【それでも歩は寄せてくる】第44局 感想 初詣、少女の選択と結ばれた約束

漫画

皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。

今回は、週刊少年マガジン2020年9号より
それでも歩は寄せてくる第44局の感想記事になります!

【それでも歩は寄せてくる】第43局 感想 誘ってほしい、未来図に秘めた願望
今回は週刊少年マガジン2020年8号より、【それでも歩は寄せてくる】第43局の感想となります。
【それでも歩は寄せてくる】第4巻 感想まとめ
今回は本日発売された【それでも歩は寄せてくる】の第4巻について、これまで投稿してきた感想記事を収録エピソード毎にまとめたいと思います。第4巻に収録されているのは『第42局』~『第54局』までです。
【からかい上手の高木さん】第1巻 感想
今回は【からかい上手の高木さん】の第1巻についてご紹介をさせて頂きます!作者は、山本崇一朗先生です!第1巻には第1話~第9話が収録されています。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
【運営報告】ブログ開設1周年!今振り返る、思い出の記事20選!!
ブログ開設から1年。今回はこれまでに投稿してきた記事の中から、私にとって特に思い出深い記事を厳選して振り返っていきたいと思います!

それでも歩は寄せてくる(1-4巻 最新刊) 全巻セット
ひょうたん書店楽天市場店
¥ 2,728(2020/06/17 18:20時点)

スポンサーリンク

◆【それでも歩は寄せてくる】第44局 感想

▼感想&考察

◎第44局

感想&考察

忙しなく行き交う人混みの中、
初詣に神社を訪れたのは振袖姿の女子高生二人組。

うるし「変じゃないかな」
マキ 「似合ってるってー」

マキ 「今年もいっぱい甘酒飲むぞー」
うるし「好きだなー」

前回の引きが引きだっただけに、
まさかクリスマスイベントをまるまるスキップするなんて想定しておらず、
この展開には素直に驚きました…!w

うるし(歩も初詣してんのかな… 終業式から連絡ないんだよなー…)
うるし(そもそも普段から連絡とり合ってはないんだけど…)

そしてあの日以来、特に二人の交流はなかったとのこと。
お正月という、これまた特別な日に親友と過ごす傍ら、
うるしちゃんの頭をよぎるのは“彼”のことばかり…。

そんな彼女の心模様を的確に把握しているのがマキちゃんです。

マキ 「田中くんのこと考えてるなー」
うるし「な!!」
マキ 「あ やっぱりー」

マキ 「バッタリ会えたらどーするー?」
うるし「どーもしないわ だいたいそんな偶然あるわけ」
歩  「センパイ方 明けましておめでとうございます

噂をすれば影がさす(※)…いや、歩が押忍!w
(※『噂をすれば“なんとやら”』の正式表現)
ということで、ここで歩君の合流です。

マキ 「わぁ」
うるし「あ… 明けまして… おめでとうございます」
マキ 「あけおめー」

ニヤニヤ&ワクワク顔で応えるマキちゃんに対し、
複雑な心境からか、一周回ってめちゃくちゃ固くなっているうるしちゃん…w
しかし、そんなことなどお構いなしのこの男。

歩  「あの…よければオレもご一緒していいですか

こんな“肝の据わったストーカーを私は他に知らない…!w
いやホント、意中の先輩がそのお友達と一緒にいるという状況の中、
その輪へ自ら入っていこうなんて、猪突猛進がすぎます…w

こうなると、空気が読める“彼女”は即座に次の行動へ。

マキ 「私!!めっちゃ甘酒飲みたくなってきた」
マキ 「なので しばらくうるし預けますー
うるし「え!?おい…」

それだけ言い残し、その場を走り去る恋のキューピッド。
果たして彼女は、
うるしちゃんが歩君のことを今や“名前呼び”しているという事実を知っているのかどうか…。
非常に気になるところです。

歩  「すみません…なんか邪魔したみたいで…」
うるし「いいんだよ マキはああいう奴なんだ」

うるし「…じゃ 一緒に行くか
歩  「はい」

この場面。
うるしちゃんはマキちゃんのことを本気で引き留めることもなければ、
彼女を追いかけることもありません。
今この瞬間において、彼女は歩君と共に過ごすということを明確に選択しました。

これに関しては、第2巻『第19局』でも同様の内容が描かれています。
体育祭での二人三脚の出番を前に、マキちゃんから“体調が悪いから代わってほしい”と、
めちゃくちゃな理屈で男女ペアを組むことになったうるしちゃんと歩君の二人。

非常に面白いところは、うるしちゃんも驚きはするものの、
最後まで決して一度もこの提案を拒否していない、というところ。

(※第2巻『第19局』の感想より一部抜粋)

つまり、前回クリスマスデートへのお誘いを求めた彼女の心境も然り、
溢れ出る好意そのままに優しく歩み寄る彼のことを、
既にうるしちゃんは受け入れる態勢に入っているのです。
あとは彼がさらに一歩、大きく踏み出すのみ…。

(※『第43局』参照)

【それでも歩は寄せてくる】第19局 感想 湧き上がる嫉妬心は恋心の証明
今回は週刊少年マガジン2019年32号より、【それでも歩は寄せてくる】第19局の感想となります。
【それでも歩は寄せてくる】第43局 感想 誘ってほしい、未来図に秘めた願望
今回は週刊少年マガジン2020年8号より、【それでも歩は寄せてくる】第43局の感想となります。

うるし「しかし偶然だなー 一人で初詣来たのか?」
歩  「いえ どっちでもないです」
うるし「ええ…?」

歩  「タケル桜子と来てたんですけど オレだけ残りました」
歩  「センパイを持つために
うるし「私が来なかったらどうするつもりだったんだ」

過去のエピソードでいうと、第1巻『第4局』では
“夕飯の買い出しに出かけた”という情報だけを頼りに、
外でうるしちゃんを待ち伏せ(?)していたこともある歩君。

(※第1巻『第4局』参照)

もしかすると描かれていないだけで、歩君にはこれまでもうるしちゃんとの遭遇を試み、
人知れず待ちぼうけをくらっていた“幻の休日があるのかもしれませんね…。

いや、マジ者じゃねーか…!w

(※【喧嘩稼業】第4巻『第29話「実弟見つかる」』参照)

【それでも歩は寄せてくる】第4局 感想 犯罪と純愛の境界線「え こっわ!」
今回は週刊少年マガジン2019年16号より、【それでも歩は寄せてくる】第4局の感想となります。

うるし「連絡しろよ 待ってるなら」
歩  「ビックリさせたくて」
うるし「したけどさぁ」

スラスラと自供し始める歩君でしたが、彼にとっての本題はここから。

歩  「センパイ… 終業式の日からずっと言いたかったことがあるんです…」
歩  「言いそびれていたというか…」
うるし「終業式の日から…?なんだ?」

歩君が珍しく口ごもりながら、それでも大好きな先輩へ伝えたいのは純粋なる願い…。

歩  「その… ク… クリスマス… 一緒に過ごしてくれませんか…」

一方、そんな彼からの申し出に対し、即座に飛び出すのは御尤もなリアクション…!

うるし「おそっ!!とっくに過ぎてるぞ!!」
歩  「はい… すみません…」

まぁ、そうなりますよね…w(o^-^o)
とはいえ、歩君からのお誘いを心から求め、
煌めく未来に胸を弾ませていたのは他ならぬ彼女自身です。

歩  「あの日… 緊張して言えなかったので…」
歩  「でも どうしても言っておきたくて…」
うるし(誘おうとしてくれたのか…)

一時は、ただの自意識過剰だったのかと気を病んでいたうるしちゃん。
しかし、二人で過ごす時間を歩君も大切に感じてくれており、
クリスマスという特別な日にも自分を誘おうと、
彼なりに必死になってくれていたという事実。
少女の心へ、再び温もりと輝きをもたらすにはそれだけで十分でした…。

うるし「わかった じゃあ 今年のクリスマス… 空けとく…」

歩  「ありがとうございます 楽しみにしてます」

こうして、なんとかクリスマスデートの約束を結べた初心<うぶ>な二人。
ですが、そのデート自体はもうしばらくのお預けです。
クリスマス』とは、街中がカップルで賑わう特別な日。
念願のクリスマスデートが叶ったその時、二人の関係性はどのように変化しているのか。
新年を迎え、また新たな分岐点と輝かしい未来が示されました。
というところで第44局が終了。

スポンサーリンク

◆電子書籍

▼eBookJapan

電子書籍をご利用なら、まずおススメなのがeBookJapanです!



約50万冊という世界最大級の品揃えに加え、
一冊まるごとタダで読める無料まんがが提供されています。
無料まんがのラインナップは定期的に更新されるので要チェックですよ!


▼DMM電子書籍

次におススメなのが【DMM.com 電子書籍】です!
こちらも品揃え抜群ですし、何より特徴的なのが成人向けタイトルなど、
他にはないジャンルのコンテンツが充実していることです!
無料サンプルも付いていて試し読みができるので安心ですよ!

◆動画配信サービス

▼Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライム・ビデオとは、
Amazonプライム会員が利用することのできる特典サービスです。

Amazonプライム独自の特典が豊富であり、
月額料金も500円(税込)と非常にリーズナブルになっています。
既に登録されている方も多いかと思いますが、ぜひチェックしてみて下さい。

◆まとめ

以上が、それでも歩は寄せてくる】第44局の感想となります。

冒頭で述べた通り、
まさかクリスマス関連のイベントを全てスキップするとは
全く思いもしませんでした…!
なかなかに思い切った選択ですが、逆に考えると、
二人が高校生として最後に迎える今年のクリスマス
そこでの描写に全てが込められるということだと思われます。
(※うるしちゃんは来年高校を卒業)
もしかしたら、それこそ
二人にとっての大きな分岐点になるのかもしれませんね。

また、今回は振り袖姿ということで、
うるしちゃんの私服姿冬ver.)に関しても一旦のお預けとなりました。
ここから冬休み中のエピソードがあればワンチャン、
といったところでしょうか…。
“何が”って、もちろん
と金』ニットと金』セーターの件ですよ♪w

(※第1巻『第4局』参照)

私同様、うるしちゃんの私服姿を楽しみにしている読者の皆さん、
来週以降に描かれることを信じて、気長に待とうではありませんか…!
それでは皆さん、素晴らしいエンタメ人生を~(。・ω・)ノ゙

【それでも歩は寄せてくる】第43局 感想 誘ってほしい、未来図に秘めた願望
今回は週刊少年マガジン2020年8号より、【それでも歩は寄せてくる】第43局の感想となります。
【それでも歩は寄せてくる】第45局 感想 たまにはこうして肩を並べて参拝して
今回は週刊少年マガジン2020年10号より、【それでも歩は寄せてくる】第45局の感想となります。

コメント