【機動戦士ガンダム 水星の魔女 EXPO】体験レポート『エアリアル立像、グエルのキャンプ、ジオラマ、etc.』

アニメ
スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。

今回は『渋谷キャスト』にて2023年3月10日(金)~12日(日)の3日間に渡って開催された
機動戦士ガンダム 水星の魔女 EXPO】の模様を体験レポートとしてまとめていきます。

【犬夜叉】-アニメの軌跡展- 参加レポート
今回は『池袋PARCO 本館7階』にて現在開催中の【犬夜叉】-アニメの軌跡展-に関して、会場で撮影した写真や入手したグッズなどをもとにそのイベント内容をご紹介したいと思います。
【チェンソーマン】マンガ展 レポート『浸るは追憶、ここは電ノコ幻想魔境』
今回は『タワーレコード渋谷店8階』にて現在開催中の『【チェンソーマン】マンガ展』に関して、会場で撮った写真や入手したグッズなどをもとにそのイベント内容をご紹介したいと思います。

◆【機動戦士ガンダム 水星の魔女 EXPO】体験レポート

▼はじめに

2022年10月2日よりガンダムシリーズ最新作として始まった【機動戦士ガンダム 水星の魔女】!
親しみやすいキャラ造形やテンポの良い話運び、パンチライン飛び交う小気味いい会話劇など、
過去作とはまた一味違った魅力溢れる本作は毎話放送後に関連ワードがトレンド入りする程の
高い関心を集め続け、その勢いのまま2023年1月8日にSeason1終幕

そして4月9日からいよいよ始まるSeason2をさらに盛り上げるべく様々な企画が始動する中で、
特に反響の大きかったイベント企画がこちら!【機動戦士ガンダム 水星の魔女 EXPO】です!

開催期間は2023年3月10日~3月12日。会場は『渋谷キャスト』。
本作としては初の単独展示イベントでありながら内容盛り沢山&驚きの入場無料とあって、
現地には朝から多くのファンが集い、期間中はエリア一帯が異様な熱気に包まれておりました。

また、同イベントに先立って3月6日からは本作の『渋谷ジャック企画がスタート!



渋谷駅周辺50か所以上へ一斉に提出された大型看板ポスターには本企画のメインビジュアルや
特製ビジュアルの数々が描かれているほか、AR用の二次元コードが記載されているものもあり、
これを読み取ることで各キャラクターAR写真がその場で撮影可能に!


エアリアル駐車場に待機させることだってできちゃうんだぜ!(o^-^o)

先日の近況報告でも触れた通り、こちらの渋谷ジャック』の模様に関しては実際に現地で
探索&撮影を行った上で紹介動画を作成し、既にYouTube公開済みです。

今回まとめる機動戦士ガンダム 水星の魔女 EXPO】はそんな『渋谷ジャック』中に開催された
単独展示イベントなわけで、そうした背景からもイベント開催中の渋谷がいかに
水星の魔女】で盛り上がっていたか活気づいていたかは想像に難くないでしょう!

【近況報告】2023年3月まとめ
この記事は2023年3月の【近況報告】をまとめたものです。

ということで、大盛況だった機動戦士ガンダム 水星の魔女 EXPO】を今回はピックアップ!
イベントの内容や現地の雰囲気などを体験レポートとして簡単にまとめていきます。
なお、こちらに関しても撮影資料をもとに紹介動画を作成・既に公開済みです。
以降の記事本文と合わせてお楽しみ頂ければと思います。

それでは以下より紹介動画の流れに沿って順にまとめていきます。

▼屋外エリア

◎渋谷キャスト ガーデン&エアリアル立像

最初に足を踏み入れるのは渋谷キャスト』の正面エリア『渋谷キャスト ガーデン』。
まずは玄関口に大きく掲げられた今回のイベントビジュアルが我々を出迎えてくれます。

それと向き合うかたちで反対側にそびえ立つ…いや、並び立っているのがこちら!
ガンダム・エアリアル立像』&『ガンダム・エアリアル改修型立像』です!!

それぞれ両脇には設計の際に基にしたとされる『HG 1/144』のガンプラも展示されており、
各パーツの構造や色合いなどを比較して楽しむことができました。開演後には目に光が灯り
それこそお馴染みの起動演出を彷彿とさせ、今すぐにでも動きだしそうな雰囲気が…!


やはり2m大にも及ぶ両立像存在感は抜群であり、今回の目玉企画の一つだったといえます。
ちなみにこのエアリアル立像』のみに焦点を当てたショート動画も作成・公開済みです。

一種の記録映像としてお楽しみ頂ければと思いますが、その他にも
実際にプラモデルを組み立てる際や塗装する際の確認用としてもご利用頂ければ幸いです。

◎決闘ダイジェスト映像ブース

続いては『渋谷キャスト ガーデン』のエリア中央に設置されていたこちら!
決闘ダイジェスト映像ブース』です!

開演間近になるとブースの入り口付近にはシャディク等身大パネルが登場!

開演後はパネルだけでなく、シャディクによるちょっとした音声ガイダンスも流れていました。
このように展示物によってはアテンド(?)キャラが割り振られており、
主要キャラたちイベント限定ボイスに耳を傾けるというのも一つの楽しみになっていましたね!

そして肝心の展示内容ですが、こちらのブースLED画面に囲まれた特設空間となっていて、
劇中の熱い決闘シーンの数々を迫力満点の映像音響設備をもって味わうことができました!

要所要所でこの特設空間ならではの演出構成が光っており、
ただ単に大画面で拝むのとはまるで訳が違う独自のエンタメ体験”がここに…!



また、天井には隙間こそあるものの覆われている部分は全て鏡面加工となっているため、
ひとたび映像が始まればそこには見渡す限り【水星の魔女一色という世界が広がっており、
名場面を振り返りながら改めて作品世界へ浸れる最高の空間作りになっていたと感じます。

こちらに関しては先程の紹介動画の“1:08~3:48”辺りで扱っております。

このクオリティですから、今後“本作の新たな展示イベントが開催!”となった暁には
“あの映像ブースがまるごと復活!しかもパワーアップ!”なんてこともあるのでは?
いずれにせよ、この特設空間ならではのエンタメ体験無料提供されていたことは事実!
今後のイベント情報に関しては“映像ブース設置の有無”にもぜひ注目しておきましょう!

バンダイスピリッツ HG 011 1/144 ミカエリス(水星の魔女 )
HOBBYONE キャンプ アウトドア用品
¥ 1,496(2024/07/19 18:59時点)
スポンサーリンク

◎フォトスポット、受付、メッセージボード

この手の展示イベントで“お馴染み”なところもある等身大パネルをはじめとし、
本イベントでは会場の至る所で様々なフォトスポットを確認できました。例えば先程の
決闘ダイジェスト映像ブース』の真横ではあの『プロモーションビデオ』からの一幕、
エアリアルスレッタによる“シンクロナイズドサムズアップ”がご登場!w


イラストのみのフォトスポットとしては特に人気のエリアだった印象で、開演後は
なかなかの長蛇の列に並ばないと撮影できない程でした。その分、実際に撮影する際には
一組ずつ十分な距離と時間を取って“思い出の一枚”を撮ることが可能だったと感じます。

そのまま奥へ進むと受付メッセージボード、そして特大イベントビジュアルが再び登場!



後程ご紹介する『屋内エリア』(内の展示エリア)への入場には整理券が必要なのですが、
上の画像に映っている奥の階段部分がその待機場所となっていました。
一段ずつ横一列で立ったまま正面を向いて待機するかたちだったので、なんだか学生時代の
クラス写真を撮る状況”みたいで無性に気恥ずかしくなったのを覚えています…w

まぁそれはそれとして、上のメッセージボードには熱い感想応援メッセージだけでなく
イラストの類も多く見受けられ、来場者一同の盛り上がり熱量を実感することができました。

また、イベントビジュアルの裏側では株式会社ガンダム』のメンバー集結

時間帯(?)によって左右に分かれていたり、一ヵ所に密集していたり。
“皆の間に入って撮影したい!”など、来場者の要望に応じて随時変えていたのでしょうか?

先程のシャディクは単身でしたが、やはり等身大パネル主要キャラがこうして並び立つと
各々のリアルなサイズ感をわかりやすく確認&比較できてイイですね!
それにしてもチュチュ嬢、あらゆる意味でスケールでかすぎまへんか?(o^-^o)

そして、このメンバーの中にエランが入っている違和感よ…!
“他に配置場所がなかった”だけかとは思いますが、もしやこの先の展開が関係していたり?
Season2の内容次第では今回のメンバー構成による“楽し気フォトスポット”が
もはや夢物語になってしまう可能性もあるわけで…。果たして何人生き残るのやら…?

◎キッチンカー『GUND-ARM Inc. OPEN CAFÉ』

会場内を一通り練り歩いて“そろそろ喉も乾いてきたな~”という、そんな来場者たちの
足元を見る要望に応えてくれるのがキッチンカーGUND-ARM Inc. OPEN CAFÉ』です!


画像の通り、ここのアテンド(?)キャラはエランとなっており、
渋谷僕にぴったりの街だね~」とか「もちろん明日も来てくれるよね?」とか、いろいろと
癪に障る(笑)限定ボイスが聞けました!その模様は先程の紹介動画でもご確認頂けますよ!

こちらではキャラクターにちなんだ全7種のドリンクを販売!さらにドリンク1杯の注文につき、
イベントオリジナルデザインコースター(全8種)をランダムで1枚もらえる仕組みでした!

なお、このメニューが次にご紹介する展示内容の“前振り”になっている件についてはあえて
先に触れておきましょう!w さぁ、お次は皆大好きぐえキャン△】の時間だよ~♪\(^o^)/

ゆるキャン△ 1巻【電子書籍】[ あfろ ]
楽天Kobo電子書籍ストア
¥ 715(2024/06/23 18:44時点)

◎グエルのキャンプ

今回の展示物の中でも特に異質な存在感を放っていたのがこちら!『グエルのキャンプ』です!

劇中シーンの再現とはいえ1人キャンプセット”の前に等身大パネルを設置したのみという
非常にシンプルな構成ながら実はこちら、常に長蛇の列ができる程の人気ぶり!!
なぜ我々はこうも彼に興味をそそられてしまうのか?w グエル・ジェターク、末恐ろしい男よ…!

キャンプセット単体で見ても普通に寝泊まりできそうな“ガチ感”があって最高でした!


構図やポージングなど、撮影スタイルの幅が広く比較的自由度の高いフォトスポットであり、
各々が思い描いた“理想の【ぐえキャン△】ショット”を存分に撮れたことでしょう。

そして何と言っても皆を虜にしていたのが本イベントオリジナルグエルの限定ボイス』です!
囁くような独り言から思わず周囲が振り向くブチ切れボイス(笑)まで、多種多様な内容で
来場者を終始沸かせていました!会場でループ再生していたボイス全部で15種類
自ら何度も列に並びなおして確認を続け、最終的に完成したボイスリストが以下の通り。

「夜道には気をつけろ。」
「晩飯はどうするかな?」
「お前は、何を賭けて闘うつもりだ?」
スレッタ・マーキュリー…いるのか?この渋谷キャストに…!」
「前を向いて歩け、田舎者。」
「ウマいコーヒーが入ったぞ。飲んでいけ。」
「俺と決闘しようっていうのか…。…だが、決闘は父親に止められている…。」
「ようやく春だな…。」
スレッタ・マーキュリーの…『ソーダ』だと!?」
「俺のコーヒーが一番ウマい…!」
撮ってんじゃねぇっ!」
「どうしてこんな所に…。」
株式会社ガンダムが手掛けたイベントか…。全然興味なんかないんだからな!」
ガ~ン~ダム~ガ~ン~ダム~♪…まっ、待て!今のは…!!」
「さて……この先どうする…?」

番号は私が便宜上割り振っただけであり、ループ再生の始点がどこなのか正確にはわかりません。
もしかすると語尾など、本来収録されていたセリフから多少の誤差はあるかもしれませんが、
基本的なニュアンスや流れはほぼこれで間違いないでしょう。
振り返ってみればが先程のドリンクメニューに基づくセリフであるのをはじめとして、なんと
スレッタ(及び『株式会社ガンダム』)に関するセリフがほぼ1/3を占めるという結果に…!w
また、コーヒーには余程のこだわりがあると窺える点や、滲み出る父親への不満や葛藤など、
本編をこっそり補完してくれるような内容も多く、改めて素晴らしい企画だったと感じます。

また、本件については『【ぐえキャン△グエルのキャンプ全ボイス集』という、
作った私自身“どうかしていた”としか思えない狂気の動画が既に公開済みだったりします!

この動画で作品理解が深まることもなければ新たな考察に繋がることなど決してありませんが、
グエル・ジェターク愛でる”という点に関してだけはきっと何かしらの役に立つはず…!
臆さず愛でよ御曹司!逃さず聞けよ社歌ボイス!これが我らの【ぐえキャン△!!

ガ~ン~ダム~ガ~ン~ダム~♪」\(^o^)/

るるぶ ゆるキャン△【電子書籍】
楽天Kobo電子書籍ストア
¥ 1,100(2024/07/01 20:22時点)
スポンサーリンク

▼屋内エリア

◎渋谷キャスト スペース

さぁ、ここからは『屋内エリア』へと移っていきましょう!
屋内展示会場となるのがこちら!『渋谷キャスト スペース』です!

先程屋内展示に関しては整理券対応であった件についてちらっと触れましたが、厳密には
上の画像で“閉ざされているドアの向こう側”、そこが実際の展示会場となっており、その他の
施設内のトイレや隣接する『東急ストア』への通路などは自由に行き来できました。


とはいえ館内は完全にイベント仕様壁に掲げられたポスターや電子看板上のイベント案内など、
開演前からこのフロアも一種のフォトスポットになっていた印象です。また、開演後には
情報解禁後”ということなのか、例の“スレッタミオリネ日本周遊ツアー企画”の第1弾
東京都ハチ公前広場』ver.のイラストボードも追加でここに飾られていました!

MBS/TBS系の28局が所在する都道府県の観光スポットを未来の花嫁花婿(予定)の二人が
イチャイチャと巡る様Season2の放送開始前日まで毎日特別ボイスと共にお届けするという、
ファンにとっては供給過多にも程がある“超甘々婚前旅行レポートとなっている本企画ですが、
“むしろこれくらいしておかないとSeason2惨劇に視聴者が耐えられない…!”といった
制作サイドの配慮保険である可能性も僅かながらにある点が本作の真に恐ろしいところよ…。

◎開幕 特別映像&入場特典

それではいよいよ屋内展示の内容を振り返っていきましょう!
まず入場後の我々を出迎えてくれるのはスレッタ等身大パネル巨大モニターです!



モニターには本イベントの開幕を彩る特別映像が終始流れていました!
映像自体は本編からの流用でしたが、音声に関しては完全にイベントオリジナル
スレッタからの諸注意やスレッタ&ミオリネの微笑ましい掛け合いなど、見所満載であり、
特に開幕早々ミオリネ社長逆鱗に触れてしまうスレッタドジっ娘ぶりは必見です!w

こちらに関しては開幕 特別映像』として先の紹介動画から部分的に抜き出しておきました。

内容が内容なだけに、この映像が今後流れる機会というのはなかなか想像できませんが、
短時間ながら二人の“らしさ”が詰まった素敵な一作ですのでぜひ一度ご確認下さいませ!

また、モニターの向かい側には主要キャラが勢揃いで描かれた等身大のイラストボードが、
そしてその横が受付となっていて入場特典の『スペシャルステッカー』と
『【機動戦士ガンダム 水星の魔女Season2 スペシャルブックレット』を受け取れました。
全8種となる『スペシャルステッカーは公式サイトに“デザインは選べません。”と
明記されていますが、実際には机に並べられた中から自由に選べる形式であり、
もしかするとこの辺りは現場の判断で臨機応変にしてもらっていたのかもしれませんね。

ちなみに私はこの中から今回のイベントビジュアルが描かれたものを選択!

『スペシャルブックレット』と同じ絵柄にはなりますが、より限定感が強い1枚ですし、
シンプルにこのイラストが大好きなので既にお気に入りのイベントアイテムとなっています!
なお、本来の“ステッカーとしての役割”は一生果たさない模様…!w

◎パネル&ジオラマ展示

受付を超えると本作のストーリーを追体験できるパネルジオラマの展示コーナーへ!
まず、Season1をエピソード単位で振り返っていくパネル展示には名シーンの場面カット
紹介文などは勿論、なんとキャラクター自らが語る“当時を振り返っての一口メモ”までが登場!




追体験のみに留まらない、こうした入念な作り込み具合には運営側の熱意が感じられますね!

ジオラマ展示に関しても同様、本編における激しい戦闘描写を見事に再現した一級品ばかり!




細部まで手の込んだ加工塗装組み立ての仕上がりに驚嘆するのは当然として、
“その発想にしびれる”といいますか、この手の分野に疎い私にはどの表現も新鮮であり、
“あの部品をこのように使ってあれを表現するのか~!”と、関心しっぱなしでした。
もはや“ガンプラに電飾を仕込むなんて当たり前”みたいな空気感もあって(笑)、
私のような素人には到底辿り着けぬ“匠の域”というものをたっぷり堪能させて頂きました!

また、会場では今回のイベント開催を記念したスペシャルグッズ新作ガンプラなど、
新商品の初展示も行われており、他の展示物と同じように来場者の目を奪っていた次第です。




まだ価格が付いていない商品もあれば、塗装すらされていない商品もちらほら。まさに
最新情報といった感じでワクワクさせられますね!会場での販売こそありませんでしたが、
今回オリジナルのスペシャルグッズに関してはイベント開催初日に予約開始となり、
現在も『ガンダムベースオンラインショップ』にて絶賛予約受付中となっております!

ガンプラには興味がないという方も、今回のスペシャルグッズにはTシャツやマグカップなど
非常に実用性の高い商品が揃っていますのでひとまずは“一見の価値あり”です!

お手隙の際にでもぜひ公式サイトをチェックしてみて下さいね!

てなわけで、長々と綴ってきた体験レポートはここまで!あとは簡単な『まとめ』のみ!
とにかくSeason2放送開始となる2023年4月9日まで残りわずかとなりました!
先程取り上げた“スレッタ&ミオリネ日本周遊ツアー企画”なども楽しみつつ、
予習復習をしっかり終えた万全の状態で“新章の幕開け”を迎えるとしましょう!(*´꒳`*)

スポンサーリンク

◆投稿動画

▼イベント紹介動画

わたモテチェンソーマンなど、大好きなエンタメ作品のイベント開催時は
できる限り実際に参加し、その都度『紹介動画』を作成してきました。

これまでに作成した紹介動画』は全てYouTubeで公開していますので、
何か気になる作品・イベントがありましたら、どうぞお手隙の際にでもご確認下さいませ。

▼聖地巡礼動画

現在、YouTubeで【わたモテ】の聖地巡礼動画を公開しています。
第1弾:【伏見稲荷大社】
第2弾:【東京ディズニーランド】

原作で描かれた“あの日々の追体験として、どうぞお楽しみ下さい。
また、皆さんが聖地巡礼する際の参考にでもして頂ければ幸いです。
チャンネル登録の程、何卒よろしくお願い致します。m(_ _)m

YouTubeチャンネルはこちら!:
【エンタメ日和のエンタメチャンネル】

◆おすすめ動画配信サービス [PR]

▼U-NEXT

機動戦士ガンダム】のテレビ版劇場版、さらにはその他の【ガンダムシリーズ】も
まとめて視聴するならU-NEXTがおススメです!
月額料金は2,189円(税込)ですが毎月1200円分のポイントが支給されるので、
実質989円となります。
さらに今なら『31日間無料トライアル』が実施中であり、以下の2つの特典が付与されます!

特典1:31日間無料で見放題!(対象:見放題動画・読み放題雑誌)
特典2:600ポイントプレゼント!(対象:新作・コミック・書籍)

他の動画配信サービスと比べて扱っている作品数がかなり豊富なので、
きっと夢中になれる作品が見つかるはずです!
ご興味のある方は、まずは無料期間で存分にU-NEXTコンテンツを体験してみて下さいね!

※本ページの情報は2020年9月時点のものです。
※最新の配信状況は U-NEXT公式サイトにてご確認ください。

▼DMM動画

多種多様なコンテンツを楽しめる”という面ではDMM動画もおすすめ配信サービスの1つです。
第1話のみ無料公開中という作品も多々あるため、ひとまずのご確認だけでもぜひ!
また、DMM見放題CHライトという定額の見放題プログラムも用意されており、
お笑いグラビア、さらにはアダルトな作品まで、月額550円(税込)
コアなジャンルを含めた7000タイトル以上の作品を好きなだけ堪能できますよ!

なお、マルチデバイス対応でスマホやPC以外にもTVやPS4などでも視聴が可能です。
そしてDMM動画DMM見放題CHライト共通のDMMポイントが利用できるため、
普段からDMM関連のサービスに慣れ親しんでいる方には“特におすすめ”といえるでしょう!

◆まとめ

以上が機動戦士ガンダム 水星の魔女 EXPO】の体験レポートとなります。

たとえ未参加であっても一通り記事を読んで頂いた方ならおわかりの通り、
とても入場無料とは思えない完成度であり、本当に素晴らしいイベントだったと感じます!
むしろこの先有料イベントを開催する際には一体何を提供してくれるのでしょうか?w
それ程に満足度が高く、本作のプロモーションとしても非常に効果的でしたね!

強いて不満点を挙げるなら、入場無料だっただけに時間帯によっては大混雑でしたし、
キッチンカーに関しては早々に整理券が準備分に達して配布終了となり、
多くの来場者がドリンクにありつけない状態だった…みたいなところでしょうか。
まぁこの程度のことなら何とか改善できますし、有料になった時点で話も変わるはず。
まずは今回のイベント開催感謝しつつ、気長に今後の展開期待しておきましょう!

また、その他のプロモーションとしては先日の近況報告で取り上げたように、
実物大ユニコーンガンダム立像ダイバーシティ東京プラザ・壁面への投影映像連動する演出、
WALL G』の最新作として【機動戦士ガンダム 水星の魔女特別映像が3月18日よりスタート!

他にも『ガンダムベース東京』での【機動戦士ガンダム 水星の魔女特別展示など、
関連情報を紹介動画及び記事として簡単にまとめています。ご興味のある方はこちらもぜひ!

【近況報告】2023年3月まとめ
この記事は2023年3月の【近況報告】をまとめたものです。

そして2023年4月9日よりついに始動する【機動戦士ガンダム 水星の魔女Season2
新章に向けて皆さんそれぞれの“振り返り方”というのものがあるでしょう。
Season1を見返すも良し!考察を深めるも良し!今後の展開を予想するも良し!
その中で“こんなイベントもあったね!”と、本編の“”を振り返る際の記録資料として
当サイトの記事紹介動画などを合わせて楽しんでもらえれば幸いです。
新時代に紡がれる新たなガンダムシリーズの行く末を皆で見守っていきましょうね!
それでは皆さん、素晴らしいエンタメ人生を~(。・ω・)ノ゙

【機動戦士ガンダム】初見感想①『ネタバレ予告は無慈悲で不可避』
今回はアニメ【機動戦士ガンダム】の初見感想として投稿してきた過去の【近況報告】(2020年4月~2020年8月)をまとめたいと思います。
【名探偵コナン 祝祭の天空都市】体験レポート『てんぼうパーク、撮影会、水族館、etc.』
今回は『サンシャインシティ』にて絶賛開催中のコラボイベント、【名探偵コナン 祝祭の天空都市】の模様を体験レポートとしてまとめていきます。なお、開催期間は2023年4月28日(金)~7月9日(日)までの約2か月です。

コメント