【わたモテ】第4巻 感想② きーちゃん覚醒、智貴は受験、ゆうちゃん×××

漫画

皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。

前回に続き、
【私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!】(以下、【わたモテ】
第4巻の感想記事になります!

【わたモテ】第4巻 感想① 大好きな『おねえちゃん』からの贈り物とその意味
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。【わたモテ】の第4巻をご紹介させて頂きます!作者は谷川 ニコ先生です!(※原作担当の方と作画担当の方の二人組です。)今回は第28話~第32話についてです。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
【わたモテ】全キャラ登場回まとめ(高校1年生編)
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。今回は、【わたモテ】の高校1年生編を対象とし、全キャラ毎にその登場回をまとめていきます。それでは、以下よりキャラ単位で記述していきます。
【わたモテ】全キャラ登場回まとめ(高校2年生編)
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。今回は、【わたモテ】の高校2年生編を対象とし、全キャラ毎にその登場回をまとめていきます。それでは、以下よりキャラ単位で記述していきます。

以下より、第33話からエピソード単位で感想&考察を記述していきます。

スポンサーリンク

◆【私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!】第4巻

▼感想&考察

◎[喪33]モテないし正月を迎える

感想&考察

今回は第3巻『[喪23]モテないし悪天候』以来のショートショートの形式で、
新年を迎えたもこっちの日常が描かれました。

その中でもやはり特筆すべきは、
第2巻『[喪16]モテないし挽回する』以来のきーちゃんの再登場!
ちょこんと二人並んでゲームしている様は本当に仲の良い姉妹のようで可愛らしいですね。

しかし、両者ともに内に秘めたるモノはそんな生易しいもんじゃありませんw

【わたモテ】第2巻 感想② 女子中学生の信頼を粉々に砕く主人公
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。【わたモテ】の第2巻をご紹介させて頂きます!作者は谷川 ニコ先生です!(※原作担当の方と作画担当の方の二人組です。)今回は第13話~第15話についてです。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
【わたモテ】第2巻 感想③ 女子中学生の庇護欲をかき立てる主人公
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。【わたモテ】の第2巻をご紹介させて頂きます!作者は谷川 ニコ先生です!(※原作担当の方と作画担当の方の二人組です。)今回は第16話~第18話についてです。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
スポンサーリンク

前回きーちゃんと過ごした夏休みの一連の出来事のせいで、
もこっちは少し気まずくなっています。
そこで彼女が取る手段とは、!!w
(ガキなんて所詮 渡せばしっぽふってついてくるんだ…)
(千円の出費は痛いが年玉で上下関係をはっきりさせてやる)

「きーちゃん はいこれ 私から お・と・し・だ・ま」
とてつもない悪い顔で、賄賂(お年玉)を手渡そうとするもこっちでしたが…。

「駄目だよ そんな使い方したら!」
「お姉ちゃんの大事なお金なんだからもっと大切に使って!!」
みんなからもらったお金でしょ!

3歳も年下の女の子にド正論で叱られ、ちょっと泣いてしまうもこっちw
きーちゃんは第2巻『[喪16]モテないし挽回する』
もこっちという人間の本質に気づき、
彼女を守り慈しむべき対象として認識するようになりました。
その事実が、きーちゃんという一人の少女の人格形成に
多大なる影響を与えてしまっていますw

その後、初詣に行くことになった二人。
道中、お腹が空いていないかきーちゃんに尋ねられたもこっちは
「え?ああ まぁ少し…」と軽く返事した程度だったんですが、
もう完全にスイッチが入っちゃってるきーちゃんは即コンビニへ。
自分のお金で買ってきた肉まんをもこっちに渡します。
さすがにお金を払おうとするもこっちをきーちゃんは制し、
絶対に受け取りません。
尚も食い下がろうとするもこっちに対し、
駄目!いうこと聞いてと一蹴!w

その直後には、満面の笑みで「おいしい?」と聞いてくるきーちゃん!
もこっち、調教されてますやん!www

その晩、二人並んで眠るもこっちときーちゃん。
もこっちがまだ寝付けていない中、一人すやすやと眠るきーちゃんを見て、
こういうところはやっぱり年相応で可愛らしなぁとか思っていたら、
むにゃむにゃ寝言をぽつり…。
「んん…お姉ちゃん…お手…」

いやもこっち、夢の中でも調教されてますやん!www

きーちゃん回にハズレ無し!
ちなみに、次にきーちゃんが登場するのは第7巻『[喪60]モテないし犬になる』です!
タイトルに注目して下さい…!
オラ、ワクワクすっぞ!w

【わたモテ】第7巻 感想② サイコ可愛いきーちゃんと過ごす、最高の夏休み
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。【わたモテ】の第7巻をご紹介させて頂きます!作者は谷川 ニコ先生です!(※原作担当の方と作画担当の方の二人組です。)今回は第60話~第63話についてです。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
スポンサーリンク

◎[喪34]モテないし目立つ

感想&考察

冬休みも終わり、再び学校生活が始まったもこっち。
席替え後の新たな座席位置は教室のど真ん中!
休み時間、もこっちはビデオ撮影モードにしたスマフォを
ノートの間にこっそり仕込んで席を離れます。
はい、盗聴です!w

次の休み時間、トイレにこもって音声を確認するもこっち。
(新しい席になったが誰も私の悪口を言ってる様子はないな…よし…)
もう犯罪スレスレ、いや、アウトな気もしますが、
もこっちがこの盗聴で得られたのは安心だけではありませんでした。
(ていうか…誰も私のことなんか話してない…クラスの中心にいるはずなのにな……)

私は以前、第2巻『[喪12]モテないし花火に行く』の感想で以下のように記述しました。

もこっちは高校生になってからというもの、
ここまで智貴とゆうちゃんぐらいにしか自分の本心
ありのままの自分というものをさらけ出せていません。
今回、いつも通りではありますが度重なる失敗でもう心はボロボロ、という状態。
本来なら逃げ出してしまいたいはず。
それでも踏み留まった。素直に自分の気持ちを打ち明けた。
彼女をそうさせるのは、やはり根底に
誰かに本当の自分を理解してほしい、
このままじゃダメなんだ、という想いが強くあるからだと思います。

【わたモテ】第2巻 感想① 「誰かと一緒に過ごしたい」ぼっちの儚い願い
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。【わたモテ】の第2巻をご紹介させて頂きます!作者は谷川 ニコ先生です!(※原作担当の方と作画担当の方の二人組です。)今回は第10話~第12話についてです。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
スポンサーリンク

もこっちは別に好きで“ぼっち”になっている訳でもなければ、
このままで良いと諦めている訳でもありません。
強がってみせることも多々ありますが、現状に対してちゃんと寂しさを感じているのです。

(このまま空気として三学期も終わるのかな…)
少し切なくなったもこっちでしたが、予鈴を聞いて席へと戻ります。

そして、授業中。
“そいつ”は現れました。
「うお!?ゴキブリ!!」「でけぇ!!」「きゃーきゃー」「こっちきた!?」
教室中が大パニック!
そんな中、あいつはスイッチが入りましたw
(これだ!!今 クラスの注目の的になってるあのゴキを処理すれば
 今度は私が注目の的に…!)
(三学期のこの時期 「空気さん」から「黒木さん」に変われるチャンスはここしかない!!)
絶対にそんなことはないはずですが、既に彼女は決意を固めています。

「人間の強さを見せてやる。」

本家【テラフォーマーズ】もビックリな
「地球ランキング」42億6969位黒木智子は、タイミングを計って…。

“ダン!!!” “ぷちゅちゅ

!?www

てっきり「すっげー!」とか「格好いい!」などの
賞賛の嵐が巻き起こると想定していたもこっちですが、
教室は完全に静まり返っています。
しかし、もこっちはまだ事の重大さに気づいていません。
教師にとりあえず上履きを洗ってくることを許可され、もこっちは一時退室。

むしろワクワク気分で教室へ戻った彼女でしたが、
そこにはいつもと違う視線、いつもと違う距離感が出来上がっていましたw

改めて盗聴を図った次の休み時間。
聞こえてくるのはもこっちの話題ばかり。
もこっち本人のセリフでいうところの、“「空気さん」から「黒木さん」に”見事変われたのです!
しかし…。

「大人しい子だけど黒木さんってなんかおかしいよね…」
「つーか引くわ…普通踏むか…」


これはつらい!w
ほぼ放心状態で音声を聞きながら、
悪い方向へ存在感を出してしまったと痛感するもこっち。
というところで第34話が終了。

もし仮に、もう少し先の未来で今回のような盗聴をもこっちがした場合、
果たして“誰”“どのような話題”を話す声が入っているのか。
そしてそれに対し、もこっちは“どのような表情”を浮かべるのか。
最近の展開で、“当時”と“今”を比較するような内容がいくつかあるので、
こういったエピソードからもいろいろと想像が膨らみますね!

スポンサーリンク

◎[喪35]モテないし弟を気遣う

感想&考察

ある休日、出かけようとするもこっちを一度は呼び止めるも、
「やっぱり危ないからいいわ」と諦めたお母さん。
なんでも、智貴の高校受験の願書を郵便局へ届けて欲しかったとのこと。
「郵便局へ行くくらい大丈夫」と、結局もこっちが引き受けたのですが…。

一週間後。
智貴は同級生の男の子と学校で会話をしていました。
なぜ皆とおなじ原幕”の推薦を受けないのかと問われた智貴は
「受かっても行くかわかんねーし」と、どうも言葉を濁しています。
(いや…まぁなにもなければ俺だって原幕に行くんだが…)
何もなければ!!
はい、あるんです!w
原幕こと、
宿教育学園 張秀英高等学校”こそ、もこっちが通っている高校なんです!

一方、そんなもこっちはというと。
自宅にて、
一週間前に提出するはずだった智貴の願書を手に持ち震えていましたw
(ど…どうしよう……)
記憶をたどってみると、まず道中で猫を見つけ、
邪魔だった封筒をバックにしまったままブックオフへ行き、そのまま家に帰ってきた、と。
まるで【はじめてのおつかい】状態!しかも失敗パターン!w

すると、そこへお母さんが現れました。
智貴の受験票がまだ届かないことを不思議に思い、
ちゃんと願書を届けたのかもこっちに確認したい、ということでした。
さすがお母さん!w 鋭い!
突然の事情聴取にテンパるもこっち!
一瞬、その場しのぎのウソでごまかそうとするものの、
(はっ!?このパターン 結局最後にバレて)
(こっぴどく怒られるパターン!!)

と過去の実績から踏みとどまります!
これ、普段からどんだけやらかしてんだって話ですけどねw

(だったらさっさと白状しとけばそこまで怒られないかも!)
もこっちはウソをつかず、正直に話すことを決意しました。

「出し忘れたけどそれがどうかしたの?

極端すぎる~!!www

帰宅した智貴が見たのは、頬をパンパンに赤く染め上げ、
泣きじゃくる実の姉の姿でした。
「ひ ふぐっ ひっ」

もう見てられないw
もこっちは嗚咽混じりに正直に話しました。
「ご…ごごごめんなさい…が 願書出し忘れて…」
「ひっ じゅ受験できなくなっなっちゃった…ごめんね… ひっく ひっ」
呆然と立ち尽くす智貴…。

智貴は改めてお母さんから事情を聞きました。
明日受験できるか学校に聞いてみるという母に対し、
「いや もういいわ」
「他の高校行けば済む話だろ」
と至って冷静。
話も早々に切り上げ、自身の部屋へ戻ってしまいます。
部屋の前に座って待っていたもこっちのことはガン無視w

後日、智貴は同級生にも原幕を受けることを告げました。
彼らは既に推薦入試原幕に受かっているんですが、
この時の彼らが非常に嬉しそうで、
あぁ智貴は周りから本当に慕われているんだなぁ~と感じることができました。

しかし、何も解決していないのが姉と弟の関係
「お…かえり 智くん…」
ともくん
それは第1巻のおまけ漫画で描かれた、
まだ二人が幼く仲睦まじい頃の姉から弟を呼ぶときの愛称

【わたモテ】第1巻 感想② 失敗&大失敗、ときどき乙女
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。【わたモテ】の第1巻をご紹介させて頂きます!作者は谷川 ニコ先生です!(※原作担当の方と作画担当の方の二人組です。)今回は第5話~第9話についてです。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
スポンサーリンク

智貴の帰りを出迎えたり、カバンを持ってあげたり、
何とか罪滅ぼしをしようと智貴の周りから離れないもこっち。
ただ受験生の智貴からしたらこの上なく邪魔な訳で…。
「こっちは行ける高校絞られて本気で勉強しなきゃなんねーんだ」
これは真実なんですが、今のもこっちには何より効く言葉です。

そこからはもう泣きわめくわ、
「謝ってんだから許してくれよー!」と逆切れし出すわで、
負のスパイラルに。

(面倒くせーな…)
そんな姉の現状を見かねて、智貴は自分の想いを打ち明けました…。
「別にねーちゃんに対してなんとも思ってねーよ」
「本当に行くつもりだった高校<ばしょ>に行くだけだよ」

ねーちゃん”。
随分と久しぶりに姉のことを愛称で呼ぶ智貴を見た気がします。
彼の方からもこっちの部屋を訪ねたのも、
第3巻『[喪25]モテないし看病する』が初めてのことでした。

【わたモテ】第3巻 感想③ ぼっちで、クズで、たまに弟想いなお姉ちゃん
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。【わたモテ】の第3巻をご紹介させて頂きます!作者は谷川 ニコ先生です!(※原作担当の方と作画担当の方の二人組です。)今回は第25話~第27話についてです。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
スポンサーリンク

「あれだ…願書を出し忘れたおかげで決心できたかもな…」
どこか“清々しさ”さえ感じる智貴の発言。
彼も思春期の男の子。
部活、受験、そして主に姉の奇行の数々。
いつしか、姉弟の間には“見えない壁”ができていました。
ですが月日は流れ、彼も成長しそんな“壁”も今では砕けつつあり、
あの頃の二人にようやく戻ろうとしているのかもしれません。

正直に自分の気持ちを打ち明けた智貴に対し、
姉であるもこっちも、ウソ偽りのない本音を口にします。

「……んだよ ちっ じゃぁさっさとそう言えよ

え!?www
見える、私には見えますよ!
マッハの速度で姉弟間に構築された、とてつもない分厚さの“壁”が!w

「昨日 お前の進路のことでお母さんからめちゃくちゃ説教されて」
「さすがに私も責任感じてやったのに…」
「つーか高校くらい一本に絞れよ 優柔不断野郎が
こいつ、クズ過ぎる!www
もし私が智貴ならブチ切れてるな!w

もう相手にするだけ無駄だと、もこっちを追い出す智貴。
「先に言っとくが同じ高校言っても学校では絶対話しかけてくんなよ
おそらく今に始まったことではないですが、
智貴からの決別宣言、発令!
智くんはそれから家でもしばらく口をきいてくれませんでした)
という、悲しいモノローグが流れたところで第35話が終了。

こんなことが日常茶飯事なのに、なんだかんだ許してくれるんですよね、智貴は!
あと、飾らない素直な時のもこっちは、今でも智貴の呼び方が智くんなんですかね?
むしろ、もこっちが智貴に面と向かって
“智貴”って呼んでるところを見たこと無い気がします。
智くんって呼ぶのが恥ずかしく、でも“智貴”と呼ぶのは何か違う。
そんな複雑な感情から、
ハゲとか第4巻『[喪32]モテないし年の瀬』参照)
歩く生殖器とか第10巻『[喪94]モテないし弟はサッカーやってる』参照)
呼んじゃってるんですかね~。
だとしたら、可愛…くはないな、うん!w

【わたモテ】第4巻 感想① 大好きな『おねえちゃん』からの贈り物とその意味
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。【わたモテ】の第4巻をご紹介させて頂きます!作者は谷川 ニコ先生です!(※原作担当の方と作画担当の方の二人組です。)今回は第28話~第32話についてです。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
【わたモテ】第10巻 感想② LGBTを語る主人公は弟想いでつり銭パカパカ
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。【わたモテ】の第10巻をご紹介させて頂きます!作者は谷川 ニコ先生です!(※原作担当の方と作画担当の方の二人組です。)今回は第92話~第95話についてです。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
スポンサーリンク

◎[喪36]モテないし大人になる

感想&考察

(今日は特別な日
そんなモノローグから始まったこのエピソード。
この日は、何ともこっちが16歳になる誕生日
そんな記念日にもこっちが調子に乗らないはずがありません。

カフェでブラックコーヒーを飲みながら、読書をしつつ友人を待つ。
何とも優雅な時間の過ごし方ですが、内面はというと至っていつものもこっち。
ブラックコーヒーには、
(苦っ!?超苦っ!!まず!!

大人向けの純文学代表として手に取った【ノルウェイの森】には、
(やれやれ ペ●ス 射精)
(さすが文学 エロシーンが多い ていうかそこしか理解できない!?

全く優雅ではない!w

読書を一旦止め、16歳という節目に可能性あふれる未来を思い浮かべます。
例えば『結婚』
これができる自分はやはり大人の女性だと勝ち誇りますが、
その相手が見つかるのか?というそもそもの問題に気づきます。
(ていうか家庭なんか作りたくないし子供も作りたくない)

(考えてみると大人になっていいことあるのか?)
いよいよ、思考内の雲行きも怪しくなってきたもこっち。

(そうだ もう学校に行かなくても済む
(あれ?そうなると次は働くのか…働く…だと…?)
とんでもない事実に気づきます。
(やだ 働きたくない 働きたくない 働きたくない 働きたくない…)

これが誕生日にやることなのか!?w
と、その時。
精神崩壊しかけていたもこっちを呼ぶ声が!

「早いね」

もこっちの待ち合わせの相手は勿論、ゆうちゃん
(彼女の名は成瀬優 私の友人だ 相変わらずエロい…)
まったく同意見だぜ、もこっち!(*´꒳`*)

出会って早々、ゆうちゃんは
誕生日プレゼントとして香水をもこっちにくれました。
「前にもこっちと下着買いに行った時 もこっちあのお店の匂い気に入ってたから」
ホンマえぇ子やで~(。ノω\。)゚・。
ちなみにその下着は、いろいろあってもこっち自ら引きちぎりましたw
第1巻『[喪8]モテないし見えないことに気を遣う』参照)

【わたモテ】第1巻 感想② 失敗&大失敗、ときどき乙女
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。【わたモテ】の第1巻をご紹介させて頂きます!作者は谷川 ニコ先生です!(※原作担当の方と作画担当の方の二人組です。)今回は第5話~第9話についてです。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
スポンサーリンク

ブラックコーヒーを飲みながら難しそうな本を読むもこっちに対し、
ゆうちゃんは純粋に尊敬のまなざしを浮かべます。
「私も来週誕生日だけど もこっちと比べると全然子供だなー」
こんなこと言われちゃったら、
もこっちのイキりブーストに火が付くのも無理ありません。
「学校では確かにレベル高すぎて浮いてるけど」
「ゆうちゃんは私と同じラインに立ちつつあるよ」
どの口がほざいとるんだ!w

そんな大人(笑)なもこっちに、
ゆうちゃんは純粋無垢な瞳である質問をぶつけます。
「××××って何?」
もこっちは答えます。
「男のアレをこうアレでアレしてアレすることだけど…」
絶対ド下ネタですね、はいw

まさかそんな意味だとは知らず、慌てふためくゆうちゃん。
「違うの 友達が言ってて全然そんな意味だと思ってなくて 辞書に載ってないし」
これはまさか彼氏が…?、と感づいたもこっちは尋問を始めますw

彼氏とそういうことしてるのかな?」
「もしかして××××以外のことしてたりするの?」
「×××とか?」
「それ以外は?」
どんどん追い詰められるゆうちゃんw

基本的にそんな卑猥なことはしていない、ということですが、
じゃあ何ならしているのか?
あくまで友達のことだよ”という前提で、ゆうちゃんの重い口が開きました。
「あまり人に聞かれたくない話だから」
そう言いながら身を乗り出し、
もこっちの耳元に口を近づけ、ささやきます。

何と妖艶な女子じゃ!もこっちは完全にノックダウン!w

そして、帰り道。
もこっちは、先ほどまで読んでいた本をゆうちゃんにプレゼントしました。
「うん 私なんかよりゆうちゃんが読んだほうがいいよ」
完全に心が折れてますねw
ゆうちゃんと別れの挨拶をした時なんて
“燃え尽きたボクサー”みたいになってましたよw この絵のタッチよ!w

(今日は私の誕生日 自分が只の子供だと感じた誕生日)
ゆっくり大人になろうと決めた16歳の誕生日)
と、ようやく地に足がついたところで第36話が終了。

もこっちの常に先を歩んでいながら、
全くそれらを自慢げにする素振りなど見せず、
必ずもこっちと対等でいてくれるゆうちゃんという存在は、完全に天使そのもの。
もう絶対に描かれることは無いですが、
こんなゆうちゃんを一時でも彼女にできた男の子が一体どんな子だったのか
そして、仮にもこっちと出会った場合、どんな嫉妬攻撃嫌がらせを受けていたのか
少し見てみたかった気がしないでもないw

◆電子書籍

▼eBookJapan

電子書籍をご利用なら、まずおススメなのがeBookJapanです!



約50万冊という世界最大級の品揃えに加え、
一冊まるごとタダで読める無料まんがが提供されています。
無料まんがのラインナップは定期的に更新されるので要チェックですよ!


▼DMM電子書籍

次におススメなのが【DMM.com 電子書籍】です!
こちらも品揃え抜群ですし、何より特徴的なのが成人向けタイトルなど、
他にはないジャンルのコンテンツが充実していることです!
無料サンプルも付いていて試し読みができるので安心ですよ!

◆動画配信サービス

▼dアニメストア

アニメ動画配信サービスを利用するなら、dアニメストアがおススメです!
こちらは、アニメ版【わたモテ】を配信している数少ない動画配信サービスです!

dアニメストアとは、月額400円(税抜)
2,800作品以上アニメが見放題の定額動画配信サービスです!
しかも、初回の31日間はなんと無料なんです!!
もし見たいアニメが配信されているなら、無料期間だけでも利用しなきゃ損ですよ!

一度ダウンロードしてしまえば、いつでもどこでも視聴可能です。
スマートフォン・タブレット・パソコン、どのデバイスにも対応しています!


▼DMM動画

その他の動画配信サービスとしては、
DMM動画でもアニメ版【わたモテ】を配信しています。
なんと第1話は現在無料で公開されています!

また、DMMではDMM見放題chライトという、定額の見放題プログラムも用意されています。
お笑い動画やグラビア動画、さらにはもっとアダルトな作品まで。
月額540円で7000タイトル以上が見放題になっています。
マルチデバイス対応で、スマホ、PC以外にもTVやPS4などでも視聴が可能です。

残念ながら、今のところ【わたモテ】は見放題のラインナップに含まれておりませんが、
共通のDMMポイントの使用または貯めることができますので、
普段DMM関連のサイトをご利用の方にはオススメです!



スポンサーリンク

◆まとめ

以上が、【わたモテ】第4巻の感想②となります。

第4巻は智貴やきーちゃんも含め、家族関係のエピソードが豊富でしたね。
智貴との、少し近づいては大きく離れ、
でもやっぱりちょっとだけ近づく、みたいな関係性がなんとも微笑ましいです。
ま、姉弟なんですけね!w
そして、次の第5巻からはついに激動の高校2年生編が始まります!
“あれ”も“これ”も、全てのターニングポイントはあそこから。
じっくり味わっていきましょう!
それでは皆さん、素晴らしいエンタメ人生を~(。・ω・)ノ゙

【わたモテ】第4巻 感想① 大好きな『おねえちゃん』からの贈り物とその意味
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。【わたモテ】の第4巻をご紹介させて頂きます!作者は谷川 ニコ先生です!(※原作担当の方と作画担当の方の二人組です。)今回は第28話~第32話についてです。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
【わたモテ】第5巻 感想① 卒業式が不安なぼっちは不審者で自己紹介も失敗
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。【わたモテ】の第5巻をご紹介させて頂きます!作者は谷川 ニコ先生です!(※原作担当の方と作画担当の方の二人組です。)今回は第37話~第40話についてです。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
【わたモテ】全キャラ登場回まとめ(高校1年生編)
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。今回は、【わたモテ】の高校1年生編を対象とし、全キャラ毎にその登場回をまとめていきます。それでは、以下よりキャラ単位で記述していきます。
【わたモテ】全キャラ登場回まとめ(高校2年生編)
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。今回は、【わたモテ】の高校2年生編を対象とし、全キャラ毎にその登場回をまとめていきます。それでは、以下よりキャラ単位で記述していきます。
漫画
スポンサーリンク
エンタメ侍をフォローする
本日好天!エンタメ日和

コメント