【それでも歩は寄せてくる】第80局 感想 一人勇んで駆ける道、二人身を寄せ歩む道

漫画
スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。

今回は週刊少年マガジン2020年48号より、
それでも歩は寄せてくる第80局の感想記事になります!

【それでも歩は寄せてくる】第79局 感想 ミニマムおだてりゃポンポンポーン!
今回は週刊少年マガジン2020年47号より【それでも歩は寄せてくる】第79局の感想となります。
【それでも歩は寄せてくる】第6巻 感想まとめ
今回は本日発売された【それでも歩は寄せてくる】の第6巻について、これまで投稿してきた感想記事を収録エピソード毎にまとめたいと思います。なお、第6巻に収録されているのは『第69局』~『第80局』までです。
【それでも歩は寄せてくる】全キャラ登場回まとめ(進級前)
今回は【それでも歩は寄せてくる】の進級前のエピソード(第1巻『第1局』から第5巻『第67局』まで)を対象とし、全キャラ毎にその登場回をまとめていきます。
【からかい上手の高木さん】第1巻 感想
今回は【からかい上手の高木さん】第1巻を対象に、収録されている第1話~第9話の感想をまとめていきます。

スポンサーリンク

◆【それでも歩は寄せてくる】第80局 感想

▼感想&考察

◎第80局

感想&考察

朝も早くから体操着姿で走っていたのは元剣道部・現将棋部な三名。

タケル「オラァ!!オレが一番だぁ!!」

凛「負けませんよ!!勝ったらごはん奢ってもらえるんですから」

血気盛んに張り合う二人とは対照的に、“心ここにあらず”といった様子の歩君。
彼の意識が向くところはその遥か後方…。

三人から遠く離れた位置を走っていたのは晴れて『将棋部部長となったばかりのうるしちゃん。

うるし(正式な部になったからって…調子に乗るもんじゃないな…)

今回の早朝ジョギングとはそもそも彼女が後輩三人の前で意気揚々と提案したものであり、
実際は誰よりもスタミナに難ありな身でありながら“将棋には体力も必要”と豪語していたことを
うるしちゃんは今になって少し後悔していました。

しかし『将棋部』が発足して以降、彼女の中で日々強まっているのは
何も承認欲求からくる見栄っ張りな一面ばかりではありません。

うるし(いや 私も少しは部長っぽいとこ見せないとな)
うるし(追いつけないまでも… しっかり頑張ろう!

部を束ねる者として新たに芽生えた責任感使命感それらを胸に
少女は“次の一歩”を踏みしめ・地を駆ける…!!

…と同時に鳴り響く『グキッ』という、なんとも生々しい音色。
直後描かれたのは道路脇に座り、痛めた左足を確認するうるしちゃんの姿でした。

うるし「うぅ… 痛いなぁ… 歩けなくはないけど…」

うるし「……どうしよう…」

第1巻『第9局』にて運動神経が悪いと自ら述べていた通りのこの有り様。
“一人痛みを抱えてこのまま進むか否か”、なかなか判断できずにいた彼女は
結果歩みを止めてしまいます。

そういった状況の中で少女の内からふと溢れ出てくるものとは、
つらく・苦しい時にこそ傍で優しく支えほしい、そんな心許せる“”を強く求める想いでした…。

うるし「歩…

歩「はい センパイ

少女の想いに応えるように、彼女が顔を上げた先には歩君の姿が…。
これも第1巻『第9局』でそうであったように、内面的な理由であれ・物理的な理由であれ、
うるしちゃんが何か問題を抱えて立ち止まった時には自然と身を寄せる役割を担っている歩君。

(※第1巻『第9局』参照)

それはまるでこの先も続いていく“二人の輝かしい未来”を提示しているかのようです。
もとを辿れば本作において初めて“変化の兆しが訪れたと思われるのが上記エピソードでのこと。
以下、第1巻『第9局』の感想より一部抜粋。

いつも向き合ってばかりの二人が肩を並べることで見えてくる“新しい世界”。
うるしちゃんは一度だけ歩君を横目で確認し、ぼそっと呟きます。

うるし「ホントにサボっちゃうか 二人で

一度否定していた通り、普段の彼女なら絶対に選択しない“答え”。
それでも”となら…。今、彼女の中で世界は大きくカタチを変えようとしていました。

当時は“変化”として受け入れた流れがいつしか“日常の一部”となっている事実に、
本作がこれまで丁寧に積み上げてきたものの尊さを感じますね…!(*´꒳`*)

【それでも歩は寄せてくる】第9局 感想 染まる頬と早まる鼓動は変化の兆し
今回は週刊少年マガジン2019年21・22合併号より【それでも歩は寄せてくる】第9局の感想となります。
スポンサーリンク

ということで、ここからは歩君がうるしちゃんをおんぶして進むことに。
つまり、第2巻『第19局』の雑誌掲載時に描かれたあのイラストの一幕
少しカタチを変えてついに本編でも実現となった訳です…!

【それでも歩は寄せてくる】第19局 感想 湧き上がる嫉妬心は恋心の証明
今回は週刊少年マガジン2019年32号より【それでも歩は寄せてくる】第19局の感想となります。

うるし「勝負の途中だったんだろ よかったのか? 負けたらごはん奢りじゃ…」
歩  「いいんですよ オレ 今とても嬉しいんで

実は助けてもらった側のうるしちゃん以上に胸を弾ませていた歩君。
二人揃って恋慕の情が満たされたとあれば、ここで“イチャつくな”という方が無理のある話…w

うるし「なんだー 私をおんぶできるのがそんなに嬉しいかー?
歩  「それもありますけど
うるし「んぁっ」

調子づいた乙女が逆に鋭いカウンターで悶えさせられるのはお約束として(笑)、
歩君自身が浮かれ気分な理由も至ってシンプルなものでした。

歩「困ってる時にオレの名前呼んでくれたのが嬉しかったです

“大切な誰か”にとっての心の拠り所となれた幸せ
今はまだ胸に秘めた想いを素直に打ち明けられぬ彼だからこそ、
この“束の間の幸福”に感じる喜びもひとしおでしょう。

また、先述の通りいつぞやの“変化”は既に“日常の一部”となっており、つまるところ
一方が寄せるだけの物語はもはや過去のことなのです…。

うるし「……お前も困ったら…私を呼んでいいぞ
歩  「はい

繰り返しになりますが、今回のエピソードは二人の今後の関係性を示唆する内容となっています。
どちらか一方が困難にぶつかった時は、もう一方がすぐに駆け寄り手を差し伸べる。
このジョギングという取り組み自体がいわば『人生の歩み方』の象徴として機能していました。

身を寄せ合って共に歩んでいく”、端的にまとめると暗にそんな誓いを交わしたことになる訳で、
まだ恋人関係でこそないものの、二人の間には尊い繋がり”が既に構築されているのです…!

時間は流れ、うるしちゃんと歩君はようやくゴールの学校まで辿り着きました。
そして“おんぶ”ジョギングへ至る経緯を聞いて瞬間的に魂を震わせる熱血バカ二名がここに…!

タケル「自分が負けるとわかりつつチームメイトを背負って…」
凛  「なんという武士道…」
タケル「お前が一番だ メシをおごってやる」
凛  「認めざるをえませんね」

歩  「そ…そうか」
うるし(運動部ってわかんねー)

この二人にかかれば淡い恋路の一幕』も熱量マシマシ解釈で『英雄譚』へと早変わり…!
かくして青春ボーイは一食タダ飯にありつけるのであった!ビバ熱血…!!w
というところで第80局が終了。

=======※追記_ここから=======
新グッズ情報
原作イラストを使用した新グッズが公開されました。
楽天ではいくつかのグッズが既に品切れとなっており、Amazonでは謎の高騰が発生中です。
欲しいグッズがある場合、購入時期や購入先の選択にはくれぐれもご注意下さい。

(※外部リンク:アニメイトオンラインショップ

=======※追記_ここまで=======

スポンサーリンク

◆投稿動画

▼イベント紹介動画

わたモテチェンソーマンなど、大好きなエンタメ作品のイベント開催時は
できる限り実際に参加し、その都度『紹介動画』を作成してきました。

これまでに作成した紹介動画』は全てYouTubeで公開していますので、
何か気になる作品・イベントがありましたら、どうぞお手隙の際にでもご確認下さいませ。

▼聖地巡礼動画

現在、YouTubeで【わたモテ】の聖地巡礼動画を公開しています。
第1弾:【伏見稲荷大社】
第2弾:【東京ディズニーランド】

原作で描かれた“あの日々の追体験として、どうぞお楽しみ下さい。
また、皆さんが聖地巡礼する際の参考にでもして頂ければ幸いです。
チャンネル登録の程、何卒よろしくお願い致します。m(_ _)m

YouTubeチャンネルはこちら!:
【エンタメ日和のエンタメチャンネル】

◆電子書籍

▼eBookJapan

電子書籍をご利用なら、まずおススメなのがeBookJapanです!



約50万冊という世界最大級の品揃えに加え、
一冊まるごとタダで読める無料まんがが提供されています。
無料まんがのラインナップは定期的に更新されるので要チェックですよ!

▼DMMブックス

次におススメなのがDMMブックスです!
こちらも品揃え抜群ですし、何より特徴的なのが成人向けタイトルなど、
他にはないジャンルのコンテンツが充実していることです!
無料サンプルも付いていて試し読みができるので安心ですよ!

▼Amebaマンガ

幅広い品揃えと安心のサポートが強みの電子書籍サービス、それがAmebaマンガです!
名作の数々はもちろん、女性向け作品からさらには男性向けのかなりアダルトな作品まで。
加えて無料マンガ&無料連載も完備と、読書欲が満たされること間違いなし!

また、その名の通りAmebaアカウントでのログインが可能であり、つまりは
サイバーエージェントグループによる24時間の手厚いサポートも受けられる、
そんな安心体制の中でゆったりと漫画体験を楽しむことができます。

今なら無料会員登録するだけで1000円分のポイントがもらえる他、
新規登録の方限定で100冊までお好きな漫画に使える半額クーポンももらえます!

ひとまずはその幅広いラインナップのご確認からでも、ぜひ!

※本ページの情報は2021年7月時点のものです。
※最新の配信状況はAmebaマンガ公式サイトにてご確認ください。

◆動画配信サービス

▼U-NEXT

アニメ映画、さらには漫画などをまとめて楽しむならU-NEXTがおすすめです!
月額料金は2,189円(税込)ですが毎月1200円分のポイントが支給されるので、
実質989円となります。
さらに今なら『31日間無料トライアル』が実施中であり、以下の2つの特典が付与されます!

特典1:31日間無料で見放題!(対象:見放題動画・読み放題雑誌)
特典2:600ポイントプレゼント!(対象:新作・コミック・書籍)

他の動画配信サービスと比べて扱っている作品数がかなり豊富なので、
きっと夢中になれる作品が見つかるはずです!
ご興味のある方はまずは無料期間で存分にU-NEXTコンテンツを体験してみて下さいね!

※本ページの情報は2020年9月時点のものです。
※最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。

▼DMM動画

多種多様なコンテンツを楽しめる”という面ではDMM動画もおすすめ配信サービスの1つです。
第1話のみ無料公開中という作品も多々あるため、ひとまずのご確認だけでもぜひ!
また、DMM見放題CHライトという定額の見放題プログラムも用意されており、
お笑いグラビア、さらにはアダルトな作品まで、月額550円(税込)
コアなジャンルを含めた7000タイトル以上の作品を好きなだけ堪能できますよ!

なお、マルチデバイス対応でスマホやPC以外にもTVやPS4などでも視聴が可能です。
そしてDMM動画DMM見放題CHライト共通のDMMポイントが利用できるため、
普段からDMM関連のサービスに慣れ親しんでいる方には“特におすすめ”といえるでしょう!

▼dTV

その他の動画配信サービスではdTVもおすすめです!
dTVとは月額550円(税込)の定額制動画配信サービスであり、
初めてご登録の場合は『初回無料おためしで楽しむことができます。
ドコモケータイ回線をお持ちでない方も利用できますし、PCでの視聴も可能です。
配信タイトルは随時更新されるため、まずは最新ラインナップのご確認をどうぞ!

※本ページの情報は2021年5月22日時点のものです。
※配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、
現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

◆まとめ

以上がそれでも歩は寄せてくる】第80局の感想となります。

進級を迎え、新たな分岐点も到来したこのタイミングで改めて
過去のエピソードとの繋がり流れを強く感じるという、なんとも感慨深いお話となりました。
そして、ジョギングは今回限りにせよ『将棋部』としての新たな取り組みの一環ということで、
いよいよ部になったことでの”変化”も表面化してきた印象ですね!
今回の感じだと今年の運動会の部活対抗リレーでは(※部長以外)大活躍となりそうですが、
その辺りも含めて進級前にはなかった展開へ期待が膨らみます。

また、YouTube上のマガジン公式チャンネルがリニューアルされ、なんでも2020年11月は
毎週(?)金曜日に【それでも歩は寄せてくる】に関する動画がアップされるようです。
記事を書いている現時点ではまだ動画投稿前なので詳細は不明ですが、
このラインナップに組み込まれていることは大変喜ばしいニュースで間違いありません。
月曜なんてあの【進撃の巨人】ですよ!w
動画の再生数が今後の広報展開に影響する可能性だってありますので、
応援している方は動画の方もチェックしていくことにしましょう!
それでは皆さん、素晴らしいエンタメ人生を~(。・ω・)ノ゙

【それでも歩は寄せてくる】第79局 感想 ミニマムおだてりゃポンポンポーン!
今回は週刊少年マガジン2020年47号より【それでも歩は寄せてくる】第79局の感想となります。
【それでも歩は寄せてくる】第81局 感想 食いしん坊!万才、海賊王!断罪
今回は週刊少年マガジン2020年49号より【それでも歩は寄せてくる】第81局の感想となります。
【それでも歩は寄せてくる】全キャラ登場回まとめ(進級前)
今回は【それでも歩は寄せてくる】の進級前のエピソード(第1巻『第1局』から第5巻『第67局』まで)を対象とし、全キャラ毎にその登場回をまとめていきます。

コメント