【それでも歩は寄せてくる】第64局 感想 運命繋ぐSNS、赤面導くと金LOVE

漫画

皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。

今回は、週刊少年マガジン2020年30号より
それでも歩は寄せてくる第64局の感想記事になります!

【それでも歩は寄せてくる】第63局 感想 ホワイトデー、寄り添う二人の胸の内
今回は週刊少年マガジン2020年29号より、【それでも歩は寄せてくる】第63局の感想となります。
【それでも歩は寄せてくる】第4巻 感想まとめ
今回は本日発売された【それでも歩は寄せてくる】の第4巻について、これまで投稿してきた感想記事を収録エピソード毎にまとめたいと思います。第4巻に収録されているのは『第42局』~『第54局』までです。
【からかい上手の高木さん】第1巻 感想
今回は【からかい上手の高木さん】の第1巻についてご紹介をさせて頂きます!作者は、山本崇一朗先生です!第1巻には第1話~第9話が収録されています。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
【運営報告】ブログ開設1周年!今振り返る、思い出の記事20選!!
ブログ開設から1年。今回はこれまでに投稿してきた記事の中から、私にとって特に思い出深い記事を厳選して振り返っていきたいと思います!

それでも歩は寄せてくる(1-4巻 最新刊) 全巻セット
ひょうたん書店楽天市場店
¥ 2,728(2020/06/17 18:20時点)

スポンサーリンク

◆【それでも歩は寄せてくる】第64局 感想

▼感想&考察

◎第64局

感想&考察

部室にて将棋の準備がてら、うるしちゃんがケータイをチェックしていた時のこと。

歩  「なんだか嬉しそうですね」
うるし「あぁ ボヤイッターってSNSあるだろー そこに詰め将棋載っけてるんだよ」

うるし「ちゃんと回答送ってくれる人がいてさ 嬉しいなーって」
歩  「ほう」

スマホの普及率増加に伴い、今やSNSが生活の一部となっている学生も多いはず。
未だまともにSNSを利用していない“ウホウホ原始人”な私には到底想像もできませんが、
学生時代に世界中の人たちと共通の話題で繋がれるというのはさぞかし刺激的なことでしょう。

しかしここに一人、世界ではなく目の前の少女一人に絞ってアンテナを向けている、
超指向性タイプの少年がおったそうな…w

歩  「センパイのアカウント教えてください!」
うるし「うわすごい圧! っていうか歩もやってるんだな」
歩  「はい オレもよくSNSで詰め将棋解いたりしてますよ」
うるし「へー なんて人?」

歩  「えーと 確か…『と金LOVE』って人ですね」
うるし「あはは 変な名前ー…」

直後、少女の全身駆け巡る一筋の閃光…!

うるし(…ってそれ 私じゃん!?

心当たりしかないニックネームに震える乙女w

(※第1巻『第4局』参照)

ここで、ケータイ画面に表示されているユーザー名にも注目。
『@SHO_GI0603』となっていることから、うるしちゃんの誕生日は6月3日と推察されます。
少し気は早いですが進級後の新たなイベントとしても良いタイミングですし、
これは素敵なお誕生日エピソードを期待してしまいますね!(o^-^o)

また、今回の『と金LOVE』という名前に限らず、
と金』Tシャツや『と金のうた』(※第1巻『第4局』参照)、
さらにはと金』サイン(※第1巻『第7局』参照)など、
これまで事あるごとに彼女の『と金』好きが描かれてきましたが、
それは文字通り“裏を返せば”『あゆむが大好き』というメタな設定となっている訳です。
何を隠そう、自分自身でもそう言ってましたしね!w

(※第2巻『第22局』参照)

うるし(てことは毎回回答送ってくる『走るさんはお前じゃん!?)
うるし(…すごい偶然だな…)

そして歩君のアカウントは『走るであり、知らず知らずの内に二人は交流していたとのこと。
こちらも彼のうるしちゃんへのアプローチ速度を考慮すると、
“walk”というよりもrun”で“”な歩君にピッタリなニックネームといえるでしょう!w

【それでも歩は寄せてくる】第4局 感想 犯罪と純愛の境界線「え こっわ!」
今回は週刊少年マガジン2019年16号より、【それでも歩は寄せてくる】第4局の感想となります。
【それでも歩は寄せてくる】第7局 感想 恋文に悩む後輩、に翻弄される先輩
今回は週刊少年マガジン2019年19号より、【それでも歩は寄せてくる】第7局の感想となります。
【それでも歩は寄せてくる】第22局 感想 世界と歩を救う、JKのパワハラ
今回は週刊少年マガジン2019年35号より、【それでも歩は寄せてくる】第22局の感想となります。

さて、うるしちゃんは驚きの事実に気づきましたが、
それを素直に伝えられないのが恥じらいガールの心情というもの。

歩  「話 戻りますけど センパイのアカウント教えてくれませんか
歩  「オレも詰め将棋やりたいです」
うるし「あ あーー…私の…かぁ」
うるし(いかん そんな偶然がこいつにバレたらまた恥ずかしいこと言われちゃう!!

二人で向き合い、指し合い、約1年。手繰るは勝ち筋、避けるは負け筋
重ねた日々をしるべに変えて少女が至った白眉最良の選択がこちら…!

うるし「…………ヤダ
歩  「え!?」

拒むが勝ち』…!!www\(^o^)/

うるし「わ 私の詰め将棋 簡単なのしか載っけてないし」
うるし「詰め将棋ならメールで送ってやるよ」
歩  「簡単なのしか載っけてなくてもいいです」

歩  「オレは ただ センパイの全てを知っておきたいんです
うるし「んぁ…!!」

が、『迫るも勝ち』…!!www\(^o^)/

両者の想いは堂々巡って『互いの正義』がぶつかり合う!
“恥じらい”なくして“純愛”なし、“行動”なくして“発展”なし。
これぞ葛藤抱えし青春時代の恋模様読者諸君、ロマンスの夜明けは近いぜよ…!

ところで将棋<サブテーマ>・おぼえていますか】?w(*´꒳`*)

スポンサーリンク

とかふざけている間に無事収束…w

うるし「と…とにかく また今度な」
歩  「……そうですか 残念です」
うるし(ふーあぶないあぶない 照れちゃいそうな危機はなんとか乗り越え…)

彼女がほっと胸を撫で下ろす中、
ふと顔を上げればそこには心底項垂れた様子の可愛い後輩が…。

うるし(ああー… めっちゃヘコんでるーー

落ち込む彼の姿を見て、ようやく覚悟を決めたうるしちゃん。
“恥じらう”乙女が“行動”に出るのは今この時…!

うるし「わ… 私が…『と金LOVE』だ」

うるし「歩…お前『走る』だろ… いつもありがとな
歩  「…そうだったんですか すごい偶然ですね」
歩  「しかし偶然とはいえ センパイを喜ばせていたとは… 嬉しいです」
うるし「うん… そっか…」

うるし(あれ?思ったより恥ずかしいのこなかったな 考えすぎだったか…?)

常に感情の荒波最前線、そんな彼女の心は複雑怪奇。
待ち構えていたウェーブが訪れず少々落ち着かない様子のうるしちゃんですが、
これでひとまずは一件落着。

歩  「なるほど そういうことですか 変な名前が恥ずかしくてためらったと」
うるし「違うわ!変な名前って言うな!!

いや、さっき自分で言ってましたが…?w
ってな訳で、本日の対局いよいよ開始です…!

…というタイミングで唐突に訪れる、本日最大のビッグウェーブ!!

歩  「それにしてもこの偶然…何か運命的なものを感じますね
うるし「それだよ!!

渦巻く感情束ねて寄せる、彼女は恋の波乗り研修生。
いつかは大波味方につけて目指すは二人の新天地。
今は全速前進ヨーソロー、磨けよ乙女恋せよ乙女…!!

ところで将棋<サブテーマ>・おぼえていますか】?w(*´꒳`*)
というところで第64局が終了。

スポンサーリンク

◆電子書籍

▼eBookJapan

電子書籍をご利用なら、まずおススメなのがeBookJapanです!



約50万冊という世界最大級の品揃えに加え、
一冊まるごとタダで読める無料まんがが提供されています。
無料まんがのラインナップは定期的に更新されるので要チェックですよ!


▼DMM電子書籍

次におススメなのが【DMM.com 電子書籍】です!
こちらも品揃え抜群ですし、何より特徴的なのが成人向けタイトルなど、
他にはないジャンルのコンテンツが充実していることです!
無料サンプルも付いていて試し読みができるので安心ですよ!

◆動画配信サービス

▼Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライム・ビデオとは、
Amazonプライム会員が利用することのできる特典サービスです。

Amazonプライム独自の特典が豊富であり、
月額料金も500円(税込)と非常にリーズナブルになっています。
既に登録されている方も多いかと思いますが、ぜひチェックしてみて下さい。

◆まとめ

以上が、それでも歩は寄せてくる】第64局の感想となります。

なんとなく察してた部分はありましたが、うるしちゃんと歩君のホワイトデーの模様
とりあえず“前回表紙イラストまで”のようですね。
桜子ちゃんとタケル君の『映画デート編も先に延びているので、
そちらで合流する可能性はありますが、やはり歩君が何を贈ったのかは気になるところです。

また、先述の通り今回さらっと示されたうるしちゃんの誕生日について。
あの日付が本当に彼女の誕生日だったとして、
歩君がうるしちゃんの欲しているものを何とか探ろうと奮闘するお話や、
マキちゃんや桜子ちゃんにプレゼント選びを協力してもらっている最中、
その様子を目撃したうるしちゃん・嫉妬全開の巻、等々。
今までにない展開がいろいろ広がりそうなので、今後楽しみな要素の一つとなりました。
“ただの番地だよ”とかだったらそれまでですけどね…w
それでは皆さん、素晴らしいエンタメ人生を~(。・ω・)ノ゙

【それでも歩は寄せてくる】第63局 感想 ホワイトデー、寄り添う二人の胸の内
今回は週刊少年マガジン2020年29号より、【それでも歩は寄せてくる】第63局の感想となります。

コメント