【近況報告】2020年9月まとめ

近況報告
【近況報告】2020年8月まとめ
この記事は2020年8月の【近況報告】のまとめとなります。
【運営報告】ブログ開設1周年!今振り返る、思い出の記事20選!!
ブログ開設から1年。今回はこれまでに投稿してきた記事の中から、私にとって特に思い出深い記事を厳選して振り返っていきたいと思います!
スポンサーリンク

◆【近況報告】2020年9月まとめ

▼近況報告(2020.09.02):最新刊【涼宮ハルヒの直観】の予約受付開始

【それでも歩は寄せてくる】第72局の感想記事をアップ。

昨日より涼宮ハルヒシリーズ】の最新刊、【涼宮ハルヒの直観】の予約受付
各書店にて開始となりました。発売日は2020年11月25日(水)です。

約9年半ぶりの新刊とのことですから、ずっと待ち続けてきた購読者にとっては
ちょっとしたお祭り騒ぎになっていることでしょう!w

私はアニメ版にしか触れたことがないのですが、ざっと振り返ってみても
当時のオタク文化を大きく牽引していた作品という印象が今でも強く残っています。
私自身アニメの視聴後に考察サイトを巡った記憶があり、
そんな私が今ではブログサイトを運営して日々好き勝手に駄文を綴っているのかと思うと、
何だか感慨深いものがあります。もしかしするとこの文章を読んでいる“誰か”もいつかは…?w

私が『作品を考察する』楽しみを知ったのは間違いなく、
アニメ涼宮ハルヒの憂鬱】との出会いがきっかけです。
新作アニメが見れることを信じてここまで来てしまいましたが、
今回の新刊発売はいよいよ原作小説へ手を出す良いタイミングなのかもしれませんね。

まだ情報が全て出揃った訳ではありませんが、現時点で発覚している
各書店の限定版の特典情報を以下に簡単にまとめておきます。
どうぞ参考にして下さいませ~m(_ _)m

アニメイト(※限定セット特典:フルグラフィックTシャツ

メロンブックス(※限定版特典:収納BOX(憂鬱~直観まで収納可能))

とらのあな(※限定版特典:特製ミニブランケット

ゲーマーズ
(※限定版特典:Wポケットクリアファイル+アクリルスタンドキーホルダー3体セット付)



最後に話は変わりますが、つい先日親知らずの抜歯手術を行いました。
歯肉を切開してから問題の歯を取り除いた後に縫合、という流れです。
麻酔や痛み止めが効いている間はそこまで問題ないのですが、
とにかく“口を開く・閉じる”の動作が辛く、術後から約二日間、正直何も集中できません…w
事前に聞いていた程は“ほっぺたパンパン人間”になっていないことが唯一の救いでしょうか。
あと二箇所は抜歯手術の必要があるっちゃあるんですが、もうヤダよ…w\(^o^)/
…とかまた駄文を綴っている間に少し痛んできたので、本日はこれにて…!

【それでも歩は寄せてくる】第72局 感想 本領発揮!新入部員の下剋上!!
今回は週刊少年マガジン2020年39号より、【それでも歩は寄せてくる】第72局の感想となります。

▼近況報告(2020.09.06):【それでも歩は寄せてくる】新グッズ締切間近

【それでも歩は寄せてくる】第73局の感想記事をアップ。

先日の近況報告にてお伝えしたそれでも歩は寄せてくる】の新グッズですが、
予約期間が本日までとなっています。
購入する別の機会もあるかとは思いますが、ひとまず購入予定だった方は
一旦のご確認をお急ぎ下さいませ~(*´꒳`*)

(※外部リンク:アニメイトオンラインショップ

【それでも歩は寄せてくる】第73局 感想 部長 VS 新入部員、光導く盤外の一手
今回は週刊少年マガジン2020年40号より、【それでも歩は寄せてくる】第73局の感想となります。
【近況報告】2020年8月まとめ
この記事は2020年8月の【近況報告】のまとめとなります。

▼近況報告(2020.09.07):【ボールルームへようこそ】新章開幕について

今月発売の月刊少年マガジン2020年10月号にて、
ボールルームへようこそ】がついに新章開幕となりました!

作者である竹内友先生の体調不良のため長らく休載が続いていましたが、
去年頃に復帰されてからは掲載ペースが戻りつつある状況です。
そういった事情もあって、2017年に放送されたアニメでは一部のストーリーが
原作に先行するカタチで展開されていました。(※作者の提供資料に基づく構成)

先月の月刊少年マガジン2020年9月号ではアニメ最終話にあたるエピソードが描かれ、
そして迎えた今回の『Heat55 蚊が飛ぶ夜』より、
まだ読者の誰もこの先の展開を知らない未知の領域、新章の幕開けと相成ったのです!!

多々良の学校生活に少しずつ変化が訪れる描写にはやはり興奮を覚えますし、
今回登場した新キャラの女子三人組も魅力的でこれからの交流が楽しみな限り!
という具合に終始ワクワクしながらページをめくっていくと、最後の最後で不穏な気配が…。

果たして、ここから公式ファンブックで少し描かれていた『Bres鎌倉』のメンバー
どう関わっていくことになるのか…?(※現時点では本編未登場の新キャラたち)

読者一同は勿論、アニメのみを追っていた方も含め、
その先”が始まる重要な新章開幕エピソードとなっていますので、
今月の月刊少年マガジン2020年10月号はぜひともお見逃しなく…!!(*´꒳`*)

Amazonプライム・ビデオU-NEXTアニメ全話配信中です。

スポンサーリンク

▼近況報告(2020.09.11):アニメ【機動戦士ガンダム】第20話の感想

前回の近況報告に引き続き、再放送中のアニメ機動戦士ガンダム】を第21話まで視聴。

第19話にて自らの存在意義』を証明するべく、ランバ・ラルに勝つ強く決意したアムロ。

アムロ「…僕は…僕は…あの人に勝ちたい…!

(※『第19話 ランバ・ラル特攻!』参照)

しかし彼はまだ独房に入れられており、他のクルーとの溝も依然埋まらぬまま…。
そんな状況から始まった第20話。
面会に来たフラウ・ボゥやリュウさんに対してアムロは素っ気ない態度を取りますが、
己の拳をもって彼を熱く諭したのは、これまでも彼の良き理解者であったリュウさんでした。

アムロ「ホワイトベースを降りてもいいと思っています」
リュウ「本気か?」
アムロ「ええ いけませんか? どうせ皆気まずくなったんだし…!」

リュウ「ええい 貴様!」

アムロ「本気で殴ったんだね…リュウさん…」
リュウ「いつか…マチルダさんがお前のことをエスパーかもしれないって言ったのが」
リュウ「俺はいかにもお前のことらしいと思ってたんだ…」

“お前はこんな所でウジウジしてていい人間じゃないだろう…!”と叱咤激励する彼の言葉も
今のアムロには響かず、口論の末にリュウさんたちはその場を離れます…。

しかし別のシーンではブライト艦長からアムロについて“あと一息だと思わんか…?”と問われ、
うん…大丈夫だろう”と、なおも信頼を寄せる発言をしていました。

艦内において、これまで彼はバランサーのような役割を担ってきました。
兵士としてはまだまだ未熟な子供ばかりの乗組員一人一人へ歩み寄り、
皆の心と意識をなんとか一つに繋げる陰の功労者としてずっと立ち回っていたのです。

事実、リュウさんと他の乗組員との信頼関係はかなり良好である思われ、
それはつい先程憎まれ口を叩いていたアムロも同様のこと。
彼がリュウさんのことを誰より慕っているということは、前回の
独房からの呼びかけシーンの描写が物語っています。
以下、第19話の感想より一部抜粋。

実に興味深いのは、この場面で彼が呼びかける人物の名前とその回数です。
自分の話を聞いてもらおうとアムロは必至に訴えかけますが、
セイラさんリュウさんへの呼びかけが他のメンバーよりも多いのです。
これはアムロからの信頼度が表面化しているとみてまず間違いないでしょう。

アムロ「話を聞いてください!リュウさんセイラさん!」

(※『第19話 ランバ・ラル特攻!』参照)

後に、アムロの処遇へ不満を抱き脱走するカイやハヤトたちを単身追いかけ説得するなど、
今回のエピソードではリュウさんのそういった一面がより強調されていたように思われます。
それらも全て、第21話での“あの悲劇”へ向けた構成だったということ…。

【近況報告】2020年8月まとめ
この記事は2020年8月の【近況報告】のまとめとなります。

この第20話で最も焦点が当てられたのはランバ・ラル隊との全面対決です。

ランバ・ラルは満足な補給戦力も得られぬ中、本来彼らが得意とするゲリラ戦法をもって
ホワイトベースへと奇襲を仕掛けてきました。
白兵戦用の戦車『キュイに乗り込んだ彼らは各々がパーソナルジェットで飛び上がり、
そのままホワイトベースめがけて突撃。


そこからはホワイトベースを舞台にしての撃ち合いに。
普段のロボット同士の戦闘には当然ロマンがあり毎度胸躍る描写だと感じていますが、
このように兵士同士が銃で応戦するとなると人の命が瞬時に潰える無情さが前面に押し出され、
戦争がいかに残酷か”を改めて痛感させられます。
この戦闘描写の緩急がただのロボットアニメの枠に収まらない本作の魅力の一つなのでしょう。

そんな撃ち合いの最中、思わぬ進展があったのはセイラさんの出自に関する謎に関して。

艦内で遭遇してしまったセイラさんとランバ・ラルは互いに銃を向け合うも、
彼女の顔を見たランバ・ラルは驚きの表情を浮かべます。

ランバ・ラル「ひ…姫様か…! ま…間違いない…アルテイシア様に違いないな」

ランバ・ラル「私をお忘れか?あなたの父上 ジオン・ダイクン様にお仕えした」
ランバ・ラル「ジンバ・ラルの息子 ランバ・ラルですぞ」

唐突に明らかになった二人の接点とセイラさんの過去。
その意味を飲み込む間もなく、駆け付けたリュウさんたちとの銃撃戦になり、
ランバ・ラルとリュウさんは互いに負傷…。


セイラ「ランバ・ラル!引きなさい!」

セイラさんも明らかにランバ・ラルのことを認識している様子です。
第16話ではシャアが自分の兄であると確信し、彼が生きて故郷へ帰ったと知って
安堵から涙を流していた彼女。
二人の父の名が『ジオンであると判明した以上、今後のジオン公国との戦いにおいて
いよいよ避けては通れない関係性となってきましたね。

(※『第16話 セイラ出撃』参照)

【機動戦士ガンダム】初見感想①『ネタバレ予告は無慈悲で不可避』
今回はアニメ【機動戦士ガンダム】の初見感想として投稿してきた過去の【近況報告】(2020年4月~2020年8月)をまとめたいと思います。

その後、ランバ・ラルによって占領された第2ブリッジに対し、
アムロはブライト艦長からの指示のもとガンダムで直接攻撃を加えます。

これが決着の一手となり、率いてきた部下も失ってついに追い詰められたランバ・ラル。
しかし、それでも彼は決して誇りを失うことなく、兵士としての最後を選択しました…。

ランバ・ラル「わしの戦っていた相手が皆 年端のいかぬ少年たちとは…皮肉なものだ…」

ランバ・ラル「君たちは立派に戦ってきた…だが…」
ランバ・ラル「兵士の定めがどういうものか…よく見ておくのだな…」

そう言って、ランバ・ラルは手榴弾を抱えたままホワイトベースから飛び降り、
瞬間的にアムロが差し出したガンダムの右手の中でそのまま爆死…。


アムロたちの見守る中、戦場に身を置くものの末路を自ら示して彼はこの世を去りました…。

アムロとしては当初の目的通りランバ・ラルを倒した訳ですが、
彼の壮絶な最後に心揺さぶられ、さらには生き残ったハモンとのさらなる戦闘を予感し、
アムロはこの勝利を素直に喜ぶことができないのでした…。

最初に述べた通り既に第21話まで視聴しましたが、長くなったので続きはまた次回に!

Amazonプライム・ビデオU-NEXT全話配信中です。

▼近況報告(2020.09.14):【それでも歩は寄せてくる】第5巻の予約受付開始

【それでも歩は寄せてくる】第74局の感想記事をアップ。

本日、それでも歩は寄せてくる】の最新コミックス第5巻の予約受付
楽天にて開始となりました。
いつも通りまだAmazonには該当商品がありませんが、それも時間の問題でしょう。
=======※追記_ここから=======
Amazon側にも追加されました!(※2020年9月16日)
=======※追記_ここまで=======

ちなみに、アニメイトだと1週間以上前から予約受付が始まっていたのはここだけの話…w
発売日は2020年10月16日(金)で、約1ヶ月後の発売となります。

今回の第5巻で進級前の物語は(おそらく)締めくくられ、
少し気は早いですが次の第6巻からはいよいよ新章の幕開けとなります。
具体的な収録エピソードが明らかになり次第、必要に応じて
【それでも歩は寄せてくる】全キャラ登場回まとめ(進級前)の記事を更新しておきます。

ひとまずはお時間のある時にでも最新刊の情報をご確認下さいませ~(*´꒳`*)

【それでも歩は寄せてくる】第74局 感想「パシリます!」これが忠犬の生きる道
今回は週刊少年マガジン2020年41号より、【それでも歩は寄せてくる】第74局の感想となります。
【それでも歩は寄せてくる】全キャラ登場回まとめ(進級前)
今回は【それでも歩は寄せてくる】の進級前のエピソード(第1巻『第1局』から第5巻『第67局』まで)を対象とし、全キャラ毎にその登場回をまとめていきます。

▼近況報告(2020.09.17):【SHAMAN KING】マガジンエッジKC版 第14巻まで購入

本日発売されたマガジンエッジKC版の【SHAMAN KING】第12巻~第14巻を購入。

先月購入した第9巻~第11巻においてついにその姿を現した『ハオ』!!
第12巻はそんなハオの配下ドラキュラ”こと『ボリス』との戦いの続きから。

今回の第12巻~第14巻最も印象的なのはやはり『X-LAWS』の活躍でしょう。
連載当時は彼らの唐突な登場に驚いたものですが、
各メンバーが所有する持霊の圧倒的ビジュアルセンス銃弾を媒介にして発射”するという
オシャレすぎる設定に子供心を鷲掴みにされ、とにかくシビれた覚えがありますw

(※第12巻『第103廻 天使のピストル』参照)

そして第14巻でついに登場するX-LAWS』のリーダー『アイアンメイデン・ジャンヌ』。
こちらはこちらでオフェンシブにも程があるキャラデザにただただ脱帽…!w

(※第14巻『第124廻 法☆リィ ガール』参照)

ということで、トーナメントが始まりシャーマンファイトはいよいよ本番というところ…!
次巻以降も記憶を辿りつつ楽しく振り返っていきたいと思います!(*´꒳`*)

また、アニメ情報に関しても本日新たな動きがありました。
最新ティザーPVの公開に合わせ、ついにキャストの情報が明らかに…!
新制【SHAMAN KING】の主要キャストがこちら!

麻倉葉  :日笠陽子
阿弥陀丸 :小西克幸
恐山アンナ:林原めぐみ
ハオ   :高山みなみ

残念ながら旧作アニメから葉の声優さんのみ変更となってしまいましたが、
今のところ明らかになっているその他の声優さんは変わらず続投の模様です!
旧作の時点で大物揃いだった印象ですが、
さらにベテランの領域に入ってなお演じて下さるということで、
約20年の歳月が演技にどのような変化を与えているのか、自然と期待が高まりますね!

ここからまた小出しで情報が解禁されていく見込みです。
旧作アニメに当時夢中だったという方は特に今後の情報解禁に注目しておきましょう!

【近況報告】2020年8月まとめ
この記事は2020年8月の【近況報告】のまとめとなります。
【近況報告】2020年8月まとめ
この記事は2020年8月の【近況報告】のまとめとなります。
【運営報告】ブログ開設1周年!今振り返る、思い出の記事20選!!
ブログ開設から1年。今回はこれまでに投稿してきた記事の中から、私にとって特に思い出深い記事を厳選して振り返っていきたいと思います!

コメント