【それでも歩は寄せてくる】第66局 感想 映画デート、心重ねて唇寄せて

漫画

皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。

今回は、週刊少年マガジン2020年32号より
それでも歩は寄せてくる第66局の感想記事になります!

【それでも歩は寄せてくる】第65局 感想 空腹の音色は乙女にとっての非常ベル
今回は週刊少年マガジン2020年31号より、【それでも歩は寄せてくる】第65局の感想となります。
【それでも歩は寄せてくる】第4巻 感想まとめ
今回は本日発売された【それでも歩は寄せてくる】の第4巻について、これまで投稿してきた感想記事を収録エピソード毎にまとめたいと思います。第4巻に収録されているのは『第42局』~『第54局』までです。
【それでも歩は寄せてくる】全キャラ登場回まとめ(進級前)
今回は【それでも歩は寄せてくる】の進級前のエピソード(第1巻『第1局』から第5巻『第67局』まで)を対象とし、全キャラ毎にその登場回をまとめていきます。
【からかい上手の高木さん】第1巻 感想
今回は【からかい上手の高木さん】の第1巻についてご紹介をさせて頂きます!作者は、山本崇一朗先生です!第1巻には第1話~第9話が収録されています。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。

【新品】それでも歩は寄せてくる(1-4巻 最新刊) 全巻セット
漫画全巻ドットコム 楽天市場店
¥ 2,728(2020/08/01 14:38時点)

スポンサーリンク

◆【それでも歩は寄せてくる】第66局 感想

▼感想&考察

◎第66局

感想&考察

場所は映画館スクリーンへ視線を向ける観客一同。
その中に肩を並べて座る幼なじみ二人の姿もありました。

『第63局』にてバレンタインチョコのお返しとして
桜子ちゃんへ映画チケットをプレゼントしていたタケル君。

(※『第63局』参照)

あれから数日、こうして迎えた約束の日。
“うら若き男女が休日に仲良く映画鑑賞というこのシチュエーションは、
タケル君の初心で繊細な思考回路を容易く刺激し、彼をある客観的事実へと導きます。

タケル(まずいな これ完全にデートじゃねぇか

タケル(今までもちょいちょい二人で出かけたことはあったけど…)
タケル(映画はこれ完全にデートだろ!!

しれっと過去のデート遍歴をゲロっていますが、それはそれ!w
『ホワイトデー』の一件からしばらく、ついに後編にあたる『映画デート編』の幕開けです…!

【それでも歩は寄せてくる】第63局 感想 ホワイトデー、寄り添う二人の胸の内
今回は週刊少年マガジン2020年29号より、【それでも歩は寄せてくる】第63局の感想となります。

タケル(いかん… 緊張して内容が頭に入ってないぞ…)
タケル(桜子が楽しみにしてた映画だ… ちゃんと観なければ)

高鳴る鼓動で“思考回路はショート寸前”。
そんなムーンライト伝説一歩手前のタケル君が気を引き締め直そうとした、まさにその時!

彼の左手に優しく重ねられたのは、想い人・桜子ちゃんの右手…!!

タケル(え…!?何を…)

タケル(あ……!映画のマネ…か!?)

余りにも唐突な出来事に驚くタケル君でしたが、やはりそこは長年連れ添った仲。
桜子ちゃんの行動が映画のシーンにリンクしていることを瞬時に理解してみせます。

映画の中では男性の手の甲へ女性が指で文字を書いて伝える、という場面に。
すると、桜子ちゃんも映画に合わせてタケル君の手の甲に指を這わせていき、
そうして伝わった内容がこちら。

タケル(「ちゃんと映画観てる?」ってことか?)

コクリとうなづくタケル君に対し、随分満足そうに笑みを浮かべる桜子ちゃん。

タケル(…まあ 楽しんでるみたいでよかった)

“これで一安心”と落ち着くも、それでは終わらぬ桜子劇場。

タケル(な…コイツ…また映画のマネを)

彼女は次から次へと映画の中で巻き起こる出来事を再現していきます。
あちらで腕を組むならこちらでも腕を組みあちらでクンクンすればこちらでもすんすん

タケル(桜子…映画…楽しみすぎだろ…)

これぞ『体感型』の向こう側、寄り添う少女と感動分かつ一体感型』アトラクション!
そこにあるのは4DならぬSD(Sakurako Dimension)体験の真骨頂!
もはや“ミラクル・ロマンス”待ったなし…!!(*´꒳`*)

ところで“ムーンライトな伝説”だとか“ミラクルなロマンス”だとか、
“コイツまた訳わかんねぇこと言ってんな”という方に向け、
YouTube公式でアップされているまさに伝説の第1話を貼っておきます。
OPだけでもご確認を!そして私自身への評価は多分何も変わらない…!w

スポンサーリンク

タケル(そろそろ終わりか… 全然 頭に入ってねぇが…)

(※想い人の)臨場感がありすぎてタケル君の心と体は終始“ソワソワ”。
気づけばあっという間に映画本編はクライマックスを迎えようとしています。

彼がスクリーンへ意識を向けると、広がっていたのは蜜月な男女の感情高ぶるワンシーン。
見つめ合う二人が今まさに口づけを交わそうという場面、
そこでタケル君の心拍数は再び跳ね上がることに…!

タケル(キ…キスシーン!!まさかこれもマネしたり…)
タケル(いや さすがにそこまでは…)

ふと視線を横に戻せば、既にこちらへ身を預ける想い人の姿が…!

銀幕世界へ心重ねる少女の配役は恋するヒロイン
触れ合うぬくもりは日常を溶かし、甘くとろけた瞳が二人をのみ込む。
変化を孕んだ唇寄せて、停滞していた二人の時間が今大きく動き出す…。

ジョニー!? ジョニー!! ジョニーー

ジョニー!!www\(^o^)/
再度スクリーンへ顔を向ければ、映っているのは倒れたジョニーと泣き叫ぶヒロイン。
“ジョニー is dead.”の幕引きでそのままエンドロールへと流れ込む、
ジョニーにとってもタケル君にとっても、なんとも無慈悲な結末となりました…!w

劇場を出てすぐ、率直な感想を述べる桜子ちゃん。
実は本エピソードにおいて彼女の最初で最後のセリフですw

桜子 「原作だとラストシーンはキスしてたけど あれはあれで面白かった」
タケル(原作通りだったらどうするつもりだったんだ…)

逃したチャンスの重みは大きく、
泣きたくなるような moonlight”を過ごすであろうタケル君…!
いつかは“ミラクル・ロマンス”掴むと信じて、目指すは“もう一度二人でWeek end”!
というところで(?)第66局が終了。

感想を書いている時間より、
愛と正義のセーラー服美少女戦士について調べている時間の方が長かった気もする今回…w
せっかくなので、最後に山本先生の『セーラームーンチャレンジ』もご紹介。

この子、絶対にからかわれ上手だ…!!w(*´꒳`*)

スポンサーリンク

◆電子書籍

▼eBookJapan

電子書籍をご利用なら、まずおススメなのがeBookJapanです!



約50万冊という世界最大級の品揃えに加え、
一冊まるごとタダで読める無料まんがが提供されています。
無料まんがのラインナップは定期的に更新されるので要チェックですよ!


▼DMM電子書籍

次におススメなのが【DMM.com 電子書籍】です!
こちらも品揃え抜群ですし、何より特徴的なのが成人向けタイトルなど、
他にはないジャンルのコンテンツが充実していることです!
無料サンプルも付いていて試し読みができるので安心ですよ!

◆動画配信サービス

▼Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライム・ビデオとは、
Amazonプライム会員が利用することのできる特典サービスです。

Amazonプライム独自の特典が豊富であり、
月額料金も500円(税込)と非常にリーズナブルになっています。
既に登録されている方も多いかと思いますが、ぜひチェックしてみて下さい。

◆まとめ

以上が、それでも歩は寄せてくる】第66局の感想となります。

『第63局』での前振りを受けてようやく描かれた映画デート編』。
うるしちゃん&歩君ペアとのダブルデートになるかと思っていましたが、
シンプルに二人のデート模様が描かれましたね!
しかし、まさかここまで桜子ちゃんからのアプローチが見られるとは…!
多分、本人的には“映画のマネして遊んでいる”感覚なんでしょうけど、
タケル君からしたらたまったもんじゃありませんよね…w こりゃ翻弄されるわ!w

ということで、結局歩君がうるしちゃんへ何をプレゼントしたのかは判明せず。
このまま何も触れられないかもしれませんが、
タイミング的には次の第5巻のおまけ漫画などがベストだったりするので、
とりあえずはそちらに期待です!(o^-^o)

そして、私の感想については相変わらず“ライブ感”がすごいことになっておりますw
なぜこのエピソードを受けてこんな感想へ着地するのか、
自分で読み返していても信じられませんが(笑)、
今後悪化することはあっても改善する兆しは全くないので、
できればこの“ライブ感”も合わせて楽しんでもらえたら幸いです。。(*´꒳`*)
それでは皆さん、素晴らしいエンタメ人生を~(。・ω・)ノ゙

【それでも歩は寄せてくる】第65局 感想 空腹の音色は乙女にとっての非常ベル
今回は週刊少年マガジン2020年31号より、【それでも歩は寄せてくる】第65局の感想となります。
【それでも歩は寄せてくる】第67局 感想 ビデオ電話、恋の波長も感度良好
今回は週刊少年マガジン2020年33号より、【それでも歩は寄せてくる】第67局の感想となります。
【それでも歩は寄せてくる】全キャラ登場回まとめ(進級前)
今回は【それでも歩は寄せてくる】の進級前のエピソード(第1巻『第1局』から第5巻『第67局』まで)を対象とし、全キャラ毎にその登場回をまとめていきます。

コメント