【それでも歩は寄せてくる】第5局 感想 側にいて欲しい先輩と不動の田中

漫画

皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。

今回は、週刊少年マガジン2019年17号より
【それでも歩は寄せてくる】第5局の感想記事になります!

【それでも歩は寄せてくる】第4局 感想 犯罪と純愛の境界線「え こっわ!」
今回は週刊少年マガジン2019年16号より、【それでも歩は寄せてくる】第4局の感想になります。では、以下より感想&考察となります。
【それでも歩は寄せてくる】第1巻 感想まとめ
今回はつい先日発売された【それでも歩は寄せてくる】の第1巻について、これまで投稿してきた感想記事を収録エピソード毎にまとめたいと思います。
【からかい上手の高木さん】第1巻 感想
今回は【からかい上手の高木さん】の第1巻についてご紹介をさせて頂きます!作者は、山本崇一朗先生です!第1巻には第1話~第9話が収録されています。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
【おすすめ】落ち込んだ時に読むべき漫画5選「文太郎と泣き、ポコと笑う」
今回は落ち込んだ時にぜひ読んで欲しい【おすすめ】漫画作品を5タイトル、私の独断と偏見で厳選しご紹介致します!


では、以下より感想&考察となります。

山本崇一朗が描く新ヒロイン!『それでも歩は寄せてくる』PV
スポンサーリンク

◆【それでも歩は寄せてくる】

▼感想&考察

◎第5局

感想&考察

放課後。
クラスメイトの女の子とも別れ、教室を後にしたうるしちゃんは
今日も鼻歌まじりにルンルン気分で部活へと向かいます。

うるし「しょっうぎっがでっきる!しょっうぎっがでっきるっ!」

前話でも、自作ソング『と金のうたを口ずさみながら路地をかっ歩していた彼女。
しかし、今回は人の行き来が激しい放課後の校舎内で、です。
純真爛漫お化け』登場ですよ、はいw かわえぇなぁ~(*´꒳`*)

【それでも歩は寄せてくる】第4局 感想 犯罪と純愛の境界線「え こっわ!」
今回は週刊少年マガジン2019年16号より、【それでも歩は寄せてくる】第4局の感想になります。では、以下より感想&考察となります。
スポンサーリンク

すると、曲がり角の先から話し声が聞こえてきます。
「だからさー 頼むよー」
覗いてみると、そこにいたのは二人の男子生徒。
内、一人は歩君でした。

「次の大会はどうしても勝ちたいんだよ」
入ってくれよ 剣道部に

なんと、歩君は剣道部の先輩に入部の勧誘を受けていたのです…!
「『風林火山』の“” “不動の田中”だろ 有名だぞ」
なんてカッケェ異名を持っているんだwww
まるで、スポーツ漫画の強者ですよ…w
彼が剣道を習っていたという事実は第2局で触れられていたことでしたが、
まさかそれ程の実力者だったとは驚きです…!

それにしても面白いのが、
剣道であっても、将棋であっても、
歩君が本来得意とするスタイル
“守って守って、そこから相手の一瞬のスキをつく”という戦法であり、
日常生活におけるうるしちゃんへの対応とは真逆なんですよね~。

いつも攻めに攻めて、その結果自分からボロ出して撤退してますからねw
案外、そこが今一つ先へ進めない二人のもどかしい関係の原因なのかも…w
まぁ、想い人を前にしていつもの冷静な自分が出せないというのは、
彼の魅力の1つでもあるので、このまま頑張ってもらいたいところ…w

【それでも歩は寄せてくる】第1局&第2局 感想 攻める後輩、悶える先輩
今回は週刊少年マガジン2019年14号より、【それでも歩は寄せてくる】第1局&第2局の感想になります。では、以下より感想&考察となります。
スポンサーリンク

「気が向いたら来てくれよな いつでも大歓迎だから」
そう言って、その場を去って行った先輩。

そして歩君は振り返り、部室へ…。
というところで、こっそり盗み聞きしていたうるしちゃんとばったり遭遇…!

歩君が「センパイ」と言い終わるより先に、遮るように
うるし「き…きぐうだなーーー!!こんなとこでバッタリ会うなんて」

と、カマしてみるうるしちゃん!w
前話の出会い方に対し、完全に真逆の立場になっています。

歩  「えっと…」
うるし「部室行くところか!?一緒に行こう!!」
この有無を言わせない感じ…w

そのまま二人並んで部室へ向かう二人でしたが、
うるしちゃんはうつむき、悲し気な表情を浮かべています。
一方、歩君は歩君でそんな彼女の様子に思うところがあるようで、何か言いたげです。

歩  「あの」
うるし「あ そうだ!!お前もだいぶ上達したしなー」
またしても彼の言葉を遮るうるしちゃん…。
それはまるで、彼の口から飛び出すかもしれない“何か”を
絶対に言わせないよう聞いてしまわないように、必死にもがいているようです…。

うるし「今日は『』じゃなくて『もたせてやるよ
うるし「前に『王』の方がかっこいいっていってたろー」

うるしちゃんが言っている』と『とは、
一組になっている将棋駒の中で唯一、一枚ずつしか入っていない駒であり、
扱い方は同様なものの、
一般的に上位の者が『』を使い、下位の者が『』を使うそうです。
実力など踏まえた上で、二人の間でも
基本的にうるしちゃんが『』の駒を使うという暗黙の了解があったのでしょう。
それを、“今日は使っても良いよ”、とのこと。
そしてその奥にあるのは、“だから、どこにも行かないでね”という想い…。

しかし、そんな彼女の提案に対し、
歩  「いえ…まだ下手ですし『』でいいですよ」
とあっさり断る歩君。

うるし「…そっか」
うるしちゃんの返答もいつもと違い、元気のないものになってしまいます…。
先の想いが込められていた提案なだけに、
彼の返答は表面上の意味以上に彼女を苦しめました…。
うつむき、黙って歩く彼女…。
その横顔を見つめる歩君には、もう既に彼女の心情伝わっていたようで…。

スポンサーリンク

うるし「じゃあ… あのさっ」
歩  「センパイ
今度は歩君がうるしちゃんの言葉を遮りました。
彼が今彼女に伝えたいこと、伝えなければならないこと…。

歩「大丈夫ですよ 剣道部入る気ないんで」

真っすぐ彼女の目を見つめ、言葉に乗せて伝える彼の本心
そこにはその文面が示す以上の想いが乗っているのですが、
今の彼女にはそこまで読み取れるはずもなく…。

うるし「ホント!?」「
速攻でボロが出る純粋なセンパイ…!www
うるし「いや盗み聞きする気は…」
歩  「別にいいですよ」


二人の表情には自然と笑みがこぼれ、
いつもの穏やかで、優しい空気が二人の間を流れます。

歩  「センパイ やっぱり今日「つかっていいですか
うるし「ん!?しょーがないなー 今日だけだぞ」

歩君が先の提案を受けたということは、
彼女からの“だから、どこにも行かないでね”という想いを受け入れたということ
そしてそれは、彼からの“新たな投げかけでもある訳です…。

第5話にして今回彼女が初めて見せた、
歩君をつなぎとめたいと願う、彼を慕う想い
それはまだ彼女にとって”ではないのかもしれません。
しかし、そんな彼女がわずかに見せた乙女な一面に、
いずれ来るであろう甘酸っぱくも切ない、
胸を焦がすような二人の恋路の幕開けを期待せずにはいられないのです…!(*´꒳`*)
というところで第5局が終了。

◆電子書籍

▼eBookJapan

電子書籍をご利用なら、まずおススメなのがeBookJapanです!



約50万冊という世界最大級の品揃えに加え、
一冊まるごとタダで読める無料まんがが提供されています。
無料まんがのラインナップは定期的に更新されるので要チェックですよ!


▼DMM電子書籍

次におススメなのが【DMM.com 電子書籍】です!
こちらも品揃え抜群ですし、何より特徴的なのが成人向けタイトルなど、
他にはないジャンルのコンテンツが充実していることです!
無料サンプルも付いていて試し読みができるので安心ですよ!

◆動画配信サービス

▼dアニメストア

アニメ動画配信サービスを利用するなら、dアニメストアがおススメです!
dアニメストアとは、月額400円(税抜)
2,800作品以上アニメが見放題の定額動画配信サービスです!
しかも、初回の31日間はなんと無料なんです!!
もし見たいアニメが配信されているなら、無料期間だけでも利用しなきゃ損ですよ!

一度ダウンロードしてしまえば、いつでもどこでも視聴可能です。
スマートフォン・タブレット・パソコン、どのデバイスにも対応しています!



スポンサーリンク

◆まとめ

以上が、【それでも歩は寄せてくる】第5局の感想となります。

先にも述べた通り、
ようやくうるしちゃんから歩君を慕っているという明確な描写がありましたね!
彼女にとっても、“ただの一後輩”という訳ではないのです。
これまでと少しテイストが違いましたが、
非常にドキドキニヤニヤさせてもらいました。
まだ第5局の時点でこんなこと言うのも変かもしれませんが、
個人的にはこれまでで一番グッときたエピソードでした。

ところで、冒頭の一コマだけうるしちゃんの友達が描かれたり、
剣道部の先輩が出たりと、新キャラが増えてきましたね。
ただ一向に顔を見せない新入部員w
そろそろかなぁ~とか思ってますが、
まぁ今の二人っきりの展開で十分に楽しめているので全く問題ないんですけどね!w
それでは皆さん、素晴らしいエンタメ人生を~(。・ω・)ノ゙

【それでも歩は寄せてくる】第4局 感想 犯罪と純愛の境界線「え こっわ!」
今回は週刊少年マガジン2019年16号より、【それでも歩は寄せてくる】第4局の感想になります。では、以下より感想&考察となります。
【それでも歩は寄せてくる】第6局 感想 新入部員は彼氏同伴、先輩は論破
今回は週刊少年マガジン2019年18号より、【それでも歩は寄せてくる】第6局の感想になります。では、以下より感想&考察となります。
【それでも歩は寄せてくる】第1巻 感想まとめ
今回はつい先日発売された【それでも歩は寄せてくる】の第1巻について、これまで投稿してきた感想記事を収録エピソード毎にまとめたいと思います。
【からかい上手の高木さん】第1巻 感想
今回は【からかい上手の高木さん】の第1巻についてご紹介をさせて頂きます!作者は、山本崇一朗先生です!第1巻には第1話~第9話が収録されています。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
【おすすめ】落ち込んだ時に読むべき漫画5選「文太郎と泣き、ポコと笑う」
今回は落ち込んだ時にぜひ読んで欲しい【おすすめ】漫画作品を5タイトル、私の独断と偏見で厳選しご紹介致します!

コメント