【それでも歩は寄せてくる】第21局 感想 運動会、愛を抱えて罪を背負え

漫画

皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。

今回は、週刊少年マガジン2019年34号より
それでも歩は寄せてくる第21局の感想記事になります!

【それでも歩は寄せてくる】第20局 感想 抱き寄せる先輩、抱き上げる後輩
今回は週刊少年マガジン2019年33号より、【それでも歩は寄せてくる】第20局の感想となります。
【それでも歩は寄せてくる】第2巻 感想まとめ
今回は本日発売された【それでも歩は寄せてくる】の第2巻について、これまで投稿してきた感想記事を収録エピソード毎にまとめたいと思います。第2巻に収録されているのは『第15局』~『第28局』までです。
【それでも歩は寄せてくる】全キャラ登場回まとめ(進級前)
今回は【それでも歩は寄せてくる】の進級前のエピソード(第1巻『第1局』から第5巻『第67局』まで)を対象とし、全キャラ毎にその登場回をまとめていきます。
【からかい上手の高木さん】第1巻 感想
今回は【からかい上手の高木さん】の第1巻についてご紹介をさせて頂きます!作者は、山本崇一朗先生です!第1巻には第1話~第9話が収録されています。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。

【新品】それでも歩は寄せてくる(1-4巻 最新刊) 全巻セット
漫画全巻ドットコム 楽天市場店
¥ 2,728(2020/08/01 14:38時点)

スポンサーリンク

◆【それでも歩は寄せてくる】第21局 感想

▼感想&考察

◎第21局

感想&考察

『第19局』より始まった運動会編も、いよいよ大詰め!
グラウンドでは既に最終種目が始まっていました。

バトンを片手に絶賛走っていたのはマキちゃん
この運動会編において、彼女はすっかりレギュラーキャラとして定着しましたね。
そして、彼女がバトンをつなぐ相手とは…。

マキ「田中くん

アンカーを一任されたのは歩君!
バトンを受け取った直後、彼はそのまま一気に加速…!
『第19局』で同じ3組チームの先輩方から期待されていた通り、
その優れた運動能力を発揮し、次々と他の走者を追い抜いていきます。

男子1「これ いけるんじゃないのか!?一位なら優勝だろ」
男子2「いや まだわからんぞ 最後の種目は全員リレー…」
男子2「アンカーは借り物競争なんだ」

ここでようやく最終種目の競技内容が明らかに。
一番手でボックスの置かれたエリアに辿り着いた歩君。
彼はいち早くお題が書かれた用紙を引き抜き、中身を確認するのでした…。

【それでも歩は寄せてくる】第19局 感想 湧き上がる嫉妬心は恋心の証明
今回は週刊少年マガジン2019年32号より、【それでも歩は寄せてくる】第19局の感想となります。

一方、彼の活躍を外野から見守るうるしちゃんとマキちゃんの二人。

マキ 「『好きな人』とか書いてたりしてね」
うるし「んなベタな」

マキ 「もし『好きな人』で呼ばれたらどうするー?」
うるし「…… いやーないって」

今までいるようでいなかった、
主人公二人の恋路を応援し後押しする存在。
この作品におけるマキちゃんの役割もほぼ確定、という感じでしょうか。
ただ彼女の場合、『第20局』での二人三脚の一件のように、
全くもって“陰ながら”なサポートではない模様…w

マキ 「あ こっち走ってくるよ もしかして」
そしてふと気づけば、
一切迷い無くこちらへと突っ走って来る歩君の姿が…!

うるし「い…いや…!!ないない…!!そんな…さぁ…」
彼女が状況を整理する間もなく、歩君は既にうるしちゃんの目の前に…!
歩  「センパイ!!きてください
うるし「んぁ!?」
マキ 「ほらぁ」
うるし「あ…いいけど…」

ここで、『第19局』の感想より一部抜粋。

非常に面白いところは、うるしちゃんも驚きはするものの、
最後まで決して一度もこの提案を拒否していない、というところ。
今から我々読者は、
このバカップル(確定)に一体何を見せつけられようとしているのか…?w\(^o^)/

(※中略)

これより始まるは、
バカップルの、バカップルによる、バカップルのための、“ウィニングラン”。

『第20局』に続き、まさかの“ウィニングラン2周目突入…!!www
しかも、今回は…。

歩  「では」
一言告げたかと思いきや、
うるしちゃんを抱きかかえ『お姫様抱っこ』をカマす歩君…!
相変わらず、恥や外聞といった概念が吹き飛んでいますw

そして再び幕を上げる、“イチャイチャ”劇場…!!
歩君はうるしちゃんを抱きかかえたまま走り出してしまいます!

うるし「え」
マキ 「わあ」

うるし(何これ 何これ 何これぇ

これで付き合っていないとか、冗談にも程があるだろ?www
ところで皆さん、
この漫画の題材が『将棋』だってこと、まだ覚えていますか?w(*´꒳`*)

【それでも歩は寄せてくる】第19局 感想 湧き上がる嫉妬心は恋心の証明
今回は週刊少年マガジン2019年32号より、【それでも歩は寄せてくる】第19局の感想となります。
【それでも歩は寄せてくる】第20局 感想 抱き寄せる先輩、抱き上げる後輩
今回は週刊少年マガジン2019年33号より、【それでも歩は寄せてくる】第20局の感想となります。

そして二人は他の追随を許すことなく、そのままぶっちぎりの一位でゴールイン…!
もはや別の意味でも“ゴール”してそうな気がしますが、
この競技はあくまで『借り物競争』。

男子1「よし!一位だ!」
男子2「あとは借り物がセーフなら優勝!!」

ゴール直後、歩君はお題の描かれた用紙を審判員である男子生徒へと提出。
うるしちゃんもお題の内容が気になって仕方がありません。
ここからは本当にお題をクリアしているのかどうかのチェックタイムです。
それはつまり、“歩君がうるしちゃんのことをどう捉えているのか”、
という“答え合わせでもあります…。

審判「確認します」
歩 「はい」

誰よりもドキドキしながら見守るうるしちゃん。
そして審判より告げられる、歩君のお題内容…!

審判 「えーと 『可愛らしい 物』」
うるし(可愛らしい 物!?

前半でときめき後半でざわつくという、何とも忙し過ぎるうるしちゃんw

そして、すかさず差し込まれる歩君のフォロー…!
歩 「可愛らしいのは間違いないですよね
審判「あ うん」
まるで“この世の理”であるかのように、
あくまでも前提条件としてうるしちゃんの愛くるしさを語る歩君。
いや、ちょっとぐらいは躊躇えよw

歩  「そして物と認定してもらうために 抱えて運んできました」
うるし(そのために……!?)

お姫様抱っこ』すら、目的達成のための手段であったと語る被告人。
もしもこれが許されるならば、来年以降ボックスの中には
可愛らしい 物』や奇麗な 物などのお題がこれでもかと詰め込まれるに違いない…!
犯罪者予備軍”大量発生である…!\(^o^)/

歩  「判定はどうですか」

とはいえ、今この瞬間は優勝チームが決まる重要な場面。
バカップル二人をはじめ、全校生徒が固唾を飲んで見守る中、
審判より高らかに告げられる最終ジャッジ…!!

審判 「判定は… セーフ!! よって優勝は3組ーー!!

“前科”という大きな痛手を背負いながらも、
下馬評通り、見事優勝を手繰り寄せてみせた歩君…!!
続々と彼のもとへと駆け寄る3組チームの面々。

当然、歩君が誰よりもまず先に語り掛けるのは愛しき先輩、其の人!
………しかし!!

歩  「やりましたね センパイ!」
うるし「あ うん」(物判定された

お姫様抱っこでときめいた頃など、今や遠い昔の話。
初心な少女の乙女心は不器用な後輩の奮闘により、
乱され・惑わされ・そして今日も粉々に砕かれるのであった…!w

それから皆さん、気づいていますか?
この子たち、もう三週間『将棋』していませんよ?w(o^-^o)
というところで第21局が終了。

スポンサーリンク

◆電子書籍

▼eBookJapan

電子書籍をご利用なら、まずおススメなのがeBookJapanです!



約50万冊という世界最大級の品揃えに加え、
一冊まるごとタダで読める無料まんがが提供されています。
無料まんがのラインナップは定期的に更新されるので要チェックですよ!


▼DMM電子書籍

次におススメなのが【DMM.com 電子書籍】です!
こちらも品揃え抜群ですし、何より特徴的なのが成人向けタイトルなど、
他にはないジャンルのコンテンツが充実していることです!
無料サンプルも付いていて試し読みができるので安心ですよ!

◆動画配信サービス

▼Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライム・ビデオとは、
Amazonプライム会員が利用することのできる特典サービスです。

Amazonプライム独自の特典が豊富であり、
月額料金も500円(税込)と非常にリーズナブルになっています。
既に登録されている方も多いかと思いますが、ぜひチェックしてみて下さい。

◆まとめ

以上が、それでも歩は寄せてくる】第21局の感想となります。

ということで、初の長編となった運動会編も今回でついに終幕です。
まぁ、長編といっても3話完結なんですが…w
とはいえ、『第19局』の感想のまとめでも述べた通り、
『第15局』からの一連の展開には共通した大きな“流れが感じられ、
いずれ発売されるコミックス第2巻では
その“流れ”が前半の本筋として機能する構成になるのでしょう。

そして、この運動会編から参戦となった新キャラクターたちですが、
果たしてこの後の日常エピソードでどのように関わってくることになるのか…。
それこそ、『第14局』で示唆されていたように、
歩君が将棋部発足へ向けて本格的に動き出すという部分につながってくるのでしょうか…?

いずれにせよ、新キャラクターの登場により、
この作品はまた新たな展開を見せてくれそうですね…!(*´꒳`*)
それでは皆さん、素晴らしいエンタメ人生を~(。・ω・)ノ゙

【それでも歩は寄せてくる】第20局 感想 抱き寄せる先輩、抱き上げる後輩
今回は週刊少年マガジン2019年33号より、【それでも歩は寄せてくる】第20局の感想となります。
【それでも歩は寄せてくる】第22局 感想 世界と歩を救う、JKのパワハラ
今回は週刊少年マガジン2019年35号より、【それでも歩は寄せてくる】第22局の感想となります。
【それでも歩は寄せてくる】全キャラ登場回まとめ(進級前)
今回は【それでも歩は寄せてくる】の進級前のエピソード(第1巻『第1局』から第5巻『第67局』まで)を対象とし、全キャラ毎にその登場回をまとめていきます。

コメント