【チェンソーマン】第2巻『伏線』まとめ

漫画

皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。

今回はチェンソーマン】第2巻の収録エピソードを対象に、
今後の展開に向けた『伏線』と思われる内容をまとめていきます。

【チェンソーマン】第1巻『伏線』まとめ
今回は【チェンソーマン】第1巻の収録エピソードを対象に『伏線』と思われる内容をまとめていきます。なお、第1巻に収録されているのは『[第1話] 犬とチェンソー』から『[第7話] ニャーコの行方』までです。
【響 〜小説家になる方法〜】全13巻 感想まとめ
今回は【響 〜小説家になる方法〜】をご紹介させて頂きます!作者は柳本光晴先生です!第1巻~第13巻<完>について、コミックス単位で感想をまとめていきます。
【運営報告】ブログ開設2周年!思い出の記事10選!!
ブログ開設から2年。今回は2019年10月29日~2020年10月28日までの1年間で投稿してきた記事の中から、特に思い出深い記事を厳選して振り返っていきます!

スポンサーリンク

◆【チェンソーマン】第2巻『伏線』まとめ

▼はじめに

前回の第1巻『伏線』まとめに引き続き、
今回は第2巻の収録エピソードを対象に『伏線』と思われる内容
それぞれエピソード順にまとめていきたいと思います。

【チェンソーマン】第1巻『伏線』まとめ
今回は【チェンソーマン】第1巻の収録エピソードを対象に『伏線』と思われる内容をまとめていきます。なお、第1巻に収録されているのは『[第1話] 犬とチェンソー』から『[第7話] ニャーコの行方』までです。

第2巻に収録されているのは
『[第8話] チェンソー VS コウモリ』から『[第16話] はじめての味』までです。



なお、本記事では伏線』を以下のように定義しています。

※本記事における『伏線』の定義
◎エピソードをまたいで『回収』されたもの。
◎または、今後『回収』される見込みのあるもの。

エピソード内で完結しているものは『伏線』というよりも
“フリ”と“オチ”の関係性なので省きます。
今後の展開につながりそうなワードや描写を整理することが目的となります。

それでは、以下よりエピソード順にまとめていきます。

▼収録エピソード&『伏線』リスト

◎[第8話] チェンソー VS コウモリ

・力の使い方①

これまでのデンジの戦い方といえばチェンソーを振り回すだけの一辺倒なものでした。
しかし今回、咄嗟の判断で両腕のチェンソーの一時的な解除に成功したデンジ。

直後に本人も「チェンソー引っ込めれたの!?」と驚いており、
自分でも“何ができるのか”をまだ理解できていないことが明らかになりました。

本作は戦闘面一つ切り取ってみても、主人公の成長”というものを大変丁寧に描いています
一般的にバトル漫画では各章で主人公の必殺技や能力、
さらには形態がどんどん増加・変化していくのが常です。
作品によっては物語が進むにつれて主人公が何でもできるようになってしまい、
“今どれくらい強いのかが全く想像できない”、なんて状況もしばしば見受けられます。

その点、本作では何の前置きもなくデンジが急激に強くなることもなければ、
本来の能力から大きく逸脱した技を披露することもありません。
デンジは過去の戦闘や会話の中で得た知識・経験をもとに
少しずつ着実に戦い方のバリエーションを増やして強くなっていきます

(※第2巻『[第9話] 救出』参照)

要するに、本来なら“修行編”としてカットしてしまうような内容を
本編のストーリーと絡めて同時並行で描いている印象を受けるのです。
結果、“今デンジに何ができるのか”が読者にも容易に想像できるため、
デンジの強さには説得力が生まれています。

加えて本作のユニークなところは、その事実すら逆手にとって
読者の予想を大きく裏切るということ…!
“なるほど、そんな使い方があったのか!”代表例が第6巻『[第49話] サメハリケーン』。

ネタバレありの考察(クリックで表示・非表示)
あのシリアスな流れの中、デンジが導き出した答えがこの『調教合体』。
月曜の朝から腹筋が爆発四散した読者も多かったに違いありません…w

(※第6巻『[第49話] サメハリケーン』参照)

デンジのひらめきがいつも機能しているかどうかは別として、こういった驚き”が
彼の戦闘場面では随所に見受けられ、
次はどんなクレイジーな発想で窮地を切り抜けるのかと、
主人公への期待値が自然と高まっていきます。

今回の内容は彼の戦闘力向上には直接つながらないものの、
デンジが自分の力の使い方を理解し始めたその第一歩であるため、
ここにしっかり記録しておきたいと思います。

巻数関連エピソード紐づく伏線
第5巻[第37話] 電車・頭・チェンソー力の使い方②
第6巻[第49話] サメハリケーン力の使い方③
[第51話] ダークダイビング力の使い方④
第8巻
[第68話] ダークパワー力の使い方⑤
[第69話] シャイニングパワー力の使い方⑥

◎[第9話] 救出

新たな伏線は特になし。

◎[第10話] コン

新たな伏線は特になし。

◎[第11話] 妥協

・『狐の悪魔』①

今回ようやく言及されたのが“デビルハンターは悪魔契約して戦う”という重要な事実。

その一例としてアキは『狐の悪魔』と契約していることをデンジに明かしました。
契約内容は“力を借りる代わりに体の一部を狐に食わせるというもの。

悪魔に関する情報は今後も徐々に明らかになっていきますが、
狐の悪魔』との契約内容についてはここが初出です。

また、後にアキは“手の内は信用した人間にしかみせちゃいけないぞ”と語っており、
逆に考えると、既にこの時点で彼はデンジに少なからず信頼を寄せていたことが窺えます。

(※第3巻『[第20話] 飲み』参照)

巻数関連エピソード紐づく伏線
第3巻[第17話] デンジを殺せ『狐の悪魔』②
[第20話] 飲み『狐の悪魔』③
スポンサーリンク

◎[第12話] 揉む

・「覚えて」

“初めて胸を揉んでみたら大した事なかった”という糞みたいな理由で落ち込んでいたデンジ…w
そんな彼に対し、マキマさんが優しく語り掛けた内容がこちら。

マキマ「デンジ君 エッチな事はね」
マキマ「相手の事を理解すればするほど気持ち良くなると私は思うんだ」

そのままデンジと指を絡ませ、自らの耳や唇を触れさせるマキマさん。
デンジの指をくわえながら囁く彼女の言葉は
従順な飼い犬の記憶と心に両者を繋ぐ“見えない楔”を刻みます…。

マキマ「デンジ君の目が見えなくなっても 私の噛む力で私だってわかるくらいに覚えて

いざ戦闘が始まれば、視界を奪われる状況など容易く想像できる作中世界。
いつかこの“楔”も『回収』される日がやって来るのかもしれません…。

また、今回彼女が語った理解することで得られる幸せ”とは真逆のテーマを描いているのが、
第7巻より始まる『刺客編です。

ネタバレありの考察(クリックで表示・非表示)
数々の修羅場をくぐり抜け、その先でデンジが到達したのは知らない幸せ”という新たな境地。
詳細は該当エピソードで触れるとして、幸福の捉え方”という普遍的なテーマを描きつつ、
読者に全く説教くさく感じさせないのはさすがの構成力といったところ。

(※第9巻『[第71話] お風呂』参照)

巻数関連エピソード紐づく伏線
第9巻[第71話] お風呂知らない幸せ
・「なんでも一つ叶えてあげる」

続けてマキマさんが口にしたのはデンジへのある“お願い”について。

マキマ「銃の悪魔を倒して欲しいの」

今のところ、作中最大の宿敵とされている『銃の悪魔』。
その『銃の悪魔』の討伐を巡って二人が交わすのはなんとも意味深な密談。

マキマ「もしもデンジ君が銃の悪魔を殺せたら 私がキミの願い事なんでも一つ叶えてあげる

デンジからすれば願っても無いこの申し出。しかし、現時点で既に気になることが二点。

一点目は少し考えすぎな部分もあるでしょうが、
ここでマキマさんが持ちかけているのは『契約であるということ。
“デビルハンターは悪魔契約して戦う”
という事実が一つ前のエピソードで明らかにされたばかりです。
当然ですが、ここで“デンジがマキマさんから何か力を授かった”などとは私も思っていません。
問題なのはその文脈です。
お話の流れとして、マキマさんがまるで“悪魔のような存在”、
または“悪魔そのもの”とも捉えられる構成になっているのです。

二点目はマキマさんから与えられる対価について。
真っ当に予想すれば、いつも自分の欲望を優先させていた主人公
いざ“なんでも願い事が叶えられる”となった時、自分ではなく他者のためにその機会を使う、
という展開が物語としては大きなカタルシスを生むかと思われます。

しかし、重要なのは他者のために動かざるを得ないその状況
どう考えても悲惨な未来しか予想できず、
全てマキマさんの手のひらで転がされているように思えてなりません…。

物語の終盤、もしくは大きな転換期に『回収』されるであろう『伏線』の一つです。

=======※追記_ここから=======
第10巻『[第80話] 犬の気持ち』を読み終えて。(※第10巻は未発売)

こんな展開、誰が予想できまんねん…!w(o^-^o)
確かに“転がされて”はいるんでしょうが、マキマさんからしても想定以上の願い』なんじゃ?w
=======※追記_ここまで=======

巻数関連エピソード紐づく伏線
第10巻[第80話] 犬の気持ち叶えて欲しい事

◎[第13話] 銃の悪魔

・『銃の悪魔』が現れた日

13年前、アメリカで銃を使った大きなテロが発生しその日に『銃の悪魔』が出現したとのこと。
第1巻『[第6話] 使役』にて言及のあった“米国の件”とはこの事件を指していると思われます。

『銃の悪魔』自体の描写は未だありませんが、この出来事の詳細は
いずれ本編で描かれることになるのかもしれません。

また、注目したい点は作中最大の宿敵となる悪魔が“13年前”に出現し、
その事実を『第13話』で初めて言及したということ。
悪魔”を題材にした本作において“13”という数字の持つ意味合いは大きく、
こんなところにも作者のこだわり、それを実現する構成力の高さが窺えます。

今思えば、このお話の前振りが『第6話』だったこともその一例です。
さすがに『第666話』までお話が続くことはないでしょうが、
今後はこういった忌み数”と呼ばれる数字にも目を向けていきたい限りです。
何かまたおもしろい発見がありそうですね。

巻数関連エピソード紐づく伏線
第1巻[第6話] 使役悪魔の軍事利用①
・田舎のネズミと都会のネズミ①

第2巻を読み返していて個人的に最も驚いた伏線がこちら。

アキの回想として描かれた一幕より、彼の弟『タイヨウ』が読んでいた絵本のタイトルに注目。
それはいなかのネズミととかいのネズミという作品です。

第6巻まで読み終えた読者にはこの寓話が非常に印象深く記憶に残っているはず。
この段階で伏線を張っていたのかと、やはり驚きを隠せません。

詳細は後のエピソードで触れるとして、今回の回想で描かれているのは
アキがまだ“いなかのネズミ”だった頃であり、同時に、
彼が“とかいのネズミ”へと至るそのきっかけとなる出来事、
という点にも注目しておきたいところです。

巻数関連エピソード紐づく伏線
第5巻[第42話] 泳ぎ方を教えて田舎のネズミと都会のネズミ②
第6巻[第52話] 失恋・花・チェンソー田舎のネズミと都会のネズミ③
・『銃の悪魔』の肉片

圧倒的な力で世界中に甚大な被害を与え、現在までずっと姿を消している『銃の悪魔』。
その居所を掴むための手がかりが銃の悪魔』の肉片です。
肉片同士は引き寄せ合う性質を持ち、この肉片を集めていけば
いずれ『銃の悪魔』に辿り着く
とのこと。

また、この肉片を意図的に悪魔へ食わせている存在も仄めかされています。
『銃の悪魔』側にも派閥があるのか、それとも統率が取れたワンチームなのか、
まだまだ不明な点が多く気になることだらけです。

巻数関連エピソード紐づく伏線
第5巻[第38話] 気楽に復習を!肉片の向かう先
スポンサーリンク

◎[第14話] エロキス

・朝のアレ

公安対魔特異4課、ある日の一幕。

デンジ「コイツめっちゃキレてんじゃ~ん 朝のアレのせいだな……」
パワー「あのイタズラはさすがにまずかったの……」
アキ 「あれは!いたずらレベルじゃねえ!!殺すぞ!!」

一体何をやったんだ?w うんこか?うんこなのか?w

(※第2巻『[第11話] 妥協』参照)

いつか『回収』される日を信じて待ちましょう!(o^-^o)

・荒井とコベニの評価

新キャラの姫野先輩(※以下、姫パイ)が引き連れてきた新人二名。
その評価は以下の通り。

姫野「荒井君は実力不足だけどやる気は十分って感じ」
姫野「逆にコベニちゃんは引っ込み思案だけどかなり動けるかな」

この評価の意味するところがわかるのは第4巻でのこと。

ネタバレありの考察(クリックで表示・非表示)
銃で武装した一派に次々と命を狙われる4課の面々。
荒井君とコベニちゃんは一緒に行動していたところを狙われ、
先に首を撃ち抜かれた荒井君はそのまま身を挺してコベニちゃんを守りました…。

(※第4巻『[第28話] 秘密と嘘』参照)
何とか生き残ったコベニちゃんも決して逃げることなく銃撃犯のもとへと単身で辿り着き、
軽やかな身のこなし一時は『サムライソード』を追い詰めるまでに至ります。

(※第4巻『[第28話] 秘密と嘘』参照)
こうして姫パイの先の発言内容が証明された訳ですが、
あまりにも唐突バイオレンスな『回収』具合に震え上がったのを覚えています。
今回のように血みどろの『回収』劇となる『伏線』は今後もあるとみて間違いないでしょう…。

巻数関連エピソード紐づく伏線
第4巻[第28話] 秘密と嘘※該当なし

◎[第15話] エンドレス8階

・『幽霊の悪魔』①

今回のお話で姫パイは『幽霊の悪魔』と契約していることが判明。
自身の右目を食べさせたかわりにゴーストの右手を使えるとのこと。
しかも透明であるため、一部の例外を除いて相手がゴーストを掴むことはできず、
敵からすれば非常に厄介な能力だといえます。

さらに、姫パイは『切り札』を隠し持っていることも言及しており、
その詳細は第3巻『[第25話] ゴースト・ヘビ・チェンソー』にて明らかに…。

巻数関連エピソード紐づく伏線
第3巻[第25話] ゴースト・ヘビ・チェンソー姫野の切り札
第5巻[第35話] 未成年『幽霊の悪魔』②
・コベニの家族①

デンジ程ではないにしても、なかなかの闇に包まれているコベニちゃんの家庭事情
今回明らかになったのは彼女には優秀な兄がおり、
親御さんは彼を大学へ行かせるためにコベニちゃんを無理やり働かせたという事実。
そして彼女には風俗デビルハンターという究極の二択しかなかったと…w

今後コベニちゃんの家族が本編に登場することがあるのかはまだ不明ですが、
気になる彼女の家族構成については第3巻『[第20話] 飲み』へと続きます。

巻数関連エピソード紐づく伏線
第3巻[第20話] 飲みコベニの家族②
スポンサーリンク

◎[第16話] はじめての味

・ノーベル賞

謎の空間に閉じ込められ、徐々に頭がおかしくなっていく4課メンバー。
一方、こちらは通常営業で頭のおかしいパワ子ちゃん…w

パワー「ワシは暇だからノーベル賞を考えておった!」
パワー「ノーベル賞を発明すれば人間はワシにひれ伏すじゃろうて!」
パワー「そのあとはノーベル賞を踏み台にしてワシは総理大臣になる!

彼女の相変わらず無邪気&幼稚な発言の数々でニンマリさせられますが、
実はこの“ノーベル賞”発言すらも見事『回収してしまう訳であり、
藤本タツキ先生の構成力にはまったく恐れ入ります…!

巻数関連エピソード紐づく伏線
第3巻[第19話] ノーベル賞恐怖②
・タバコ

新人二名が神経をすり減らす中、タバコを吸いながら至って冷静な様子の姫パイ。
ここでの彼女の発言内容に注目。

姫野「依存できるモンがあるといいよね~ 何かに寄りかかって生きたい人生ですよ」

彼女はアキと組むまでに6人ものバディを失っています。
日々死と隣り合わせな世界に身を置く上で、
彼女がなんとか平常心を保つために辿り着いたのがこの境地なのでしょう。

表面上はタバコに依存しているように描かれていますが、
実際のところ、姫パイが依存しているのは『早川アキ』という存在です。
それを踏まえると、第3巻『[第18話] チェンソー VS 永遠』にて
アキに迫る“死”を感じ取った彼女が一転して急に取り乱したことも、
物語の展開としては非常に自然な流れといえます。

(※第3巻『[第18話] チェンソー VS 永遠』参照)

そんな姫パイから、タバコだけでなく先の精神性も引き継いでいるのがアキです。
彼もまた復讐に燃える“まともな”人間。この二人のつながりを象徴する会話劇が以下の内容。

姫野「一本あげる
アキ「骨が腐るから吸わない」
姫野「長い付き合いになりそうだから吸ってほしいな~……」

アキ「一本だけ吸ってやる 一生で吸うタバコはこの一本だけだ

何気ない日常の一幕。
しかし、この日交わした彼女との約束は巡り巡って彼の窮地を救う一筋の光明に…。
その詳細は第5巻『[第35話] 未成年』をご確認下さい。

巻数関連エピソード紐づく伏線
第3巻 [第18話] チェンソー VS 永遠 ※該当なし
第5巻
[第35話] 未成年『幽霊の悪魔』②
[第41話] 嵐の前※該当なし
スポンサーリンク

◆電子書籍

▼eBookJapan

電子書籍をご利用なら、まずおススメなのがeBookJapanです!



約50万冊という世界最大級の品揃えに加え、
一冊まるごとタダで読める無料まんがが提供されています。
無料まんがのラインナップは定期的に更新されるので要チェックですよ!

▼DMM電子書籍

次におススメなのが【DMM.com 電子書籍】です!
こちらも品揃え抜群ですし、何より特徴的なのが成人向けタイトルなど、
他にはないジャンルのコンテンツが充実していることです!
無料サンプルも付いていて試し読みができるので安心ですよ!


◆動画配信サービス

▼U-NEXT

アニメ映画、さらには漫画などをまとめて楽しむならU-NEXTがおススメです!
月額料金は1990円(税抜)ですが毎月1200円分のポイントが支給されるので、
実質790円となります。
さらに今なら『31日間無料トライアル』が実施中であり、以下の2つの特典が付与されます!

特典1:31日間無料で見放題!(対象:見放題動画・読み放題雑誌)
特典2:600ポイントプレゼント!(対象:新作・コミック・書籍)

他の動画配信サービスと比べて扱っている作品数がかなり豊富なので、
きっと夢中になれる作品が見つかるはずです!
ご興味のある方は、まずは無料期間で存分にU-NEXTコンテンツを体験してみて下さいね!

※本ページの情報は2020年9月時点のものです。
※最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

▼クランクイン!ビデオ

動画電子書籍をまとめて楽しみたいならクランクイン!ビデオも要チェックです!
こちらの強みは何と言っても“ラインナップの幅広さでしょう。
話題の新作映画から劇場未公開作品まで、見放題サービスで得られないエンタメ体験がここに…!

レンタル料金はなんと実質半額
月額料金990円(税抜)のプランでは2000ポイント(1ポイント=1円)付与されることになり、
さらに後から必要なポイント分だけチャージすることも可能です。
今なら14日間無料体験』の特典として、以下の2つの特典が付与されます!

特典1:月額プラン990円が14日間無料
特典2:初回登録で1,000ポイントをプレゼント!

また、クランクイン!ビデオではスマートフォン・タブレットをご利用の場合、
電子書籍もまとめて楽しむことができ、ポイントも共通となっています。
“見放題サービスのラインナップはなんだか物足りない…”
そんな方にはピッタリのサービス内容ですので、ぜひ一度チェックして下さいね!

※本ページの情報は2020年11月時点のものです。
※最新の配信状況はクランクイン!ビデオサイトにてご確認ください。

◆まとめ

以上が、チェンソーマン】第2巻の『伏線』まとめとなります。

改めて振り返ってみると、まだまだ序盤ということで
今後の展開へつなげるための“地盤固め”や“種まきをしている、
そのような印象を強く受けますね。
しかし、“まさかこの時点でアレを仄めかしていたのか!”などの発見も多く、
読み返す度に新鮮な気持ちを味わえています。
例えばアキの弟『タイヨウ』が読んでいた絵本の件など、
気づいた時には本当に震えましたよ…!w(*´꒳`*)

おそらくまだ私が気づいていない『伏線』も多々あるのでしょう。
今後も読み返していて新たに発見したものがあれば、既存の記事にも
隙を見て追加していこうと思います。

ということで、次回は全読者が戦慄したであろう“例の急展開”を含む第3巻…!
これまで通り、じっくり読み解きまとめていきたいと思います!
それでは皆さん、素晴らしいエンタメ人生を~(。・ω・)ノ゙

【チェンソーマン】第1巻『伏線』まとめ
今回は【チェンソーマン】第1巻の収録エピソードを対象に『伏線』と思われる内容をまとめていきます。なお、第1巻に収録されているのは『[第1話] 犬とチェンソー』から『[第7話] ニャーコの行方』までです。
【おすすめ】落ち込んだ時に読むべき漫画5選「文太郎と泣き、ポコと笑う」
今回は落ち込んだ時にぜひ読んで欲しい【おすすめ】漫画作品を5タイトル、私の独断と偏見で厳選しご紹介致します!

コメント