【それでも歩は寄せてくる】第3局 感想 絶対にゆずれない、二人きりの時間

漫画

皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。

今回は、週刊少年マガジン2019年15号より
【それでも歩は寄せてくる】第3局の感想記事になります!

【それでも歩は寄せてくる】第1局&第2局 感想 攻める後輩、悶える先輩
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。今回は、週刊少年マガジン2019年14号より、【それでも歩は寄せてくる】第1局&第2局の感想になります。では、以下より感想&考察となります。
【それでも歩は寄せてくる】第1巻 感想まとめ
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。今回は、つい先日発売された【それでも歩は寄せてくる】の第1巻について、これまで投稿してきた感想記事を収録エピソード毎にまとめたいと思います。
【からかい上手の高木さん】第1巻 感想
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。今回は、【からかい上手の高木さん】の第1巻についてご紹介をさせて頂きます!作者は、山本崇一朗先生です!第1巻には第1話~第9話が収録されています。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
【おすすめ】落ち込んだ時に読むべき漫画5選「文太郎と泣き、ポコと笑う」
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。今回は、落ち込んだ時にぜひ読んで欲しい【おすすめ】漫画作品を5タイトル、私の独断と偏見で厳選しご紹介致します!


では、以下より感想&考察となります。

山本崇一朗が描く新ヒロイン!『それでも歩は寄せてくる』PV
スポンサーリンク

◆【それでも歩は寄せてくる】

▼感想&考察

◎第3局

感想&考察

うるし「はい 今日も私の全勝ーーー」
やはり実力差は圧倒的なようで、
歩君はまだまだうるしちゃんに敵わない模様。
ダブルピースのうるしちゃんが何とも眩しい限り…!

非常にくだけた雰囲気の二人ですが、
歩&うるし「ありがとうございました」
と、礼儀・作法はしっかり重んじており、
こういうところはさすがと言いますか、ちょっとした描写ですがキャラに好感が持てます。

しかし、うるしちゃんの次の一言でこの和やかな雰囲気は一変します…!

うるし「はーー部員ふえないかなー

衝撃のあまり、一瞬固まる歩君…!w
歩  「部員が…欲しいんですか…?」
うるし「うん そりゃあな」
笑顔で答えるうるしちゃんとは打って変わって、見る見るうちに表情が険しくなる歩君…。
歩  「なぜですか…」
うるし「だって部にしたいしさー

前回の感想でも触れていた以下の内容について。(※『第2局』の感想より一部抜粋)

ちなみに、うるしちゃんの紹介文では、
『≪自称≫将棋部部長』
となっていたので、もしかするとまだ将棋“部”ではないのかもしれませんが、
まぁそれは次回以降明らかになるでしょう…!

【それでも歩は寄せてくる】第1局&第2局 感想 攻める後輩、悶える先輩
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。今回は、週刊少年マガジン2019年14号より、【それでも歩は寄せてくる】第1局&第2局の感想になります。では、以下より感想&考察となります。
スポンサーリンク

やはり、まだ部活としては始動していなかったようですね。

うるし「あと二人!あと二人部員集めると部にできるんだ
うるし「入ってくれそうな友達とかいないか?」
うるし「いたら誘っておいてくれよー」
部活結成に向け、期待に胸を膨らませるうるしちゃんですが、
一方の歩君としては複雑な想いがありました…。

彼はうるしちゃんにをしており、
彼女に将棋で打ち勝って、告白するという夢があります。
そして何より、
想い人と二人だけで過ごすこの時間が彼にとっては何ものにも代え難く、
ゆずれないもの”となっていたのです…!

そんな彼が、今ここで取る行動とは…。

歩  「センパイ」
歩  「そもそもなぜ部にしたいんですか

徹底した追及…!www

うるし「え?えっと…いや…将棋部っていう響きが…いいし?」
歩  「ふむ 響きですか…」
歩君は一度考える素振りを見せますが、
彼の中では既に答えは決まっています。

歩  「必要ですかね 今も一応将棋部と名乗ってるワケですし」
決して折れない、引き下がらない。
全ては彼女と二人だけで過ごす、かけがえのない時間を守るため…!

しかし、うるしちゃんも次なる理由を挙げてきます。
うるし「じゃあ部費!」
歩  「必要なものは全てそろっていますよね」
歩  「使うあてのない部費をもらってもしょうがないでしょう」
見て下さい、この二人の発した言葉数の差を…!w
まるで用意していたかのような歩君の反論。
相変わらず盤面外では攻めの姿勢を緩めません。

うるし「むぐ…じゃあ 部室
歩  「ここでよくないですかね だって」
と、歩君がまたしても反論しようとしたところで、
ようやくうるしちゃんも違和感を感じました。
うるし「おい!!ちょっと待て!!何かさっきからおかしくない!?」
うるし「何か私攻められてる!?

はい、そりゃもうコテンパンに…w

スポンサーリンク

ここでうるしちゃんは一度考え方を変え、
歩君にもメリットがある、ということを伝えることに。
うるし「そうだ!部員入ったらお前 勝てるかもしれないぞ
うるし「いつも私に負けてるし たまには勝ちたいだろー

彼女はまだ理解していないのです。
歩君はうるしちゃん以外に将棋で勝ちたい、などとは全く考えておりません。
うるしちゃんに将棋で勝ち、告白する。
彼の中にあるのはそれのみ。
しかし、まだその事実を告げる訳にはいきません。
実直な彼は、今言えることだけを取捨選択し、うるしちゃんへと告げました…。

歩  「いえ オレは」
歩  「一生センパイと将棋を指していたいくらいですよ」
うるし(なにそのプロポーズっぽいの

いや、もうほぼ言ってんじゃん!www

一瞬で顔が真っ赤になったうるしちゃん。
少し照れてしまったことを取り繕うように、彼女は言葉を続けます。
うるし「……あ」
うるし「あーーわかったぞ なるほどなーー」

それはただ、この雰囲気を誤魔化すための場繋ぎとしての発言でした。
彼女は特に詮索する気も、追及する気も、そこにはなかったのです。
しかし、彼女は“答え”に辿り着いてしまったのです…。

うるし「お前が部員ふえるのイヤなのってさー」
うるし「私と二人きりでいられなくなるから だろ」

歩  『ギクゥッ』
直後、凍り付く歩君の全身…!w

少しの間を置いた後、
歩君は目を閉じ、うるしちゃんに背を向け、たった一言。
歩  「帰りますか じゃあ
逃げるが『勝ち』…!w
前回も、うるしちゃんから
「お前 私のこと好きだよなと問われた歩君は彼女から目を逸らしていました。
以下、『第1局』の感想より一部抜粋。

注目しておきたいのは、第1話と第2話において
うるしちゃんとの会話中に歩君が彼女から目を逸らしたのはこの時のみ、ということ。

このうるしちゃんからのド直球な問いかけに対し、
まだ答える訳にはいかなかった…、をつくしかなかった…。
目を逸らすという描写には、
そんな彼の“センパイの前では誠実でありたいのに”という葛藤が読み取れ、
彼の実直な部分が表れていたと思います。

【それでも歩は寄せてくる】第1局&第2局 感想 攻める後輩、悶える先輩
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。今回は、週刊少年マガジン2019年14号より、【それでも歩は寄せてくる】第1局&第2局の感想になります。では、以下より感想&考察となります。
スポンサーリンク

ここまで来ると、
うるしちゃんからすればもはや誠実なのか不誠実なのか微妙なところw
うるし「おい待て!!やっぱお前 私のこと好きだろ!!
彼女の、あらゆる意味で“鋭すぎる”ツッコミが部屋中をこだまするのであった…!
というところで第3局が終了。

今回のエピソードで新しい発見と言いますか、驚いたことが2点
まず、結構あっさり歩君の恋心
うるしちゃんに筒抜けな状態になってしまいそう、ということ。
前回までだと、なんだかんだ
“この後輩はたまに女の子をドキドキさせる発言をしてくる変な奴”
ぐらいの認識に留まっている印象でしたが、
今回のエピソードを踏まえると、
もう彼の恋心がバレるのは秒読みって感じに思えてきました。

その上で、うるしちゃんが一年先輩のお姉さんとして、
“ほれほれ、告白するなら今がチャンスだぞ”というように
こっそり自分からアシストしてくれる展開になるんでしょうか?
で、見事に歩君がそれを裏切ると…w
そこまでが一点目。

もう一点が、
現時点で二人はまだ両想い、という訳ではなかったんだな、ということ。
そもそも今回のお話の起点となる部員募集に関して。
頑なに二人きりの時間を守ろうとする歩君に対し、
うるしちゃんはそんな発想すら思いつかなかったという感じで、
それよりも部活発足を優先していました。

もちろん、うるしちゃんも歩君のことを良くは思っているでしょうが、
少なくとも二人の認識にはある程度の温度差が感じられます。
私はてっきり二人は既に両想いで、
あとは告白待ちのヤキモキするお話だとばかり思っていたので、
これはいい意味で裏切られました!

というのも、そうなるとこの後の展開が非常ににぎやかなものになりそうなんです。
今回明確にあと二人部員が必要だと名言されました。
これは、新キャラの存在をほのめかしていますよね?

で、私の願望も含めた展開予想としては、
新キャラ追加で部活発足。

二人っきりの時間は少なくなるも、定期的に歩君の攻めが光る。

他の部員と楽しそうな歩君にうるしちゃんはなぜかヤキモキ

うるし「あれ?もしかして私、あいつのこと…」

うるし&読者「さっさと告白しろや!!」www

ってとこですかね。
私的にはうるしちゃんがいつ、どんな流れで
自分の恋心に気づくのか、という点に注目したいと思っています。

まぁまだ始まったばかりですし、もしかしたら
本気の将棋漫画として覚醒する可能性もちょっとはありますし(笑)、
このまま新キャラなど一切登場せずに、
ずっと二人だけ物語が進行する場合だってあるかもしれません。

とにかく、この作品で失恋のような苦い漫画体験は望んでいないので、
皆がハッピーエンドを迎えられるような展開を期待して、次週を待ちたいと思います。

◆電子書籍

▼eBookJapan

電子書籍をご利用なら、まずおススメなのがeBookJapanです!



約50万冊という世界最大級の品揃えに加え、
一冊まるごとタダで読める無料まんがが提供されています。
無料まんがのラインナップは定期的に更新されるので要チェックですよ!


▼DMM電子書籍

次におススメなのが【DMM.com 電子書籍】です!
こちらも品揃え抜群ですし、何より特徴的なのが成人向けタイトルなど、
他にはないジャンルのコンテンツが充実していることです!
無料サンプルも付いていて試し読みができるので安心ですよ!

◆動画配信サービス

▼dアニメストア

アニメ動画配信サービスを利用するなら、dアニメストアがおススメです!
dアニメストアとは、月額400円(税抜)
2,800作品以上アニメが見放題の定額動画配信サービスです!
しかも、初回の31日間はなんと無料なんです!!
もし見たいアニメが配信されているなら、無料期間だけでも利用しなきゃ損ですよ!

一度ダウンロードしてしまえば、いつでもどこでも視聴可能です。
スマートフォン・タブレット・パソコン、どのデバイスにも対応しています!



スポンサーリンク

◆まとめ

以上が、【それでも歩は寄せてくる】第3局の感想となります。

【からかい上手の高木さん】もそうですが、
たった二人のメインキャラだけで物語を展開させていくって凄いですよね。
もう既に第3局ですよw

ただ、新キャラの登場は今回でほのめかされたので、
次回には新たな展開が待っていそうです。
果たして、二人の恋時に進展は見られるのか?
次週も楽しみです!!
それでは皆さん、素晴らしいエンタメ人生を~(。・ω・)ノ゙

【それでも歩は寄せてくる】第1局&第2局 感想 攻める後輩、悶える先輩
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。今回は、週刊少年マガジン2019年14号より、【それでも歩は寄せてくる】第1局&第2局の感想になります。では、以下より感想&考察となります。
【それでも歩は寄せてくる】第4局 感想 犯罪と純愛の境界線「え こっわ!」
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。今回は、週刊少年マガジン2019年16号より、【それでも歩は寄せてくる】第4局の感想になります。では、以下より感想&考察となります。
【それでも歩は寄せてくる】第1巻 感想まとめ
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。今回は、つい先日発売された【それでも歩は寄せてくる】の第1巻について、これまで投稿してきた感想記事を収録エピソード毎にまとめたいと思います。
【からかい上手の高木さん】第1巻 感想
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。今回は、【からかい上手の高木さん】の第1巻についてご紹介をさせて頂きます!作者は、山本崇一朗先生です!第1巻には第1話~第9話が収録されています。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
【おすすめ】落ち込んだ時に読むべき漫画5選「文太郎と泣き、ポコと笑う」
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。今回は、落ち込んだ時にぜひ読んで欲しい【おすすめ】漫画作品を5タイトル、私の独断と偏見で厳選しご紹介致します!

コメント