【それでも歩は寄せてくる】第16局 感想 乙女はささやき、少年は走り出す

漫画

皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。

今回は週刊少年マガジン2019年29号より、
それでも歩は寄せてくる第16局の感想記事になります!

【それでも歩は寄せてくる】第15局 感想 明確になる二人の意識の違い
今回は週刊少年マガジン2019年28号より【それでも歩は寄せてくる】第15局の感想となります。
【それでも歩は寄せてくる】第2巻 感想まとめ
今回は本日発売された【それでも歩は寄せてくる】の第2巻について、これまで投稿してきた感想記事を収録エピソード毎にまとめたいと思います。なお、第2巻に収録されているのは『第15局』~『第28局』までです。
【それでも歩は寄せてくる】全キャラ登場回まとめ(進級前)
今回は【それでも歩は寄せてくる】の進級前のエピソード(第1巻『第1局』から第5巻『第67局』まで)を対象とし、全キャラ毎にその登場回をまとめていきます。
【からかい上手の高木さん】第1巻 感想
今回は【からかい上手の高木さん】第1巻を対象に、収録されている第1話~第9話の感想をまとめていきます。

【新品】それでも歩は寄せてくる (1-8巻 最新刊) 全巻セット
漫画全巻ドットコム 楽天市場店
¥ 5,720(2021/10/11 22:41時点)

スポンサーリンク

◆【それでも歩は寄せてくる】第16局 感想

▼感想&考察

◎第16局

感想&考察

前回言及されていた通り、今回の冒頭で描かれたのは中間テストを受けている二人の姿でした。

歩君はいつも以上に眉間にしわを寄せ、苦戦している模様。
一方のうるしちゃんはさすが“学年3位といったところで、
特に悩む様子もなくスラスラと問題を解いているようでした。
歩君にとってはますます差が開くばかり…。

そんなこんなで迎えた放課後。

テスト期間が終わるや否や、早速部室で将棋を指す二人。
ここだけ切り取ってみると二人は熱心に部活へ取り組む青春まっしぐらな学生に見えます。
実は『部』じゃないんですけどねw(*´꒳`*)
まぁ、別の意味合いで青春を駆け抜けている二人な訳ですが…w

【それでも歩は寄せてくる】第15局 感想 明確になる二人の意識の違い
今回は週刊少年マガジン2019年28号より【それでも歩は寄せてくる】第15局の感想となります。

本日の対局も終え、部室を出た二人は並んで帰路につきます。
テスト明けでも相変わらずの強さを誇るうるしちゃんを素直に称える歩君。
一方、珍しくポーカーフェイスを決め込むうるしちゃんですが、
内心は気になる後輩から敬われたくてウズウズしっぱなしw

うるし(そんけーしろ そんけーしろ そんけーしろ そんけーしろ

ここで用いられた『黒塗りの吹き出し』第11局でも使用されており、
その時は照れろ照れろ照れろ照れろ照れろと、
相合い傘を歩君に提案した際のうるしちゃんの心の声が描かれていました。

どちらも歩君に対するうるしちゃんのむき出しの願望であり、
今後も多様される表現なのかもしれませんね。
そして重要なのは未だはっきりとした実績はゼロ”という事実…!!w

【それでも歩は寄せてくる】第11局 感想 攻める後輩、受け入れる先輩
今回は週刊少年マガジン2019年24号より【それでも歩は寄せてくる】第11局の感想となります。

すると歩君に呼び止められ、これから彼が告げるであろう敬意溢れる言葉の数々に期待し、
目を輝かせて聞き返すうるしちゃん。

しかし彼がここで告げるは至ってシンプルなある提案。

歩  「向こうまで競争しますか
うるし「だから なんで対抗心燃やすんだ

小学生かw
ただし、これもしっかり前回の第15局でこうなる前振りは描かれていました。

歩  「センパイ 今度 短距離走で勝負しませんか
うるし「なんで対抗心燃やしてんだ!素直に尊敬しろ!」

上記の感想記事で述べた通り、たとえ行き着く先が同じであれ、
そこへと辿る過程の中に二人の意識の違いが顕著に表れてきています。

乗り越えたい歩君と頼られたいうるしちゃん。

これは前回と今回で描かれている一つのテーマのようにも感じます。

【それでも歩は寄せてくる】第15局 感想 明確になる二人の意識の違い
今回は週刊少年マガジン2019年28号より【それでも歩は寄せてくる】第15局の感想となります。

歩  「オレもセンパイに『やるじゃん』って思われたいからです」
うるし「なんだそれ… ていうか…廊下だし…」

うるしちゃんにはまだイマイチ理解できない歩君のこの感情。
しかし、彼が本気だということは伝わってます。

歩「ハンデ好きなだけどうぞ 絶対勝ちますんで

さらに後輩からこれだけ煽られたとあっちゃ、うるしちゃんも黙っていられません。
というか、本当にノせやすいなこの人w

うるし「じゃ こんくらいで」(絶対負かして尊敬させてやる

歩君の位置からかなり前方の地点を自分のスタート位置としたうるしちゃん。
ハンデ有りとわかれば即座にこの対応。
まさに知将…!とても高校生とは思えません!(※あらゆる意味で)

歩  「ハンデ それだけでいいんですか」
うるし「ああ いいぞ」(トーシロか こいつ
うるし(いくら私が運動苦手とはいえ こんだけハンデあって負けるワケないだろ

めちゃくちゃ悪い顔でニヤつくうるしちゃんでしたが、
彼女の秘策はこれだけにあらず…!!

うるし(そして さらに)じゃあ よーいどん!!

ハンデをもらうだけでは飽き足らず、
勝手にスタートの合図を行い早々に走り出す始末…!
まさに鬼畜…!とても学年3位とは思えません!(※あらゆる意味で)

うるし「フライングぎりぎりのスタートダッシュ!!完全に勝っ…」

フライングの概念が崩壊しかけていた、まさにその時…!
自らの勝利を確信した彼女の右隣には既に歩君の姿が…!!

うるし「はっや!!」
歩  「センパイ ちゃんと前見ないと

その直後、ものの見事につまずき前のめりでよろつくうるしちゃん。
その光景を横目で捉えた歩君は一切迷うことなく、彼女の体を抱きかかえるようにして
地面と大好きな先輩との間に自らの体を滑り込ませたのでした…!

歩「間に合ってよかったです…」

気になる男子に抱きかかえられているというこの状況に、
うるしちゃんは動揺の色を隠せません…。
そこにあるのは気恥ずかしさだけではなく、あらゆる感情が胸の内を駆け巡り、
うるしちゃんは消え入るような声でたった一言ささやくことしかできませんでした…。

うるし「……やるじゃん…」

しかし…!彼女が今告げたその言葉とは、先程歩君が高らかに宣言していた通り、
彼が心より欲していた言葉そのものだったのです!
つまり、どうなるかというと…。

うるし「え!?ちょっと…!!おい!!どこ行くんだ!?
うるし「はしっこがゴールじゃなかったのか!?おい!!」

何も言わず突然走り出した歩君…!www
正確に言うと“走り出さずにはいられなかった”というところでしょうか。
基本的にポーカーフェイスな彼。
それだけにいつもうるしちゃんはヤキモキさせられている訳です。
そんな彼がこうして見せた感情の発露
それが“笑顔”でも“涙”でもなく、全力疾走”である辺りが何とも歩君らしい…w

これまで“センパイに将棋で勝ち、そして告白する!
という夢を掲げる歩君に対し、うるしちゃんという手強い相手を前に
なかなか険しい恋路になりそうだなと感じていました。
しかし今回の一件を踏まえた場合、うるしちゃん目線で捉えてみたとしてもそれは同様であり、
本心が丸裸なようでいて頑なに最後の一手は指させない・詰ませてくれない、
そんな歩君も非常に手強い相手ということ。
改めてこの二人の恋路進展する難しさを痛感する、そのようなエピソードとなりました。
というところで第16局が終了。

=======※追記_ここから=======
新グッズ情報
原作イラストを使用した新グッズが公開されました。
楽天ではいくつかのグッズが既に品切れとなっており、Amazonでは謎の高騰が発生中です。
欲しいグッズがある場合、購入時期や購入先の選択にはくれぐれもご注意下さい。

(※外部リンク:アニメイトオンラインショップ

=======※追記_ここまで=======

スポンサーリンク

◆投稿動画

▼イベント紹介動画

わたモテチェンソーマンなど、大好きなエンタメ作品のイベント開催時は
できる限り実際に参加し、その都度『紹介動画』を作成してきました。

これまでに作成した紹介動画』は全てYouTubeで公開していますので、
何か気になる作品・イベントがありましたら、どうぞお手隙の際にでもご確認下さいませ。

▼聖地巡礼動画

現在、YouTubeで【わたモテ】の聖地巡礼動画を公開しています。
第1弾:【伏見稲荷大社】
第2弾:【東京ディズニーランド】

原作で描かれた“あの日々の追体験として、どうぞお楽しみ下さい。
また、皆さんが聖地巡礼する際の参考にでもして頂ければ幸いです。
チャンネル登録の程、何卒よろしくお願い致します。m(_ _)m

YouTubeチャンネルはこちら!:
【エンタメ日和のエンタメチャンネル】

◆電子書籍

▼eBookJapan

電子書籍をご利用なら、まずおススメなのがeBookJapanです!



約50万冊という世界最大級の品揃えに加え、
一冊まるごとタダで読める無料まんがが提供されています。
無料まんがのラインナップは定期的に更新されるので要チェックですよ!

▼DMMブックス

次におススメなのがDMMブックスです!
こちらも品揃え抜群ですし、何より特徴的なのが成人向けタイトルなど、
他にはないジャンルのコンテンツが充実していることです!
無料サンプルも付いていて試し読みができるので安心ですよ!

▼Amebaマンガ

幅広い品揃えと安心のサポートが強みの電子書籍サービス、それがAmebaマンガです!
名作の数々はもちろん、女性向け作品からさらには男性向けのかなりアダルトな作品まで。
加えて無料マンガ&無料連載も完備と、読書欲が満たされること間違いなし!

また、その名の通りAmebaアカウントでのログインが可能であり、つまりは
サイバーエージェントグループによる24時間の手厚いサポートも受けられる、
そんな安心体制の中でゆったりと漫画体験を楽しむことができます。

今なら無料会員登録するだけで1000円分のポイントがもらえる他、
新規登録の方限定で100冊までお好きな漫画に使える半額クーポンももらえます!

ひとまずはその幅広いラインナップのご確認からでも、ぜひ!

※本ページの情報は2021年7月時点のものです。
※最新の配信状況はAmebaマンガ公式サイトにてご確認ください。

◆動画配信サービス

▼U-NEXT

アニメ映画、さらには漫画などをまとめて楽しむならU-NEXTがおすすめです!
月額料金は2,189円(税込)ですが毎月1200円分のポイントが支給されるので、
実質989円となります。
さらに今なら『31日間無料トライアル』が実施中であり、以下の2つの特典が付与されます!

特典1:31日間無料で見放題!(対象:見放題動画・読み放題雑誌)
特典2:600ポイントプレゼント!(対象:新作・コミック・書籍)

他の動画配信サービスと比べて扱っている作品数がかなり豊富なので、
きっと夢中になれる作品が見つかるはずです!
ご興味のある方はまずは無料期間で存分にU-NEXTコンテンツを体験してみて下さいね!

※本ページの情報は2020年9月時点のものです。
※最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。

▼DMM動画

多種多様なコンテンツを楽しめる”という面ではDMM動画もおすすめ配信サービスの1つです。
第1話のみ無料公開中という作品も多々あるため、ひとまずのご確認だけでもぜひ!
また、DMM見放題CHライトという定額の見放題プログラムも用意されており、
お笑いグラビア、さらにはアダルトな作品まで、月額550円(税込)
コアなジャンルを含めた7000タイトル以上の作品を好きなだけ堪能できますよ!

なお、マルチデバイス対応でスマホやPC以外にもTVやPS4などでも視聴が可能です。
そしてDMM動画DMM見放題CHライト共通のDMMポイントが利用できるため、
普段からDMM関連のサービスに慣れ親しんでいる方には“特におすすめ”といえるでしょう!

▼dTV

その他の動画配信サービスではdTVもおすすめです!
dTVとは月額550円(税込)の定額制動画配信サービスであり、
初めてご登録の場合は『初回無料おためしで楽しむことができます。
ドコモケータイ回線をお持ちでない方も利用できますし、PCでの視聴も可能です。
配信タイトルは随時更新されるため、まずは最新ラインナップのご確認をどうぞ!

※本ページの情報は2021年5月22日時点のものです。
※配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、
現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

◆まとめ

以上がそれでも歩は寄せてくる】第16局の感想となります。

この作品では珍しく、前回の第15局と今回の第16局は
前編後編』という構成を強く感じられる内容でしたね。

勉強短距離走という内容もそうですし、細かい所でいうと、
うるしちゃんが歩君から褒めてもらおう&甘い言葉をもらおうと、
この2話は特に積極的にアピールするようになっていた点が非常に印象的でした。

そして前回も述べた通り、
二人の意識の違いが明確になってきたという点でもこの2話は特徴的でした。

乗り越えたい歩君と頼られたいうるしちゃん。

うまくいっているように見えて、案外袋小路に入っている気さえしてきた二人の恋物語
何か大きな“きっかけ”さえあれば、あるいは…。
まぁ、歩君が将棋でうるしちゃんに勝てばそれで済むんですけどね!w
それでは皆さん、素晴らしいエンタメ人生を~(。・ω・)ノ゙

【それでも歩は寄せてくる】第15局 感想 明確になる二人の意識の違い
今回は週刊少年マガジン2019年28号より【それでも歩は寄せてくる】第15局の感想となります。
【それでも歩は寄せてくる】第17局 感想 少年は問いかけ、乙女は走り出す
今回は週刊少年マガジン2019年30号より【それでも歩は寄せてくる】第17局の感想となります。
【それでも歩は寄せてくる】全キャラ登場回まとめ(進級前)
今回は【それでも歩は寄せてくる】の進級前のエピソード(第1巻『第1局』から第5巻『第67局』まで)を対象とし、全キャラ毎にその登場回をまとめていきます。

コメント