【それでも歩は寄せてくる】第11局 感想 攻める後輩、受け入れる先輩

漫画

皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。

今回は、週刊少年マガジン2019年24号より
【それでも歩は寄せてくる】第11局の感想記事になります!

【それでも歩は寄せてくる】第10局 感想 縮まる距離、心を寄せたのは彼女
今回は週刊少年マガジン2019年23号より、【それでも歩は寄せてくる】第10局の感想になります。では、以下より感想&考察となります。
【それでも歩は寄せてくる】第1巻 感想まとめ
今回はつい先日発売された【それでも歩は寄せてくる】の第1巻について、これまで投稿してきた感想記事を収録エピソード毎にまとめたいと思います。
【からかい上手の高木さん】第1巻 感想
今回は【からかい上手の高木さん】の第1巻についてご紹介をさせて頂きます!作者は、山本崇一朗先生です!第1巻には第1話~第9話が収録されています。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
【おすすめ】落ち込んだ時に読むべき漫画5選「文太郎と泣き、ポコと笑う」
今回は落ち込んだ時にぜひ読んで欲しい【おすすめ】漫画作品を5タイトル、私の独断と偏見で厳選しご紹介致します!


では、以下より感想&考察となります。

山本崇一朗が描く新ヒロイン!『それでも歩は寄せてくる』PV
スポンサーリンク

◆【それでも歩は寄せてくる】

▼感想&考察

◎第11局

感想&考察

雨音が響く部室にて、
今日も変わらず座して将棋を指す二人の生徒。

うるし「王手!」
歩  「……負けました…」
うるし「ふふーん」

この日もうるしちゃんの勝利に終わり、
歩君の告白はまだまだ先のこととなる模様。
そして今回、部室でのお話ははここまでであり、早々に二人は帰路につきます。

校舎を並んで歩くうるしちゃんと歩君。

うるし「だいぶよくなってきてはいるが 詰め将棋もっとやらないとだなー」
うるし「今度おすすめのやつ教えてやるよー」

歩君の実力は少しずつ伸びているようですが、
うるしちゃんには依然余裕があり、
おそらくまだ一度も接戦にすらなっていないのでしょう。

ですが、将棋のことに関しては
うるしちゃんがしっかりセンパイとして指導している描写が多々あり、
自分が楽しむだけでなく、大切な後輩を育てようという明確な意思が見受けられ、
彼女の人柄の良さが伝わります。

そんなうるしちゃんはちゃんと褒める所は褒めて伸ばすタイプのようで、
現在の歩君の将棋を的確に分析し、
彼の長所に触れた上でさらにその先を示してみせます。

うるし「でも素直な攻め筋好感もてるぞ
歩  「素直…ですか」
うるし「逆に もう少し裏をかいてもいいかもしれないけどなー」
歩  「ふむ…」

そして、これが“将棋のことだけにあらず”という点が、
本作のおもしろいところ…!!

歩  「いつもありがとうございます」
歩  「オレのことを考えてくれていて嬉しいです」
うるし「んぁっ セ…センパイとしてトーゼンだ」

彼女に評価してもらった通り、
正面どストレートで“素直に攻める”歩君!w
さらに言うなれば、将棋について語っていたとはいえ、
彼の実直で恋心を全く隠しきれていない日々の言動に対し、
うるしちゃんは“好感をもっているという意味合いにも受け取れます。

将棋について話していたはずが、
いつしかその人物の人間性についての話に置き換わっており、
さらにはその相手を自分がどう捉えているかを告白してしまっているという流れは、
この作品が持つ独自の魅力をよく表している部分だと感じます。

スポンサーリンク

変わらず廊下を歩いていた二人。
そこで、歩君は今も降り続けている”について触れます。

歩  「ですね」
うるし「そ…そーだな」

実は、彼がここで“雨”の話題を切り出したのには理由があったのです…。

歩  「センパイ… 傘は持ってきていますか
うるし「傘? ああ持ってるぞ お気に入りでさー」
うるし「いいだろ 折り畳み式だけどしっかりしてるんだー」

笑顔でお気に入りの折り畳み傘を掲げ、後輩にドヤるうるしちゃん。
君は本当に女子高生なのか?w
しかし残念ながら、今の歩君にその声は届いておらず…。

想いを隠し通すことなど到底できない、不器用で
かつ純粋な彼が告げる、ささやかな提案。

歩  「その…帰り オレの傘に入りませんか
うるし「んあっ!?」

いや、もうコイツ無敵だろwww
よく考えたら話の前後が噛み合っていませんw

うるし「え…それって…どういう…」
歩  「そのままの意味ですが」
うるし「聞いてたか!?持ってきてるんだってば!
歩  「ダメですかね

第5局にて、剣道部に入っていた中学時代、彼は不動の田中なんていう
めちゃくちゃ格好良い異名を持っていたことが明らかになりましたが、
これまた彼の性格と言いますか、生き様をよく表していますね…!
この男、全くブレません!w

【それでも歩は寄せてくる】第5局 感想 側にいて欲しい先輩と不動の田中
今回は週刊少年マガジン2019年17号より、【それでも歩は寄せてくる】第5局の感想になります。では、以下より感想&考察となります。
スポンサーリンク

相変わらずな歩君の“攻め”を受け、こちらもいつも通りたじろぐうるしちゃん。

うるし(そうだ!!この素直すぎる攻撃を逆手にとってやる
うるし(いつも照れさせられる仕返しだ)

そして彼女が取った行動、それは…。

うるし「まぁ どうしても私と相合い傘したいっていうなら してやってもいいぞ
うるし(照れろ照れろ照れろ照れろ照れろ

全面的に受け入れるという、これぞ年上のお姉さん的余裕を持った姿勢
うるしちゃんは歩君の“攻め”に応えます。
内心、“照れろ照れろ…”と実は全く余裕がない点はこの際置いておきましょう…w
何より重要なのは、
この彼女の判断が歩君にとってはご褒美にしかなっていない、ということ…!!w

歩  「はい どうしてもセンパイと相合い傘したいですね
うるし(素直すぎる…!

“またやってしまった…!”とばかりに顔を赤くするうるしちゃんですが、
第9局より少しばかりの変化を見せ始めているのが彼女の乙女心

うるし「まー…いいけどさー

“だから傘持っているって言っただろう!”と、
歩君の提案を拒否することもできたはず。
そんなことで彼の機嫌が悪くなることも、二人の関係性が変わることもない、
ということは彼女自身がよく分かっているはずです。

しかし、彼女は最終的に彼の提案を受け入れました。
これこそ、“二人の関係性が変わる”ということを
彼女が心のどこかで望み始めた証と言えるのではないでしょうか。

【それでも歩は寄せてくる】第9局 感想 染まる頬と早まる鼓動は変化の兆し
今回は週刊少年マガジン2019年21・22合併号より、【それでも歩は寄せてくる】第9局の感想になります。では、以下より感想&考察となります。
スポンサーリンク

最後にうるしちゃんが歩君へ今一度確かめるのは、
これまで何度も問いかけてきたシンプルな質問。

うるし「お前…私のこと好きだろ
歩  「それはどうですかね」
うるし「なんでいつもそこは素直じゃないんだお前は!」

“センパイに将棋で勝ち、そして告白する”というを抱く歩君にとって、
この質問は当然“白を切る”しかない難問。
普段は素直に攻め続ける彼も、ここだけはごまかさざるを得ません。

一方のうるしちゃん。
同じ質問をこれまでも投げかけてきた彼女ですが、
ここ最近の彼女の心情を察するに
少々その意味合いが変化してきたように感じられます。

序盤こそ、いつも盤面外でやられっぱなしなその状況を何とか打破するべく、
苦し紛れに問いかけていた、という印象でした。
その先に彼のどんな返答が待ち受け、
それによって二人の関係性がどう変わってしまうかなど、
彼女はほとんど考慮していなかったのではないでしょうか。

そして現在。直近の第10局でも描写があった通り、
うるしちゃんは歩君との心の距離を縮めており、
彼に対する想い変化があることが見受けられます。
その上、歩君の“素直な攻め”に“好感をもてる”とはっきり彼女が告げた今回。

そんな彼女が投げかけた私のこと好きだろ”という問いかけには、

“これにも素直に答えていいんだよ きっと私も受け入れるから…”

というように、徐々にではありつつも
二人の関係性の変化をうるしちゃんも望み始めている
そのような彼女の内面が見え隠れしていたように私は感じます。

攻められたうるしちゃんが歩君を煽ってさらに逆アップをかまされるという、
特に第1局とセリフや構成が似通っていた今回のエピソード。
先述した変化”を強調するため、意識的にそうされていたように思えますね。
事実、今回は第1局異なり
うるしちゃんの「してやってもいいぞ」で受け入れた内容
実際に行われることになりました。

また、第9局より3話続けて、
二人が肩を並べているシーンが描かれているという点も印象深いですね。
少しずつですが、確実に変化の兆しを迎えている二人の関係性。

もし次、今回のような展開が描かれた場合、
その時うるしちゃんが心から受け入れる内容は、もしかしたら…。
近い将来に結ばれるかもしれない、
二人の新たな関係性に期待してしまう、そのようなエピソードとなりました。
というところで第11局が終了。

【それでも歩は寄せてくる】第1局&第2局 感想 攻める後輩、悶える先輩
今回は週刊少年マガジン2019年14号より、【それでも歩は寄せてくる】第1局&第2局の感想になります。では、以下より感想&考察となります。
【それでも歩は寄せてくる】第10局 感想 縮まる距離、心を寄せたのは彼女
今回は週刊少年マガジン2019年23号より、【それでも歩は寄せてくる】第10局の感想になります。では、以下より感想&考察となります。

◆電子書籍

▼eBookJapan

電子書籍をご利用なら、まずおススメなのがeBookJapanです!



約50万冊という世界最大級の品揃えに加え、
一冊まるごとタダで読める無料まんがが提供されています。
無料まんがのラインナップは定期的に更新されるので要チェックですよ!


▼DMM電子書籍

次におススメなのが【DMM.com 電子書籍】です!
こちらも品揃え抜群ですし、何より特徴的なのが成人向けタイトルなど、
他にはないジャンルのコンテンツが充実していることです!
無料サンプルも付いていて試し読みができるので安心ですよ!

◆動画配信サービス

▼dアニメストア

アニメ動画配信サービスを利用するなら、dアニメストアがおススメです!
dアニメストアとは、月額400円(税抜)
2,800作品以上アニメが見放題の定額動画配信サービスです!
しかも、初回の31日間はなんと無料なんです!!
もし見たいアニメが配信されているなら、無料期間だけでも利用しなきゃ損ですよ!

一度ダウンロードしてしまえば、いつでもどこでも視聴可能です。
スマートフォン・タブレット・パソコン、どのデバイスにも対応しています!



スポンサーリンク

◆まとめ

以上が、【それでも歩は寄せてくる】第11局の感想となります。

先述したように、
今回は第1局意識的にお話の構成を似通わせていたように感じました。
そこで感じるのは、やはりうるしちゃん側の“変化”。
こうなってくると、逆に二人が出会った当初のお話も読みたくなってしまいますね。
そして歩君はすぐに彼女に恋心を抱き、
今とほとんど変わらない感じになるんじゃないかという予想がつきますが、果たして…w

あと、第1局に立ち返ってという部分で思い返したのですが、
話数が二桁になったというのに、まだ部員が増えていません…!w
この限られた素材でよくお話を展開させられますよね!w
実際、そんな話題もあったなぁ~ぐらいに忘れていた程だったので、
今のところ特に問題ないのでしょう。

ところで、こちらの作品は【からかい上手の高木さん】とは違って、
主人公二人の関係性が先輩後輩な訳で、今回のエピソードの直後、
相合い傘で二人並んで帰っている姿なんて見られた日にゃ、
言い訳不可能だと思うのですが、どうなんでしょう?w
もしかしたら、そういう第三者視点という切り口
展開されるお話も今後あるかもしれませんね!楽しみに待ちたいと思います!
それでは皆さん、素晴らしいエンタメ人生を~(。・ω・)ノ゙

【それでも歩は寄せてくる】第10局 感想 縮まる距離、心を寄せたのは彼女
今回は週刊少年マガジン2019年23号より、【それでも歩は寄せてくる】第10局の感想になります。では、以下より感想&考察となります。
【それでも歩は寄せてくる】第12局 感想 彼女が望む、盤面外での『王手』
今回は週刊少年マガジン2019年25号より、【それでも歩は寄せてくる】第12局の感想になります。では、以下より感想&考察となります。
【それでも歩は寄せてくる】第1巻 感想まとめ
今回はつい先日発売された【それでも歩は寄せてくる】の第1巻について、これまで投稿してきた感想記事を収録エピソード毎にまとめたいと思います。
【からかい上手の高木さん】第1巻 感想
今回は【からかい上手の高木さん】の第1巻についてご紹介をさせて頂きます!作者は、山本崇一朗先生です!第1巻には第1話~第9話が収録されています。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
【おすすめ】落ち込んだ時に読むべき漫画5選「文太郎と泣き、ポコと笑う」
今回は落ち込んだ時にぜひ読んで欲しい【おすすめ】漫画作品を5タイトル、私の独断と偏見で厳選しご紹介致します!

コメント