【それでも歩は寄せてくる】第75局 感想 全員集合!お花見日和の歓迎会!

漫画

皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。

今回は週刊少年マガジン2020年43号より、
それでも歩は寄せてくる第75局の感想記事になります!

【それでも歩は寄せてくる】第74局 感想「パシリます!」これが忠犬の生きる道
今回は週刊少年マガジン2020年41号より、【それでも歩は寄せてくる】第74局の感想となります。
【それでも歩は寄せてくる】第5巻 感想まとめ
今回は本日発売された【それでも歩は寄せてくる】の第5巻について、これまで投稿してきた感想記事を収録エピソード毎にまとめたいと思います。第5巻に収録されているのは『第55局』~『第68局』までです。
【それでも歩は寄せてくる】全キャラ登場回まとめ(進級前)
今回は【それでも歩は寄せてくる】の進級前のエピソード(第1巻『第1局』から第5巻『第67局』まで)を対象とし、全キャラ毎にその登場回をまとめていきます。
【からかい上手の高木さん】第1巻 感想
今回は【からかい上手の高木さん】の第1巻についてご紹介をさせて頂きます!作者は、山本崇一朗先生です!第1巻には第1話~第9話が収録されています。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。

【新品】それでも歩は寄せてくる(1-5巻 最新刊) 全巻セット
漫画全巻ドットコム 楽天市場店
¥ 3,410(2020/10/16 14:39時点)

スポンサーリンク

◆【それでも歩は寄せてくる】第75局 感想

▼感想&考察

◎第75局

感想&考察

満開の桜の樹がそびえる校内の一角、そこへ集うは『将棋部』一同+α

うるし「というわけで 新入生歓迎会部の発足祝いを兼ねたお花見!!
うるし「かんぱーい!!」「「「カンパーイ」」」

『第71局』での“部”発足からすぐに日常回へと突入していた本作ですが、
新入部員の人となりもわかってきたところで今回は部員揃ってのお花見イベントです。
しれっと“部員”に混ざっているマキちゃんについては前回の内容もさることながら、
基本的に楽しいことをかぎつける嗅覚に優れているのでしょう!w

【それでも歩は寄せてくる】第71局 感想『八乙女 うるし』の夢の在り方
今回は週刊少年マガジン2020年38号より、【それでも歩は寄せてくる】第71局の感想となります。
【それでも歩は寄せてくる】第74局 感想「パシリます!」これが忠犬の生きる道
今回は週刊少年マガジン2020年41号より、【それでも歩は寄せてくる】第74局の感想となります。

また、『第72局』に続いてうるしちゃんがここでも乳製品を手に取っているという事実には
否が応でも来たるべき『Xデーが頭をよぎります!まったく、どうなることやら…w

(※第5巻『第56局』参照)

【それでも歩は寄せてくる】第56局 感想 飲ませて伸ばす、歩の育成奮闘記
今回は週刊少年マガジン2020年21号より、【それでも歩は寄せてくる】第56局の感想となります。
【それでも歩は寄せてくる】第72局 感想 本領発揮!新入部員の下剋上!!
今回は週刊少年マガジン2020年39号より、【それでも歩は寄せてくる】第72局の感想となります。

凛  「わざわざ歓迎会なんてありがとうございます!」
うるし「花見っても校内だけどな」

≪自称≫とはいえ高校入学からの2年間、そして歩君が入部してからでも1年間、
部の長をしっかり務めてきた彼女ですから、後輩を導く姿もすっかり板についていますね。
ただし、うるしちゃんの中身はそう大して変わった訳でもなく、今日も変わらず
彼女を突き動かすのは“将棋バカ”としての一面。

うるし「じゃあ早速… 花見しながら将棋でも… な!?

というところで待ったをかけた麗しの“+α”!
うるしちゃんが取り出そうとしていたポータブル将棋をかっさらったマキちゃんが一言。

マキ 「こんなに きれいに桜が咲いてるんだよ 今日は花見を楽しもーよ 花見を!!
凛  「は…はい!」
うるし(自分が将棋わかんないからって…)

一体どっちが部長なんだ!?w 本来は部長どころか部外者な彼女ですが、
こういう“にぎやかな場”で主導権を握るのはお手の物といった感じです。
さすがの凛ちゃんも最強格認定のマキちゃんの意向とあって若干気圧されがちなのが笑えますw

ちなみに、ここで登場したうるしちゃんのポータブル将棋第1巻『第12局』初出です。
当時は乙女に芽生えた恋心を決定づける舞台装置として機能していたアイテムが、念願叶って
発足した将棋部、その部員同士の交流を深めるアイテムとして今回は活躍するあたり、
これまでに本作が辿ってきた“時の流れ”を感じますね~(*´꒳`*)

(※第1巻『第12局』参照)

【それでも歩は寄せてくる】第12局 感想 彼女が望む、盤外の『王手』
今回は週刊少年マガジン2019年25号より、【それでも歩は寄せてくる】第12局の感想となります。

するとそこへやって来たのは、そんな“流れ”の中で加わることになった歩君の幼なじみ2名。

タケル「お もう始まってるぞ」
桜子 「お…おじゃまします」
凛  「桜子センパイ!!お久しぶりです

うるし「へぇ あの二人知り合いか」
歩  「ええ 桜子は たまに剣道部見にきてましたよ」

タケル君には目もくれず桜子ちゃんへすぐに駆け寄る凛ちゃんw
そのまま仲睦まじく会話する様子から彼女ら二人も非常に良好な関係性を築いていると思われ、
彼女らの中学時代の物語も非常に気になるところ。

そして先送りとなっていたタケル君の【将棋部 格付けチェックですが、
主催者・挑戦者共に闘志は十分なものの、ここは尊敬すべき先輩の意向を優先したい凛ちゃん。

タケル「歩に勝ったらしいがオレに勝てるかな?
凛  「角竜センパイ 今すぐにでもお手合わせ願いたいです しかし今日は残念ながら…」

歯切れの悪い彼女の様子を見て察しの良いマキちゃんが頭の中で状況を整理すること数秒。

今ここで彼女が解き明かすは初心な乙女の『恋愛詰め将棋』!

マキ 「しょーがないなー 後ろのベンチでやるぞー」
凛  「いいんですか」
タケル「よっしゃー!!」

マキ 「田中くんとうるしは荷物見といてねー」
うるし「えー!!」

“親友良し・後輩良し・自分良し”、これぞ『三方良し』のマキシステム
彼女の豊満なパイパイには無限大の優しさがつまっとるんやで…!(o^-^o)

スポンサーリンク

うるし「まったくマキは ほんとテキトーだな」
歩  「そうなんですかね」

マキちゃんの粋な計らいでうるしちゃんと歩君はベンチに残ってしばし二人っきりに。
ふと振り返り、将棋を楽しむ後輩たちの姿を目にして笑みを浮かべるうるしちゃん。

歩  「オレが荷物見てますんで よろしければセンパイも…」
うるし「ん? いや… なんか… 部になったんだなって思ってさ」

うるし「お前のおかげだよ 歩」
歩  「いえ オレは別に」
うるし「んーん 初詣の時もお願いしてくれたり… この前の勧誘の時もさ…」

うるし「ありがとな

かつては一人で願い・もがいて歩んだ険しい道のりも、
自分と肩を並べて歩んでくれる愛しい後輩の存在によって、いつしかそれはの香り漂う
色鮮やかな道のりへと変貌を遂げていきました。
その先でようやく至った“今”という輝きを前に、彼女が少々感極まるのも無理のないこと。

うるし「それでさ なんか お礼したいんだけど
歩  「え いや… いいですよ」

当然見返りなど求めていない歩君は遠慮の姿勢を示しますが、それでもなお
グッと身を寄せてくるうるしちゃんの姿にさすがの彼も徐々に鼓動を早めていきます。
迫り来る甘美な予感は少年の平常心を容易く乱し、一方膨らみ続けるは淡く切ない期待感。
気付けば彼女のご尊顔は息づかいも聞こえようかという程の距離に…。

そして、うるしちゃんがおもむろに伸ばしたその手は歩君の頬を………通り越してその上へ

うるし「頭に花ビラついてたぞ

一切の悪気なく美少女スマイルで告げられる、
“お客さん、ウチはそういうお店じゃないんで”的なやつw
もしもわかってやってるなら将来有望の大した女優魂ですが、もちろんそんなことはなく…。

うるし「ん?どした」
歩  「いえ… お礼と言った直後だったので… ハグでもされるのかと… すみません…」
うるし「んあ!? す…するわけないだろ!!
歩  「はい…」

一転して攻防が逆転していく様はもはや二人のお家芸w
たとえ進級しようと変わることない“初心な恋路”がここにある…!!

一方、その裏ではしっかりタケル君の【将棋部 格付けチェック】が終局を迎え、
見事勝利を収めた凛ちゃんによって男子部員2名の威厳は地を這うことが確定…!w
女子部員主導のキャピキャピな青春物語の幕開けやで!!\(^o^)/
というところで第75局が終了。

=======※追記_ここから=======
新グッズ情報
原作イラストを使用した新グッズが公開されました。
楽天ではいくつかのグッズが既に品切れとなっており、Amazonでは謎の高騰が発生中です。
欲しいグッズがある場合、購入時期や購入先の選択にはくれぐれもご注意下さい。

(※外部リンク:アニメイトオンラインショップ


=======※追記_ここまで=======

スポンサーリンク

◆電子書籍

▼eBookJapan

電子書籍をご利用なら、まずおススメなのがeBookJapanです!



約50万冊という世界最大級の品揃えに加え、
一冊まるごとタダで読める無料まんがが提供されています。
無料まんがのラインナップは定期的に更新されるので要チェックですよ!


▼DMM電子書籍

次におススメなのが【DMM.com 電子書籍】です!
こちらも品揃え抜群ですし、何より特徴的なのが成人向けタイトルなど、
他にはないジャンルのコンテンツが充実していることです!
無料サンプルも付いていて試し読みができるので安心ですよ!

◆動画配信サービス

▼U-NEXT

アニメ映画、さらには漫画などをまとめて楽しむならU-NEXTがおススメです!
月額料金は1990円(税抜)ですが毎月1200円分のポイントが支給されるので、
実質790円となります。
さらに今なら『31日間無料トライアル』が実施中であり、以下の2つの特典が付与されます!

特典1:31日間無料で見放題!(対象:見放題動画・読み放題雑誌)
特典2:600ポイントプレゼント!(対象:新作・コミック・書籍)

他の動画配信サービスと比べて扱っている作品数がかなり豊富なので、
きっと夢中になれる作品が見つかるはずです!
ご興味のある方は、まずは無料期間で存分にU-NEXTコンテンツを体験してみて下さいね!

※本ページの情報は2020年9月時点のものです。
※最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

▼Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライム・ビデオとは、
Amazonプライム会員が利用することのできる特典サービスです。
Amazonプライム独自の特典が豊富であり、
月額料金も500円(税込)と非常にリーズナブルになっています。
既に登録されている方も多いかと思いますが、ぜひチェックしてみて下さい。


◆まとめ

以上が、それでも歩は寄せてくる】第75局の感想となります。

今回でようやく主要キャラが全員集合となりましたね!
進級後では『第68局』ぶりの登場だった桜子ちゃんですが、
まだそこまで深く描写されていないものの、凛ちゃんとも中学時代から仲良しな様子であり、
個人的には今後あるかもしれない“女子会エピソード”への期待値が高まりました。

また、今回ラストページ欄外に添えられた“煽り文”には
『次号、急展開…??』と記載されており、なかなか胸躍る引きとなっていました。
私としては前々から述べている通り、正式な部となったことで他校との交流”など、
作品世界のさならる広がりが描かれ始めるのではないかと希望込みで予想しています。

そしてそれと同じくらい次の『身体測定回』が本当にあるのかも気になっており、
こちらもそろそろ拝みたいところ。愛しきミニマム・ボンバーガールに幸あれ…!w
それでは皆さん、素晴らしいエンタメ人生を~(。・ω・)ノ゙

【それでも歩は寄せてくる】第74局 感想「パシリます!」これが忠犬の生きる道
今回は週刊少年マガジン2020年41号より、【それでも歩は寄せてくる】第74局の感想となります。
【それでも歩は寄せてくる】第76局 感想 求めて・攻めて・頬染めて
今回は週刊少年マガジン2020年44号より、【それでも歩は寄せてくる】第76局の感想となります。
【それでも歩は寄せてくる】全キャラ登場回まとめ(進級前)
今回は【それでも歩は寄せてくる】の進級前のエピソード(第1巻『第1局』から第5巻『第67局』まで)を対象とし、全キャラ毎にその登場回をまとめていきます。

コメント