【それでも歩は寄せてくる】第83局 感想 挑むは福引き、巡るはときめき

漫画

皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。

今回は週刊少年マガジン2020年51号より、
それでも歩は寄せてくる第83局の感想記事になります!

【それでも歩は寄せてくる】第82局 感想 四ツ葉が導く新たな恋の分岐点
今回は週刊少年マガジン2020年50号より【それでも歩は寄せてくる】第82局の感想となります。
【それでも歩は寄せてくる】第6巻 感想まとめ
今回は本日発売された【それでも歩は寄せてくる】の第6巻について、これまで投稿してきた感想記事を収録エピソード毎にまとめたいと思います。第6巻に収録されているのは『第69局』~『第80局』までです。
【それでも歩は寄せてくる】全キャラ登場回まとめ(進級前)
今回は【それでも歩は寄せてくる】の進級前のエピソード(第1巻『第1局』から第5巻『第67局』まで)を対象とし、全キャラ毎にその登場回をまとめていきます。
【からかい上手の高木さん】第1巻 感想
今回は【からかい上手の高木さん】の第1巻についてご紹介をさせて頂きます!作者は、山本崇一朗先生です!第1巻には第1話~第9話が収録されています。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。

それでも歩は寄せてくる(1-5巻 最新刊) 全巻セット
ひょうたん書店楽天市場店
¥ 3,410(2021/01/14 17:19時点)

スポンサーリンク

◆【それでも歩は寄せてくる】第83局 感想

▼感想&考察

◎第83局

感想&考察

部活終わり、凛ちゃんは先輩二人へ“寄り道”を提案していました。

凛  「あの… 今日 帰りに寄りたいところがあるのですが ついてきてはもらえませんか」
うるし「いいぞー」
歩  「どこへ行くんだ」
凛  「それはですね…」

ということで一行がやって来たのは商店街の一角。
この場所で現在開催中、かつ凛ちゃん大注目のイベントがこちら!

凛「福引きです!!」

凛  「1回無料でまわせて!!しかも景品が全部 お菓子!!すばらしい」
うるし(食いしん坊は開き直ったんだな)

『第81局』にて明らかになった彼女の“食欲モンスター”としての一面ですが、
まだ取り繕う姿勢を見せていた前回とは異なり、今では隠す気ゼロのご様子w
ただ、これも凛ちゃんが“ありのままの自分”でいることに抵抗がなくなったからであり、
ポップな描写に収まってはいるものの、彼女が二人に対して心を開いている証といえるでしょう。

【それでも歩は寄せてくる】第81局 感想 食いしん坊!万才、海賊王!断罪
今回は週刊少年マガジン2020年49号より【それでも歩は寄せてくる】第81局の感想となります。

凛 「お願いします!!」
店員「はーい」

早速『福引き』をしようと声をかける凛ちゃん…というところで注目したい、この店員さん
その容姿といい・キャップに刻まれたきむら屋”の文字といい、まさか彼はあの情報通の…!?w

(※【からかい上手の高木さん】第1巻『第2話 プール』参照)

仮にそうだとするとあちらの作品と本作との間には時間軸に多少のズレがあることになり、
今後夫婦またはカップルとなったあちらのメイン二人が本作へ登場する可能性も出てきました!
しかしこれらはあくまで仮の話であり、この店員さんは“他の誰か”という可能性もあるため、
彼について今はまだ“名もなき男性店員という扱いに留めておきます。今後の描写に期待ですね!

【からかい上手の高木さん】第1巻 感想
今回は【からかい上手の高木さん】の第1巻についてご紹介をさせて頂きます!作者は、山本崇一朗先生です!第1巻には第1話~第9話が収録されています。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
スポンサーリンク

凛ちゃんに声をかけられた店員さんでしたが、『福引き』を始めるにあたり
今度は逆に彼から歩君と凛ちゃんへ“ある質問”が飛び出します。

店員「えーと じゃあ 君たち二人カップルかい?

うるし(え?)

瞬間的に大きく動揺を見せるうるしちゃんとは違い、問われた側の二人は至って冷静そのもの。
しかし、ここで二人が示す答えは全く異なる内容に…。

凛 「まぁそう…」
歩 「違いますが
店員「ああ~ カップルは1回無料なんだよー ゴメンねー」

事情もよくわからずに自らの想い人の前で“嘘のカップル宣言”をするなど、
不器用な歩君にはできるはずもありません。しかしそれは時に“空気が読めない”とも言う訳で…w

凛 「ちょっと田中さん!!」
歩 「いや…知らなかったし あらかじめ言っておけ そういうことは…」

凛 「なんとかなりませんかー」
店員「決まりだからねー」
凛 「うぅ~~…お菓子…」
うるし(ホントに悔しそう…)

相変わらず歩君とは違った方向性で“猪突猛進”の気がある凛ちゃん…w
もしかすると、中学時代にも歩君やタケル君は彼女のこういった暴走気味な一面に
度々振り回されていたのかもしれませんね。

そんな凛ちゃんの暴走具合はこの局面に際してさらなる加速を遂げ、
ここまで第三者的な立ち位置だったうるしちゃんまでをも巻き込む、緊急事態へと突入…!

凛「そうだ!! この二人!! この二人はカップルです

うるし(はぁあああ!?

店員 「そうなの?」
うるし「えっ えっ」
凛  「そうですよね 部長ー!!」
歩  「おい 凛」

この食いしん坊娘、もはや景品のお菓子しか見えていない…!w
そして突如窮地に立たされたうるしちゃん。彼女が驚き・戸惑い・恥じらい見せたその後で
ようやく絞り出したのは、自身の想い願いを仄かに潜めた恋する乙女の『アンサー』。

うるし「そうです…」

彼女らしからぬ回答に歩君は思わず目を丸くしますが、
以降うるしちゃんはうつむくばかりで彼と目を合わせることができません。

これまでの彼女といえば、歩君との関係性を突かれた時は決まって
“知らんぷり”か“全否定”だったのですが、ここにきてその姿勢には変化が生じています。

(※第1巻『第12局』参照)

何か“きっかけ”さえあれば彼女は素直に受け入れられるようになってきており、これはすなわち、
彼女自身が歩君との蜜月な関係性を強く望み始めているということです…。

(※『第77局』参照)

【それでも歩は寄せてくる】第12局 感想 彼女が望む、盤外の『王手』
今回は週刊少年マガジン2019年25号より【それでも歩は寄せてくる】第12局の感想となります。
【それでも歩は寄せてくる】第77局 感想 秘めて・重ねて・向き合って
今回は週刊少年マガジン2020年45号より【それでも歩は寄せてくる】第77局の感想となります。

静かに移りゆく少女の微妙な心模様を背景に、結果としては
1回無料で『福引き』をまわせることになった一行。…となれば即行動の食いしん坊娘!

店員「じゃあ1回引いてもいいよ って君が引くの!?

“カップル”そっちのけで既に抽選器をまわしていた凛ちゃんは“お約束”というものw
見事、8等の箱入りビックサイズ『すコンブ』をゲットです!

凛  「見てください 大きいのが当たりました!」
凛  「あ すみません 勝手に引いちゃって あとこれ…」
うるし「あー いいよ 凛ちゃんので」

“胃袋の支配”から解き放たれ、ようやく冷静さを取り戻した凛ちゃんでしたが、
そんな後輩の失態をたしなめることもなく、我らが部長はいつもの笑顔で迎え入れてくれます。

そのまま戦利品を譲るかたちで凛ちゃんとは別れ、再び帰路に就いたうるしちゃんと歩君。

歩  「すみません 凛が」
うるし「ビックリしたー…」
歩  「イヤじゃなかったですか…その…オレとカップルということになって…」

うるし「別に… 凛ちゃんのためだったしな…」
歩  「そうですか」

“別に”の一言に込められた少女の恋心、そこへ光が当たるのはまだもう少し先のこと…。
とはいえ、気になる相手の心情というのはどうしても気になるもの。

うるし(……歩は…どう思ってたんだろ

“恋の駆け引き”など知らぬ純粋無垢なうるしちゃんは特に後先など考えず、
気づけば自然と言葉を外に出していました。

うるし「あのさ…」
歩  「はい」

と、話し出したはいいものの、そこでようやく彼女も数手先に待つ『詰み』を予感し、
結果この盤面で組み上がるのは“赤面少女口パクパク”の図…!!w

うるし「……」

歩  「センパイ?」
うるし(聞くの…ハズかし──)

先の通り、彼女は歩君との新たな関係性を望み始めており、
“きっかけ”さえあれば素直に受け入れられる状態にあります。
ただし、その局面へと自ら突き進む勇気はまだ備わっておらず、
今の彼女にできることといえばただ口をつぐみ視線を逸らすのみ…。

てな訳で、そうなると妙な点と点が意図せず繋がり奇抜な解を導くのも致し方ないこと…!

歩  「あ なるほどわかりました 福引きまわしたかったんですか?
うるし「……そーゆーことでいいよ もう…!!」

こうしてガラガラ大好き女子高生”という不名誉な称号を新たに手にした愛しき先輩!
大人な部長』への道のりはやはり遠く険しいのであった…!w
というところで第83局が終了。

(※『第78局』参照)

【それでも歩は寄せてくる】第78局 感想 寄せ合う後輩、見つめる先輩
今回は週刊少年マガジン2020年46号より【それでも歩は寄せてくる】第78局の感想となります。

=======※追記_ここから=======
新グッズ情報
原作イラストを使用した新グッズが公開されました。
楽天ではいくつかのグッズが既に品切れとなっており、Amazonでは謎の高騰が発生中です。
欲しいグッズがある場合、購入時期や購入先の選択にはくれぐれもご注意下さい。

(※外部リンク:アニメイトオンラインショップ

=======※追記_ここまで=======

スポンサーリンク

◆電子書籍

▼eBookJapan

電子書籍をご利用なら、まずおススメなのがeBookJapanです!



約50万冊という世界最大級の品揃えに加え、
一冊まるごとタダで読める無料まんがが提供されています。
無料まんがのラインナップは定期的に更新されるので要チェックですよ!

▼スキマ

続いて、既に完結した漫画を最後までイッキに読みたい方
毎日たくさんの漫画に触れたいという方におすすめなのがスキマです!

人気漫画がなんと32,000冊以上読み放題のサービスとなっていて、
懐かしい漫画から新しい漫画まで複数の作品を並行して読み進めることが可能です。
全巻無料』作品が多数あり、『待つと無料』作品でも
会員登録で貰えるチケットを使えば待たずに読み進めることができます。

とにかく、まずはラインナップのご確認からどうぞ!
きっとあなたを夢中にさせてくれる作品が見つかりますよ…!

▼DMM電子書籍

次におススメなのが【DMM.com 電子書籍】です!
こちらも品揃え抜群ですし、何より特徴的なのが成人向けタイトルなど、
他にはないジャンルのコンテンツが充実していることです!
無料サンプルも付いていて試し読みができるので安心ですよ!


◆動画配信サービス

▼U-NEXT

アニメ映画、さらには漫画などをまとめて楽しむならU-NEXTがおススメです!
月額料金は1990円(税抜)ですが毎月1200円分のポイントが支給されるので、
実質790円となります。
さらに今なら『31日間無料トライアル』が実施中であり、以下の2つの特典が付与されます!

特典1:31日間無料で見放題!(対象:見放題動画・読み放題雑誌)
特典2:600ポイントプレゼント!(対象:新作・コミック・書籍)

他の動画配信サービスと比べて扱っている作品数がかなり豊富なので、
きっと夢中になれる作品が見つかるはずです!
ご興味のある方は、まずは無料期間で存分にU-NEXTコンテンツを体験してみて下さいね!

※本ページの情報は2020年9月時点のものです。
※最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

▼クランクイン!ビデオ

動画電子書籍をまとめて楽しみたいならクランクイン!ビデオも要チェックです!
こちらの強みは何と言っても“ラインナップの幅広さでしょう。
話題の新作映画から劇場未公開作品まで、見放題サービスで得られないエンタメ体験がここに…!

レンタル料金はなんと実質半額
月額料金990円(税抜)のプランでは2000ポイント(1ポイント=1円)付与されることになり、
さらに後から必要なポイント分だけチャージすることも可能です。
今なら14日間無料体験』の特典として、以下の2つの特典が付与されます!

特典1:月額プラン990円が14日間無料
特典2:初回登録で1,000ポイントをプレゼント!

また、クランクイン!ビデオではスマートフォン・タブレットをご利用の場合、
電子書籍もまとめて楽しむことができ、ポイントも共通となっています。
“見放題サービスのラインナップはなんだか物足りない…”
そんな方にはピッタリのサービス内容ですので、ぜひ一度チェックして下さいね!

※本ページの情報は2020年11月時点のものです。
※最新の配信状況はクランクイン!ビデオサイトにてご確認ください。

▼dTV

その他の動画配信サービスではdTVもおススメです!
dTVとは、月額500円(税抜)で見放題の定額制動画配信サービスであり、
その圧倒的なコストパフォーマンスが魅力となっています。
さらに初めてご登録の場合は最大31日間無料でご利用できます!
ドコモケータイ回線をお持ちでない方もご利用できますのでご安心を!
配信タイトルは随時更新されるため、最新の配信状況はdTVサイトにてご確認下さい。

▼Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライム・ビデオとは、
Amazonプライム会員が利用することのできる特典サービスです。
Amazonプライム独自の特典が豊富であり、
月額料金も500円(税込)と非常にリーズナブルになっています。
既に登録されている方も多いかと思いますが、ぜひチェックしてみて下さい。


◆まとめ

以上が、それでも歩は寄せてくる】第83局の感想となります。

今回最大の目玉はどうしてもあの“男性店員となってしまいますねw
山本先生は過去にも何度か自身の作品をクロスオーバーさせており、
それらは自然な展開から少々強引な展開まで、多様なカタチで実現しています。

(※【くノ一ツバキの胸の内】第1巻『特別コラボマンガ』参照)

中には作品世界そのものを共有しているものもあって、今回はそれに該当するのかもしれません。
先に触れた通り両作品の時間軸には多少のズレが感じられ、もし今後再びクロスオーバーし、
あちらのメイン二人が登場するとなった場合、
どういう時期の二人が見られるのか、どんな交流が描かれるのか、
今後の展開に大きく想像が膨らむ新鮮な“試み”となりましたね!
ただし、彼がただの“きむら屋の店員さん”だった場合はそこまでなのであしからず…!w
それでは皆さん、素晴らしいエンタメ人生を~(。・ω・)ノ゙

【それでも歩は寄せてくる】第82局 感想 四ツ葉が導く新たな恋の分岐点
今回は週刊少年マガジン2020年50号より【それでも歩は寄せてくる】第82局の感想となります。
【それでも歩は寄せてくる】第84局 感想『好き』を見つめて・受け止めて
今回は週刊少年マガジン2020年52号より【それでも歩は寄せてくる】第84局の感想となります。
【それでも歩は寄せてくる】全キャラ登場回まとめ(進級前)
今回は【それでも歩は寄せてくる】の進級前のエピソード(第1巻『第1局』から第5巻『第67局』まで)を対象とし、全キャラ毎にその登場回をまとめていきます。

コメント