【火ノ丸相撲】第229話「縦のつながり」感想

漫画

皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。

今回は、週刊少年ジャンプ2019年12号より【火ノ丸相撲】第229話の感想になります。

【火ノ丸相撲】第228話「冴ノ山という男」感想
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。今回は、週刊少年ジャンプ2019年11号より、【火ノ丸相撲】第228話の感想になります。では、以下より感想&考察となります。
【火ノ丸相撲】“愛”にまつわるエピソード特集
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。今回は、【火ノ丸相撲】での“愛”にまつわるエピソードをまとめた特集記事になります。第一部 高校相撲編を対象として第1話から第159話までの中で“愛”にまつわるエピソードをピックアップし、まとめたいと思います。
【おすすめ】落ち込んだ時に読むべき漫画5選「文太郎と泣き、ポコと笑う」
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。今回は、落ち込んだ時にぜひ読んで欲しい【おすすめ】漫画作品を5タイトル、私の独断と偏見で厳選しご紹介致します!

では、以下より感想&考察となります。

スポンサーリンク

◆【火ノ丸相撲】

▼感想&考察

◎第229番 縦のつながり

・兄弟弟子

「冴関ですか?いい先輩ですよ」
「稽古以外でも体のケアとか相撲に対する姿勢は勉強になります」
インタビューにそう答えるのは柴木山部屋の面々。

冴ノ山関と同期の薫丸はこう語ります。
薫丸「鬼関が入った事で変わったのはあると思いますよ」
薫丸「部屋頭としての責任感と 何より兄弟子としての意地ですよね」

火ノ丸が冴ノ山関に与えた影響は精神的な面だけではなく、
低い当たりを受けてる内に重心が安定するなど、
技術面でも変化があったと柴木山親方は応えていました。

そして、そんな冴ノ山関にはがありました…。

冴ノ山「火ノ丸はすぐに上に上がってくる」
冴ノ山「だからこそ自分も早く大関にならないといけない」
冴ノ山「自分は火ノ丸より常に上でありたい 自分にとって火ノ丸は…」

冴ノ山「…いや その先はまだ言えない」
冴ノ山「強い兄になるまでは…」

冴ノ山「横綱に勝って言うんだ…私の夢…大関…横綱…そして…」

スポンサーリンク
・金星

描かれたのは、前回の幕引き後の様子。
刃皇を渾身の力で見事押し出した冴ノ山関…!
訪れた一時の静寂…。
そして…!

「「「うおおおお!!!」」」

『七日目 結びで大波乱!!』
『全勝の横綱に土を付けたのは 関脇 冴ノ山!!』
『初土俵から12年!25回目の挑戦にして初の刃皇越えーーー!!

激闘を終え、土俵を去る冴ノ山関の頭上を舞う座布団…。

金星」とは平幕力士横綱に勝つ事であり、
関脇である冴ノ山関が打ち勝った今回の取組結果は正確には「金星」ではありません。
しかし、それでも座布団は舞ったのです…!!
刃皇に勝つとはそういう事なのです!

思わず涙ぐむ冴ノ山関…。
柴木山親方もたまらず涙を流していました。

実況席に座っていた元大関 大景勝は今の取組の解説を行っていました。
「元々実力のある力士です」
「ただ合い口の悪い相手にはとことん悪くなる傾向がありました」
「今日の相撲は冴ノ山の自信になるでしょう」
「『国宝世代』が注目を集める今場所ですが『俺もいるんだぞ』という意地を感じましたね」
そう冷静に解説していた大景勝でしたが、
(…やったな 冴…!
と、彼もまたこの取組結果に胸を打たれた一人の戦友でした…。


スポンサーリンク
・冴ノ山の夢

土俵を降りた冴ノ山関を待っていたのは、柴木山部屋の面々。
火ノ丸「…今夜は焼肉ですね!冴さん!」

柴木山部屋では、
部屋の力士が全員勝った日は冴ノ山関が焼肉をごちそうしてくれる
というお決まり事がありました。

そうです、火ノ丸の口から先程のセリフが飛び出したということは…!
彼は既に本日の取組を終えており、
対する御手杵関を見事打ち破っていたのです!!
前話にて、冴ノ山関から対御手杵の注意点の指導を受けていましたが、
火ノ丸はその情報をちゃんと生かし、白星へとつなげることができました!

【火ノ丸相撲】第228話「冴ノ山という男」感想
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。今回は、週刊少年ジャンプ2019年11号より、【火ノ丸相撲】第228話の感想になります。では、以下より感想&考察となります。
スポンサーリンク

火ノ丸「冴さんのデータのおかげで勝てました!」
彼らは一人で戦っているのではありません。
兄弟弟子一丸となって今場所に挑んでいます。

火ノ丸「横綱を倒しての優勝となれば大関昇進だって…」
火ノ丸「ワシも出来るだけ他の連中に土付けて冴さんを援護しますから!
冴ノ山関の今回の取組結果を受け、
火ノ丸はより一層冴ノ山関をサポートしたい、という思いが強まっていました。

しかし、冴ノ山関が求めるものはまた別のところにありました…。

冴ノ山「違うだろ 鬼関」
火ノ丸の両腕を掴み、訴えかける様に冴ノ山関は語ります。

冴ノ山「私の為に相撲を取るんじゃないだろ…

冴ノ山関の胸中にある思い…。
彼がずっと抱え続けて来たものが、今ようやく吐露されます。

冴ノ山(今日勝って… 勝ったから言える事がある…)
冴ノ山(彼が本当に苦しんでいる時に助けになれなかった…)
冴ノ山(あの時の自分の言葉に何の力もない事を知っていたから)

前話にて、火ノ丸の部屋のドアの傷を見つめていた冴ノ山関には、
この時の記憶、やるせない感情が脳裏をよぎっていたのかもしれません。

冴ノ山(兄の私に出来る事…それは)
冴ノ山(戦う背中を見せる事…!)

そして、火ノ丸に告げられる、冴ノ山関の

冴ノ山「…私は今日勝って2敗を守った…」
冴ノ山「君も2敗を守った 君もまだ優勝圏内なんだ…!
冴ノ山「このまま二人で勝ち続けて…」

冴ノ山(私の夢…大関…横綱…そして)
冴ノ山(いつか潮君と本場所で戦う事…!!)

冴ノ山「千秋楽で同部屋力士の優勝決定戦!
冴ノ山「優勝を懸けて 私と勝負だ!鬼関!

私は第227話の感想記事のまとめで以下の様に述べておりました。

そして、ついに作中で触れられた同部屋対決。
あくまで予想の域を出ませんが、
これって刃皇と加納の取組というミスリードをさせておいて、
実は火ノ丸と冴ノ山関の同部屋対決につながるという、伏線だったりしませんかね~。

【火ノ丸相撲】第227話「刃皇と冴ノ山」感想
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。今回は、週刊少年ジャンプ2019年10号より、【火ノ丸相撲】第227話の感想になります。では、以下より感想&考察となります。

いやいやいや、マジでそんな流れになりつつありますよ、コレ!!
加納だけでなく、同部屋対決に向けて
火ノ丸と冴ノ山関の取組もここからより一層熱を帯びていくでしょう!!


スポンサーリンク
・混沌の優勝争い

冴ノ山関の取組を見守っていたレイナたち。
掘ちゃんは様々な想いが込み上げ、涙を流していました…。

私は前話の感想記事のまとめでも触れていましたが、
堀ちゃんのリアクションにはやはり冴ノ山関への特別な感情が見て取れますね!
おそらくレイナはそれに気づいているのでしょう。
あらゆる意味で先を行く、お姉さんなレイナが堀ちゃんを優しくなだめていました。
一方、妹の柚子香ちゃんは姉の恋愛事情に気づいていなかったのか、
姉の様子にただただ困惑しているようで。
ここはキャラの対比が非常におもしろい一コマでしたね。

この時、堀ちゃんが思い出していたのは、今回の冒頭で描かれたかつてのインタビューの様子。

冴ノ山「鬼関にとって私はただの兄弟子かもしれない…」
冴ノ山「だからこそ彼に言いたい 『私もいるんだぞ』と…」
冴ノ山「私達は兄弟であり… 同じ高みを目指す力士であり ライバルだと…!!」

先程の冴ノ山関からの檄に火ノ丸も、
火ノ丸「…はい!!」
と涙を浮かべて応えます…!!

そして、実況とともにあきらかになる現在の取組状況
七日目を終えた今、全勝は唯一人。
平幕の大包平!!

続いて一敗が、
刃皇、童子切、御手杵、三日月、
そして太郎太刀こと、小関部長!!
彼もまた優勝圏内に残った猛者なのです…!!
ここは今回特に誰にも触れられなかった部分ですが、
太郎太刀の文字を見てめちゃくちゃシビれましたね…!

そして、二敗で続くのが
冴ノ山、鬼丸、の二名です。

この混沌とした状況の中、
火ノ丸は改めて気合を入れ直していました。
(今日冴さんが勝ってくれたおかげで一気に現実味を帯びて来た…!)
(もしそうなればそこには刃皇関も…)
(もっと強くならんといかん…)

あと八番…全ての取組を糧にする…!)
(明日当たる相手は…最高の相手じゃ…!!)

ここで明らかになる、明日の取組相手。

『八日目 鬼丸 - 童子切』

激戦を前に闘志を燃やす火ノ丸とは打って変わり、
第227話での怪我の具合が悪いのか、天王寺は俯き加減で痛みに耐えているよう…。
またまた波乱の予感がする中、第229話が終了。

【火ノ丸相撲】第227話「刃皇と冴ノ山」感想
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。今回は、週刊少年ジャンプ2019年10号より、【火ノ丸相撲】第227話の感想になります。では、以下より感想&考察となります。

◆電子書籍

▼eBookJapan

電子書籍をご利用なら、まずおススメなのがeBookJapanです!



約50万冊という世界最大級の品揃えに加え、
一冊まるごとタダで読める無料まんがが提供されています。
無料まんがのラインナップは定期的に更新されるので要チェックですよ!


▼DMM電子書籍

次におススメなのが【DMM.com 電子書籍】です!
こちらも品揃え抜群ですし、何より特徴的なのが成人向けタイトルなど、
他にはないジャンルのコンテンツが充実していることです!
無料サンプルも付いていて試し読みができるので安心ですよ!

◆動画配信サービス

▼dアニメストア

アニメ動画配信サービスを利用するなら、dアニメストアがおススメです!
dアニメストアとは、月額400円(税抜)
2,800作品以上アニメが見放題の定額動画配信サービスです!
しかも、初回の31日間はなんと無料なんです!!
もし見たいアニメが配信されているなら、無料期間だけでも利用しなきゃ損ですよ!

一度ダウンロードしてしまえば、いつでもどこでも視聴可能です。
スマートフォン・タブレット・パソコン、どのデバイスにも対応しています!



スポンサーリンク

◆まとめ

以上が、【火ノ丸相撲】第228話の感想となります。

先週に続き、冴ノ山関が大いにフィーチャーされた回でした!
その内容も非常にアツく、
まさかあの冷静な冴ノ山関の取組からここまで闘志溢れる展開につながるとは…!

そして、ここにきて同部屋対決という新たな軸が見えて来たことで、
物語がさらに広がりを見せたように感じますね。
私的には冴ノ山関と堀ちゃんの恋愛フラグが回収されるのを、
今か今かとドキドキしながら待っているので、そちらの面でも新たな動きを期待したいです!w
それでは皆さん、素晴らしいエンタメ人生を~(。・ω・)ノ゙

【火ノ丸相撲】第228話「冴ノ山という男」感想
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。今回は、週刊少年ジャンプ2019年11号より、【火ノ丸相撲】第228話の感想になります。では、以下より感想&考察となります。
【火ノ丸相撲】第230話「成長の糧」感想
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。今回は、週刊少年ジャンプ2019年13号より、【火ノ丸相撲】第230話の感想になります。では、以下より感想&考察となります。
【火ノ丸相撲】“愛”にまつわるエピソード特集
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。今回は、【火ノ丸相撲】での“愛”にまつわるエピソードをまとめた特集記事になります。第一部 高校相撲編を対象として第1話から第159話までの中で“愛”にまつわるエピソードをピックアップし、まとめたいと思います。
【おすすめ】落ち込んだ時に読むべき漫画5選「文太郎と泣き、ポコと笑う」
皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。今回は、落ち込んだ時にぜひ読んで欲しい【おすすめ】漫画作品を5タイトル、私の独断と偏見で厳選しご紹介致します!
漫画
スポンサーリンク
エンタメ侍をフォローする
本日好天!エンタメ日和

コメント