【ハイスコアガール】第1巻 感想①

『ハイスコアガール』第1巻の表紙漫画

皆さん、こんにちは!エンタメ侍です。

別サイト掲載分からの移植記事(※2014年9月の投稿記事)になります。
※別サイトの同記事は削除済み

今回はある漫画作品をご紹介させて頂きます!
それは、、、
【ハイスコアガール】です!!

【おすすめ】落ち込んだ時に読むべき漫画5選「文太郎と泣き、ポコと笑う」
今回は落ち込んだ時にぜひ読んで欲しい【おすすめ】漫画作品を5タイトル、私の独断と偏見で厳選しご紹介致します!
【スパイダーマン】ゲーム配信#1 今さら去年の話題作を初見プレイ!
今回は今朝YouTubeで行ったPS4タイトル【スパイダーマン】のゲーム配信#1に関して、その内容を動画やスクショを交えつつ簡単にまとめていきたいと思います。
スポンサーリンク

◆【ハイスコアガール】第1巻

▼はじめに

先日、この【ハイスコアガール】に関する悲しい報道がありました。。

報道内容の詳細は他のまとめサイトをご覧頂くとして、
現在、【ハイスコアガール】は
・既刊の単行本1~5巻および公式ファンブックが自主回収(スクウェア・エニックスによって)
・電子版の販売停止
・月刊ビッグガンガン誌上での連載休止
となっております。(※追記:その後2016年に連載再開、今年2018年に連載終了

では、なぜ今この状況で、あえてこの作品を取り上げるのか?

それはひとえに、この【ハイスコアガール】という作品が
人の心を揺さぶる唯一無二の素晴らしい作品だからです!

権利関係の難しいお話について、私のような一素人には到底分かりません。
もしかすると、【ハイスコアガール】は今後連載が再開されることも、
既刊及び新刊が販売されることも無いのかもしれません。
※追記:超杞憂でしたwすんません!

でも!だからこそ!
こんな素晴らしい作品があったんだと、
少なくともそう感じた読者がここに1人いたんだということをお伝えしたく、
「第1巻 感想」というカタチでご紹介をさせて頂きます。

長々となってしまいましたが、以下よりエピソード単位で概要と感想を記述します。

スポンサーリンク

▼概要&感想

◎1-CREDIT:計10ページ

・概要

舞台は1991年、日本のとあるゲームセンター「マルミヤ」。
主人公である矢口ハルオ君(以下、ハルオ君)は、小学6年生でありながら
ゲームセンターに通い詰め、【ストリートファイターⅡ】に熱中する少年。
(自称『豪指』のハルオw)

そんなハルオ君はある日、クラスメートである大野晶さん(以下、大野さん)に、
あろうことか、お得意の【ストⅡ】でボロ負け。
ハルオ君いわく、大野さんは成績優秀、皆からも慕われ、お金持ちの娘さんとのこと。
そんな大野さんがヤニ臭いゲーセンで大人に混じって連勝を積み重ねていた。
しかも、ザンギエフ使いw

ハルオ君は許せなかった。
国語も算数も、体育も図工も家庭科も、何もかも中途半端な自分が
唯一人から秀でることのできた環境、それがゲーム。
そんな憩いの場を大野さんに奪われる感覚に襲われ、
ハルオ君は【ストⅡ】における1つのタブーを実行する。
「待ちガイル」である!w

「投げハメ」も実行し、何とか大野さんに勝利して安心しきったところ、
大野さんによるリアル前蹴り(台がハルオ君の腹にめり込むw)からの、、、
リアル右フック炸裂!!w

こうして二人の因縁は始まったのである。

スポンサーリンク
・感想

まさしくBoy Meets Girl!
二人の出会いが描かれています。
正確には同じ学校に通うクラスメートなので初対面というわけではないのですが、
ダメな部分も含めてありのままの自分をさらけ出したという意味では、
おそらくここが二人にとって本当の意味での「最初の出会い」になるのではないでしょうか?

ゲームのことになると、周りが見えなくなってしまうハルオ君。
カッとなるとついつい手が出てしまう大野さん。

最低な出会いだったからこそ、
最低な部分を見せ合ったからこそ、今後築くことのできる関係性ってあるんですよね。
「Boy Meets Girl」作品における、お手本のような第1話だったと思います!

スポンサーリンク

◎2-CREDIT:計8ページ

・概要

前回のリアルファイトから、ゲーセン「マルミヤ」に出禁を喰らった二人。
今度は店頭に筐体ゲームを設置した駄菓子屋「甲前商店」で偶然出会う。

大野さんが【ストⅡ】をダルシムでクリアし、席を離れたところでハルオ君は驚愕の事実を知る。
六つのボタンの内、四つのボタンがはがれてむき出し状態、かつ、
レバーの「丸いの」無し!w まさに悪魔の所業!w
しかも、実際にプレイしたところ、反応するのは小キックのみ!w

そこでハルオ君は思った。
「コイツが女じゃなかったら」
「共通の趣味でわかりあえる大親友になっていただろうか・・・」

大野さんに何気なく話しかけようとした次の瞬間、
大野さんの執事こと、「じいや」が運転する車にハルオ君は吹っ飛ばされるw

そして、再びハルオ君は思った。
「一瞬でもアイツに気を許した事が・・・恥ずかしい・・・」

・感想

ダルシムの小キックのみでクリアとか、大野さんスゴすぎw

個人的に、このお話で一番気になったのはハルオ君の幼さです。
前回同様、大野さんに対抗心を燃やすところとかも子供っぽいんですが、
男子は女子に負けちゃいけないって思ってるシーンが非常にリアルだなって思いました。
このころって中途半端に異性というものを意識し出すんですよね。

概要でも触れた通り、
大野さんが女の子じゃなければ親友になれたかもしれないとハルオ君は思ったわけですが、
思い返すと、この頃って異性と仲良くしているとアイツはエッチだとか、
モテたがっているだとか、根も葉もない変な噂話を広げられるんですよw
それが嫌で、気兼ねなく一緒にいられる同性とつるむことになるんですが、
実際、性別とか関係なく「あっこの人とは気が合う」とか
「この人と話してると楽しいな~」とかって普通にありますよね。

ハルオ君も「コイツとは気が合いそう」と思いつつも、
無意識的にその一歩を踏み出すことにブレーキをかけている点が非常に印象的でした。

スポンサーリンク

◎3-CREDIT:計8ページ

・概要

ハルオ君は学校で「学力もねえ」、「絵心もねえ」と言われるダメダメ状態。
一方、大野さんは相変わらずその才色兼備ぶりを学校で発揮。
大野さんは放課後何しているんだろうかという話題で盛り上がるが、
知っているのはハルオ君のみ。
大野さんは脱衣麻雀の筐体でドット絵の女の裸体を凝視していたのだ!w

ハルオ君は気にせず、【スプラッターハウス】というホラー要素のあるゲームをプレイ。
いつの間にか、大野さんが後ろでじっと見ていることに気付くがそれも気にせずプレイ続行。

帰り道、大野さんが後をつけて来ることに恐怖を覚え、ハルオ君は家までダッシュ!w
翌日、大野さんは重度の怖がりで
【スプラッターハウス】を見たがために一人で帰れなくなっていたことを知り、
「今 一瞬でもアイツが可愛いと思った自分に・・・イラッとする」
難しい年頃のハルオ君であったw

スポンサーリンク
・感想

おそらく、ハルオ君も大野さんが可愛い女の子という認識を持っているんですよね。
でも、ハルオ君にとってそれは「あっそ」程度の情報であり、
いかに自分の憩いの場を守るかが重要なんです。
色恋沙汰はどうでもよくて、というかそんな概念すらまだないんでしょうw

もうこの頃はお互いに、「あ、アイツだ」、
「げっ、またアイツだ」と意識しまくっている印象です。
決して、「関わりたくないな、無視してほっておこう」という感情では無いと思います。
じゃないと、大野さんもわざわざハルオ君のプレイを後ろから覗きに来たりしないでしょうから。
ま、そのせいで1人で帰れなくなったわけですが!(笑)

スポンサーリンク

◎4-CREDIT:計14ページ

・概要

相も変わらず、ハルオ君と大野さんはゲームセンターでゲームを満喫。
ハルオ君は凄まじい癇癪持ちの男(以下、癇癪男w)と【ストⅡ】で対戦中。
彼女(以下、癇癪女w)の前であろうと暴れまわる様子に、
肉体被害の恐れを察知してわざと負けることに。

ハルオ君が席を外したと同時に、交代で座ったのが何と、大野さん!
しかも少し怒った表情(?)。
大野さんが使用するのはエドモンド・本田!w
癇癪男にパーフェクトで圧勝!
続いて交代で入った癇癪女に対しても容赦なく、圧勝!

案の定、癇癪カップルが大野さんに変な因縁をつけてきたところで、
ハルオ君が間に入り何とかクールダウンさせようとするが、
ここでハルオ君に癇癪女の金的蹴りが炸裂!!w
ピヨっているハルオ君に容赦なく踏みつけ行為を行う癇癪カップル。

そんな中、癇癪男を背後から蹴り、助けに入ったのが、何とこれまた大野さん!
癇癪女の顔面にワンパンを喰らわし、怯んだところにヘッドバット!!w

こりゃダメだと、急いで大野さんの手を引き、ゲーセンから立ち去るハルオ君。
「やり過ぎだぜ大野」等と言ったところで、大野さんが妙な表情をしていることに気付く。
ゲーセンからずっと手をつないだ状態だったのである。
次の瞬間、
ドガッ!!!
またしても、じいやの車に吹っ飛ばされるハルオ君w
自身の打たれ強さを再認識するのであったw

スポンサーリンク
・感想

二人の関係性が少しずつ変わる、転換期にあたるお話だったと思います。
ここまではハルオ君側の視点で一方的に
「コイツが女じゃなかったら」
「共通の趣味でわかりあえる大親友になっていただろうか・・・」等の
仲間意識がちょっとずつ描写されていましたが、
このお話で大野さんもハルオ君に対し、何かしら感じているものがあるということが窺えます。

ハルオ君と席を交代した際に見せた、
あの怒った表情はそういうことだったのではないでしょうか?
また、逃げるようにゲーセンから立ち去った際、手をずっとつないでいることに対し
大野さんは妙な表情を浮かべるわけですが、今までであればその手をすぐに振りほどき、
ハルオ君にワンパンぐらい喰らわしていると思うんですよね。(謎の信頼感w)

でも、そうしなかった。
そうする必要がなかった?
そうしたくなかった?
おそらく大野さん自身も良く分からなかったんでしょう。
だからこその、あの何とも言えない妙な表情なのだと思います。

◆電子書籍

▼eBookJapan

電子書籍をご利用なら、まずおススメなのがeBookJapanです!



約50万冊という世界最大級の品揃えに加え、
一冊まるごとタダで読める無料まんがが提供されています。
無料まんがのラインナップは定期的に更新されるので要チェックですよ!


▼DMM電子書籍

次におススメなのが【DMM.com 電子書籍】です!
こちらも品揃え抜群ですし、何より特徴的なのが成人向けタイトルなど、
他にはないジャンルのコンテンツが充実していることです!
無料サンプルも付いていて試し読みができるので安心ですよ!

◆動画配信サービス

▼dアニメストア

アニメ動画配信サービスを利用するなら、dアニメストアがおススメです!
dアニメストアとは、月額400円(税抜)
2,800作品以上アニメが見放題の定額動画配信サービスです!
しかも、初回の31日間はなんと無料なんです!!
もし見たいアニメが配信されているなら、無料期間だけでも利用しなきゃ損ですよ!

一度ダウンロードしてしまえば、いつでもどこでも視聴可能です。
スマートフォン・タブレット・パソコン、どのデバイスにも対応しています!



スポンサーリンク

▼まとめ

以上が、【ハイスコアガール】第1巻の感想①となります。
長くなってしまったので次の投稿に続きます。
それでは、また~(。・ω・)ノ゙

【ハイスコアガール】第1巻 感想②
前回に続き、【ハイスコアガール】の第1巻をご紹介させて頂きます!1話ずつ読み終えた段階での感想となります。今回は第5話~第9話についてです。それでは、エピソード単位で感想&考察を記述していきます。
【おすすめ】落ち込んだ時に読むべき漫画5選「文太郎と泣き、ポコと笑う」
今回は落ち込んだ時にぜひ読んで欲しい【おすすめ】漫画作品を5タイトル、私の独断と偏見で厳選しご紹介致します!
【スパイダーマン】ゲーム配信#1 今さら去年の話題作を初見プレイ!
今回は今朝YouTubeで行ったPS4タイトル【スパイダーマン】のゲーム配信#1に関して、その内容を動画やスクショを交えつつ簡単にまとめていきたいと思います。
【SLAM DUNK】『新装再編版』全巻購入特典が到着!いざ開封!!
【SLAM DUNK】『新装再編版』の全巻購入特典である特大ポスターが先日ようやく届きましたので、今回は画像を用いて内容の確認と紹介をしていこうと思います。

コメント