【それでも歩は寄せてくる】第55局 感想 甘える後輩、張り切る先輩

漫画

皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。

今回は週刊少年マガジン2020年20号より、
それでも歩は寄せてくる第55局の感想記事になります!

【それでも歩は寄せてくる】第54局 感想 ご褒美タイムで剥がれ落ちるは乙女の尊厳
今回は週刊少年マガジン2020年19号より、【それでも歩は寄せてくる】第54局の感想となります。
【それでも歩は寄せてくる】第5巻 感想まとめ
今回は本日発売された【それでも歩は寄せてくる】の第5巻について、これまで投稿してきた感想記事を収録エピソード毎にまとめたいと思います。第5巻に収録されているのは『第55局』~『第68局』までです。
【それでも歩は寄せてくる】全キャラ登場回まとめ(進級前)
今回は【それでも歩は寄せてくる】の進級前のエピソード(第1巻『第1局』から第5巻『第67局』まで)を対象とし、全キャラ毎にその登場回をまとめていきます。
【からかい上手の高木さん】第1巻 感想
今回は【からかい上手の高木さん】の第1巻についてご紹介をさせて頂きます!作者は、山本崇一朗先生です!第1巻には第1話~第9話が収録されています。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。

【新品】それでも歩は寄せてくる(1-5巻 最新刊) 全巻セット
漫画全巻ドットコム 楽天市場店
¥ 3,410(2020/11/15 15:41時点)

スポンサーリンク

◆【それでも歩は寄せてくる】第55局 感想

▼感想&考察

◎第55局

感想&考察

前回歩君の補習行きが発覚し、うるしちゃんは別の対局相手を求めて単身図書室へ。
放課後、この場所にいるのはあの幽霊部員…のはずだったのですが…。

うるし「あ!! やぁ 桜子ちゃん!!」
桜子 「あ… こ… こんにちは…」

『第52局』と同様、図書委員として受付に座っていたのは桜子ちゃん。
しかし、肝心のもう一人の図書委員の姿が見当たりません。

うるし「歩が補習だからタケルと将棋しようと思って来たんだけど…もしかして…」
桜子 「タケルくんも補習です…」
うるし(あいつら…)

こっちもか!w
『第52局』での勉強会も成果むなしく、結局補習組となってしまった歩君とタケル君。
まぁ、確かにあの時の二人は勉強よりも恋愛に精を出していた気も…w

こうなると再び行き場を失ううるしちゃん。
それを察してか、ここで桜子ちゃんから思わぬお誘いがかかります。

桜子 「あの…ヒマだったら 座っていきますか…?
うるし「いいの!?ありがとー!」

ということで、今回男子二名は学力不足でお休み!w
これより先は初めて描かれる、ダブルヒロインのみでの女子トークの模様に。

【それでも歩は寄せてくる】第52局 感想 寄るは小悪魔、抱えるは天使
今回は週刊少年マガジン2020年17号より、【それでも歩は寄せてくる】第52局の感想となります。
【それでも歩は寄せてくる】第54局 感想 ご褒美タイムで剥がれ落ちるは乙女の尊厳
今回は週刊少年マガジン2020年19号より、【それでも歩は寄せてくる】第54局の感想となります。

うるし(大人しそうだと思ってたけど いい子そうだな)

席に着いたうるしちゃんは早速持ち前の明るさで気さくに桜子ちゃんへと話しかけました。

うるし「歩やタケルとは幼なじみなんだっけ」
桜子「……そうです…」

うるし「歩ってどんな子供だったの?」
桜子 「…普通です…」

うるし「………そっか…」

なかなか思うようにラリーが続かない二人の会話。

第3巻『第34局』で描かれた自己紹介の場面でも既にその片鱗はありましたが、
この二人は見事なまでに根明根暗”という対比関係にあります。

(※第3巻『第34局』参照)

それでもなおアグレッシブに話しかけるうるしちゃんはここで“ある提案”を投げかけました。

うるし「あの よ…よかったらさ 今度タケルと将棋部遊びに来てよ
桜子 「………行かないです
うるし「そ…そっか…」

が、これもあえなく失敗…!
全くうまくいかない現状の交流具合に、彼女の胸中駆け巡るのは悲しき推測

うるし(私 嫌われてる!? 気軽に話しかけすぎたのかな…)

一転してトーンダウンしていくうるしちゃん。
その様子を横目で捉えていた桜子ちゃんは静かに決意を固め、ようやく行動に出ることに。

うるしちゃんのすぐ隣まで席を近づけ彼女が語るのは新たな提案

桜子 「あの…よかったら…将棋しませんか?
うるし「え?」

これまでの二人の関係性といえば、後輩幼なじみ”、そして幼なじみ意中の先輩と、
『第52局』での横並びの描写が物語っていたように直接のつながりはなく、
まだ二人の間にはどこか隔たりがありました。

(※『第52局』参照)

そんな二人を近づける向き合わせるギミックとして将棋』が用いられるというのは、
この作品にとって必然のこと
なのかもしれません。

また、改めてここまでの流れを振り返った場合、
桜子ちゃん“座っていきますか…?”と提案。
うるしちゃん“将棋部遊びに来てよ”と提案。
桜子ちゃん“将棋…しませんか?”と提案。
という具合に、互いに一手ずつ歩み寄っておりこのエピソード自体がさながら
彼女らの心の対局のような構図になっていることに気づかされます。

こうして二人の少女は徐々に心を通わせ、舞台は次の盤面へ。

【それでも歩は寄せてくる】第34局 感想 おばけ屋敷、催眠いらずの浄霊法
今回は週刊少年マガジン2019年49号より、【それでも歩は寄せてくる】第34局の感想となります。
【それでも歩は寄せてくる】第52局 感想 寄るは小悪魔、抱えるは天使
今回は週刊少年マガジン2020年17号より、【それでも歩は寄せてくる】第52局の感想となります。

うるし「…へぇ ちゃんと指せるんだね」

桜子 「いえ… ルール知ってるだけで… 初めてです」
うるし「そうなの?すごいね タケルより強そうだよ」
桜子 「……」

桜子ちゃんは勉強面だけでなく、将棋の方もタケル君より優秀だったとのこと…!
その上さらに催眠術までできるんですから、
うるしちゃんにも負けず劣らずの才覚の持ち主といえます。
というか、催眠術できるだけで十分恐ろしいんですけどね…w

と、ここで桜子ちゃんから先程の提案に対して改めての返答が…。

桜子 「あの…さっきはすみません…人見知りで…」
桜子 「緊張してて つい断っちゃいましたけど」
桜子 「お邪魔じゃなかったら…今度 部室遊びに行ってもいいですか?

そう言って恥じらう彼女は正真正銘、優しい先輩に本心から甘える一人の可愛い後輩です。

一方、人一倍後輩から頼られたい慕われたいでお馴染みのうるしちゃん。
ここでテンションが上がらず、いつ上がろうか…!w

うるし(よかった!!嫌われてたんじゃなかった!

うるし(ていうか やっぱりいい子だ)
うるし「もちろん ぜひぜひ!」
桜子 「あ…ありがとうございます」

無事約束は結ばれ、桜子ちゃん同伴でタケル君が堂々と部室へ訪れる、
そんな未来も新たに見えてきました。

そうなると将棋を指せるメンバーは4人になる訳です。
もしかすると桜子ちゃんも含めて小規模なリーグ戦が開かれたりするのかもしれませんね。
案外、桜子ちゃんが頭角を現して歩君にすら勝っちゃうかもですが(笑)、
まぁその辺りは今後の展開に期待です…!(*´꒳`*)

桜子 「あ…これ 負けですよね」
うるし「そうだねー でも初めてでこれだけ指せるってすごいよ」
うるし「続けたら絶対上手くなるよ
桜子 「ホントですか 嬉しいです

自身に向けられたその屈託のない笑顔を見つめ、うるしちゃんが瞬間的に感じたのは、
彼女が長らく待ち望んでいたあの可能性…!

うるし(あ!なんかこのカンジ……!!なんかイケる気がする!

しかし、なんだかイケそうな気がする』というその油断こそ、
彼女にとってはフラグ以外の何ものでもないという事実…!

あると思います!』www

うるし「ねぇ桜子ちゃん!!よかったらさ 将棋部入らない!?
桜子 「入りません

築3秒の可能性(フラグ)をノータイムで砕かれる敏腕建築士…!
これぞ匠の御業という、第3巻『第39局』以来の【大改造!! うるしビフォーアフター】描写
“そういえば昔そんな変な感想も書いたな~”と、私は私で妙なところで懐かしくなる始末…w

【それでも歩は寄せてくる】第39局 感想 箱に隠すはイタズラ心と恋心
今回は週刊少年マガジン2020年2・3合併号より、【それでも歩は寄せてくる】第39局の感想となります。

うるし「えっと… まだ緊張してる?」
桜子 「いいえ もうしてないです 将棋部には入らないです
うるし「そっかー」(素直ないい子だなー…)

結局、4人目の部員確保はあえなく断念。将棋部発足までの道のりは長く険しい…!
何度倒れようとも立ち上がる、我らが愛しき匠の未来にあらんことを…!!w
というところで第55局が終了。

=======※追記_ここから=======
新グッズ情報
原作イラストを使用した新グッズが公開されました。
楽天ではいくつかのグッズが既に品切れとなっており、Amazonでは謎の高騰が発生中です。
欲しいグッズがある場合、購入時期や購入先の選択にはくれぐれもご注意下さい。

(※外部リンク:アニメイトオンラインショップ


=======※追記_ここまで=======

スポンサーリンク

◆電子書籍

▼eBookJapan

電子書籍をご利用なら、まずおススメなのがeBookJapanです!



約50万冊という世界最大級の品揃えに加え、
一冊まるごとタダで読める無料まんがが提供されています。
無料まんがのラインナップは定期的に更新されるので要チェックですよ!

▼DMM電子書籍

次におススメなのが【DMM.com 電子書籍】です!
こちらも品揃え抜群ですし、何より特徴的なのが成人向けタイトルなど、
他にはないジャンルのコンテンツが充実していることです!
無料サンプルも付いていて試し読みができるので安心ですよ!


◆動画配信サービス

▼U-NEXT

アニメ映画、さらには漫画などをまとめて楽しむならU-NEXTがおススメです!
月額料金は1990円(税抜)ですが毎月1200円分のポイントが支給されるので、
実質790円となります。
さらに今なら『31日間無料トライアル』が実施中であり、以下の2つの特典が付与されます!

特典1:31日間無料で見放題!(対象:見放題動画・読み放題雑誌)
特典2:600ポイントプレゼント!(対象:新作・コミック・書籍)

他の動画配信サービスと比べて扱っている作品数がかなり豊富なので、
きっと夢中になれる作品が見つかるはずです!
ご興味のある方は、まずは無料期間で存分にU-NEXTコンテンツを体験してみて下さいね!

※本ページの情報は2020年9月時点のものです。
※最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

▼クランクイン!ビデオ

動画電子書籍をまとめて楽しみたいならクランクイン!ビデオも要チェックです!
こちらの強みは何と言っても“ラインナップの幅広さでしょう。
話題の新作映画から劇場未公開作品まで、見放題サービスで得られないエンタメ体験がここに…!

レンタル料金はなんと実質半額
月額料金990円(税抜)のプランでは2000ポイント(1ポイント=1円)付与されることになり、
さらに後から必要なポイント分だけチャージすることも可能です。
今なら14日間無料体験』の特典として、以下の2つの特典が付与されます!

特典1:月額プラン990円が14日間無料
特典2:初回登録で1,000ポイントをプレゼント!

また、クランクイン!ビデオではスマートフォン・タブレットをご利用の場合、
電子書籍もまとめて楽しむことができ、ポイントも共通となっています。
“見放題サービスのラインナップはなんだか物足りない…”
そんな方にはピッタリのサービス内容ですので、ぜひ一度チェックして下さいね!

※本ページの情報は2020年11月時点のものです。
※最新の配信状況はクランクイン!ビデオサイトにてご確認ください。

▼dTV

その他の動画配信サービスではdTVもおススメです!
dTVとは、月額500円(税抜)で見放題の定額制動画配信サービスであり、
その圧倒的なコストパフォーマンスが魅力となっています。
さらに初めてご登録の場合は最大31日間無料でご利用できます!
ドコモケータイ回線をお持ちでない方もご利用できますのでご安心を!
配信タイトルは随時更新されるため、最新の配信状況はdTVサイトにてご確認下さい。

▼Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライム・ビデオとは、
Amazonプライム会員が利用することのできる特典サービスです。
Amazonプライム独自の特典が豊富であり、
月額料金も500円(税込)と非常にリーズナブルになっています。
既に登録されている方も多いかと思いますが、ぜひチェックしてみて下さい。


◆まとめ

以上が、それでも歩は寄せてくる】第55局の感想となります。

前々から気にはなっていたうるしちゃんと桜子ちゃんの微妙な関係性
今回男性陣を一切排除し、ようやくスポットが当てられることになりましたね。

蓋を開けてみれば、意外にも桜子ちゃんが甘え上手
何かと頼られたがりのうるしちゃんとは相性抜群といった印象です。
この二人が親密になることでカップル二組の描写にも変化が生まれそうですね!

それにしても補習組よ…w
歩君の場合は“解答欄がズレていた”という一応の理由がありましたが、
タケル君の場合シンプルバカの可能性も…w
その辺りは今後言及される、または新たな展開につながるかもしれません。
ポンコツ具合が少々目立ってきた元剣道部の二人。
今後は彼らの危なげな学力にもぜひ注目していきましょう…!w
それでは皆さん、素晴らしいエンタメ人生を~(。・ω・)ノ゙

【それでも歩は寄せてくる】第54局 感想 ご褒美タイムで剥がれ落ちるは乙女の尊厳
今回は週刊少年マガジン2020年19号より、【それでも歩は寄せてくる】第54局の感想となります。
【それでも歩は寄せてくる】第56局 感想 飲ませて伸ばす、歩の育成奮闘記
今回は週刊少年マガジン2020年21号より、【それでも歩は寄せてくる】第56局の感想となります。
【それでも歩は寄せてくる】全キャラ登場回まとめ(進級前)
今回は【それでも歩は寄せてくる】の進級前のエピソード(第1巻『第1局』から第5巻『第67局』まで)を対象とし、全キャラ毎にその登場回をまとめていきます。

コメント