トップページ

▼近況報告(2021.05.08):映画【Summer of 84】について

2018年公開のサイコスリラー映画Summer of 84】を鑑賞。

相次ぐ“子供の失踪事件が世間を騒がす中、
同じくティーンエイジャーである主人公たち4人組は独自に捜査を開始。
好奇心旺盛な彼らは時に知恵を持ち寄り・時に助け合いながら、
ひと夏の危険な冒険へとのめり込んでいく………というのが簡単なあらすじ。

◎映画【スタンド・バイ・ミー】との関係性

この手のジュブナイル作品を評するにあたり、決まって比較対象にされる伝説の作品が
1986年公開の青春映画スタンド・バイ・ミー】です。
現代版【スタンド・バイ・ミー】だの、女性版【スタンド・バイ・ミー】だの、
とにかくこの作品の構成・展開・演出などを基準にあれこれ語られるのが常となっています。

それを踏まえての本作ですが、Summer of 84】ではむしろ
こうしたジュブナイル作品のプロットを前提とした作りになっており、
多少の好き嫌いはあれど、そこにどれ程慣れ親しんでいるかによって鑑賞時の驚きや満足度に
大きな振れ幅が出てくることは間違いないでしょう。

あえて拡大解釈をしてみると、本作とは【Summer of 84】制作陣が考える
スティーヴン・キングが【スタンド・バイ・ミー】で描かなかったこと
あるいは描いてほしかったこと、それらを一本の映画に仕上げた作品と捉えられます。
何をどのように踏襲しているのか、何をどのように逆らっているのか、
そこに本作ならではの魅力があるのです。

◎『変化』の在り方

映画・アニメ・漫画を問わず、基本的に“ストーリーもの”であれば
物語の始まりと終わりを比較すると登場人物たちに何かしらの『変化』が生まれています。
その『変化』の在り方に作品のメッセージ性テーマが隠れているものです。

本作においてもそれは例外でなく、多種多様な『変化』が見受けられ、具体的には
終幕へと向かうに従い彼らは皆一様に何かを得て、同時に何かを失っていきます。
注目したいのはそれぞれの視点によって世界の見え方が異なっているです。

十代という多感な時期だからこそ、身を置く環境に心が左右されやすく、
人生観を一変させるような出来事はいつ・どこに潜んでいるかわかりません。
本作で扱う失踪事件もいずれは風化され、ただの通過点となる者が出てくるはず。
一方その裏では、心に受けた傷が癒えることなく苦しみ続ける者もいるだろうということ…。

ここで改めてスタンド・バイ・ミー】との比較へ。
あちらで描かれた『変化』は『成長という言葉に置き換えられるでしょう。
片やSummer of 84】で描かれた『変化』を私は『理解』だと感じています。

ただし『理解』だけでは『成長』できません。頭で『理解』した気になっていても、
時には困難な問題へと立ち向かう『勇気』や『好奇心』が必要です。
繰り返しますが、私にとって本作で描かれた『変化』とは『成長』などではなく、
あくまでも『理解』止まりという認識なのです…。

以上を踏まえ、私は本作の視聴をむやみやたらと皆さんにおすすめすることができません。
なぜなら、この作品を通してそれこそ『理解』してしまうかもしれないから。
もう戻れないあの日々の中で、あなたは既に大切な何か失っているという事実に…。
輝かしく刻んでいる思い出の裏側で、暗く陰鬱な視点が存在しているという事実に…。

当然【Summer of 84】を楽しめない方は多くいらっしゃるでしょう。
本作の内容が胸に突き刺さるのは私を含め、
“何か大切なものを失った自覚や経験のある者”な気がしてなりません…。

それでもなお興味を持たれた方はどうぞ“これ以上は何も調べずに”お楽しみ下さいませ。
Summer of 84】はAmazonプライム・ビデオU-NEXTdTV配信中です。
今後、おそらく地上波で放送されることはないでしょう…。


スポンサーリンク

◆投稿動画

▼聖地巡礼動画

現在、YouTubeで【わたモテ】の聖地巡礼動画を公開しています。
第1弾:【伏見稲荷大社】
第2弾:【東京ディズニーランド】

原作で描かれた“あの日々の追体験として、どうぞお楽しみ下さい。
また、皆さんが聖地巡礼する際の参考にでもして頂ければ幸いです。
チャンネル登録の程、何卒よろしくお願い致します。m(_ _)m

YouTubeチャンネルはこちら!:
【エンタメ日和のエンタメチャンネル】

▼ゲーム配信動画

本日(2020年8月10日)の配信終了!
YouTubeチャンネルはこちら!:
【エンタメ日和のゲームチャンネル】

◆新作情報(書籍)

▼コミックス(本ブログ感想対象)

▼おすすめ書籍

スポンサーリンク

◆カテゴリー別の最新記事

◆おすすめ電子書籍配信サイト

▼eBookJapan

電子書籍をご利用なら最初におすすめしたいのがeBookJapanです!



約50万冊という世界最大級の品揃えに加え、
一冊まるごとタダで読める無料まんがが提供されています。
無料まんがのラインナップは定期的に更新されるので要チェックですよ!


▼ひかりTVブック

コミックスに加え雑誌も電子書籍で読みたいという方におすすめなのがひかりTVブックです!
さらにわたモテ】読者に朗報なのが
ともモテ】の掲載誌であるガンガンJOKERひかりTVブックでは取り扱っているということ!

(※ガンガンJOKER 2019年7月号【ともモテ】参照)

月額ポイントプランとして様々なコースが用意されていますが、
なんと今現在、月額990円(税込み)のプランが初月無料で申し込めます!
無料登録時にボーナスポイントを含めた1170ポイントが付与され、
このポイントを『1ポイント=1円』としてひかりTVブック内で使用できます。
“ずっと気になっていたけどチェックできていなかった”、
そんな雑誌類もまとめて読めるこの機会、どうぞお見逃しなく…!

※本ページの情報は2021年3月時点のものです。
※最新の配信状況はひかりTVブック公式サイトにてご確認ください。

▼スキマ

続いて、既に完結した漫画を最後までイッキに読みたい方
毎日たくさんの漫画に触れたいという方におすすめなのがスキマです!

人気漫画がなんと32,000冊以上読み放題のサービスとなっていて、
懐かしい漫画から新しい漫画まで複数の作品を並行して読み進めることが可能です。
全巻無料』作品が多数あり、『待つと無料』作品でも
会員登録で貰えるチケットを使えば待たずに読み進めることができます。

とにかく、まずはラインナップのご確認からどうぞ!
きっとあなたを夢中にさせてくれる作品が見つかりますよ…!

▼DMM電子書籍

次におすすめなのが【DMM.com 電子書籍】です!
こちらも品揃え抜群ですし、何より特徴的なのが成人向けタイトルなど、
他にはないジャンルのコンテンツが充実していることです!
無料サンプルも付いていて試し読みができるので安心ですよ!

◆おすすめ動画配信サイト

▼U-NEXT

アニメ映画、さらには漫画などをまとめて楽しむならU-NEXTがおすすめです!
月額料金は2,189円(税込)ですが毎月1200円分のポイントが支給されるので、
実質989円となります。
さらに今なら『31日間無料トライアル』が実施中であり、以下の2つの特典が付与されます!

特典1:31日間無料で見放題!(対象:見放題動画・読み放題雑誌)
特典2:600ポイントプレゼント!(対象:新作・コミック・書籍)

他の動画配信サービスと比べて扱っている作品数がかなり豊富なので、
きっと夢中になれる作品が見つかるはずです!
ご興味のある方はまずは無料期間で存分にU-NEXTコンテンツを体験してみて下さいね!

※本ページの情報は2020年9月時点のものです。
※最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。

▼dTV

その他の動画配信サービスではdTVもおすすめです!
dTVとは、月額440円(税込)で見放題の定額制動画配信サービスであり、
その圧倒的なコストパフォーマンスが魅力となっています。
さらに初めてご登録の場合は最大31日間無料でご利用できます!
ドコモケータイ回線をお持ちでない方もご利用できますのでご安心を!
配信タイトルは随時更新されるため、最新の配信状況はdTV公式サイトにてご確認下さい。

▼Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライム・ビデオとは、
Amazonプライム会員が利用することのできる特典サービスです。
Amazonプライム独自の特典が豊富であり、
月額料金も500円(税込)と非常にリーズナブルになっています。
既に登録されている方も多いかと思いますが、ぜひチェックしてみて下さい。

◆新作情報(ゲーム)

▼ゲーム(PlayStation 4)

▼ゲーム(Nintendo Switch)

エンタメ侍をフォローする
スポンサーリンク
本日好天!エンタメ日和