【わたモテ】第15巻 発売記念イベント『原画展』参加レポート

漫画

皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。

今回は、【私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!】(以下、【わたモテ】
第15巻発売記念として開催されている原画展をご紹介致します!

【わたモテ】第15巻 店舗特典まとめ
【わたモテ】の最新刊となる第15巻の店舗特典が公開されましたので、今回はその内容をまとめたいと思います。それでは以下より、特典ごとに1つずつご紹介していきます。
【わたモテ】原作者ラジオ出演 トーク内容1「ラストシーンは…」
今回は【わたモテ】の作者である谷川ニコ先生がラジオ番組に出演された部分の内容について、注釈をはさみつつまとめていきます。(※2019.06.04放送分より)それでは、時系列順で記述していきます。
【わたモテ】全キャラ登場回まとめ(高校1年生編)
今回は【わたモテ】の高校1年生編を対象とし、全キャラ毎にその登場回をまとめていきます。それでは、以下よりキャラ単位で記述していきます。
【わたモテ】全キャラ登場回まとめ(高校2年生編)
今回は【わたモテ】の高校2年生編を対象とし、全キャラ毎にその登場回をまとめていきます。それでは、以下よりキャラ単位で記述していきます。

目次

スポンサーリンク

◆【わたモテ】第15巻 発売記念イベント:『原画展』

▼はじめに

◎『原画展』概要

新刊となる第15巻発売を記念して、
2019年5月11日(土)~2019年5月19日(日)にかけ、
【わたモテ】『原画展』が開催されています。

開催場所はBOOKMARK浅草橋で、入場料は無料です。

・「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」原画展開催決定!!

「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」原画展開催決定!! | メディコス・エンタテインメント 公式サイト
メディコス・エンタテインメントの公式サイトです。キャラクターフィギュアや雑貨、ホビーを多数取扱っております。

◎ゴタゴタについて

開催初日となる昨日5月11日(土)に、早速私も参加して参りました。

ただ、既にTwitterなどでご存知の方もおられるかと思いますが、
このイベントは初日からいろいろとゴタゴタがありまして、
簡単に要約すると、
『主催者側が想定していた以上に多くの【わたモテ】ファンが集まって大混乱…!
という感じです。

ここでは特に詳細に触れるつもりはありませんが、
運営の対応が何かと後手に回ってしまっていたなぁという印象でした。
ただ、見る限り2~3人程度のスタッフでやり繰りしていたようで、
そのような少ない人材でしっかり初日のイベントはやり終えてくれたので、
私個人としては現地スタッフの方々の労をねぎらう気持ちでいっぱいです。
やはり、見積もりを行った上層部の判断があまかったというところでしょうか。

ただ、これは裏を返せば、
“あれ?【わたモテ】ファンって結構いるんじゃね?
ってことが明るみになったのと同義であり、
今後のグッズ展開に光が差し込んだと思って良いのかもしれません。

スポンサーリンク

◎混乱の渦中へ

さて、そんな初日なんですが、事前に運営から提示されていた内容はこちら。
・朝9:00から先着順で整理券を配布
・配布時間は前後するかも
・でも早朝からは並ぶなよ

じゃあ、どうしたらええのよ!?www
“具体的に何時から並ぶことを推奨しているのか”、とかが全く不明だったんですが、
とりあえず、“まぁ1時間前ぐらい?遅くても30分前なら余裕っしょ♪”
という心持ちで迎えた当日。

結局、8:10~8:15ぐらい?に浅草橋駅へ到着。
別段迷うこともなく、開催地へ向かっていると、
遠くの方に人だかりを発見。
“あぁ~結構既に来てるな~、まぁ余裕っしょ♪”
などと、まだ甘い考えでいた自分…。

ところが、近づいてみて仰天…!
ずっと私に見えていたのは、
折り返してこちら側に回り込んでいた列の最後尾だったんです!!
しかも既に整理券の配布が始まっているだと…!?w

そしてしばらくの後、ようやく私の番に。
何とかギリギリ最後の16:00~17:00の枠の整理券をゲットして一安心…。
という訳で、その後実際に会場に入り、
原画の鑑賞やグッズの購入まで行うことができました。

=======※追記_ここから=======
参加者側のある“マナー問題”についての記述もここに載せていたのですが、
イベント初日に見かけたごく一部の出来事でしたし、
何より、せっかく盛り上がっている今回の素晴らしいイベントに対して、
変にマイナスイメージを持たれるような記述を残したくなかったので、
その部分を丸々削除することにしました…。

運営側には全く落ち度のないでしたので、
これから参加される方は特にお気になさらず、どうぞ『原画展』をお楽しみ下さい!

ちなみに、私は初日以来となる平日の参加もして来たんですが、まだまだ大盛況でした。
販売されているコミックスなんて、もう第1巻しか残っていませんでしたよ…!w
とはいえ、それ以外のグッズはまだまだありましたし、
サイン本もいくつか残っているようです。
参加するか悩まれている方、
【わたモテ】好きなら絶対に楽しめるイベント内容ですし、
どうせならなるべくお早めに参加されることをオススメします…!!
サイン本が当たった人達は、本当に羨ましい限りですよ…!(*´꒳`*)
=======※追記_ここまで=======

前置きが長くなってしまいましたが、
原画展で撮影した写真や、入手した素敵なグッズがいくつかありますので、
それらを以下より、順にご紹介していきます。

スポンサーリンク

▼写真

◎原画:第8巻

・[喪67]モテないし姫になる


『[喪67]モテないし姫になる』の一場面。
“このもこっち、何だかいつもよりエロいな~”とか思ってよく見たら、
スカートがいつもより短くなっているんです!!
ぜひコミックスと見比べてみて下さい。
そちらではいつもの長さに戻っています。
このミニスカートもこっちはネーム段階だけの仕様です。

振り返ってみると、『[喪4]モテないし寄り道』にていろいろあった結果、
もこっちは変装の一環として制服を着崩しミニスカート変顔で歩いていました。
そこで偶然智貴グループと遭遇してしまい、すれ違いざまに
中村君から超ブス”発言をくらってしまいます…。

それ以来、ずっともこっちは制服のミニスカート姿を見せていませんでした。
このエピソードでも、
まだそこまでは踏み切れないだろうという判断から調整が入ったのでしょうか?
真相は不明ですが、事実として
もこっちが“制服のスカート丈を短くする”というだけで
第15巻『[喪148]モテないし短くする』というユニークなエピソードが作られ、
結果、“もこっちがメスになる”という驚くようなカタルシスを生み出すのに成功しています。

もしかしたら『[喪67]モテないし姫になる』の時点で、
そこまで先の展開が閃いたから変更したのかも?
などと、いろいろ想像させてくれる原画でした。

【わたモテ】第1巻 感想① ぼっち界のスーパースター誕生
今回は【わたモテ】の第1巻をご紹介させて頂きます!作者は谷川 ニコ先生です!(※原作担当の方と作画担当の方の二人組です。)今回は第1話~第4話についてです。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
スポンサーリンク
・[喪68]モテないし2学期をだらだら過ごす


『[喪68]モテないし2学期をだらだら過ごす』の一場面。
このエピソードの感想でも触れたように、
“今のもこっちには共通の話題で一緒に盛り上がれる友達がいないということが
第8巻の前半で特に強調して描かれていたのが印象的でした。
それらも全ては、新たな変革を迎えるためのこと。

そして、いよいよ始まる修学旅行編

・[喪69]モテないし班決めする&[喪71]モテないし出発する


右半分は修学旅行の班員が決まった、
『[喪69]モテないし班決めする』の一場面。
左半分はついに出発の時を迎えた、
『[喪71]モテないし出発する』の一場面。

・[喪72]モテないし京都に着く


その後、『蝙蝠(コウモリ)の間』にてようやく顔を合わせることになった、
もこっち、ゆりちゃん、吉田さん、うっちーの4人。
『[喪72]モテないし京都に着く』の一場面。

こうして、長く険しかった少女の“ぼっち期間”は終わりを告げ、
誰も想像し得なかった尊く、輝かしい世界へと突き進むことに…!

【わたモテ】第8巻 感想① いつも通り、でも少し寂し気な最後のぼっち期間
今回は【わたモテ】の第8巻をご紹介させて頂きます!作者は谷川 ニコ先生です!(※原作担当の方と作画担当の方の二人組です。)今回は第67話~第70話についてです。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
【わたモテ】第8巻 感想② 修学旅行編開幕!「乳首つまんでごめんなさい…」
前回に続き、【わたモテ】の第8巻をご紹介させて頂きます!作者は谷川 ニコ先生です!(※原作担当の方と作画担当の方の二人組です。)今回は第71話~第74話についてです。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
スポンサーリンク

◎原画:第9巻

・[喪82]モテないし日常に戻る


『[喪82]モテないし日常に戻る』の一場面。
修学旅行編明けで最初の日常回。
写真だと見えにくいですが、『反転』というメモ書きの通り、
コミックス版では最後のコマのもこっちの向きが変わっています。
こういう部分を見つけていく楽しみもありますね。

・[喪87]モテないし体育祭の箸休め


『[喪87]モテないし体育祭の箸休め』の一場面。
線画だというのに、もうこの時点で圧倒的な美貌を披露する加藤さん
そりゃ、もこっちもスカートの中を覗きますよw

【わたモテ】第9巻 感想② 姉は日常の変化に戸惑い、弟はGENKANでS●X!
前回に続き、【わたモテ】の第9巻をご紹介させて頂きます!作者は谷川 ニコ先生です!(※原作担当の方と作画担当の方の二人組です。)今回は第82話~第85話についてです。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
【わたモテ】第9巻 感想③ 体育祭、うっちーのパンツで白メシかきこむ主人公
前回に続き、【わたモテ】の第9巻をご紹介させて頂きます!作者は谷川 ニコ先生です!(※原作担当の方と作画担当の方の二人組です。)今回は第86話~第88話についてです。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
スポンサーリンク

◎原画:第10巻

・[喪91]モテないし邂逅する


『[喪91]モテないし邂逅する』の一場面。
上段のコマなんて、
セリフが無かったら名シーンにしか見えません。
そして実際は、

朱里「私も見てみたいな 黒木くんのちんちん

という迷言が生まれた迷シーンであるという恐ろしい事実…!

・[喪97]モテないし学食で食べる


『[喪97]モテないし学食で食べる』の一場面。
このエピソードの感想で述べた通り、
アニメが好きで、声優を目指している本当の自分”は
影に潜めるべきもの”としてネモ自身は認識しており、
そんな彼女の心情を反映した表現方法が用いられていた印象的なシーンです。

・[喪98]モテないし冬の雨


『[喪98]モテないし冬の雨』の一場面。
託した者託された者
今江先輩がその大きな役目を終えたことが決定的になった重要なシーンであり、
たとえセリフが無くとも、言葉を交わす二人の姿から、
彼女らが持つ優しさを十分に感じ取ることができます。

また、セリフが無い分、自然と情景に意識が向き、
まるで雨音が聞こえてくるかの様な感覚を覚えます。
余白があることでの風情と言いますか、これはこれで味のある一枚ですね。

【わたモテ】第10巻 感想① 純粋無垢な少女の願い「見てみたいな ちんちん」
今回は【わたモテ】の第10巻をご紹介させて頂きます!作者は谷川 ニコ先生です!(※原作担当の方と作画担当の方の二人組です。)今回は第89話~第91話についてです。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
【わたモテ】第10巻 感想③ 本心を隠すリア充と本能で生きる主人公の邂逅
前回に続き、【わたモテ】の第10巻をご紹介させて頂きます!作者は谷川 ニコ先生です!(※原作担当の方と作画担当の方の二人組です。)今回は第96話~第98話についてです。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
スポンサーリンク

◎原画:第11巻

・[喪99]モテないし友達の友達


『[喪99]モテないし友達の友達』の一場面。
おそらく印刷の都合とかだとは思いますが、
断ったら即レ●プ”発言のセリフだけまだ書き込まれておらず、
ここだけ練りに練ったのかな~とか想像すると笑いが止まらなくなりますw

・[喪102]モテないしいつかの冬休み


『[喪102]モテないしいつかの冬休み』の一場面。
このエピソードの感想で述べた通り、この回は全編通して
智貴の言動が別の“何か”を隠すためのものにずっと見えていました。

姉弟で仲良く過ごしたあの頃に
何か未練を残していそうな表情を所々で浮かべていた智貴。

最後のコマで智貴の表情を描かないのは何ともにくい演出だと触れていたように、
私個人の見解として、ここで智貴はもこっちと同様、
もしくはそれ以上に今この時を楽しんでいるそう考えています。
余白がある分、これまた余計に智貴の心情を推察してしまう、素敵な一枚ですね。

・[喪106]モテないし最後の冬


『[喪106]モテないし最後の冬』の一場面。
絵だけで判断すると、こみちゃんがただのド変態にしか見えません。
そしてセリフ込みで読み返すと、その判断に間違いはなかったと確信できます。
………え?w(o^-^o)

【わたモテ】第11巻 感想① まこっちに学ぶ交渉術、『友達or即レイプ』
今回は【わたモテ】の第11巻をご紹介させて頂きます!作者は谷川 ニコ先生です!(※原作担当の方と作画担当の方の二人組です。)今回は第99話~第102話についてです。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
【わたモテ】第11巻 感想② 少女の更生を願う姉の依頼「外でウンコしてみて」
前回に続き、【わたモテ】の第11巻をご紹介させて頂きます!作者は谷川 ニコ先生です!(※原作担当の方と作画担当の方の二人組です。)今回は第103話~第106話についてです。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
スポンサーリンク

◎原画:第12巻

・[喪115]モテないし二年目の卒業式



どちらも『[喪115]モテないし二年目の卒業式』の一場面。
あの日”と同じ場所、同じ構図で描かれた今江先輩からの抱擁

与えられる側”から“与える側”へ。

あの日”の抱擁の意味へとようやく辿り着いた一人の少女は、
このエピソード、つまりは恩人”との『別れ』をもって、
過去の与えられてばかりで幼かった自分との『決別』を誓います。

線画の時点で涙腺を刺激するこの破壊力。
ここだけでも、生の原稿をもっとじっくり見たかったというのが正直なところです。

【わたモテ】第12巻 感想② 卒業式、少女が辿り着く抱擁の意味と感謝の想い
前回に続き、【わたモテ】の第12巻をご紹介させて頂きます!作者は谷川 ニコ先生です!(※原作担当の方と作画担当の方の二人組です。)今回は第114話~第116話についてです。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
スポンサーリンク

◎原画:第13巻

・[喪125]モテないし遠足がはじまる


『[喪125]モテないし遠足がはじまる』の一場面。
コミックスを振り返るまでもなく、
ゆりちゃんがちっちゃ過ぎるところに気がづき、ついつい目がいきますw
いや、何か可愛いけども!w

しかし、線画でも伝わるこのアベンジャーズ感…!!

『世界よ、これが【わたモテ】だ!』

スポンサーリンク
・[喪126]モテないしあだ名で呼ばれる


『[喪126]モテないしあだ名で呼ばれる』の一場面。
約3年という年月を経て、
ようやく本音で向かい合うこととなった二人の少女。
最後のネモの表情に関しては、
個人的にコミックス版よりも若干優しいと言いますか、やわらかい印象を受けます。

また、よく見ると右上のコマで
ゆりちゃんとうっちーの座席がコミックス版と逆になっています。
最後のある“オチに向け、途中で変更されたのでしょうか。
やはり原画鑑賞には、こういう部分を見つける楽しさがありますね。

【わたモテ】第13巻 感想② 遠足編開幕!「ようやく会えたって感じかな」
前回に続き、【わたモテ】の第13巻をご紹介させて頂きます!作者は谷川ニコ先生です!(※原作担当の方と作画担当の方の二人組です。)今回は第125話~第126話についてです。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
スポンサーリンク

◎原画:第14巻

・[喪140]モテないしオープンキャンパスに参加する


『[喪140]モテないしオープンキャンパスに参加する』の一場面。
このエピソードのハイライト詰め合わせ的なパネルを発見!

ほとんどの吹き出しが空欄という中、
うっちーの「キモさがそこに!?」だけは既にはっきりと書き込まれており、
その事実だけで笑ってしまいますw

あとセリフが無いと、右中央の○×△のコマが、
まるでもこっちが彼女ら三人に対して評価を下しているみたいに見えますね!w

・喪140別視点


おまけ漫画『喪140別視点』の一場面。
おそらく、唯一展示されていたおまけ漫画の原画です。
そのこと自体が意味を持ち、
第8巻から第14巻までを対象にした今回の原画展
改めて伝えようとしている大切な何かを、
最終的にこれをもって我々に提示している、そんな気がします。

スポンサーリンク

◎サイン色紙




展示されていた計3種類のサイン色紙
これらを見て、私が抱いた感想は至ってシンプル。

『えっ なにこの美少女!?』w

もこっちがめっさ可愛いよ~!!!(*´꒳`*)
物憂げな表情も、ちょっと照れてる表情も、
見つめているだけでこちらの胸がドキドキしてくる、魅力的な三枚。
多分、主人公になれるよ!!w

こんな美少女が授業中にち●こ画像見てるとか、
(※第5巻『[喪43]モテないし裸に興味を持つ』参照)

女の子のパンツを覗き込みながら白飯をかきこんでるとか、
(※第9巻『[喪88]モテないし負ける』参照)

もう、どう考えても胸アツ過ぎるだろ!?w
このもこっちがプリントされたグッズが出たら迷わず買うでしょうね。
このサイン色紙下書き生原稿を対象としたプレゼントキャンペーンが実施されてますが、
まぁ案の定、当たらないんだろうなぁ~…(´•ω•`)

【わたモテ】第5巻 感想② 変化の足音、もこっちを見守り導く者の存在
前回に続き、【わたモテ】の第5巻をご紹介させて頂きます!作者は谷川 ニコ先生です!(※原作担当の方と作画担当の方の二人組です。)今回は第41話~第43話についてです。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
【わたモテ】第9巻 感想③ 体育祭、うっちーのパンツで白メシかきこむ主人公
前回に続き、【わたモテ】の第9巻をご紹介させて頂きます!作者は谷川 ニコ先生です!(※原作担当の方と作画担当の方の二人組です。)今回は第86話~第88話についてです。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
スポンサーリンク

▼グッズ

◎しおり 原画展仕様

会場で無償配布された今回のイベント特製のしおり。

何だかんだ、最も実用性の高いアイテムの一つw
私のように、コミックスを何度も読み返すタイプの人間にとっては
本当にありがたいアイテムです。

スポンサーリンク

◎キーホルダー パジャマパーティーVer.

全3種類。税込みで各864円

実は、キーホルダーは購入する予定無かったんですが、
もこっちの描き下ろしイラストが可愛すぎてこれだけ思わず買ってしまいました…!

そしてもこっちの場合のみ、例のぬいぐるみもセットで描かれており、
キャラ二人分のような謎のお得感が味わえます。

【わたモテ】全キャラ登場回まとめ(高校2年生編)
今回は【わたモテ】の高校2年生編を対象とし、全キャラ毎にその登場回をまとめていきます。それでは、以下よりキャラ単位で記述していきます。
スポンサーリンク

◎BIGアクリルスタンド パジャマパーティーVer.

全3種類。税込みで各1620円
一応、私は3種類全てを購入。


まずは、もこっちから。
やっぱりこのもこっち、めちゃくちゃ可愛いですね!
そりゃ、もう買うしかないでしょう!


続いて、ネモ
は?ここにきて、過去最高にめちゃカワやと!?w(o^-^o)

ちょこんと小さく傾けた首の角度。
しなやかにくねらせた腰つき。
強調するように押し出したヒップ。
そして、太ももから足先にかけての滑らかな曲線美。

何なんですか、このいやらしいシルエット…!!w
第8巻『[喪72]モテないし京都に着く』にて描かれた
彼女の部屋着姿がベースなんだとは思いますが、
まさかここまでアップグレードされたカタチで拝めるとは…!
こんなん買わざるを得ない!!

と、ここまでで既に最高のラインナップなんですが、
実は全てが“前座”であり、“前フリ”に過ぎないのです。
後に控えるあの“御方”が最終的には全部持っていってしまいます…。

【わたモテ】第8巻 感想② 修学旅行編開幕!「乳首つまんでごめんなさい…」
前回に続き、【わたモテ】の第8巻をご紹介させて頂きます!作者は谷川 ニコ先生です!(※原作担当の方と作画担当の方の二人組です。)今回は第71話~第74話についてです。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
スポンサーリンク


最後に登場するのは、ゆりちゃん!!

こんなドスケベな女子高生、私は知らない!!www

いや本当に何なんですか、コレw
修学旅行の時とか、君もっとシンプルな部屋着でしたやん…!
元ネタとかも特に思いつかず、
この唐突に現れたえっちぃ女神に対して驚愕し、困惑し、
そして迷わず購入!!w
いつか本編で会えるって信じてるよ…!!\(^o^)/

スポンサーリンク

◎アクリルジオラマ

税込みで3780円


第8巻の表紙をモチーフにしたアイテム!
そして今ここに集いし、『蝙蝠(コウモリ)の間』のメンバー4人!
吉田さんうっちーに関しては、今のところ
これが唯一の商品化されているグッズです。
それぞれ単品で切り離せるので、好きなように飾れますね!

私はまだ組み立てていませんが、
全部はめ込むと縦149mm×横146mmという結構な大きさになります。


台座となるコマには、伝説の
もこ「乳首つまんでごめんなさい…」
のセリフが…!!w
(※第8巻『[喪74]モテないし班行動する』参照)

そして何より注目したいのは中央に描かれた、荻野先生の存在!
このパーツはキャラの足場になる部分ですが、
組み立てた際に背景になる部分にも彼女が描かれています。
これはもう、荻野先生のグッズと言っても過言ではありません。(※絶対過言
そして、これ以上作られないであろうことも容易に想像できる…w
私以外にいるのか不明ですが、
荻野先生ファンは絶対に購入するべきアイテムの一つですよ!!

【わたモテ】第8巻 感想② 修学旅行編開幕!「乳首つまんでごめんなさい…」
前回に続き、【わたモテ】の第8巻をご紹介させて頂きます!作者は谷川 ニコ先生です!(※原作担当の方と作画担当の方の二人組です。)今回は第71話~第74話についてです。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
スポンサーリンク

この他にも、
名場面アクリルキーホルダータペストリーなども販売されています。
今回はあくまで『先行販売』というだけであり、
いずれは通販などでも購入できるようになるかと思われます。(※しおり以外)
明日以降原画展に参加される方も含め、
グッズの大きさや価格など、一つの参考資料としてご利用下さい。

=======※追記_ここから=======
ネットでの受注が開始したようです。
ただし、『色紙・下書き生原稿プレゼントキャンペーン』に関しては、
原画展会場で購入した方が対象となるようなので、その点はご注意下さい。


=======※追記_ここまで=======

◆電子書籍

▼eBookJapan

電子書籍をご利用なら、まずおススメなのがeBookJapanです!



約50万冊という世界最大級の品揃えに加え、
一冊まるごとタダで読める無料まんがが提供されています。
無料まんがのラインナップは定期的に更新されるので要チェックですよ!


▼DMM電子書籍

次におススメなのが【DMM.com 電子書籍】です!
こちらも品揃え抜群ですし、何より特徴的なのが成人向けタイトルなど、
他にはないジャンルのコンテンツが充実していることです!
無料サンプルも付いていて試し読みができるので安心ですよ!

◆動画配信サービス

▼dアニメストア

アニメ動画配信サービスを利用するなら、dアニメストアがおススメです!
こちらは、アニメ版【わたモテ】を配信している数少ない動画配信サービスです!

dアニメストアとは、月額400円(税抜)
2,800作品以上アニメが見放題の定額動画配信サービスです!
しかも、初回の31日間はなんと無料なんです!!
もし見たいアニメが配信されているなら、無料期間だけでも利用しなきゃ損ですよ!

一度ダウンロードしてしまえば、いつでもどこでも視聴可能です。
スマートフォン・タブレット・パソコン、どのデバイスにも対応しています!


▼DMM動画

その他の動画配信サービスとしては、
DMM動画でもアニメ版【わたモテ】を配信しています。
なんと第1話は現在無料で公開されています!

また、DMMではDMM見放題chライトという、定額の見放題プログラムも用意されています。
お笑い動画やグラビア動画、さらにはもっとアダルトな作品まで。
月額540円で7000タイトル以上が見放題になっています。
マルチデバイス対応で、スマホ、PC以外にもTVやPS4などでも視聴が可能です。

残念ながら、今のところ【わたモテ】は見放題のラインナップに含まれておりませんが、
共通のDMMポイントの使用または貯めることができますので、
普段DMM関連のサイトをご利用の方にはオススメです!



スポンサーリンク

◆まとめ

以上が、【わたモテ】第15巻の発売記念イベント原画展』についての参加レポートとなります。

展示されている原画に関しては、
今回私がご紹介したもの以外にも多数あり、見ごたえ十分です。
絶対に無理な話ですが、
本当は持参したコミックスを片手にじっくりと鑑賞し、
いろいろと見比べたいぐらいでした。

また、販売されているグッズですが、
大盛況なようでして公式Twitterで流れている情報によれば
コミックスはほとんど売り切れ状態で、再入荷未定とのことです。
無償配布のしおりも出尽くし現在再生産中のようで、
本当に主催者の想定した以上に多くの方々が訪れていたんだなぁ~と感じます。
ただ、先行販売している新しいグッズに関してはまだ余裕があるようです。
サイン本については抽選であるため、
こればっかりは運、または根気の勝負となります。

とにかく、【わたモテ】ファンなら存分に楽しむことのできる、
そう滅多にない貴重なイベントになっていると思いますので、
時間など都合の合う方はぜひ参加してみて下さいね!
これからの混雑具合も、初日からの二日間よりは断然マシになっているはずです…!
私もできるならもう一回ぐらい行きたいんですが、現在検討中です…。
それでは皆さん、素晴らしいエンタメ人生を~(。・ω・)ノ゙

【わたモテ】第15巻 店舗特典まとめ
【わたモテ】の最新刊となる第15巻の店舗特典が公開されましたので、今回はその内容をまとめたいと思います。それでは以下より、特典ごとに1つずつご紹介していきます。
【わたモテ】原作者ラジオ出演 トーク内容1「ラストシーンは…」
今回は【わたモテ】の作者である谷川ニコ先生がラジオ番組に出演された部分の内容について、注釈をはさみつつまとめていきます。(※2019.06.04放送分より)それでは、時系列順で記述していきます。
【わたモテ】全キャラ登場回まとめ(高校1年生編)
今回は【わたモテ】の高校1年生編を対象とし、全キャラ毎にその登場回をまとめていきます。それでは、以下よりキャラ単位で記述していきます。
【わたモテ】全キャラ登場回まとめ(高校2年生編)
今回は【わたモテ】の高校2年生編を対象とし、全キャラ毎にその登場回をまとめていきます。それでは、以下よりキャラ単位で記述していきます。

コメント

  1. ミカゼ より:

    久しぶりにコメさせていただきます。
    原画展良かったみたいですね。
    自分にとって行けるチャンスの日曜日が抽選にならなかったら行ってたかもしれません。(朝起きたらTwitterで抽選終わりだったので・・・)
    なんか嫌な人がいたらしいですが、数万でサイン本がヤフオクに出てると嫌な気持ちになりますね。別のイベントでいくらで売れるってことしか話してない人達見かけたけど、周りに迷惑かけてましたよ。
    生原稿はいいですね。複製原画知り合いが見に行ったのですがそこまでいいと言ってなかったので。
    2013年のモテないし展示会する。ですね
    http://www.watamote.jp/news/
    下の方。なんで宇都宮なのかはわかりませんが。
    平日だと車オッケーで休日だとだめなのが痛かった思い出が
    16巻以降でまたイベントやらないかなあ・・・秋葉原の大きいイベント会場とかならいいんだけど

    • エンタメ侍 より:

      ミカゼさん
      コメントありがとうございます!m(_ _)m

      私は『原画展』というものに参加すること自体初めてだったんですが、
      生原稿ならではの魅力、そしてコミックス版との違いの発見など、
      一ファンとしてはたまらないイベントとなりました…!(*´꒳`*)

      ただ、やはり会場の規模が小さかったことは否めず、ミカゼさん同様、
      そういった理由で参加を断念せざるを得ない方がおられたのは残念でしたね…。

      >数万でサイン本がヤフオクに出てる
      これも本当に残念ですよね…。
      運営側が初日の段階で早い者勝ちから抽選に切り替えてくれたので、
      サイン本の多くがおそらく本当に【わたモテ】好きなファンの手元に届いたはず、
      ということだけが救いです…。でも、欲しかったなぁ…w

      >16巻以降でまたイベントやらないかなあ
      グッズもすぐに完売していたようですし、ほぼ間違いなく、
      今回の件で【わたモテ】イベントの集客率や集金率が高いことは伝わったでしょう!
      なんだったら、もう新しいコミックスが出るたびに
      何かしらイベントを開催してほしいぐらいですよね!w

      まぁ『原画展』とは限らず、今の注目度から察するに
      何かしらのイベントは今後もあるはずなので、
      その際はミカゼさんもぜひお楽しみください!(o^-^o)
      私も可能な限りは参加し、またレポートとしてお伝えしようと思います!