【それでも歩は寄せてくる】第86局 感想 恋の原点、辿る想いと繋がる未来

漫画

皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。

今回は週刊少年マガジン2021年2・3合併号より、
それでも歩は寄せてくる第86局の感想記事になります!

【それでも歩は寄せてくる】第85局 感想 紐解け『うるし’s ヒストリー』
今回は週刊少年マガジン2021年1号より【それでも歩は寄せてくる】第85局の感想となります。
【それでも歩は寄せてくる】第6巻 感想まとめ
今回は本日発売された【それでも歩は寄せてくる】の第6巻について、これまで投稿してきた感想記事を収録エピソード毎にまとめたいと思います。第6巻に収録されているのは『第69局』~『第80局』までです。
【それでも歩は寄せてくる】全キャラ登場回まとめ(進級前)
今回は【それでも歩は寄せてくる】の進級前のエピソード(第1巻『第1局』から第5巻『第67局』まで)を対象とし、全キャラ毎にその登場回をまとめていきます。
【からかい上手の高木さん】第1巻 感想
今回は【からかい上手の高木さん】の第1巻についてご紹介をさせて頂きます!作者は、山本崇一朗先生です!第1巻には第1話~第9話が収録されています。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。

それでも歩は寄せてくる(1-5巻 最新刊) 全巻セット
ひょうたん書店楽天市場店
¥ 3,410(2021/01/14 17:19時点)

スポンサーリンク

◆【それでも歩は寄せてくる】第86局 感想

▼感想&考察

◎第86局

感想&考察

凛(く… 二枚落ちでもこんなにも…)

冒頭から部室で対局していたのは『将棋部』が誇る麗しの女子部員二名。
既に終局間近という盤面を前に、凛ちゃんはうるしちゃんの強さを改めて実感していました。
この二人の対局は第6巻『第73局』での“初対局”以来の描写となりますが、
今回出た二枚落ちという発言から『将棋部』内の実力差がまた少し見えてきましたね。

第4巻『第48局』での発言によると、あの時点の歩君はうるしちゃんに対して
六枚落ちでは完勝”だけど“四枚落ちでは勝てないとのことでした。

(※第4巻『第48局』参照)

上記感想でも触れた通り、本作では“最強格のうるしちゃんと何枚落ちで拮抗できるか”を基準に、
目に見えない棋力(※将棋の強さ)というものを表現しています。
物語の変化を追っていく上でも重要な要素であるため、今後もしっかり注目していきましょう。

【それでも歩は寄せてくる】第48局 感想 告白と自白の先にある未来
今回は週刊少年マガジン2020年14号より【それでも歩は寄せてくる】第48局の感想となります。
【それでも歩は寄せてくる】第73局 感想 部長 VS 新入部員、光導く盤外の一手
今回は週刊少年マガジン2020年40号より【それでも歩は寄せてくる】第73局の感想となります。

凛  「さすがです 部長」
うるし「いやいや」

ハンデをものともしない強さと余裕ある姿勢でうるしちゃんは“先輩の貫禄”を漂わせていました。
しかし、彼女が盤面へ今一度視線を落としたところで事態は急変…!

うるし(あ… まずい 完全に見逃してた… あそこのと金を取られるとかなりキビシイ…)
うるし(いや いかんいかん 焦るな… フツーにしてろ 私…)

ここにきて“貫禄”どころか“動揺”を見せ始める忙しない先輩…w
そんな彼女の変化を歩君はしっかり捉えていました。

凛  「……負けま…」
歩  「待て 凛 諦めるのは早いぞ
うるし(な…歩…!?気づいて…!?)

凛「諦めるも何も… 田中さん この局面わかってないでしょう」
歩「あぁ… わかっていない だが…」

歩「センパイのあの表情 何かある

歩「指されるとまずい手があるに違いない… そういう顔だ」

純粋な棋力ではまだ凛ちゃんに敵わないものの、“対うるし”に関しては一日の長がある歩君。
表情豊かなこの将棋娘と1年以上まっすぐ向き合い続けてきただけあって、
必死で動揺を押し殺す彼女の“知らんぷりフェイス”などあっさり見破ってみせます。

ということで、盤外での新たな“一手”を迫られたうるしちゃん。
突然舞い込む窮地の知らせ、さすれば逃げ込む視界の外へw

うるし「なんのことかなー トイレ行ってくるからその間にやっといてー」
歩  「図星なようだ…」

“潜める”ことを覚えた乙女に死角なし…!と、彼女がザコ可愛い逃げ姿を披露したところで、
ここからお話の焦点はもう一組の“先輩後輩の物語”へ…。

スポンサーリンク

凛「……この中のどこかに…」

引き続き盤面とにらめっこしながら考え込んでいた凛ちゃんでしたが、
思うように自分が“指すべき一手”を導き出せません。

凛「ダメです やっぱりわかりません 無理ですよ

さすがの彼女も“もうお手上げ”とばかりに、畳へ背中を預けながら弱音をこぼしてしまいます。
ところが、その様子を見つめていた歩君の表情には優しい笑みが…。

凛「なんですか… そんなにおかしいですか」
歩「いや 相変わらず凛は弱音を吐くのが似合わないなと思ってな

彼のその一言で、刹那的に少女の意識が向かう先は中学時代の何気ない一幕。
当時は『剣道部』の先輩後輩であり、立ち位置的にも実力的にも
先を行く者背中を追う者という関係性だったこの二人。

そんなある日のこと、彼らが通う剣道場には
めずらしく落ち込んでいる凛ちゃんの姿がありました。

凛「全然強くなれません 向いてないんでしょうか…」

随分後ろ向きな彼女の発言を受け、そのまま寄り添うように凛ちゃんの隣へ座る歩君。

歩「大丈夫だ 香川は強くなるさ
凛「田中先輩… 本当ですか」
歩「ああ」

とにかく実直で自分を偽ることのできない、今も昔も似た者同士な二人のこと。
歩君の言葉が本心からのものであることは凛ちゃんにも十分伝わっています。

そして迎える、過去現在接続地点

歩「それより… 弱音を吐く姿が似合わないな 香川は

微笑みながら語り掛ける彼を見て、少女の胸を熱くした感情とは…。
もしかすると、彼女にとっての“その瞬間はこの時だったのかもしれません。

舞台は再び『将棋部』の部室。
しかし先程までの雰囲気から一転、そこには頬を染めた少女が一人。

意識と共に舞い戻った何か”を隠すように、凛ちゃんは飛び起きて言葉を続けます。

凛「私より弱いのに… 偉そうにしないでくださいよ 田中さん」

その刺々しい言葉に反して彼女が心に灯したぬくもりは増していくばかり。
つい先程までは導き出せなかった“一手”も、今ならば…。

凛「もう少し… 考えてみます…」

盤面を見つめる彼女の瞳の奥には新たな決意が輝いていました。

そこから時間は流れ、次に描かれたのは終局後の感想戦。

うるし「この と金私の急所だったんだ」
歩  「惜しかったな 凛…」

結果として凛ちゃんはうるしちゃんの急所を見破れず、今回は負けてしまいました。
しかし彼女が浮かべている晴れやかな表情が、先の対局は凛ちゃんへ
“ただの一敗”だけに留まらない“大切な何か”をもたらしたと物語っています。

さて、ではそろそろ“野暮な考察”もしておきましょう。
今回盤上で繰り広げられていたのは、本作が今後辿るかもしれない“1つの未来図”です。

冒頭でうるしちゃんが見逃していた指されるとまずい手”、
つまり“取られたくないと金”とはまさしく歩君のことを示しています。
(※『と金』:『歩兵』の成ったもの)

問題は一方の凛ちゃんです。
第6巻『第77局』において彼女の秘めたる想いが明らかになりましたが、
以降描かれているのはその感情から目を背けるようにどこか“あきらめムード”な凛ちゃんの様子。
そんな彼女が上記の一手をどうしても導き出せないというのは至極当然の流れだったといえます。

ところが今回、渦中の歩君から弱音を吐く姿が似合わない”と指摘され、
かつて胸を焦がしたあのときめきを、あの感情を、こうして再び思い起こした凛ちゃん。
あそこで彼女が今一度向き合ったのは“盤面だけではなかった”ということ。

では、ここから凛ちゃんはどう変化していくのか、先輩二人とどう関わっていくのか。
それも彼女自身が既に答えています。

凛「もう少し… 考えてみます…」

それは先送りのようでいて、これまでの彼女を思えば何とも前向きで・何とも大胆な決意表明
このように、今回は少女の心模様の移り変わりを描きつつ“今後の展開”も随所で示唆されており、
改めて冒頭から読み返せばまた違った世界が見えてくることでしょう。

【それでも歩は寄せてくる】第77局 感想 秘めて・重ねて・向き合って
今回は週刊少年マガジン2020年45号より【それでも歩は寄せてくる】第77局の感想となります。

しかし、彼女の恋心はまだまだ再調整真っ只中な訳で…。

うるし「なんか嬉しそうだけど どうかしたの?」
凛  「え!? あ!! いえ!!」

凛  「今から田中さんをボコボコにするのが楽しみすぎてつい」
歩  「なっ…」
うるし「歩 頑張れよー」

元『剣道部』二名がスパルタ特訓契約を結んだのも記憶に新しいところ。
少女は抱えた『ドキドキ』力に変えて、気持ち『そわそわ』相手『ボコボコ』w

とにもかくにも、恋の盤上は波乱曲折。
色彩豊かな駒運びと紡いだ数多の局地戦、それらでにぎやかな世界を構築してきた本作も、
いよいよ“恋の痛み”を予感させる次の局面へ…!“その時”は近い…!!
というところで第86局が終了。

作者のツイート(※1週違いで投稿された本編紹介イラスト)

実は山本先生が1つ前の週に間違って今週分の本編紹介イラストを投稿してしまうという
ちょっとしたハプニングがあったのですが、次の週には贅沢にもまた新たなイラストが公開され、
この記事ではそちらをサムネ画像に使用しました。しかしながら1週違いで投稿されたイラストも
甲乙つけがたい魅力的な凛ちゃんのワンショット
だったので、以下に合わせて掲載しておきます!

=======※追記_ここから=======
新グッズ情報
原作イラストを使用した新グッズが公開されました。
楽天ではいくつかのグッズが既に品切れとなっており、Amazonでは謎の高騰が発生中です。
欲しいグッズがある場合、購入時期や購入先の選択にはくれぐれもご注意下さい。

(※外部リンク:アニメイトオンラインショップ

=======※追記_ここまで=======

スポンサーリンク

◆電子書籍

▼eBookJapan

電子書籍をご利用なら、まずおススメなのがeBookJapanです!



約50万冊という世界最大級の品揃えに加え、
一冊まるごとタダで読める無料まんがが提供されています。
無料まんがのラインナップは定期的に更新されるので要チェックですよ!

▼スキマ

続いて、既に完結した漫画を最後までイッキに読みたい方
毎日たくさんの漫画に触れたいという方におすすめなのがスキマです!

人気漫画がなんと32,000冊以上読み放題のサービスとなっていて、
懐かしい漫画から新しい漫画まで複数の作品を並行して読み進めることが可能です。
全巻無料』作品が多数あり、『待つと無料』作品でも
会員登録で貰えるチケットを使えば待たずに読み進めることができます。

とにかく、まずはラインナップのご確認からどうぞ!
きっとあなたを夢中にさせてくれる作品が見つかりますよ…!

▼DMM電子書籍

次におススメなのが【DMM.com 電子書籍】です!
こちらも品揃え抜群ですし、何より特徴的なのが成人向けタイトルなど、
他にはないジャンルのコンテンツが充実していることです!
無料サンプルも付いていて試し読みができるので安心ですよ!


◆動画配信サービス

▼U-NEXT

アニメ映画、さらには漫画などをまとめて楽しむならU-NEXTがおススメです!
月額料金は1990円(税抜)ですが毎月1200円分のポイントが支給されるので、
実質790円となります。
さらに今なら『31日間無料トライアル』が実施中であり、以下の2つの特典が付与されます!

特典1:31日間無料で見放題!(対象:見放題動画・読み放題雑誌)
特典2:600ポイントプレゼント!(対象:新作・コミック・書籍)

他の動画配信サービスと比べて扱っている作品数がかなり豊富なので、
きっと夢中になれる作品が見つかるはずです!
ご興味のある方は、まずは無料期間で存分にU-NEXTコンテンツを体験してみて下さいね!

※本ページの情報は2020年9月時点のものです。
※最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

▼クランクイン!ビデオ

動画電子書籍をまとめて楽しみたいならクランクイン!ビデオも要チェックです!
こちらの強みは何と言っても“ラインナップの幅広さでしょう。
話題の新作映画から劇場未公開作品まで、見放題サービスで得られないエンタメ体験がここに…!

レンタル料金はなんと実質半額
月額料金990円(税抜)のプランでは2000ポイント(1ポイント=1円)付与されることになり、
さらに後から必要なポイント分だけチャージすることも可能です。
今なら14日間無料体験』の特典として、以下の2つの特典が付与されます!

特典1:月額プラン990円が14日間無料
特典2:初回登録で1,000ポイントをプレゼント!

また、クランクイン!ビデオではスマートフォン・タブレットをご利用の場合、
電子書籍もまとめて楽しむことができ、ポイントも共通となっています。
“見放題サービスのラインナップはなんだか物足りない…”
そんな方にはピッタリのサービス内容ですので、ぜひ一度チェックして下さいね!

※本ページの情報は2020年11月時点のものです。
※最新の配信状況はクランクイン!ビデオサイトにてご確認ください。

▼dTV

その他の動画配信サービスではdTVもおススメです!
dTVとは、月額500円(税抜)で見放題の定額制動画配信サービスであり、
その圧倒的なコストパフォーマンスが魅力となっています。
さらに初めてご登録の場合は最大31日間無料でご利用できます!
ドコモケータイ回線をお持ちでない方もご利用できますのでご安心を!
配信タイトルは随時更新されるため、最新の配信状況はdTVサイトにてご確認下さい。

▼Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライム・ビデオとは、
Amazonプライム会員が利用することのできる特典サービスです。
Amazonプライム独自の特典が豊富であり、
月額料金も500円(税込)と非常にリーズナブルになっています。
既に登録されている方も多いかと思いますが、ぜひチェックしてみて下さい。


◆まとめ

以上が、それでも歩は寄せてくる】第86局の感想となります。

上記の通り、盤上の攻防がそのまま“今後の展開”を示唆しているという、
大変面白い試みがなされていた本エピソード。
この構成は第1巻『第2局』の感想の中でHUNTER×HUNTER】のキメラアント編を例にして
“そういうのもあればといいな~”と記述していたように、ずっと期待していた部分だったので
個人的には読んでいて非常にワクワクさせられるエピソードとなりました。

もう少しだけ掘り下げておくと、
うるしちゃんと凛ちゃんの中で歩君への“新たな感情”が芽生える瞬間、
その対比もなかなか興味深い部分でした。

うるしちゃんの中で変化が訪れたと思われるのが第1巻『第9局』
そちらでも今回の凛ちゃんの回想で描かれたように、
歩君が落ち込んでいるうるしちゃんの隣へ寄り添うように座っていたのが印象的でした。

(※第1巻『第9局』参照)

よくよく考えてみれば将棋と同様、基本的に剣道も相手と向き合うのが常の競技です。
だからこそ寄り添い隣り合うことの重要性が際立つ構成となっている訳で、
これらの背景によって“彼女ら二人が似たシチュエーション同じ人をする”という事実に
必然性すら感じる納得感を生み出していますね。
ただ、もう少しの間は凛ちゃんの心の整理を待つ流れかと思われ、
うるしちゃんまで巻き込むような“波乱”はひとまずお預け。今後の展開に期待です…!
それでは皆さん、素晴らしいエンタメ人生を~(。・ω・)ノ゙

【それでも歩は寄せてくる】第85局 感想 紐解け『うるし’s ヒストリー』
今回は週刊少年マガジン2021年1号より【それでも歩は寄せてくる】第85局の感想となります。
【それでも歩は寄せてくる】第87局 感想 ロッカーに妄想・愛情詰め込んで
今回は週刊少年マガジン2021年4・5合併号より【それでも歩は寄せてくる】第87局の感想となります。
【それでも歩は寄せてくる】全キャラ登場回まとめ(進級前)
今回は【それでも歩は寄せてくる】の進級前のエピソード(第1巻『第1局』から第5巻『第67局』まで)を対象とし、全キャラ毎にその登場回をまとめていきます。

コメント

  1. ミカゼ より:

    あけおめことよろです!
    前年は、コロナとかあって色々大変でしたが、早く落ち着くといいですね。

    そういえばネタバレに対するお達しあったそうで、最新話では無いみたいですね。
    後最新の巻で表紙うるしちゃんリストラ。
    この作品はあくまで歩くんが主人公だと言うとこを再認識させられました。
    ちなみにネタバレはダメだけど、感想は良いって、どこらへんならいいんでしょうね。
    私はたまに発売日に1話まるまるyoutubeにあげたりする違法行為みたいなものだとばかり思ってました。
    (公式がUPするというのは、意識しているのかな?)
    難しいですね。

    有名なところですが、
    https://yamakamu.net/oredemoayumi80
    ネタバレには入らないんでしょうね。

    ああ、深い意味はなくて、こういうのは人によって違うのかなと思いましたので。

    どうも余計なことばかり言ってすいません。

    • エンタメ侍 より:

      ミカゼさん
      あけましておめでとうございます!

      >最新話では無いみたいですね。
      >ネタバレはダメだけど、感想は良いって、どこらへんならいいんでしょうね。
      この手の話を最近いろいろなところで目にするのですが、
      非常に難しく曖昧な問題になっていますね。
      あえて公式が曖昧にしている部分もあるかと思いますが、
      今のところ当サイトでは【それでも歩は寄せてくる】の感想は
      『マガポケ』無料公開後に該当エピソードのものをアップするようにしています。

      それ以降にアップするという“目安のタイミング”にすぎないので、
      私の記事作成が遅くなればどんどん後ろにずれ込む可能性も…w
      なので最新コミックスの発売日など、リアルタイム性が重要な情報に関しては
      できるだけ近況報告の方で取り上げていく予定です。
      本作はそろそろアニメ化のお話もウワサ程度に出てくるかな~とか思っていますが、
      この辺りは今後のお楽しみというところ!

      去年は何かと暗い話題の多い1年でしたが、
      今年は明るくにぎやかな1年になればいいですね…!
      本年も何卒よろしくお願い致します~m(_ _)m

      • ミカゼ より:

        返信ありがとうございます。
        難しい問題ですね。
        ただ、マガポケ無料からならマガポケの方で更新されました。
        って一言あるといいかもしれませんね。

        知らない人だと遅れて今頃って人もいるかもですし、マガジンたまたま読んんで、あれって思う人もいるかもなので。

        他にも色々コメしたい事があったんですが、久しぶりにとあるサイト覗いたら、リンク貼ってあってびっくりしましたよ。
        https://watamote.com/wiki/1%E5%B7%BB
        ここの一巻と
        5巻部分の各話の外部リンクですね。
        もしかして違う人が更新されたのでしょうか?
        2巻とかにはないのであれ?とも思いましたが。
        それとも既にご存知でしたでしょうか?

        わたモテ関連はここの外部リンクで感想探していたので。

        コメントお邪魔でなければまたさせて頂きますがよろしいでしょうか?

        • エンタメ侍 より:

          >一言あるといいかも
          これは確かにその方が親切ですね!
          次回あたりから冒頭で一言添えてみます。

          >リンク貼ってあってびっくりしましたよ。
          あらま、私もびっくりw
          以前、別のリンクは確認してましたが今見るとまた微妙に増えてますね。
          私自身は記事を書くだけで手一杯なんですが(笑)、
          こうやって偶然にも訪問してくれた方々が各々の判断で
          関連しそうなサイト・記事と当サイトを繋いでくれるのは大変嬉しい限りです!
          ただし、例のbilibili動画への無断転載は論外ですがw
          (※2020年12月11日の近況報告より)

          >コメントお邪魔でなければまたさせて頂きますがよろしいでしょうか?
          大歓迎でございますw
          が、年始は年始でいろいろと立て込むでしょうし、
          こんな弱小ブログへのコメントは後回しで構いませんので!

          ミカゼさん、ナイスなご助言&情報ありがとうございます!

          • ミカゼ より:

            お気遣いありがたいですが、
            今年は色々と様相が違ってるので、年始といっても何もないですけどね。

            コンビニとスーパー以外の店が初売りとかも無くて、福袋とかも自粛ですから。
            BSでやってるハルヒの消失をもこっちみたいにぼんやり見ながら、PCの内部の整理していますね。

            犬夜叉動画の転載は災難でしたね。
            中国は政府の方でGoogle規制しているので、自国の動画に転載する事が多いのですが、再生数が多い所だと、指摘される危険性が高いから再生数少ない動画狙ってるみたいなんですよね。
            多いところだとコメントくれる有志の方が通報したりするので。
            向こうの方の再生数多いのは
            人口10倍ですからね。
            後中国は犬夜叉人気高いですので。

            話がずれてきているので、近況の方にした方がいいでしょうかね?

          • エンタメ侍 より:

            >BSでやってるハルヒの消失
            し、知らなかった…!!w
            今確認したらお昼ぐらいからやってたんですね、見逃しちゃいました。。

            >犬夜叉動画の転載
            >指摘される危険性が高いから再生数少ない動画狙ってる
            >後中国は犬夜叉人気高いですので。
            これに対しては驚き7割:残念3割という感じでして、
            まさか自分の動画が転載される日がくるなんて想像もしておらず、
            この手の輩の雑食具合を目の当たりにして呆然としてしまいました…w

            >近況の方にした方がいいでしょうかね?
            私個人としてはどの記事にコメント頂いても一括で確認できるので見やすいのですが、
            他の訪問者としては関連記事でやり取りしている方が見やすい&参加しやすいかもしれませんね。
            コメント内容の関連記事があればそちらへ、
            なければ近況報告の記事へ、この基準で書き込んで頂ければ幸いです!

            それにしても消失のテレビ放送を見逃すとは、やっちまいました…!w

  2. ミカゼ より:

    トイレに起きてスマホみたらあったので、
    https://mobile.twitter.com/hashtag/%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%81%A7%E3%82%82%E6%AD%A9%E3%81%AF%E5%AF%84%E3%81%9B%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%82%8B
    アニメ化決まったようですね。
    来年のようですが。
    すいません。
    また寝ます。

    • エンタメ侍 より:

      ついに来ましたか…!!
      もう少し調べてから近況報告とかでまとめておきます。
      ミカゼさん、情報提供ありがとうございます!