【それでも歩は寄せてくる】第26局 感想 間接キス、煽る先輩と照れる後輩

漫画

皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。

今回は、週刊少年マガジン2019年41号より
【それでも歩は寄せてくる】第26局の感想記事になります!

【それでも歩は寄せてくる】第25局 感想 募る嫉妬で喜ぶ先輩と爆ぜる駒
今回は週刊少年マガジン2019年39号より、【それでも歩は寄せてくる】第25局の感想になります。では、以下より感想&考察となります。
【それでも歩は寄せてくる】第2巻 感想まとめ
今回は先日発売された【それでも歩は寄せてくる】の第2巻について、これまで投稿してきた感想記事を収録エピソード毎にまとめたいと思います。
【からかい上手の高木さん】第1巻 感想
今回は【からかい上手の高木さん】の第1巻についてご紹介をさせて頂きます!作者は、山本崇一朗先生です!第1巻には第1話~第9話が収録されています。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
【おすすめ】落ち込んだ時に読むべき漫画5選「文太郎と泣き、ポコと笑う」
今回は落ち込んだ時にぜひ読んで欲しい【おすすめ】漫画作品を5タイトル、私の独断と偏見で厳選しご紹介致します!


では、以下より感想&考察となります。

山本崇一朗が描く新ヒロイン!『それでも歩は寄せてくる』PV
スポンサーリンク

◆【それでも歩は寄せてくる】

▼感想&考察

◎第26局

感想&考察

歩  「うーん」
うるし「ほらほらどーしたー」

部室にて、いつも通り将棋を指していた二人。
完全に余裕モードなうるしちゃんから察するに、まだまだ実力差は歴然な模様です。

歩  「失礼します」
そこでおもむろに歩君がカバンから取り出したものは、1本の紙パックジュース
うるし「あ それおいしいよなー 私も昼休みによく買うぞ」
歩  「へぇ そうなんですか」

その直後、田中 歩の脳裏に一筋の閃光がほとばしる…!

歩  「………よかったらひとくち
うるし「私も帰りに買おー」

消えゆく閃光…!訪れる絶望…!!w

うるし「今 何か言った?」
歩  「いえ…」

ところで、この間接キス』という題材は、かつて
【からかい上手の高木さん】第1巻『第5話 空き缶』でも扱われた内容です。

どちらも男性主人公から女性主人公へ『間接キスを促すという流れですが、
この2作品の間では少々その意味合いが異なります

【からかい上手の高木さん】では、
あくまで高木さんを恥ずかしがらせたい西方君が取った一つの手段でしかなく、
間接キス』の達成自体にまでは頭が回っておらず、
むしろ高木さんに実行されて彼はあたふたしていました…w

一方の本作【それでも歩は寄せてくる】では、
間接キス』という行為自体に浮足立った歩君の様子が描かれており、
ここに“明確に恋心を自覚しているか否か”という決定的な違いが顕著に表れています。
似ているようで異なる、そんな両作品の違いを象徴するような場面ですね。
…いや…まぁ…どっちも中学生以下の発想な気がしますが…w(o^-^o)

【からかい上手の高木さん】第1巻 感想
今回は【からかい上手の高木さん】の第1巻についてご紹介をさせて頂きます!作者は、山本崇一朗先生です!第1巻には第1話~第9話が収録されています。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
スポンサーリンク

うるし「今日も私の圧勝~~」

結局、今回も歩君はうるしちゃんに敵わず。
テキパキと片づけを済ませる歩君をよそに、
ごろんと寝転がったうるしちゃんはまだまだ余裕しゃくしゃくという感じ。

うるし「ふふーん まったくー」
そして、この気の緩みが歩君へ思いもよらぬ“ご褒美”を与えることに…!

うるし「いつになったら敗北を味わわせてくれるのかなー」
そう呟きながら彼女がちゅ~っと口を付けたストローとは、
まさしく先程歩君が飲んでいた紙パックジュースのもの!

うるしちゃん、無邪気&無自覚に間接キス達成である…!!w

歩  「センパイ」
うるし「んあ?すまんすまん 言い過ぎたか?」

歩  「そのジュース…オレのなんですけど

うるし「ああっ!丁度いいとこにあったからつい!」
うるし「ゴメンな 買って返すから!」
ここで、ようやくうるしちゃんも事態を把握。

おもしろいのは歩君との対比です。
彼女は間接キス』をしたことに対し、特に抵抗がない様子です。
どちらかというと、“勝手に飲んでしまって申し訳ない”という気持ちが前面に出ています。
しかし第1巻『第12局』など、これまでの描写からも明らかな通り、
彼女は彼女で歩君を異性として意識し始めているのは紛れもない事実です。

うるしちゃんにはもはや、
間接キス』ごときでは動じないぐらい“お姉さんな余裕もある、ということでしょうか。
こういった点も【からかい上手の高木さん】と違い、
学年の異なるカップリングがもたらす化学反応として非常に楽しい側面ですね。

【それでも歩は寄せてくる】第12局 感想 彼女が望む、盤面外での『王手』
今回は週刊少年マガジン2019年25号より、【それでも歩は寄せてくる】第12局の感想になります。では、以下より感想&考察となります。
スポンサーリンク

さて、この状況に実は内心穏やかではないのがこの男。
歩  「いえ いいですよ別に」
そう言いつつ、歩君はしれっとうるしちゃんからジュースを引き取ります。
しかし、その表情は崩れつつあり、既に顔は真っ赤っか…w

さすがのうるしちゃんも彼の変化にすぐ気がつきました…!

うるし「ん? なんか顔 赤くないか?

指摘され、すぐにうるしちゃんから目を逸らす歩君。
彼のこの一連の行動は第1巻『第12局』など、
以前から触れてきた以下の内容に通じる部分があるでしょう。

ところで、
相手の手の内を読み合い
互いに向かい合って指す『将棋』という題材を用いた本作品ですが、
両者の立ち位置”や“姿勢”の描写
非常に重要な観点として丁寧に扱われているように思います。

(※中略)

また、視線を逸らす”という行為についても。
『第1局』『第3局』など、歩君は自身の恋心を指摘され、
うるしちゃんから視線を逸らしていました。
つまり、この作品において登場人物が意識的に視線を逸らした場合は、
自分の本心、その中でも特に恋心露わになりそうになり
相手に心の内を読ませまいと必死で抵抗している
そのような意味合いが強いと感じます。

では、先程うるしちゃんが目を逸らしたということは、つまり…。

(※第1巻『第12局』の感想より一部抜粋)

スポンサーリンク

うるし「あ 間接キスとか思ってるなー!?」
うるし(なんか知らんがチャンス! いつも赤面させられてる分 仕返ししてやる!

ここで攻勢に転じるうるしちゃん。
いつも盤面外では攻められてばかりの彼女にとって、今はまたとない反撃の機会です。
ただし、一つ誤算があるとすれば、
盤面外において彼女は攻め慣れておらず、“加減を全く知らないということ…。

つまり、続く第一声は初撃にして最大火力…!
的確に思春期男子の心を砕きにきたのです…!

うるし「やらしーやつだなー
こんなの、気になる異性に面と向かって言われたらタマらんやろ…w\(^o^)/

そして、そこはやはり歩君も例外ではありませんでした。
いつもならそのクールな表情を崩さず、
何だったらさらなるカウンターでうるしちゃんに倍返しというところですが、今回は違います。

あまりにも図星を突かれた結果、
彼は愛しい先輩の言葉を真正面から受け止め、素直に答えました…。

歩  「悪いですか
頬は赤く染まり、まともに彼女の顔を見ることすらできない程の彼の照れ具合
未だかつて見たことのない歩君の様子を受け、結局うるしちゃん側にもカウンターが炸裂…!!w

うるし「なんか私まで恥ずかしくなってきた!やめろ!買って返すから!」
歩  「いえいえ いいですって

最後の抵抗とばかりに、決して引き取ったジュースは返さない歩君…!
珍しく、今回は盤面外でもうるしちゃんの勝利かと思いきや、
最終的には一掴みのスケベ心”が彼の窮地を救い、何とか引き分けという結果に。

歩君、結構ギリギリのラインだぞ…!w(o^-^o)
というところで第26局が終了。

◆電子書籍

▼eBookJapan

電子書籍をご利用なら、まずおススメなのがeBookJapanです!



約50万冊という世界最大級の品揃えに加え、
一冊まるごとタダで読める無料まんがが提供されています。
無料まんがのラインナップは定期的に更新されるので要チェックですよ!


▼DMM電子書籍

次におススメなのが【DMM.com 電子書籍】です!
こちらも品揃え抜群ですし、何より特徴的なのが成人向けタイトルなど、
他にはないジャンルのコンテンツが充実していることです!
無料サンプルも付いていて試し読みができるので安心ですよ!

◆動画配信サービス

▼dアニメストア

アニメ動画配信サービスを利用するなら、dアニメストアがおススメです!
dアニメストアとは、月額400円(税抜)
2,800作品以上アニメが見放題の定額動画配信サービスです!
しかも、初回の31日間はなんと無料なんです!!
もし見たいアニメが配信されているなら、無料期間だけでも利用しなきゃ損ですよ!

一度ダウンロードしてしまえば、いつでもどこでも視聴可能です。
スマートフォン・タブレット・パソコン、どのデバイスにも対応しています!



スポンサーリンク

◆まとめ

以上が、【それでも歩は寄せてくる】第26局の感想となります。

今回は歩君の表情内面が大きく揺れ動いたエピソードでしたね。
いつもクールな彼ですが、要所要所で顔を見せるうるしちゃん以上に幼い一面
そんな彼の意外な一面も、うるしちゃんの前だからこそ出せる訳で…。
多少の照れはあったものの、最後は彼なりに“本音”をごまかさずにさらけ出しました。

後々振り返ってみると、
案外今回のエピソードは物語全体にとっても重要な出来事の一つだったのかもしれませんね。
その“本音”とやらが“一掴みのスケベ心”に依存していることは、
もうこの際、見逃してやろうじゃないですか…!w
それでは皆さん、素晴らしいエンタメ人生を~(。・ω・)ノ゙

【それでも歩は寄せてくる】第25局 感想 募る嫉妬で喜ぶ先輩と爆ぜる駒
今回は週刊少年マガジン2019年39号より、【それでも歩は寄せてくる】第25局の感想になります。では、以下より感想&考察となります。
【それでも歩は寄せてくる】第27局 感想 天然催眠術師の刃は二段構え
今回は週刊少年マガジン2019年42号より、【それでも歩は寄せてくる】第27局の感想になります。では、以下より感想&考察となります。
【それでも歩は寄せてくる】第2巻 感想まとめ
今回は先日発売された【それでも歩は寄せてくる】の第2巻について、これまで投稿してきた感想記事を収録エピソード毎にまとめたいと思います。
【からかい上手の高木さん】第1巻 感想
今回は【からかい上手の高木さん】の第1巻についてご紹介をさせて頂きます!作者は、山本崇一朗先生です!第1巻には第1話~第9話が収録されています。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
【おすすめ】落ち込んだ時に読むべき漫画5選「文太郎と泣き、ポコと笑う」
今回は落ち込んだ時にぜひ読んで欲しい【おすすめ】漫画作品を5タイトル、私の独断と偏見で厳選しご紹介致します!

コメント