【それでも歩は寄せてくる】第36局 感想 名前呼び、彼女は赤面・彼は昇天

漫画

皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。

今回は、週刊少年マガジン2019年51号より
それでも歩は寄せてくる第36局の感想記事になります!

【それでも歩は寄せてくる】第35局 感想 文化祭終幕、帰結するは幸福な日常
今回は週刊少年マガジン2019年50号より、【それでも歩は寄せてくる】第35局の感想となります。
【それでも歩は寄せてくる】第3巻 感想まとめ
今回は本日発売された【それでも歩は寄せてくる】の第3巻について、これまで投稿してきた感想記事を収録エピソード毎にまとめたいと思います。第3巻に収録されているのは『第29局』~『第41局』までです。
【それでも歩は寄せてくる】全キャラ登場回まとめ(進級前)
今回は【それでも歩は寄せてくる】の進級前のエピソード(第1巻『第1局』から第5巻『第67局』まで)を対象とし、全キャラ毎にその登場回をまとめていきます。
【からかい上手の高木さん】第1巻 感想
今回は【からかい上手の高木さん】の第1巻についてご紹介をさせて頂きます!作者は、山本崇一朗先生です!第1巻には第1話~第9話が収録されています。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。

【新品】それでも歩は寄せてくる(1-4巻 最新刊) 全巻セット
漫画全巻ドットコム 楽天市場店
¥ 2,728(2020/08/01 14:38時点)

スポンサーリンク

◆【それでも歩は寄せてくる】第36局 感想

▼感想&考察

◎第36局

感想&考察

前回文化祭編も一段落となり、物語は再び日常回へ。

放課後、いつも通り部室に訪れた歩君は
ドア前で何やら書き込んでいるうるしちゃんの姿を発見。

歩  「何してるんですか」
うるし「お 田中 いいとこに来たな」

うるし「新入部員も入ったことだし名前を入れてやらなきゃなーって
うるし「今 書いてんだ」

彼女が書き込んでいた貼り紙には堂々と『将棋部』も文字が…!
続けてその真下には『八乙女 うるし』、『田中 歩』と書かれています。
この貼り紙は第1巻『第3局』『第5局』でも描画されており、
『第3局』での彼女の発言によると“勝手に貼ってるだけ”というもの。

これはある意味、彼女にとって一種の決意表明に近いのかもしれません。
“どうだ!もう一人じゃないんだぞ!”
そんな思いが込められているようにすら感じられます…。

うるし「でさ 角竜 でいいんだっけ タケルの名字」

歩  「あ…はい それで合ってます」
うるし「…? うん」

瞬間的に心をざわつかせ、ピクついてしまう歩君!w
うるしちゃんは違和感を感じつつも、その意味にはまだ辿り着けず。
ひとまず二人は部室へと入るのでした…。

【それでも歩は寄せてくる】第3局 感想 絶対にゆずれない、二人きりの時間
今回は週刊少年マガジン2019年15号より、【それでも歩は寄せてくる】第3局の感想となります。
【それでも歩は寄せてくる】第5局 感想 側にいて欲しい先輩と不動の田中
今回は週刊少年マガジン2019年17号より、【それでも歩は寄せてくる】第5局の感想となります。

久しぶりに部室で将棋を指し合う二人。
そこでうるしちゃんはふと呟きます。

うるし「今日もタケルは休みかー」
歩  「…そのようですね…」

再びピクつく歩君…!なんとか返事を返すだけで精一杯です…w

うるし「どうしたんださっきから」
歩  「いえ…あの なぜタケル… 下の名前で呼ぶのかな…と」
うるし「いや 田中がそう呼んでたから私も合わせたんだが…」
歩  「そうですか」
うるし「なんだ?」

一般的に呼称”は相手との関係性を推し量る一つの目安になるかと思われます。
例えば、別作品の私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!】。(以下、【わたモテ】)
こちらでは物語の分岐点に関わる程の役割を持って呼称”というギミックが扱われています。
(※以下、【わたモテ】第8巻『[喪71]モテないし出発する』の感想より一部抜粋)

わたモテ】という作品において“呼称”は、
両者の関係性距離感を示すギミックとしてしばしば用いられています。
それ自体がテーマになったエピソードもあり、
第13巻『[喪126]モテないしあだ名で呼ばれる』ではもこっちネモの関係性が、
第14巻『[喪138]モテないし大学に行く』ではもこっちゆりちゃんの関係性が、
それぞれ呼称というギミックを通じて大きく変化した、ということが描かれています。

【わたモテ】第8巻 感想② 修学旅行編開幕!「乳首つまんでごめんなさい…」
前回に続き、【わたモテ】の第8巻の感想となります。この記事で扱うのは第71話~第74話についてです。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。

そして今回、ついにこの作品にもその“分岐点”が訪れようとしていました…!

歩  「いえ… オレも下の名前で呼んでほしくて

少し照れくさそうにしながらも、素直に想いを告げる歩君。
思えば連載当初の頃に比べ、彼の表情もかなり豊かになったように思います。
『第29局』にて“私といる時は笑わない”とうるしちゃんは嘆いていましたが、
歩君は少しずつ彼女の前でも本当の自分を出せるようになっているのでしょう。

着飾らず、背伸びせず、“ありのままの自分”で吐露してみせた彼の本音。
これに対するうるしちゃんの一手とは…。

うるし「ぷ あははは なんだそれ!」

まさかの爆笑www

うるし「わかったわかった じゃあお前も下の名前で呼ばせてもらうからな」

うるし「あ ゆ…」

そして、しっかり自爆…!!w

うるし「つ…次 呼ぶ時にな!」
歩  「………はい」

この場は何とか切り抜けたうるしちゃん。
タケル君を名前で呼ぶのは大丈夫で、歩君を名前で呼ぶのはダメ。
この違いが何に起因するのかを彼女自身が意識した時、
物語はさらに新たな領域へと突き進むに違いありません…。

【それでも歩は寄せてくる】第29局 感想 謎をかける少女、解けたのは心
今回は週刊少年マガジン2019年44号より、【それでも歩は寄せてくる】第29局の感想となります。

うるし(なんか… すごい圧を感じるんだけど!!)
うるし(期待されすぎてて呼ぶの恥ずかしいんだけど!!)

あれから将棋を指し続けていた二人でしたが、
歩君はうるしちゃんを完全にロックオン状態ですw
その時”を今か今かと待ち構えています。
もし歩君にしっぽが付いてたら振りまくっている状況でしょう…w

うるし(いや…でもここで引いてはダメだ! 先輩として…)

ようやく覚悟を決めたうるしちゃん。呼吸を整え、静かに口を開きます。
そして天使がささやくは甘い調べ…。

うるし「こ…これからはって呼ぶからな あ… 歩…

直後、猛烈にうなだれる歩君!
『田中 歩』16歳、名前を呼ばれて逝く…!www
この流れ、つい最近見たような…w(※詳細は『第34局』参照)

うるし「ええ!? ダメだった!?」
歩  「いえ… 嬉しすぎて…」
うるし「ええ!?」

歩  「これから名前を呼ばれるたびオレは喜びに打ち震えると思います」

昇天したかと思いきや、たいそう満足気に死の淵から蘇った歩君。
しかし、人間とは強欲なもので…。

歩  「もう一回呼んでもらっていいですか
うるし「大げさすぎるだろ 呼びにくいわ!」

妥協を許さず、彷徨い求める愛のアンコール!
この男の辞書に『自重』という文字はない…!!w\(^o^)/

とはいえ、ついに呼称という明確な変化が取り込まれた今回。
周囲のリアクションも含め、ここからまた新たな局面を迎える予感です…!
というところで第36局が終了。

【それでも歩は寄せてくる】第34局 感想 おばけ屋敷、催眠いらずの浄霊法
今回は週刊少年マガジン2019年49号より、【それでも歩は寄せてくる】第34局の感想となります。
スポンサーリンク

◆電子書籍

▼eBookJapan

電子書籍をご利用なら、まずおススメなのがeBookJapanです!



約50万冊という世界最大級の品揃えに加え、
一冊まるごとタダで読める無料まんがが提供されています。
無料まんがのラインナップは定期的に更新されるので要チェックですよ!


▼DMM電子書籍

次におススメなのが【DMM.com 電子書籍】です!
こちらも品揃え抜群ですし、何より特徴的なのが成人向けタイトルなど、
他にはないジャンルのコンテンツが充実していることです!
無料サンプルも付いていて試し読みができるので安心ですよ!

◆動画配信サービス

▼Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライム・ビデオとは、
Amazonプライム会員が利用することのできる特典サービスです。

Amazonプライム独自の特典が豊富であり、
月額料金も500円(税込)と非常にリーズナブルになっています。
既に登録されている方も多いかと思いますが、ぜひチェックしてみて下さい。

◆まとめ

以上が、それでも歩は寄せてくる】第36局の感想となります。

言われてみれば、前々から気にはなっていたうるしちゃんの「田中」呼び。
それも、先輩後輩”という関係性からどこか「まぁ、そんなもんか」と何となく流していましたが、
まさかここにきて“名前呼び”に変えてくるとは…!!

こうなると周囲のリアクションが気になってくるというもの。
近い将来、マキちゃんにイジられるのはほぼ確定事項で間違いないんじゃないでしょうか?w

そしてもう一つ気になるのは、
一方の歩君はただのセンパイ」呼びからの脱却ができのかどうか、という点。
なにせ、この作品における彼の役割とは、想い人である彼女へと“歩み寄る”こと!
今後は各キャラクターの呼称の部分にも注目していきたいと思います!
それでは皆さん、素晴らしいエンタメ人生を~(。・ω・)ノ゙

【それでも歩は寄せてくる】第35局 感想 文化祭終幕、帰結するは幸福な日常
今回は週刊少年マガジン2019年50号より、【それでも歩は寄せてくる】第35局の感想となります。
【それでも歩は寄せてくる】第37局 感想 箱入り娘はゆるがぬ真理に何思う
今回は週刊少年マガジン2019年52号より、【それでも歩は寄せてくる】第37局の感想となります。
【それでも歩は寄せてくる】全キャラ登場回まとめ(進級前)
今回は【それでも歩は寄せてくる】の進級前のエピソード(第1巻『第1局』から第5巻『第67局』まで)を対象とし、全キャラ毎にその登場回をまとめていきます。

コメント