワンクッションも挟まなかったことです!
今回、うるしちゃんは心の中のセリフでも“歩”と呼んでいるため、
別に無理をしてそう呼んでいる訳でもなく、
既にそれが自然な“呼称”として定着しているということが伝わりました。

当然、いずれは第三者視点でその事実に対しツッコミが入るんでしょうが、
先に述べた通り、今回は二人にとっての“当たり前”が徐々に変化していることを
改めて実感できる素敵なエピソードとなりましたね!

やはり、こうなると気になってくるのは歩君からうるしちゃんへの“呼称です。
もしかするといつか、うるしちゃん側から要求するなんてことになっちゃうのかも…?
どう転んでも、我々読者がニヤニヤ&悶絶させられる未来しか見えませんが…w
それでは皆さん、素晴らしいエンタメ人生を~(。・ω・)ノ゙

【それでも歩は寄せてくる】第36局 感想 名前呼び、彼女は赤面・彼は昇天
今回は週刊少年マガジン2019年51号より、【それでも歩は寄せてくる】第36局の感想になります。では、以下より感想&考察となります。
【それでも歩は寄せてくる】第38局 感想 エッチなDVDが気になるお年頃(な先輩)
今回は週刊少年マガジン2020年1号より、【それでも歩は寄せてくる】第38局の感想になります。では、以下より感想&考察となります。
【それでも歩は寄せてくる】第3巻 感想まとめ
今回は本日発売された【それでも歩は寄せてくる】の第3巻について、これまで投稿してきた感想記事を収録エピソード毎にまとめたいと思います。第3巻に収録されているのは『第29局』~『第41局』までです。
【からかい上手の高木さん】第1巻 感想
今回は【からかい上手の高木さん】の第1巻についてご紹介をさせて頂きます!作者は、山本崇一朗先生です!第1巻には第1話~第9話が収録されています。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
【運営報告】ブログ開設1周年!今振り返る、思い出の記事20選!!
ブログ開設から1年。今回はこれまでに投稿してきた記事の中から、私にとって特に思い出深い記事を厳選して振り返っていきたいと思います!

コメント