【わたモテ】第8巻 感想② 修学旅行編開幕!「乳首つまんでごめんなさい…」

漫画

皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。

前回に続き、
【私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!】(以下、【わたモテ】
第8巻の感想記事になります!

【わたモテ】第8巻 感想① いつも通り、でも少し寂し気な最後のぼっち期間
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。【わたモテ】の第8巻をご紹介させて頂きます!作者は谷川 ニコ先生です!(※原作担当の方と作画担当の方の二人組です。)今回は第67話~第70話についてです。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
【わたモテ】全キャラ登場回まとめ(高校1年生編)
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。今回は、【わたモテ】の高校1年生編を対象とし、全キャラ毎にその登場回をまとめていきます。それでは、以下よりキャラ単位で記述していきます。
【わたモテ】全キャラ登場回まとめ(高校2年生編)
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。今回は、【わたモテ】の高校2年生編を対象とし、全キャラ毎にその登場回をまとめていきます。それでは、以下よりキャラ単位で記述していきます。

以下より、第71話からエピソード単位で感想&考察を記述していきます。

スポンサーリンク

◆【私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!】第8巻

▼感想&考察

◎[喪71]モテないし出発する

感想&考察

とうとう迎えた修学旅行当日の朝。
東京駅に着いたもこっちは集合場所を探し、歩き回っていました。
その後、横を通り過ぎた学生を追うことで何とか目的の場所へと到着。

しかし、ここでもクラスの輪に溶け込めないもっちは、
遠くから彼らを見つめるばかり…。
これがそのまま今のもこっちとクラスメイト達との間にある心の距離を表しており、
また、この修学旅行を機にやがて変化ていくものとなります。

時間になり、電車へと乗り込んだ一行。
ここで描かれた、デッキ部分で立ち止まり会話する女子生徒の内の一人。
彼女は、第7巻『[喪58]モテないし無駄に過ごす』にて
セリフのみでしたが既に登場していた加藤さん
このエピソードでついにその容姿が明らかに!
今も昔も変わらずお美しい…!(o^-^o)

【わたモテ】第7巻 感想① 2年目の夏休み、花火と野球部応援とダラダラ
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。【わたモテ】の第7巻をご紹介させて頂きます!作者は谷川 ニコ先生です!(※原作担当の方と作画担当の方の二人組です。)今回は第56話~第59話についてです。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
スポンサーリンク

どこに座るかを話し合っていた彼女たちでしたが、
そこへやって来た荻野先生から
「他のクラスに迷惑かかるから もう前から出席番号順に座りなさい!!」
と注意され、とりあえず座ることに。

一方、“好きなもの同士で”という悪夢が消え去ったことに安堵したもこっちは
(こいつ生まれて初めて教師らしいことした!!)
と、珍しく荻野先生を絶賛しますw

いや、君いろいろとお世話になってるからね!w

【わたモテ】第6巻 感想② 荻野先生のセリフは読者へのメッセージ???
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。【わたモテ】の第6巻をご紹介させて頂きます!作者は谷川 ニコ先生です!(※原作担当の方と作画担当の方の二人組です。)今回は第50話~第52話についてです。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
スポンサーリンク

そして出来上がったのは、
岡田、加藤、黒木、の横並び。
ここでの加藤さんのセリフに注目して下さい。

加藤「岡田さん達はグループ行動どこ行くの?」
岡田「銀閣寺と映画村とー」
加藤「あ 映画村行くの?じゃあ私達と一緒だー
岡田「まじでじゃあ一緒に回る

その後のエピソード、例えば第13巻『[喪124]モテないし友達の関係』などで
加藤さんが茜ちゃん(あーちゃん)のことを呼ぶ時は、
名前呼びに変わっています。

【わたモテ】という作品において“呼称”は、
両者の関係性、距離感を示すギミックとしてしばしば用いられています。
それ自体がテーマになったエピソードもあり、
第13巻『[喪126]モテないしあだ名で呼ばれる』ではもこっちネモの関係性が、
第14巻『[喪138]モテないし大学に行く』ではもこっちゆりちゃんの関係性が、
それぞれ呼称というギミックを通じて大きく変化した、ということが描かれています。

今回の描写を見る限り、
この時点ではまだ加藤さんと茜ちゃんはそこまで仲が良い訳ではなく、
むしろこの修学旅行を通してその仲を深めたのだということが窺えます。
このように、作中で直接的に描かれていない部分でも、
作品世界における時間の流れキャラ同士の交流を読み取れるということは、
キャラの脈動を確かに感じるための重要なファクターだと思います。
そして、そのような想像の余地を多分に設けてくれている作品というのは
非常に読み応えがあり、こういった作品に出会えていることは
一読者としてこの上なく幸せなことだと感じますね!(*´꒳`*)

【わたモテ】第13巻 感想① とけ出した感情が彷徨い求める『特別』な関係
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。【わたモテ】の第13巻をご紹介させて頂きます!作者は谷川ニコ先生です!(※原作担当の方と作画担当の方の二人組です。)今回は第123話~第124話についてです。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
【わたモテ】第13巻 感想② 遠足編開幕!「ようやく会えたって感じかな」
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。【わたモテ】の第13巻をご紹介させて頂きます!作者は谷川ニコ先生です!(※原作担当の方と作画担当の方の二人組です。)今回は第125話~第126話についてです。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
スポンサーリンク

さて、そんな加藤さんと茜ちゃんの交流の横で、
これでもかとぼっちを発動させていたのがもこっち。
会話に参加できないもこっちは、
特に興味も無いしおりをペラペラとめくったり、スマホをいじったり…。
気づいた時には、隣に座っていた二人は席を立ちどこかへと去った後でした。

そこで、もこっちもトイレに一度席を立ちます。
しかし、席に戻ってびっくり。
自分の座席周辺は別の女子グループに占領されてしまっていました。

その内二名は、
第5巻『[喪42]モテないし何気ない日常を送る(2年生)』以来の登場となる、
三家さん委員長の二人です。
このまま戻っても気まずいだけだと判断したもこっちは再びデッキへと向かいました。

【わたモテ】第5巻 感想② 変化の足音、もこっちを見守り導く者の存在
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。【わたモテ】の第5巻をご紹介させて頂きます!作者は谷川 ニコ先生です!(※原作担当の方と作画担当の方の二人組です。)今回は第41話~第43話についてです。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
スポンサーリンク

スマホを片手に特に何をする訳でも無く、
デッキにたった一人でボーっと突っ立ていたもこっち。
そして、そこへ偶然通りかかったのはこみちゃんでした。
彼女はもこっちの存在に気づき、
いろいろと察した上で一度は通り過ぎたものの、再び戻って来て声を掛けました。

この一連の行動は、今後の彼女の描写にも通じる部分があります。
普段は変態的な部分が際立ちますが、こみちゃんは
実は人一倍優しさ慈愛の精神を持ち合わせた人物なのではないかと私は思っています。
思えば、こみちゃんの方からもこっちの“ぼっち具合”をバカにしたような場面は
ほとんど見たこと無い気がします。

彼女が中学3年生で経験した一人ぼっちの学生生活。
こみちゃんにとっては、それが苦い思い出として今も尚鮮烈に残っており、
今のもこっちを見ていると当時の自分を重ねてしまって、
放っておけないのかもしれませんね。

こみ「……何やってんだ?」
もこ「別に何もしてねーよ」
特に会話が続くことも無く、並んで外の景色を眺める二人。
そこで、ふとこみちゃんがあることを思い出しました。

こみ「…あー 成瀬さん写メ送ってって言ってたぞ…」
もこ「あー…言ってたな…」
こみ「と…撮るか?この先一緒になるかわからんし…」
もこ「え!!? あー…う うん…」
ということで、二人並んで写メを撮ることに。

続けてもこっち側のケータイでも撮影。
普段なら絶対しない行動に思わず照れる二人ですが、
傍から見ればどこからどう見ても“友達です。
どうも、ごちそうさまでした\(^o^)/

スポンサーリンク

目的地の京都までまだ1時間以上あるため、
もこっちは車両に戻り、空いている席で寝たフリをしてやり過ごすことに決めました。

すると、車内でトランプをして遊んでいた男子グループの会話が聞こえてきます。
「はい罰ゲーム」「誰でもいいからツーショットだからな」「まじかよー…」「あっ
その流れでもこっちへ近づく一人の男子生徒…。
『ピピッ カシャ』
鳴り響くシャッター音。
そして、続けて聞こえてくる男子グループの会話。
「汚ー寝てんのはナシだろー 寒いわー」「それにもうちょっとよー…

当然、寝たフリをしていただけのもこっちは彼らの会話を一部始終聞いていた訳で…。
(京都にさっさと到着するか…)
(トラブルで修学旅行中止になるか どっちかにしてくれ…)


早々にテンションがガタ落ちとなったもこっち。
果たして、この後も前途多難な展開が続くのか?
修学旅行編、いざ開幕!
というところで第71話が終了。

さあ、いよいよ始まりました!
まだ新キャラとの交流などは特に無く、
旅行中でも変わらずぼっちを炸裂させるところは平常運転そのもの。
ここからどのようにもこっちを取り巻く環境が変化していくのか、
じっくり追っていきましょう!

スポンサーリンク

◎[喪72]モテないし京都に着く

感想&考察

京都駅についた一行はそのままバスに乗り換え、最初の目的地である奈良公園へ。
鹿せんべいを与えながら、女子生徒たちはキャッキャと鹿の可愛さに興奮気味。
そんな集団を傍目にうずうずしていたもこっち。
彼女も一人の女の子。
実は普通に可愛いモノが好きで、第2巻『[喪18]モテないし夏が終わる』では
猫に触れたことだけでテンションが上がるなど、等身大の女の子な一面も持ち合わせています。

【わたモテ】第2巻 感想③ 女子中学生の庇護欲をかき立てる主人公
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。【わたモテ】の第2巻をご紹介させて頂きます!作者は谷川 ニコ先生です!(※原作担当の方と作画担当の方の二人組です。)今回は第16話~第18話についてです。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
スポンサーリンク

もこっちはそーっと鹿に近づきました。
が…!
鹿は彼女を通り過ぎ、そのまま別の女子グループの方へと去ってしまいました…!w
おい鹿よ、一体何を感じ取った?w

そして次に訪れたのは、こちらも観光名所の一つである奈良の大仏!
ガ●ツで主人公にぶっ殺された大仏だな…)
風情なんてあったもんじゃありませんw

【GANTZ:O】展示イベント 感想
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。今回は、【GANTZ:O】展示イベントについてご紹介をさせて頂きます!【GANTZ】とは、『週刊ヤングジャンプ』で連載されていた漫画作品です。この度【GANTZ:O】としてフル3DCGで映画化されることになりました!
スポンサーリンク

一通りの観光を終え、再びバスに乗り込んだ一行。
ようやく辿り着いたのは、これから二日間寝泊りする宿泊先の旅館。
もこっちが案内されたのは『蝙蝠(コウモリ)の間』。
そして、ついに集結する4班のメンバー。
もこっち、ゆりちゃんうっちー吉田さん

第8巻『[喪69]モテないし班決めする』で結成された4班
吉田さんが描かれるのは、このエピソードが初となります。

【わたモテ】第8巻 感想① いつも通り、でも少し寂し気な最後のぼっち期間
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。【わたモテ】の第8巻をご紹介させて頂きます!作者は谷川 ニコ先生です!(※原作担当の方と作画担当の方の二人組です。)今回は第67話~第70話についてです。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
スポンサーリンク

(さて…これからがほんとうの修学旅行<じごく>だ)
部屋に入るなり、早速身構えるもこっち。

(今日から3日間 まったく仲良くない奴らと一つ屋根の下)
(寝食を共にしなければならない)
まるで覚悟を決めるように、彼女は改めて現状の把握を行いました。

ゆりちゃんを見ては、
(仲良くなる気がない奴)
うっちーを見ては、
(はなからつるむ気がない奴)
そして、吉田さんを見ては、
(……こいつ誰だよ
まぁ、そうなるよねw

早速うっちーは友達のいる2班の部屋へと出て行ってしまい、残ったのは3名。
夕食まで1時間近く一緒に過ごさなくてはならず、
沈黙に耐えられないもこっちはテレビをつけました。
「て テレビでも見るかなー…」
「MXと千葉テレやってないんだねー ハハハ…」
その間も全く言葉を発しない二人…。

「そ…そうだ トイレ行ってこよー…」
「ずっとしてなかったからなー…」
思わずトイレに逃げ込んだもこっちは語ります。

生ゴミうんこと同居してるほうがマシなレベル…!!)
(こんなのを3日間…!! 耐えられん…!)
精神崩壊してしまう…!)

初日からもうギブアップ寸前です!w

一緒に過ごしている際に、沈黙の時間を耐えられるかどうか。
これも相手との親密度を推し量ることのできる一つの要素と言えるでしょう。
現状、もこっちはゆりちゃんや吉田さんと一緒にいる場合、
この沈黙という状況に対して苦痛を感じています。

しかし、
第12巻『[喪112]モテないしバレンタインデーを送る①』
第14巻『[喪138]モテないし大学に行く』での描写を見る限り、
少なくともゆりちゃんとの関係性には大きな変化があったことが、
この沈黙の時間という一場面を切り取っただけでも窺えます。
そして、それは吉田さんに対しても同様でしょう。
ですが、今のもこっちには到底想像もつかない未来なのです…。

【わたモテ】第12巻 感想① バレンタイン、姉妹で解こう『ちんこの呪縛』
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。【わたモテ】の第12巻をご紹介させて頂きます!作者は谷川 ニコ先生です!(※原作担当の方と作画担当の方の二人組です。)今回は第110話~第113話についてです。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
スポンサーリンク

トイレから戻ったもこっちは、
二人が部屋着に着替えていることに気づき、そこで驚愕します。
どちらも持参したオリジナルの部屋着。
しかし、自分が持って来たのは学校指定のジャージです…。

一度部屋を出て他の生徒たちの姿を確認しますが、
皆同様にオリジナルの部屋着に着替えていました。

(誰も学校のジャージなんか着てない……)
(全員コロコロバック持ってたり オリジナルの部屋着着てたり)
私以外で打ち合わせしてんの!?
思わぬところで、再び疎外感を感じてしまったもこっち。
本当にもう、どこまで追い詰められていくのか…w

そして時間は過ぎていき、夕食の時間。
相変わらず“もちゃもちゃ”と租借するもこっちの横から
「黒木さん達部屋で何してたー?」
と気さくに声を掛けてくれたのはネモ

もこ「いや…特に…テレビとか見てたり…」
ネモ「そうなんだ明日どこ回るの?」
もこ「一応金閣寺とか…」
ネモ「あーいいねー 私達も時間あったら行こうかなー」
そう語る彼女の姿をまじまじと見つめるもこっち。

なんやこれ?めちゃカワなんやが?(*´꒳`*)

夕食を食べ終わり、再び『蝙蝠の間』へと戻った三名。
吉田さんはふいに
「そういや明日って行く所決まってんの?」
と、一応班長であるもこっちに尋ねました。
すると、もこっちは答えます。

ユ●クロ

今求めるは、安心と信頼の我らがユニクロ!w
その偉大な功績に気づけたところで第72話が終了。

さてさて、ようやく役者が揃ってきました!
今となっては、彼女たちのいない【わたモテ】はなかなか想像できないという程に
主要な存在へとここから成長していきます。
まだまだその本性も隠れた状態ですが、
現在の関係性との比較や心境の変化を追って行くだけでも存分に楽しめますね!

スポンサーリンク

◎[喪73]モテないし整えない

感想&考察

夕飯も食べ終え、もこっちは大浴場へ。
いわゆる、お風呂回というやつですね…!

女子高生だらけの大浴場。
この状況に対し、読者以上に興奮している人物が。
はい、もこっちですw
周囲をキョロキョロと見回し、変態丸出しですw

そして「陽菜出よー」ネモを呼ぶ声が。
この時描かれた足は間違いなく茜ちゃんのもの…!
もこっちは茜ちゃんの裸体をガン見してますw

さらに、お風呂場から出て行くネモの体もローアングルからしっかりと観察w
(まさかみんなが部屋着だけじゃなく 中身まで気を使ってるとは…!)

女子力とは何たるかを思い知ったもこっちですが、
そもそも女の子の裸体を舐め回すように見つめる女子高生は君しかいないw
しかしまさか、この時のネモの下半身チェックが後々のある“オチ”につながることになるとは…!
この作品、何が伏線になるかわかったもんじゃないw
(※第15巻『特別編8』参照)

入浴の時間も終わり、
『蝙蝠の間』へ戻った三人は何をするでもなく、ボーっと時間を過ごしていました。
すると、「ちょっと外出てくるわ」まずは吉田さんが退室。
部屋に残ったのは、もこっちとゆりちゃんの二人。

しばらくすると、ゆりちゃんのケータイから着信音が。
内容を確認し、明らかにむくれた表情になるも何も返信しないゆりちゃん…。
そのような状況の中、部屋を訪れたのは田中 真子改め、まこっち
第8巻『[喪69]モテないし班決めする』以来の登場ですが、
彼女の容姿がしっかり描かれたのはこのエピソードが初となります。

【わたモテ】第8巻 感想① いつも通り、でも少し寂し気な最後のぼっち期間
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。【わたモテ】の第8巻をご紹介させて頂きます!作者は谷川 ニコ先生です!(※原作担当の方と作画担当の方の二人組です。)今回は第67話~第70話についてです。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
スポンサーリンク

まこ「ゆり ちょっといい?」
ゆり「なんか用?」


先程の着信はまこっちからのもの。
本来ゆりちゃんはまこっちと同じ班になる約束をしていまいしたが、
まこっちは他の友人から強引に誘われ、別の班へ入ることに。
そのため、余りものになってしまったゆりちゃんは
もこっちのいる4班へ入ることになった、という経緯があります。
詳しい事情まではわからないものの、
何となく状況を察しているもこっちは特に会話に参加することもなく、
我関せずとあえて知らんぷり。

まこ「LINE見たよね?」
ゆり「見たけど何?」
まこ「ちょっといいかな 外に
ゆり「ここで話せばいいでしょ」
まこ「ここだとちょっと…」
ゆり「……なんなのもう」

そう言って、一緒に部屋を出て行く二人。

こうして、結局部屋に残ったのはもこっちのみになりました。
依然何もすることの無いもこっちは、
(そうだ!あれでもやるか…)
あることを思いつき、立ち上がるのでした…。

一方、しばらく『蝙蝠の間』を離れていたうっちー
友達がいる2班の部屋でずっと遊んでいた彼女ですが、
荷物を取りに一時『蝙蝠の間』へと戻ることに。

部屋に入り、
うち(誰もいない…)
そう思った彼女でしたが、その時洗面所から物音が…!

洗面所にいたのはもちろん、もこっち!
冒頭のお風呂場で知った皆の下半身の“お手入れ”事情。
それらを参考にし、今まさに自分のものを整えようというその瞬間…!

うっちーは見ていた…いや、見てしまった…!w

その直後、部屋に戻って来た吉田さんとゆりちゃん。
思わずうっちーはピシャっと洗面所のドアを閉めました。
部屋には堂々とジャージのズボンが落ちたままになっていましたが、
事情を知らない二人はそのまま座ってリラックスムード。
そして、状況を把握しているのはうっちーのみ…。

洗面所を振り返り、少し考えたうっちーは
本来の目的であった自身の荷物をまとめた後、
何も言わずにそっと洗面所のドアを開け、ズボンを投げ入れたのです…。

(あんたらとは極力関わりたくないし)
思い出も作りたくないんだから 気を付けてよ)
そう語りながら、うっちーが『蝙蝠の間』を再び出て行ったところで第73話が終了。

このエピソード、
少ない登場ながらうっちーの人間性が垣間見える内容になっていました。
最後のセリフの通り、彼女は他の三人と仲良くなる気がありません。
この修学旅行では、2班にいる友達と楽しく過ごすことが彼女にとっての優先事項です。
ですが、最後の場面。
このままではもこっちが何かしらの恥をかくという状況を把握した上で、
うっちーは手を差し伸べたのです。

恩着せがましく名乗り出ることもなく、
また誰に知られる訳でもなく、他者に救いの手を差し伸べられる人間性
今後の展開から、何かとネタにされがちなうっちーですが、
今江先輩ゆうちゃんとまではいかないまでも、
彼女はそれに近しい程の清い心を持った存在だと私は認識しています。
まぁ、多少の“歪み”は今後抱えることになりますが…w

2班の部屋を彼女が一旦離れた際の
「早く戻ってこいよー」という友人からのセリフ。
ここからも読み取れるように、
うっちーという人間は友人から非常に慕われている存在に思えます。
その要因の一端が、今回のエピソードの最後の場面でよく表れていたように感じました。

ところで、4班のメンバーとは思い出なんか作りたくないと語ったうっちー。
しかし、第9巻『[喪80]モテないし修学旅行最後の夜』にて、
一生忘れられないような思い出ができることになるんですが、
今の彼女には知る由もありません…!w(*´꒳`*)

【わたモテ】第9巻 感想① 修学旅行編終幕!「処女でも気にすることないよ」
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。【わたモテ】の第9巻をご紹介させて頂きます!作者は谷川 ニコ先生です!(※原作担当の方と作画担当の方の二人組です。)今回は第78話~第81話についてです。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
スポンサーリンク

◎[喪74]モテないし班行動する

感想&考察

一晩明け、朝食の時間。
既に着替え終わったもこっちやゆりちゃんとは違い、
未だ布団にくるまって寝続ける吉田さん

ゆりちゃんからそろそろ起こした方が良いんじゃない、と言われ、
もこっちは渋々吉田さんを起こすことに。
しかし、声を掛けても、揺らしても、
吉田さんは一向に起きる気配がありません。
「朝だよー…」
(くそ 全然起きねーこのヤンキー
(これ以上荒くすると起きた時キレられそうだし…)

そこで、もこっちは布団の中に手を突っ込んでくすぐる作戦に出ます…。

『コショコショ』

『むにゅむにゅ』

くり きゅっ

明らかにニュアンスの異なる効果音が流れた直後、
起き上がり、顔を真っ赤にしながらもこっちの頬を引っぱたく吉田さん!w
おはようございま~す♪\(^o^)/
モーニングセクハラが決まったところで、本編スタート!

そして、早速注目したい今回の扉絵…!

こみ姉さん、朝から見せつけてくれますね~w
第8巻『[喪70]モテないし一人で買い物する』で触れた通り、
こみちゃんの尖ったファッションセンスがこれでもかと輝き始めています…!

さらに、横に座る伊藤さんの引き気味な表情から、
その会話内容もこれまた尖った内容になっているんだろうな~、
ということが容易に想像できます。
伊藤さん、ファイト…!w(*´꒳`*)

【わたモテ】第8巻 感想① いつも通り、でも少し寂し気な最後のぼっち期間
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。【わたモテ】の第8巻をご紹介させて頂きます!作者は谷川 ニコ先生です!(※原作担当の方と作画担当の方の二人組です。)今回は第67話~第70話についてです。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
スポンサーリンク

修学旅行二日目となる本日は、初の班別行動です。
うっちーは前の宣言通り2班と行動を共にするため、
今回一緒に回るのは、
もこっち、ゆりちゃん、吉田さんの三名。
しかし、朝の一件からもこっちと吉田さんの間には不穏な空気が流れていました。

最初の目的地である清水寺へ向けてのバス移動中も一向に目を合わせない二人。
そんな二人の間に挟まれたゆりちゃんは、どうしたもんかと困り顔。

吉田「おい空いたぞ 座れよ
もこ「ひっ!!?ど どうぞ二人で」
この場面、今後も度々描かれますが、
吉田さんの言葉足らずなんだけど根は非常に優しいことが伝わるやり取りです。
しかし、ビビりまくってる今のもこっちにとっては知ったこっちゃありませんw

ゆり「何されたか知らないけど謝ったら? はたいたんだし…」
吉田「はぁ?なんで私が頭下げんだよ 明らかにあいつが悪いのに!」

ゆり「何したの?」
吉田「…うるせぇな 関係ねぇだろ」

興味深いのは、今回のエピソードにおけるゆりちゃんの立ち位置
もこっちと吉田さんの間を取り持つという表面上の意味合いだけではなく、
実は、自身とまこっちで仲違いしている現状を彼女が俯瞰的に捉え
自分自身にも冷静にアドバイスしている、という構図になっているんです。

バスを降り、今度はもこっちに話しかけるゆりちゃん。
ゆり「はたいた吉田さんが悪いと思うけど 今日こんな空気じゃ嫌でしょ?」
ゆり「謝って仲直りしよ
もこ「え?でも清水寺で土下座して動画撮られて晒されるのは……」
ゆり「いや そこまでしないでしょ 多分……

最後の方、ゆりちゃんもあまり自信ないところが笑えますw

しかし、このやり取りで決心のついたもこっちは吉田さんへと向き直り、
しっかりと自分の言葉で謝罪をしました。

乳首つまんでごめんなさい…」

これ、もこっちには全く悪気の無いところがむしろ救いよう無いと言えますw
当然、「ケンカ売ってんのか?」とさらにブチ切れた吉田さんでしたが、
ゆり「まあ その謝ってるんだから……?ね?」
ゆり「悪気はないんだよね?」
そう言って間に入ったゆりちゃんにより、何とか事なきを得ました。

そうこうしている内に辿り着いた、清水寺
そこから見える景色の美しさに息を呑む三人。
吉田「おー たけーなー」
続けて、間髪入れずにもこっちが一言。
もこ「や…やっぱりヤンキーだから高い所好きなの?」

この主人公、全く懲りていない…!w
再びブチ切れる吉田さんに対し、もこっちはゆりちゃんへ、
もこ「ちょ ちょっと仲裁して…怖いから」
ゆり「また!?」

ゆり「まあまあ」
ゆり(なんで私がこの二人の仲を取り持ってるんだろ?)
ゆり(むしろ 友達とケンカしてこの班にいる私が)
ゆり(誰かに取りもってもらう立場だと思うけど…)

そう思っている彼女はまだ気づいていません。
本当にくだらない理由で繰り返されるもこっちと吉田さんの衝突を仲裁することで、
自身とまこっちとの間に生じていた亀裂はいつの間にか薄れ、
留飲が下がってきているという事実に…。

スポンサーリンク

そして、三人はそのまま縁結びの神様が祀られている地主神社へ。
リア充カップルで溢れかえっている周囲を見つめ、
お賽銭を投げ入れたもこっちは
(ここにいるみんなが無職ブ男職歴無しとご縁がありますように)
と、渾身の祈りを捧げていましたw

一方、そんなもこっちの様子を見つめ、
(なんか熱心に祈ってるけど好きな人でもいるのかな?)
と、ゆりちゃんはここに来てようやく本当の意味で
もこっちと吉田さんという二人の人間性に目を向け始めました。

(思えば黒木さんも吉田さんもどんな人か全然知らないな…)
知ろうともしなかったし

(そんな二人とこうして修学旅行してるのは 何かの縁だったりするのかなぁ)
(恋人・親友・仕事仲間との巡り合い… 復縁・片思いにもご利益か……)
売られていた縁結びのお守りを見つめるゆりちゃんの胸中には、
一体どのような想いが駆け巡っていたのでしょうか…。

その後、三人が訪れたのは金閣寺
こちらも定番と言える観光名所ですね!
吉田「おーすげーーきれいだな」
先の清水寺でもそうでしたが、
吉田さんは素直に思ったことを口に出して述べる傾向があり、
逆に言えば裏表の無い純粋な人物であるということが言えます。

そして、“素直に思ったことを口に出す”と言えば、もう一人…。

もこ「やっぱり金とか好きなんだね」
もこ「ヤンキーって成人式にキラキラの袴着たり卒業式に金色の刺繍のイメージあるもんね」

君は一度で良いから、口に出す前に一考してくれ!w

再び助けを求めるもこっちを見つめ、ゆりちゃんは確信しました。
ゆり(とりあえず今日知ったことは)
ゆり(黒木さんって凄いバカってことだな…)

辿り着いたのは(この作品)世界の理…!w

三者三様、これまで決して交わること無く、全く異なる道を辿って来た三人。
彼女たちの物語はここでようやく交わり合い、
そして今、新たな物語が生まれようとしている、というところで第74話が終了。

修学旅行編を思い出した時、やはりまず頭に浮かぶのは
この三人で京都の観光名所を巡っている様子です。
この三人でのやり取りが修学旅行編を物語る代表的な一場面であるだけではなく、
第8巻にしてついに到達した、
これより紡がれる【わたモテ】の新たな世界観を物語っていると強く感じます。

そして何より重要なのは、
もこっちの本質は今も昔も変わっていない、ということ。
もちろん数々の失敗から彼女も学び、少しずつでも成長はしています。
が、もこっちは依然もこっちのままなのです。
だからこそ、本当にどうしようもなく、でも放っておけない、
そんな彼女の良さに気づいてくれる人物が現れ始めたという事実が読者の胸を打つのです。

第1話から彼女がずっと夢見続けてきた、
尊くかけがえのないものを手に入れるまで、残りあとわずか。
しっかりと見届けていきましょう…!

◆電子書籍

▼eBookJapan

電子書籍をご利用なら、まずおススメなのがeBookJapanです!



約50万冊という世界最大級の品揃えに加え、
一冊まるごとタダで読める無料まんがが提供されています。
無料まんがのラインナップは定期的に更新されるので要チェックですよ!


▼DMM電子書籍

次におススメなのが【DMM.com 電子書籍】です!
こちらも品揃え抜群ですし、何より特徴的なのが成人向けタイトルなど、
他にはないジャンルのコンテンツが充実していることです!
無料サンプルも付いていて試し読みができるので安心ですよ!

◆動画配信サービス

▼dアニメストア

アニメ動画配信サービスを利用するなら、dアニメストアがおススメです!
こちらは、アニメ版【わたモテ】を配信している数少ない動画配信サービスです!

dアニメストアとは、月額400円(税抜)
2,800作品以上アニメが見放題の定額動画配信サービスです!
しかも、初回の31日間はなんと無料なんです!!
もし見たいアニメが配信されているなら、無料期間だけでも利用しなきゃ損ですよ!

一度ダウンロードしてしまえば、いつでもどこでも視聴可能です。
スマートフォン・タブレット・パソコン、どのデバイスにも対応しています!


▼DMM動画

その他の動画配信サービスとしては、
DMM動画でもアニメ版【わたモテ】を配信しています。
なんと第1話は現在無料で公開されています!

また、DMMではDMM見放題chライトという、定額の見放題プログラムも用意されています。
お笑い動画やグラビア動画、さらにはもっとアダルトな作品まで。
月額540円で7000タイトル以上が見放題になっています。
マルチデバイス対応で、スマホ、PC以外にもTVやPS4などでも視聴が可能です。

残念ながら、今のところ【わたモテ】は見放題のラインナップに含まれておりませんが、
共通のDMMポイントの使用または貯めることができますので、
普段DMM関連のサイトをご利用の方にはオススメです!



スポンサーリンク

◆まとめ

以上が、【わたモテ】第8巻の感想②となります。
長くなったので次の投稿に続きます。
それでは、また~(。・ω・)ノ゙

【わたモテ】第8巻 感想① いつも通り、でも少し寂し気な最後のぼっち期間
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。【わたモテ】の第8巻をご紹介させて頂きます!作者は谷川 ニコ先生です!(※原作担当の方と作画担当の方の二人組です。)今回は第67話~第70話についてです。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
【わたモテ】第8巻 感想③ 黒木・田村・吉田、三人で得たかけがえのないもの
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。【わたモテ】の第8巻をご紹介させて頂きます!作者は谷川 ニコ先生です!(※原作担当の方と作画担当の方の二人組です。)今回は第75話~第77話についてです。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
【わたモテ】全キャラ登場回まとめ(高校1年生編)
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。今回は、【わたモテ】の高校1年生編を対象とし、全キャラ毎にその登場回をまとめていきます。それでは、以下よりキャラ単位で記述していきます。
【わたモテ】全キャラ登場回まとめ(高校2年生編)
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。今回は、【わたモテ】の高校2年生編を対象とし、全キャラ毎にその登場回をまとめていきます。それでは、以下よりキャラ単位で記述していきます。
漫画
スポンサーリンク
エンタメ侍をフォローする
本日好天!エンタメ日和

コメント