【GANTZ:O】展示イベント 参加レポート

映画『GANTZ:O』のポスター雑記

皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。

WordPress(ワードプレス)でのブログもようやく始めることができたので、
そろそろ以前開設していたサイトの方の記事をこちらへ移行してこうかと思います。

ネットで調べたところ、
いろいろ手順を踏めば一括で記事も画像も移植できるようですが、
とても複雑で私には失敗する未来しか見えません!www
なので、少し面倒ですが
特定の記事だけ一つ一つ手動で移していこうと思います。

そこで、今回は移植テストとして、
2016年に別サイトで掲載した
『映画公開記念特別展示 GANTZ:O -驚愕の映像世界への転送体験-』
のイベント体験記事になります。(※別サイトの同記事は削除済み

【おすすめ】落ち込んだ時に読むべき漫画5選「文太郎と泣き、ポコと笑う」
今回は落ち込んだ時にぜひ読んで欲しい【おすすめ】漫画作品を5タイトル、私の独断と偏見で厳選しご紹介致します!
【運営報告】ブログ開設1周年!今振り返る、思い出の記事20選!!
ブログ開設から1年。今回はこれまでに投稿してきた記事の中から、私にとって特に思い出深い記事を厳選して振り返っていきたいと思います!

スポンサーリンク

◆【GANTZ:O】展示イベント 参加レポート

▼【GANTZ】とは?

まず、GANTZ】(ガンツとは、2000年から2013年にかけて
『週刊ヤングジャンプ』で連載されていた漫画作品です。
作者は、現在『イブニング』にて
いぬやしきを連載中の奥浩哉先生です。(※追記:2017年に連載終了

GANTZは、
SFとサバイバルホラーを掛け合わせたような世界観で、
これでもか、という程のエロとグロを混ぜ合わせつつ、
どんな絶望の中であろうと何度でも立ち上がり
戦い続ける主人公達の姿を描いた傑作です!
実は、PS2時代にゲーム化もされています。

【中古】 GANTZ ガンツ /PS2 【中古】afb
ブックオフオンライン楽天市場店
¥ 2,178(2020/07/29 22:34時点)

GANTZが連載されていたのは私の青春時代ど真ん中の時期でして、
もうバリバリに影響を受けていましたねw

学生時代にこの作品をリアルタイムで追えたということは、
私にとってのかけがえのない思い出であり、宝物です。
「今週はどんな展開になるんだろう?」と、
ワクワク&ビクビクしながらページをめくっていましたね~♪(*´ω`*)

▼イベント概要

さて、そんな【GANTZ】ですが、
なんとこの度、GANTZ:O|ガンツ:オーとして
フル3DCGで映画化されることになりました!
2016年10月14日(金)より全国の劇場で公開されます!(※追記:現在は公開終了

↓今回のイベント会場で貼られていたポスター

そして、その映画に先駆けて開催されたのが
今回ご紹介する展示イベントの、
『映画公開記念特別展示
GANTZ:O -驚愕の映像世界への転送体験-』
となります。

開催期間は9月14日から10月23日までで、
会場は、新宿駅直結の複合施設
「NEWoMan(ニュウマン)」の5階にある
「LUMINE 0(ルミネ ゼロ)」です。
入場料は無料ですよ!(※追記:現在は開催終了

▼VRアトラクション

今回のイベントでは、
映画【GANTZ:O】の設定資料やイメージボード、絵コンテなどが展示されています。
そして、何といっても一番の目玉企画がこちら!
ガンツ型VRアトラクション【GANTZ:O_VR】!

↓会場に設置されたパネル

昨今、何かと話題のVR界隈ですが、ついに【GANTZ】が参入です!
ただし、このアトラクションを体験するには900円が必要なのでご注意を!

体験後は、この展示イベント限定の
イメージボードアートカードが1枚もらえます。
さらに、抽選で【GANTZ:O】の鑑賞チケットがプレゼントされます。
私は残念ながらハズレでした、、、

「GANTZ:O_VR」に関してですが、まずは以下の画像をご覧下さい。

↓ガンツ型VRアトラクション「GANTZ:O_VR」

カタストロフィ待ったなし!!www
とてつもなく異様な空間です!w
サウンドや定期的に色の変わるライトなど、
雰囲気作りに気を配っているな~という印象でした。

では、実際に「GANTZ:O_VR」を体験してみた感想ですが、
「映画への期待値は上がり、MX4Dで観ることを決意した!」
といった感じでしょうか?

やはりVRがもたらす臨場感はすさまじく、
さらに上画像にもあるキューブ状の座席は
映像コンテンツと連動して振動するという仕様で、
自分はただ座っているだけなのに、
作品内の“動き”が伝わってくるんです!
本編も同じような環境で観たい、と思わせるには十分な内容でした。

しかしながら、
本コンテンツはユーザーが作品内へ何か介入できる、というものではなく、
いわば映画のワンシーンを別角度から臨場感を持って体験できる、という内容です。
ですので、VRコンテンツとしての目新しさは特にありませんでした。

10分もあったかどうかという内容で900円という料金もあり、
人によってはマイナスの印象を持たれるかもしれません。

ただ、ネタバレになるので言いませんが、
原作のあのシーンを多少改変があるとは言え、
自分が追体験できるという感動は
【GANTZ】好きの方にはぜひ味わって頂きたいですね!

▼展示物

実は、個人的にVRアトラクションよりも
こっちでテンション上がりっぱなしでした!

アトラクションゾーンとは別のエリアで
台本やイメージボード、設定資料が展示されており、
そこにはあのXガンやYガン、ガンツバイクなどの詳細な記述
奥先生のラフ(どこが?w)スケッチがあるんです!

ここからは私が撮影してきた画像の一部を掲載しますね。
手ぶれ上等!の画像から、私の興奮を感じ取って下さい!w






GANTZ:Oキャラファインアクリル Type H
フューチャーモデルズ
¥ 10,584(2020/07/31 16:02時点)
スポンサーリンク

◆電子書籍

▼eBookJapan

電子書籍をご利用なら、まずおススメなのがeBookJapanです!



約50万冊という世界最大級の品揃えに加え、
一冊まるごとタダで読める無料まんがが提供されています。
無料まんがのラインナップは定期的に更新されるので要チェックですよ!



め〜てるの気持ち 1【電子書籍】[ 奥浩哉 ]
楽天Kobo電子書籍ストア
¥ 617(2020/07/31 16:02時点)

▼DMM電子書籍

次におススメなのが【DMM.com 電子書籍】です!
こちらも品揃え抜群ですし、何より特徴的なのが成人向けタイトルなど、
他にはないジャンルのコンテンツが充実していることです!
無料サンプルも付いていて試し読みができるので安心ですよ!

◆動画配信サービス

▼U-NEXT

GANTZ】関連の動画をまとめて全て視聴できる動画配信サービスだと、
U-NEXTがおススメです!

さらに、U-NEXTでは原作漫画まで一括して読むことができます。
しかも、今なら31日間は無料で利用できます。
月額料金は1990円(税抜)ですが、
毎月1200円分のポイントが支給されて実質790円です。


▼Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライム・ビデオとは、
Amazonプライム会員が利用することのできる特典サービスです。
Amazonプライム独自の特典が豊富であり、
月額料金も500円(税込)と非常にリーズナブルになっています。
既に登録されている方も多いかと思いますが、ぜひチェックしてみて下さい。

GANTZ BOX 1 【DVD】
ハピネット・オンライン
¥ 18,077(2020/08/05 11:52時点)
[送料無料] GANTZ BOX 2 [DVD]
ぐるぐる王国FS 楽天市場店
¥ 18,251(2020/08/05 11:52時点)

◆まとめ

以上が、GANTZ:O】展示イベントについての参加レポートとなります。

この他にもグッズとしてアートカードが1枚400円で販売されており、
4枚購入すると1枚おまけでもらえます!
もちろん、私も購入しました♪
受け付けの女性の方が教えてくれたんですが、
一番人気はハードスーツのアートカードで、やっぱり!ってなりましたw
私の選択した1枚にも入っていましたので!
どんなイラストなのかは、ぜひ実物でご確認を♪(●´ω`●)

それと、気にされている方もいるかもしれないので、客層に関して。
私が入場したときの感じだと男女比の差はそんなに無く、
どちらかというと女性の方が若干多かったかも??
20代から30代の比較的落ち着いた(?)お客さんがほとんどでしたので、
じっくり楽しむことができました。

開催期間が短く、【GANTZ:O】の劇場公開後すぐに終わってしまうので、
行こうかどうか迷われている方はお気を付けください。(※追記:現在は開催終了
入場料は無料ですし、VRアトラクション無しでも十分に楽しめますよ♪
それでは皆さん、素晴らしいエンタメ人生を~(。・ω・)ノ゙

【おすすめ】落ち込んだ時に読むべき漫画5選「文太郎と泣き、ポコと笑う」
今回は落ち込んだ時にぜひ読んで欲しい【おすすめ】漫画作品を5タイトル、私の独断と偏見で厳選しご紹介致します!
【運営報告】ブログ開設1周年!今振り返る、思い出の記事20選!!
ブログ開設から1年。今回はこれまでに投稿してきた記事の中から、私にとって特に思い出深い記事を厳選して振り返っていきたいと思います!

コメント