【それでも歩は寄せてくる】第52局 感想 寄るは小悪魔、抱えるは天使

漫画

皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。

今回は、週刊少年マガジン2020年17号より
それでも歩は寄せてくる第52局の感想記事になります!

【それでも歩は寄せてくる】第51局 感想 少女の誘惑「スッキリしたいだろ~?」
今回は週刊少年マガジン2020年16号より、【それでも歩は寄せてくる】第51局の感想となります。
【それでも歩は寄せてくる】第4巻 感想まとめ
今回は本日発売された【それでも歩は寄せてくる】の第4巻について、これまで投稿してきた感想記事を収録エピソード毎にまとめたいと思います。第4巻に収録されているのは『第42局』~『第54局』までです。
【からかい上手の高木さん】第1巻 感想
今回は【からかい上手の高木さん】の第1巻についてご紹介をさせて頂きます!作者は、山本崇一朗先生です!第1巻には第1話~第9話が収録されています。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
【運営報告】ブログ開設1周年!今振り返る、思い出の記事20選!!
ブログ開設から1年。今回はこれまでに投稿してきた記事の中から、私にとって特に思い出深い記事を厳選して振り返っていきたいと思います!

それでも歩は寄せてくる(1-4巻 最新刊) 全巻セット
ひょうたん書店楽天市場店
¥ 2,728(2020/06/17 18:20時点)

スポンサーリンク

◆【それでも歩は寄せてくる】第52局 感想

▼感想&考察

◎第52局

感想&考察

前回の『第51局』にて、勉強面でピンチを迎えていることが発覚した歩君。

ならば“賢いセンパイに任せなさい”と、うるしちゃんが彼を引き連れやって来たのは図書室
となれば、ここにはあの二人が…。

うるし「おー タケルに桜子ちゃん」
うるし「そういや図書委員だっけ」
タケル「そーっス」

桜子 「テスト勉強ですか」
うるし「うん 歩に教えてやろうと思ってなー」

“えっへん”と、ここぞとばかりにふんぞり返る非常にわかりやすい性格のうるしちゃんw
しかし、テスト直前で焦っている生徒はなにも歩君一人ではありません…。

桜子 「あの…満席…ですけど」
うるし「えぇ!! あー そっか…テスト期間だもんな…」

タケル「じゃあ ここ使います?横空いてるんで
うるし「おお!!いいのか!?あがとう」

こうしてタケル君の粋な計らいにより、
受付に四人が横並びで着席するというカップル大集結の図が出来上がったのでした。

うるし「で ここがこーなるだろー?」
うるし「そしたらそれがあーなる」

先の宣言通り、しっかり勉強を教えてあげるうるしちゃんでしたが、
肝心の受け手側である歩君の様子が何やらおかしいようで…。

うるし「聞いてるかー?」
歩  「は…はい! すみません」
歩  「いつもより距離が近くて緊張してしまって…」

思わず瞬間的にうるしちゃんも頬を染めますが、
実は前回のように意外と“攻めたがり”なところがある彼女。

(※『第51局』参照)
ここでもその小悪魔な一面が顔を覗かせることに。

うるし「ふふん なんだー?恥ずかしいのか?近いのがー?」
うるし「もっと引っ付いてやろうかー

またとない絶好の機会に胸を躍らせ、少女は俄然グイグイ身を寄せる…!
…のはいいんですが、彼女は気づいているのでしょうか?
自身がぺらっぺらの“紙装甲”であるということに…!w

【それでも歩は寄せてくる】第51局 感想 少女の誘惑「スッキリしたいだろ~?」
今回は週刊少年マガジン2020年16号より、【それでも歩は寄せてくる】第51局の感想となります。

そして、傍目から見れば絶賛“いちゃラブ満喫中な二人
横目でじっと見つめていたのが桜子ちゃん。

普段はなかなか相手と目を合わせられない人見知りな部分が目立つ彼女ですが、
文化祭編第3巻『第34局』でもみせた通り、
案外周囲の行動は見えていて友のためなら即行動という具合に、
歩君たちにとって彼女はさながら恋を導く天使のような役回りを担っているのです。

(※第3巻『第34局』参照)

【それでも歩は寄せてくる】第34局 感想 おばけ屋敷、催眠いらずの浄霊法
今回は週刊少年マガジン2019年49号より、【それでも歩は寄せてくる】第34局の感想となります。
スポンサーリンク

今回もいち早く状況を察した彼女は一応の確認とばかりに、
そっとタケル君へと話しかけました。

桜子 「わかってるよね タケルくん… 邪魔しちゃ…」
タケル「あぁ わかってる

タケル「オレが もっといい感じにさせてやる

何一つわかっちゃいなかった…!www\(^o^)/
『第49局』と同じく、既に暴走寸前のタケル君w
ならば、それを食い止めるのも同じく彼女の役目…!

【それでも歩は寄せてくる】第49局&第50局 感想 バレンタイン、甘く溶ける恋心
今回は週刊少年マガジン2020年15号より、【それでも歩は寄せてくる】第49局と第50局の感想となります。

『暴れる熱意はその身で静めよ
優しき天使が自ら示す、恋愛成就の処世術。
狙うは右腕、がっちりホールド1本勝負!

技あり…!w
光の速さで王手をかけた桜子ちゃん。
しかし尚も右腕は離さず、続く甘い言葉でフィニッシュは目前…!

桜子 「邪魔しないで… わ…私たちも勉強しようよ」
桜子 「教えてあげるから…」
タケル「…は…はい…」

そのままの姿勢でこちらもジェットコースター・ロマンス】な勉強会へと急降下…!w
(※詳しくは『第51局』の感想記事参照)

右腕に伝わる彼女の鼓動ぬくもりは、
少年が密かに抱えし恋心これでもかとくすぐり・焚きつけ・惑わせる…。

桜子 「そこ間違ってるよー」
タケル「さ 桜子… い…いつまで手を…」
桜子 「だって捕まえておかないとまた歩くんの邪魔するでしょ」

タケル「そ そう…かな」
桜子 「そうだよ」

そこまで!勝負あり!!www
第2巻『第23局』といい、『第49局』といい、
もはや飼い馴らされっぷりが板に付いてきた感じもある』を名前に冠する男w

そんなベビードラゴン育成物語
うるしちゃんはひと際頬を染めてまじまじと見つめていたのでした…。

【それでも歩は寄せてくる】第23局 感想 幼なじみは熱血漢と催眠術師
今回は週刊少年マガジン2019年36・37合併号より、【それでも歩は寄せてくる】第23局の感想となります。

うるし「なぁ歩」
歩  「な…なんですか」
うるし「あの二人って…付き合ってるのか
歩  「いえ…付き合ってはいないかと…」

うるし「じゃあ桜子ちゃんがタケルを好きなだけか…」
歩  「いえ…どうでしょう…」

歩君のこの返答。
これまでのやり取りから察するに、
桜子ちゃんに対するタケル君の恋心歩君は正しく理解しているように思われます。
しかし、今回うるしちゃんの前では非常にあいまいな返答をしており、
“その想い本人の口から告げられるべきもの”という意思が感じられます。

彼自身が『告白』にただならぬ決意を固めており、
そこには共通した感情が働いているのでしょう。

さて、それはさておき、
こちらは恋バナ大好き現役女子高生の八乙女さん!

うるし「えー絶対そうだって」
うるし「だってあんなに引っ付いてるぞー
歩  「引っ付いてるからといって好きとは限らないのでは」
うるし「いやーー好きだって

歩  「そ…そうなんですか…」

うるし「…」

紙装甲”、安定の大破…!!www
いつの間にか、歩君とタケル君の間を境に
左右対称の同じ構図になっていたバカップル二組。

つまり、彼女はべらべらと自分語りをしていた訳で…w

うるし「いや…違う…私のは…今のは…ヒソヒソ話のためだし…」
うるし「さっきのも…歩を…からかうためにっていうか…なぁ…」

そう言う彼女は急いで身を引き、雄弁な言い訳と共に遥か彼方の端っこへ…w

うるし「確かに引っ付いてるからって」
うるし「好きってわけじゃないかもなー…うん…」
歩  「べ…勉強教えてくれませんか…」
うるし「ちょっと待って

進級を目前に控え、もはや歩君から寄せていく必要すらなくなってきたこの頃w
放っておけばボロを出す小悪魔を前に、
自分で告白したい歩君はむしろ回避力が求められているのかもしれない…!w
というところで第52局が終了。

スポンサーリンク

◆電子書籍

▼eBookJapan

電子書籍をご利用なら、まずおススメなのがeBookJapanです!



約50万冊という世界最大級の品揃えに加え、
一冊まるごとタダで読める無料まんがが提供されています。
無料まんがのラインナップは定期的に更新されるので要チェックですよ!


▼DMM電子書籍

次におススメなのが【DMM.com 電子書籍】です!
こちらも品揃え抜群ですし、何より特徴的なのが成人向けタイトルなど、
他にはないジャンルのコンテンツが充実していることです!
無料サンプルも付いていて試し読みができるので安心ですよ!

◆動画配信サービス

▼Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライム・ビデオとは、
Amazonプライム会員が利用することのできる特典サービスです。

Amazonプライム独自の特典が豊富であり、
月額料金も500円(税込)と非常にリーズナブルになっています。
既に登録されている方も多いかと思いますが、ぜひチェックしてみて下さい。

◆まとめ

以上が、それでも歩は寄せてくる】第52局の感想となります。

第2巻『第20局』第2巻『第25局』第3巻『第34局』と、
これまでメインキャラ四人が一堂に会する時は
決まって一瞬の出来事だったのですが、
今回ようやく同じ時間を一緒に過ごすお話が描かれました。

といっても、結局それぞれのカップルで
いちゃラブ”していただけな気もするので(笑)、
がっつりとした交流はまた次回以降に御預けです…w

しかし、それでもやはりこの二組が揃えば、
互いに影響を与え合う描写が増えるため、
今後もカップル同士の掛け合いには期待が高まります。

そして、次の週刊少年マガジンの発売日は2020年4月1日
果たして本作の時間軸は進級後になるのか否か。
新キャラの登場などにも注目していきましょう!
それでは皆さん、素晴らしいエンタメ人生を~(。・ω・)ノ゙

【それでも歩は寄せてくる】第51局 感想 少女の誘惑「スッキリしたいだろ~?」
今回は週刊少年マガジン2020年16号より、【それでも歩は寄せてくる】第51局の感想となります。
【それでも歩は寄せてくる】第53局 感想 新キャラ登場、過去と現在を繋ぐ場所
今回は週刊少年マガジン2020年18号より、【それでも歩は寄せてくる】第53局の感想となります。

コメント